細かめのメモを「Scrapbox」に入れていってどうなるもんか?活用にScrapboxは使えるか?→いや、やっぱ情報カードや→からのRoamResearch

2017/07/02
些細な気づきを書き付けた、「細かなメモ」をどうするか?
今までEvernoteWorkFlowyやカードに、些細な気づきを書くよう意識してきた。で、そういう些細な気づきが、それぞれのなかにたらふくある。でもどれもが、イマイチ活用できてない感じ。
ひとつひとつは些細なため、あんまり有用なものではない。けど、集まったらなにかしらできあがるのかも、という期待を持っているからこそ、メモっていってるわけやけれども、なかなか生まれてはくれない。
こういう「細かなメモ」を活用していく手はないものか。活用していくために、Scrapboxが使えないか。
そんなことを思った。

Scrapbox、最近は細かめのメモを入れて行ってる。メモの粒度の小さいやつ。iPhoneのTextwellを使って、思いついたことを。で、リンクとかタグとかつけて、放り込んでる。これで何がどうなるか知らんけれども、とりあえずやっていこう。

細かいメモに対して、リンク貼ってとか回りくどいことをする必要はない。タグとかいちいちつけるのも、面倒くささを助長させるだけ。
解決策は、「名刺サイズの情報カードにメモる」や。
着想は、カードで管理する。近しく感じるものをとりあえず束ねて、あ、育ってきたなと思った時点でスクラップする。
書いて、置いといて、くって、束ねる。そんだけ。
リンク貼ったりはなし。タグ付けもなし。細かなメモにそこまでする必要なし。
ときどきふと見返して、操作するだけ。そんくらいでいいじゃん。

2017/10/05
細かなメモは、一行か二行程度。タイトルをつけるなんてしない。なので、必ずタイトルが必要で、基本そのタイトルしか表示されないScrapboxに細かなメモを入れようという気にはなれない。

2020/04/30
タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所として名刺サイズ情報カードを使っていた。が、それも量が増えて手に余るようになり。
Scrapboxに細かなメモ専用ページを設置し、そこに細かなメモを書きつけて行くようにした。けれども、「細かなメモ専用ページ」が、いつからかブログの下書きインデックスページになっていった。

タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所。
RoamReserchが使えるのではないか。
リンクさせるしタグ付けもする。細かなメモにもそこまでする。
リンクさせることでメモ達同士が互いにつながる場所にもなってくれる。

という方針で、現在RoamResearchをお試し中。

では、お読みいただきありがとうございました。

起点としての「連用バレットジャーナル」その3〜一個人の、知的生産・タスク管理の技術⑤〜

タスク・スケジュール←タスク管理、その他メモ←知的生産もしくはただの記録

タスクとスケジュールはGoogleカレンダーに。で、この2つほど扱いが容易でないものが、「その他のメモ」になります。
連用バレットジャーナルで捉えたメモのうち、タスクスケジュールに関するものは、最終的にどう扱うのかが定まっています。それは、「実行」されるようにすること。どう扱うのかが定まっているので、それを処理・管理するのは比較的簡単である、と言えます。つまり、タスクやスケジュールというタスク管理の範疇に属するメモは、あまり頭を悩ませることなく扱える、ということ。
一方、その他のメモの扱いには少々頭を悩ませることになります。
あったこと・やったことをただ単に書いた記録であれば、扱い方など考える必要はなく、ただ書き残していけばいいので厄介ではありません。が、単なる思いつきやらやったことの改善案やらの着想やらの細かなメモは、最終的にどう扱うのかを定めるのが困難なため、必然的にそのメモをどうするかというのはなかなか悩ましい問題になります。

なのでこの話題についてはまた後ほど話すこととして、話を先に進めていきたいと思います。

受け渡したメモには、「→」をつける

連用バレットジャーナルで捉えたメモは、1日の仕事を終える直前にすべて見返し、しかるべきところへ転記します。そして、転記した目印として、メモの文頭に書かれた「・」のうけに「→」を書きます。タスクのメモには「□」を書いていて、スケジュールのメモには「○」を書いているので、Googleカレンダーに転記したらその記号の上に「→」を書きます。次に受け渡しましたよーという意味を込めて。
メモは、書かれただけでは未処理の状態です。特に、連用バレットジャーナルのようにメモの「入り口」として使っていると、そこに書くだけで満足していてはいけないメモが多くなります。タスクのメモ然り、何かを書き記したもの然り。しかるべきところに受け渡すまでは、未処理です。なので、次に受け渡したものについては「→」を書き、ちゃんと処理したことを明示しておく、という感じです。

まとめ

とりあえず、連用バレットジャーナルについては、

  • 連用日記+バレットジャーナル=連用バレットジャーナル
  • 「・」メモ、「□」タスク、「○」スケジュール
  • そこにメモを書く強い動機は、連用であるがゆえ
  • 書いたメモは、その種類によって扱いを変える
  • 次に受け渡し、処理したメモには「→」をつける

あたりのルールを守り、運用しています。

起点としての「連用バレットジャーナル」その2〜一個人の、知的生産・タスク管理の技術④〜

何かあれば、とりあえず連用バレットジャーナルに書いておく。メモの入り口が連用バレットジャーナルです。
手書きをするとなると、タスク細かなメモは転記をすることになるために、受け渡しに少し手間がかかりますが、それよりも連用のメリットを優先させたいがための連用バレットジャーナルです。

「とりあえずここに書く」場所

何かあれば、連用バレットジャーナルを開き、書く。
新たなタスクやスケジュール、思いつきは、忘れさってしまわないために書くわけですが、連用バレットジャーナルを開くのはそれらを書くときだけではありません。なんだかモヤモヤするときや、実行に移そうと思っているタスクの全容がはっきりしないときなんかにも、まず連用バレットジャーナルを開くことが多いです。
がっつり「よし!考えるぞ!!」というときは、iPadを開くのですが、そこまではいかないような、ちょろっと書き出して把握しておきたい時なんかはまずバレットジャーナル。
つまり、忘れ去ってしまわないように書いておく場所であり、モヤモヤするのを解消するためにちょろっと書き出してみる場でもあるわけです。連用バレットジャーナルは、とにかくなにか書いておく必要があったり、書きたいなと思ったときに「とりあえずここに書いておく」場所であるということです。

メモの種類によって受け渡し方を変える

連用バレットジャーナルでとらえたメモは、大きく分けて3種類になります。

このうち、スケジュールとタスクはとりあえずGoogleカレンダーに登録します。
スケジュールは日付が決まっているので、その日付を与えて登録します。
タスクはいつ実行するのかこの段階ではまだ定めていないので、とりあえず明日の日付を与えて、Googleカレンダーに登録します。
これは、明日になればその登録したタスクが、必ず目に入るようにするため。
タスクでもっとも恐れるのは、それが忘れ去られてしまうこと。で、実行されずに取り返しのつかないことになってしまうこと。
なので、必ず勝手に目に入ってくれるように、明日の日付で登録し、翌日になれば目に入るようにしています。

Image

起点としての「連用バレットジャーナル」その1〜一個人の、知的生産・タスク管理の技術③〜

一個人の、知的生産・タスク管理の技術②」にて、使っているアプリやツールについて触れました。実際にそれらをどう使い、知的生産タスク管理を行っているのかについて書いていきたいと思います。
知的生産・タスク管理の起点となるのは、「連用バレットジャーナル」です。

連用バレットジャーナル

知的生産・タスク管理の起点は、メモを取ること。
そして、iPadiPhone紙のノートの3つが知的生産やタスク管理においてメインに使うデバイスなわけですが、起点となるメモをどれで取るかというと、紙のノートです。
ぼくは、紙のノートを、バレットジャーナルをアレンジした「連用バレットジャーナル」として使っており、その使い方をすると、メモを紙のノートで取りたくなるんです。なぜかというと、「連用」だから。

基本的には、バレットジャーナルの手法に則って、文頭に「・」を打ち、メモを書いていきます。そこはいたって普通。
普通じゃないのは、そのバレットジャーナルに使っているノートを、3年間使う、という点。だから「連用」なんです。
ふつーに書いていたら、1冊のノートを3年間使い続けるなんてことはできません。そこで、原則として、1日につき見開き1ページを確保し、その日はそこにメモを書いていきます。見開き1ページとなると、1日では使い切りません。スペースが余ったままになります。次の日、余ったスペースは放っておいて、次の見開き1ページを使います。その余ったスペースが、次の年、さらに次の年に書くスペースとなるわけです。
なので、1年間で、おそらくは3冊以上ノートを使うことになるかと思います。

連用として使うと、「絶対に来年またこのメモが目に入る」ことになります。これが、強力な「書く動機」になります。
なにか気づいたならば、連用バレットジャーナルに書いておく。今日あった出来事を、連用バレットジャーナルに書いておく。新たなタスクも、連用バレットジャーナルに書いておく。
そのすべてのメモは、来年の同じ日に見返されることになります。タスクであれば、「この時期にはこれをしておいた方がいい」というリマインダの役割をしてくれますし、去年の同じ時期にあったことは今年の同じ時期の参考になるかもしれません。まったく違う1年間を過ごすわけでない限り、去年に書いたメモというのは今年に役立つ情報がいっぱいです。となると、自然と去年のメモが目に入ってくる「連用」という使い方は、かなり活躍してくれるのではないか、と期待しています。

だから、知的生産・タスク管理の起点となるメモは、連用バレットジャーナルに書きつけている、というわけです。

Image

iPadで数検の勉強を快適にするための、ちょっとした工夫

ブログでの報告はしなくなりましたが、相変わらず数検の勉強を続けています。
勉強する際、必要なのはiPhoneiPadApple Pencil。これらは基本的にどこにでも持っていくので、いつでも数検の勉強に取り組むことができます。
勉強の際には参考書を使っているのですが、まずは学ぼうと思うページをすべてスキャンしておくことで、参考書自体は持ち歩いてはいません。1ページ1ページパシャパシャとiPhoneのスキャナアプリで写すのはなかなか面倒ではあるものの、iPadを使って学ぶのであれば、その手間をかけるだけの価値は間違い無くあります。
なぜなら、簡単にスキャンしたページの画像を、ノートに貼り付けることができるから。しかも、何度でも何度でも貼り付けることができるから。

数学の問題を解けるようになるには、反復練習が必要になってきます。同じ問題を何回も解く必要が。
一度スキャンしておくことで、ノートアプリに問題を貼り付けて、何回でも解くことができるようになります。この利点はほんとにすばらしい。

微分方程式の本を一通り読み終え、今はとにかく問題演習をこなす段階に入っているので、同じ問題に何度も取り組んでいるところです。
で、どこをやったか、解けるようになったか把握するために、その記録をつける専用のページを作り、できるようになったかを確認していってます。こんな感じに。
Image
2回自分で解けたらその問題はできるようになったという基準で、四角のマスを半分に割ったものを、1回目解けたら半分塗りつぶし、もう一度解けたらもう半分を塗りつぶしていってます。
こういう、記録をつけておくページは、勉強をするには必ず必要になってくるかな、と思います。

最近一つ工夫を加えました。それは、問題番号は太い大きな文字で書くということ。
Image
なぜかというと、こうしておくことで、全体のページ一覧を見た時にも、問題番号がわかるようになるから。
ページ一覧を表示すると、多くのページを俯瞰できるものの、1ページ1ページはとても小さい表示となるので、文字までは読み取ることができません。なので、目当の問題のページを探すのに一苦労します。問題を何度も解くので、過去にその問題を解いたページを見返したいときが頻繁にあるので。
こうして大きな文字で問題番号を書いておけば、ページ一覧からでも見つけることができるため、便利。
Image
というわけで、いくつか工夫しつつ、iPadで快適に勉強を進めています。

では、お読みいただきありがとうございました。

Noteshelf

Noteshelf
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,220
posted withアプリーチ
Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 89

iPadへのコレクションページの引き継ぎは簡単でいい感じ

連用バレットジャーナルの1冊目が、もうすぐ使い終わりそうです。と言っても、連用なのでまた来年のこの時期にも使うのですが。
で、次のノートに移る際、コレクションページの引き継ぎをどうしようか考えて、結果、今後はコレクションページはiPadを使っていこうかなぁという結論になりました。

で、もうすでに書いてあるページについては、必要とあらばiPadに移行していけばいいか、と軽く考えていました。で、実際今日やってみるととても簡単で、これなら紙でもiPadでもどっちでもいいから、とにかくページを作ってしまえばいいか、という気持ちになってきました。

iPhoneのスキャンアプリにて、見開きA4サイズのノートのページをスキャンし、それをiPadのノートアプリ、NoteShelfに読み込んだんです。
そうすることで、簡単にiPadにページを取り込むことができ、かつ取り込んだページに引き続き追記していけるという。
スキャンして取り込む手間はあるものの、手軽に紙のノートに書いていた続きをiPadで書いていけることに驚き。やはりiPadをメインのノートとして、コレクションページを引き継いでいく先として適しているなーと改めて思いました。

NoteShelfでは、「写真を新しいページにする」方法と「ページに写真を添付する」方法とがあります。
Image
おすすめは「写真を新しいページにする」ほう。ページに写真を添付すると、画像が貼り付けられた状態なので、書いた文字だけを切り取りすることができず、写真も一緒に選択されてしまうため。文字だけを選択できないと、書いたものを移動させたりの後からの操作ができないので、iPadのメリットを十分に活かせないからです。

ということで、ますますiPad + Apple Pencilが手放せなくなっていくなーという感じです。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 146

「細かなメモ専用ページ」が、いつからかブログの下書きインデックスページに

ちょっとした思いつきや、考えたことや、やってみたことに対する改善策。そういう、アイデアの種になりそうなメモを「細かなメモ」と呼び、Scrapboxの「細かなメモ専用ページ」にメモしていってます。
で、そこにメモしたことを膨らませたり、これまでに書いたものとくっつけたりしてScrapboxの別ページに独立させて保存して、寝かせておいてます。Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま存在することになるので、別ページに切り分けたらとりあえずはオッケーということで。
で、切り分けられたページは基本的にブログの1記事としてこのブログにアップしていってます。

ただ、最近細かなメモが全然増えていってなくて、でもブログは1日1記事書くと決めているので、ブログの下書きを細かなメモ専用ページにていきなり書いていく状態になっています。
で、書いた部分を切り分けてブログ更新。

  • 細かなメモの数 = ブログ記事の数

という等式が成りたつような状態、ということです。

Scrapboxでは、あるページの一部分を独立させる際、もともと書いてあったページに、新たに切り出したページに飛ぶリンクが貼られます。
なので、上記の方法のように、細かなメモ専用ページで下書きを書き、独立させてブログ更新した場合、細かなメモ専用ページには、各下書きページへのリンクがずらっと並ぶことに。
実際の細かなメモ専用ページを見ていただければ、わかりやすいか、と思います。

細かなメモ専用ページ」は、細かなメモが思うように増えないがために、ブログの下書きのインデックスページのような状態になってしまっています。ブログの下書きへのリンクがずらっと並ぶページに。
本来は、細かなメモをどんどん書いていってメモを充実させる目的であった細かなメモ専用ページですが、その目的からはズレにズレている状況。
ただ、それでなんら不都合らしいものはないので、当面はこのままいこうかな、と考え中。

というわけで、Scrapboxの公開ページ「book scrapbook」を訪れていただいた際には、細かなメモ専用ページをのぞいていただければ、ブログ記事の下書きと、それに関連のあるページがダァーッと並んでいるので、もしかしたら少し楽しんでいただけるかも、と思ったりします。

では、お読みいただきありがとうございました。

スケジュールやタスクがデジタルで管理できる今、紙のノートの連用バレットジャーナルに何をしてもらうか その③

「紙のノートの連用バレットジャーナルに何をしてもらうか」を考えているわけですが、

  • 紙のノートであること
  • 連用であること

が大きなポイントになってきます。

紙のノートであること

なぜ、手帳はiPad+Apple Pencilではなく、紙のノートを使うことにしたのか?」で書いた通り、紙のノートを使う理由は、メモを取るときの初速の速さにあります。
iPadに手書きするよりも、iPhoneでフリック入力するよりも、手書きが速い。かつ、いつでもサクッと書きやすいのも大事な点です。今日のページを開いて、書く。
また、ノートの安心感みたいなのもあるなぁと感じます。

連用であること

連用バレットジャーナルでは、同じページを3年にわたって使います。なので、メモしておけば来年の同じ時期もそのメモが目に入ります。
仕事に関するメモは、きっとまた見返すと役に立つ。それがわかっていても、なかなかわさわざ見返さない。それが、同じページをまた来年も使えば、同じ時期に去年のメモを見返すことができます。自動的に。
いかなるメモを書いておいても、少なくとも来年また見返すことが確定しているわけです。ノートの安心感と相まって、書いておけばまたそのメモが目に入る時がやってくるという確信は、書くという行為を促してくれます。

紙のノートであるということと、連用であるということ。二つが組み合わさったからこそ、今楽しくノートをバレットジャーナルとして使えてるのかなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

ノートブックとしての役割は、バレットジャーナルとブログを介してのScrapbox

これらを書いた時は、まだバレットジャーナルを使っておらず、プロジェクトもデジタルで管理しようと思っていた。だから、

手を加えていきたい文章や、プロジェクトに関する進捗の状況など、継続的に手を加えていきたいメモ・文章もある

を扱うものを「ノートブック」と呼び、ノートブックとしてどのノートアプリを使おうか、と悩んでいた。
Bearが第一候補になったけど、結局は使っていない。バレットジャーナルを使い始めてプロジェクトに関してはそっちに書くことにしたことと、文章はScrapboxにためていこう、となったため。

バレットジャーナルは、タスクスケジュール細かなメモなんかの入り口を担ってくれており、ぼくは数年にわたって同じバレットジャーナルを使う「連用バレットジャーナル」なる使い方を考えてる。
なので、同じ時期に同じようなタスクやプロジェクトにとりかかったりすることがあるので、バレットジャーナルのコレクションページにてプロジェクトは扱おう、と。
で、”継続的に手を加えていきたいメモ・文章”については、これはScrapboxだろう、という結論になった。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保存されることになる。あるとき書いたメモや文章が、後々他のメモや文章と結びつく可能性が高いのが、Scrapbox。

書き殴る場所、何かしら思いついたら、書き込む場所としては細かなメモ専用ページを使い、書き殴りのメモを起点として思いついたことを書き綴る場所として、まずはブログを利用する。ブログの下書きはScrapboxで書いているので、書き綴ったものはブログにアップすると同時に、そのままScrapboxにも残しておく。
こうして、思いつきを起点にして書き綴った文章を残しておく「ノートブック」の役割を、Scrapboxに担ってもらうことに落ち着いた。
バレットジャーナルを中心に、いろいろと役割が定まってきてるような気がする。

では、お読みいただきありがとうございました。

「書き殴る」のと「書き綴る」の

書き殴られたメモ。基本、思いたいきを書いた細かなメモはただそこに書かれるだけ。そのまま置いといてもあんまし意味ない。やからその書かれたメモについて、考え、書き綴ることになる。

書き殴られたメモについて、書き綴る。

書き殴る

乱暴に書く。なぐり書きする。

書き綴る

言葉をつなげて文章を書く。

書き殴られたメモはを起点に、書き綴る。

で、ブログは、間違いなく思いついたことを書き綴る場所になってくれてる。
何かしら思いついたら、書き込む場所は、今はバレットジャーナルデイリーページ。それを細かなメモ専用ページに、必要があれば転記してる。
で、転記して終わり、ではなくて。
転記されたメモを見返して、ブログ記事にできないかどうか探り、書けそうなものがあれば、書き込まれたメモをもとにブログを書いていく。
思いついたことを書き綴る場所が、今はブログになっている、ということ。

ブログ毎日更新を自分に課してるので、毎日「書き綴る」行為をしてることになる。
何かしら思いついたら書き込み、その思いついたことを起点に文章を書き綴る。それができることが、ブログの一つの良さかも。
だって、ブログとか書いてないと、書き綴るってのは日記とか書いてないと、なかなかせんと思うから。

では、お読みいただきありがとうございました。