タスクやスケジュールは、Googleカレンダー経由でたすくまへ

Inboxは、必ず自動的に見返すようなところがいいと考え、「明日」をInboxにしています。

  • タスク
  • スケジュール
  • その他のメモ

のうち、タスクスケジュール登録の流れは以下のような形。
Image
タスクもスケジュールも、「Googleカレンダーへの登録」を基本としています。

タスクとスケジュール

タスクであれば、今日中にすべきものは「たすくま」へ、明日以降であればGoogleカレンダーの明日の日付に登録しておきます。
こうすることで、明日になれば自動的に「たすくま」にタスクが取り込まれるので、メモしたタスクを必ず見返すことができる、という仕組みです。

スケジュールは、日付が決まっているので、Googleカレンダーに日付指定で登録です。

で、タスクもスケジュールも、登録の際に「ショートカット」アプリを使っています。
ショートカットは、日付を設定して純正カレンダーに登録ができたり、URLスキームを利用すればたすくまにタスクを登録したりもできる優れた奴なので、重宝しています。
純正カレンダーとGoogleカレンダーを連携させており、純正カレンダーに登録すればGoogleカレンダーにも自動的に同期され、最終的にたすくまへと取り込まれる、という流れです。

タスクの日付変更

登録したタスクの日付を指定する場合は、「Calendars 5」というアプリを使っています。
このアプリ、登録された予定を、ドラッグ&ドロップにて移動させることができ、日付の指定が指で操作できるため、iPhoneでカレンダーを扱う際には便利です。

おわりに

Image
iPhoneでは、メモはまずTextwellに書く。で、タスクとスケジュールに関しては、上記のようにショートカットに受け渡して割り振っていきます。
その他のメモは、今はScrapboxに放り込み、細かなメモは、Scrapboxにまかせることにしています。

では、お読みいただきありがとうございました。

Taskuma --TaskChute for iPhone

Taskuma –TaskChute for iPhone
開発元:Sayaka Tomi
¥3,680
posted withアプリーチ
Calendars 5 by Readdle

Calendars 5 by Readdle
開発元:Readdle Inc.
¥860
posted withアプリーチ

「メモの掘り起こし」をして、ホコリかぶっているメモをスタンバイ状態に

今のように、いろーんな内容のメモをとり、それを保管するようになってから10数年。
いろいろなところにメモをとってきました。

メモに意識が向いてちょっとしてからiPhoneを使いはじめ、ほぼ同時にEvernoteの存在を知ったので、たくさんのメモがEvernoteに保管されています。
やがて、とったあとどう使っていくのか、使うためにはどこに保管するのがもっとも良さそうか、を考えるようになり、Evernoteにはじまり、メモの保管場所はいろいろと移り変わりました。
情報カードを使っていた頃もあれば、アウトライナーにメモを放り込んだりも。
それこそ、千を超えるほどのメモが保管されています。

メモをどう扱おうか。
それについて考え続けてはいますが、なかなかに良いところに落ち着かず、結果、Evernoteや情報カードに書きとめられたメモたちは、今はそのまま放置されていて、ホコリをかぶっている状態に。
最近毎日ブログを書くようになり、なにか書くことはないかな、と情報カードを見返すことが何度かあったのですが、メモを見返してみると、そのメモに刺激され、あれこれ考えが浮かび、それが一つのブログ記事になる、なんてことが数回ありました。
過去のメモは、そのまま使えることは少ないと思います。が、ちょろっと見返して、ホコリをはらってやると、過去のメモを起点としてあれこれ考えが進むことがけっこうある。
で、直接ブログの記事にならずとも、今はScrapboxという心強い味方がいます。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保管されることになるので、過去のメモに対して今思ったこと、そこから考えたことを書き加えてScrapboxに入れておけば、今のホコリかぶってる状態を、スタンバイ状態にすることができる。

ちまちまと見返し、せっせとScrapboxのページへと変貌させていこうかな、と思います。
数が多い分、けっこう得られるものが多いのではないか、と期待して。

では、お読みいただきありがとうございました。

書き残していることが少ないので、もっともっと書こう!という決意

圧倒的に、「書く時間」が足りていない。いや、「書く意識」が足りていない。
仕事においても、家で過ごしてるときにおいても。書いて残しておくほうが、確実にいいのに。

仕事にをはじめた頃は、何もかも知らないことばかりで、覚えないことも多く、書いておかないと不安というのもあり、またノート術の本なんかや色々なブログを読んで、とにかくメモをしまくっていた。
スケジュールやタスク管理もノートでおこなっていて、すべてのメモは一冊のノートに集約。
何かあればノートを開き、書き込み、見返し。

対して、今はどうか。
メモの量が格段に減った。
ノートはつねに持ち歩いている。けど、そこでタスクやスケジュールは管理しておらず、開いて見返す頻度は少ない。
以前みたいに、何から何まで書く、ということはしておらず、書いておかなあかんかな、と思うことのみを書くようになってる。
で、それでは書き残しておく量としては、内容としては不十分。
こういうことをやった、という事実を残す。
やったことに対する感想を残す。
もっと、もっと書き残していったほうがいい。
授業メモについては、授業の短かい感想を、綴じノートに書き連ねていこうと決意し、授業メモすると思い出せるよう仕込んでおくことで、それができるようになってきた。
これを、この記録する姿勢を、他の行動にもひろげていきたい。

紙のノートを使うか、EvernoteやScrapboxなどのデジタルツールを使うか。
いや、ツールは問題じゃない。記録が抜け落ちすぎているのは、記録をおろそかにしているから。
どんどん、書いていこう。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモパースをクリップで挟んで紐を通して首からぶらさげておくと、快適なメモツールに

基本的に、タスクやらスケジュールやら細かなメモやら、ちょっとしたメモはiPhoneもしくはiPadを使ってとり、その都度すぐにそれぞれの場所に放り込んでいきます
けれどもときにはiPhoneを取り出せないときもありまして。メモ用紙とペンを常に持ち歩くようにしています。

ある時期からメモ用紙に名刺サイズ情報カードを使っていて、最近まで情報カードをがさっとクリップで束ねて紐を通し、首からぶら下げていました。
ただ、クリップで束ねたまんま持っていると、どうしても角の部分がヨレヨレになってしまったり、立ったままメモするときに硬さが足らず、メモしにくかったりしてました。
Image

なんとかしたいなーと思いながらもそのまま使い続けていたのですが、ふと、首からぶら下げて使いあじめるより以前に、情報カードを入れて使う「メモパース」なるものを買っていたことを思い出しました。


で、合体させました。
「クリップと紐」+「メモパース」です。
Image

これがとても快適でして。
まず、当然ながらカードの端がヨレヨレにはならない。
で、何枚ものカードを持ち運べるし、メモした後のカードも持ち運べる。
首からぶら下げているので、さっとメモができる。
なぜはやくこの形式にしなかったんだ、と思う実用性です。

普段情報カードをクリップでとめた束に紐をとおして首からさげて使っており、カードの端がヨレヨレになってお困っていて、かつメモパースをお持ちの方、ぜひともお試しください。

では、お読みいただきありがとうございました。

パッて思いついたものと、そこからするすると思考が進むもの。

メモの粒度」ってある。
思いつき、一文程度のものが一番細かい。名刺サイズの情報カードにメモるもの。細かなメモ
それ以上のものは、思いつくというより、考え始めて、思考が進み始めて出てくるたぐいのものに感じる。
Image

名刺サイズの情報カードにメモを書いていた頃、カードを書いてて、2枚目に手が伸びる時があった。1枚目を書いて、思考が進んでいって、新たに書きたくなって、2枚目に手が伸びる。
こういうとき、「思いつき」から派生していって、ひろがっていってる。パッと思いついたものではないものが、生じていってる。

でも、やっぱりそのまま、際限なく書き込んでいく方がスムーズに、ズルズルと頭の中のものを引き出していけるのでは、とも思ったりする。

メモを書き始めた時は、そっからどんどん思考が進むのか、パッとした思いつきなのかわからん。細かなメモなのか、大きなメモへと育つのか。

広い紙を用意するよりも、そのままカードの小さい紙片に細かいメモを書いていくことで、かえって思考が進んでいく、ってことがあるような気がしていたので、情報カードを使っていた。細かなメモを捕らえるための、名刺サイズの情報カード。いくつか束ね、少し大きくなってきたら、Scrapboxへ、って運用を以前はしていた。
それより以前には、アウトライナーにメモを集めまくっていた時期もあった。
今はそれを、Scrapboxでおこなっている。細かなメモ専用ページに書き連ねて、その中でかき混ぜて、まとまりができれば別ページに切り分ける。

結局は、どのツールを使っていても、メモをかき集めることはできるし、集められたメモたちを見返し、手を入れ、かき混ぜてやると、きっとメモたちを死蔵させることなく、なにかに利用していけるのではないかな、と今は考えている。

では、お読みいただきありがとうございました。

細かなメモをScrapboxでとらえることに、期待すること

まずは、積極的にメモすること。
メモする段階では、そのメモにどんな意味合いがあるのかとか、どう使われるのかとか気にする必要はなく、とにかくメモしておくこと。

Scrapboxでは、文章中の言葉をブラケット「[]」で囲むことによって、ページどうしをリンクさせていく。
ブラケットで囲む作業は、あとでいい。「細かなメモ専用ページ」に転記する時で。
あえてその作業をやらないでおくことで、「転記してブラケットで囲む」という一手間を促す。

100文字程度の、ちょっとした思いつきや、ふと考えたこと、なんらかの気づき。細かなメモとは、そういう類のもの。
自然と、内容は雑多になる。
雑多なメモが一箇所に集まり、いろんな言葉がブラケットで囲まれる。
これまでに書いた、いろんな関連ページが、下に表示される。
これまでの蓄積と、今メモした内容がつながる。
あらゆる内容のメモが雑多に集められ、かき混ぜられ、過去のメモと結び付けられる。
これこそ、メモ置き場としての理想ではないか。

まだまだメモは少ない。けど、ちょっと期待感がこれまで以上にあるので、とりあえず続けていきたいところ。

では、お読みいただきありがとうございました

細かなメモは、Scrapboxにまかせることに

とりあえず思いついたメモ(細かなメモ)は、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄という方針でいこうとなった。この方針は今に始まったわけではなく、以前、名刺サイズの情報カードを使っていた時にも同じような方針をとっていた。

けど、ある程度はうまくいってたものの、未整理のカードの数が増えてきたあたりから雲行きが怪しくなり、今はメモした情報カードの束が積まれたまま。
細かなメモたちを、かき混ぜては何かに使ってその都度破棄してはあ全体量を減らす、ってのをうまくできなかった原因は、量が増えるとかき混ぜにくくなることの他にも、メモしたカードの束を見返して手を加えてかき混ぜる時間をとれてなかった、ってのも挙げられる。
情報カードの「操作のしやすさ」は、最強じゃないかと思うけれども、手軽さには欠ける。手軽さに欠けるがために、かき混ぜる時間をとれなかった。
ので、今後は、同じようなことをScrapboxでやっていこう、と思う。

  • 細かなメモは、とりあえずScrapboxのデイリーページに書く。
  • それを「book scrapbook」内の、「細かなメモ専用ページ」にコピペする。ダブりが出るけど気にしない。
  • デイリーページにメモするときは、ブラケット使わない。メモの中で、「細かなメモ」として転記したいもののみ、転記する。
  • 転記する際に、ブラケット使う。メモ内の単語や文章を、ブラケットで囲む。その際に、他のメモをざっと見てみて、良さげな場所に位置付ける。
  • 毎月強制的に「細かなメモ専用ページ」を新たに作成することで、細かなメモが一箇所に増えすぎにないようにする。

今は、おもいついたことはすべてScrapboxのデイリーページに書いていってるので、改めてその扱い方をどうしていくか考えてみた。うまくいくかはわからないけれども、とりあえずやってみる。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄でいってみようかな

細かなメモの扱いをどうするか。
ずっと、「これ!」といった解決策がない。

ちょっとメモ、1行から2行程度の、細かなメモ。
名刺サイズの情報カードに書き終えれる程度のメモ。
100文字に満たないくらいのメモ。
そういうメモをどうしていくのか。ずっと頭にある。

「どうもしていかなくてもえぇんちゃうか?」と思い、最近はデイリーページにメモして、特に何もせず終わったり。
そういう細かなメモから何かしら書いていけるのであれば、Scrapboxの1ページとして独立させる。あるいは、ブログの1記事になったりもする。
けど、細かなメモの多くは、メモして、終わり。

Evernoteにメモをためていってたこともあった。
Workflowyにためていってたこともあった。
情報カードに書いていってたこともあった。
どれも、かなりの数が存在するけれども、今になっては存在しているだけ。

細かなメモは、流動性を大切にしたほうがいいのかも。
メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄して、増えすぎないように。
増えすぎるとかき混ぜるのが難しくなり、流動性が失われちゃう。それが、メモしたらしっぱなしに終わってしまう。
なので、自分からどんどん細かなメモを減らしていけばいい。
かき混ぜて、いらんやつは破棄して、使えるものは使って破棄して。

そういう内容をメモしていた情報カードが数枚あって、ふと見返してみつけたので、これを書いている。
これを書いたことで、この数枚のカードは、お役御免ということで、書き束ねられたカードの山から取り除く。

メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄。この方針で、ちょっといってみよう。

では、お読みいただきありがとうございました。

過去の日記に触れるために、書いたと同時に過去の日記が目に入るようにしておく

何年も日記を書いています。何年も続ける中でその書き方は変わってきて、今は毎晩5分ほどの時間を使って、テンプレートに則って、各項目についの感想を書き、保存しています。
保存場所は、Evernote。5年ほど前からEvernoteに保存していくってのは変わっておらず、今日の日記を書いた後、同じ日付の過去の日記を読み返しています。

もっと以前は紙のノートに日記を書いていて、そのころの日記は今はほっとんど読み返すことはありません。ノートにペンで手書きするのは大好きで、紙に書いて残したい気持ちもあるのですが、見返すことがなくなってしまうので、Evernoteに落ち着いている、という感じです。

毎日過去の日記を読み返すことができているのは、書き終わると同時に、過去の日記が目に入るようにしているから。
連用日記」の形式で保存しているから。

流れはこうです。

  • テンプレートに則って今日の日記を書く
  • 今日の日付でEvernote内の日記ノートを引っ張り出し、そこの書いたものを追記する
  • そのまま、同じ日付の過去の日記を読み返す

手作業で、日記ノートを検索して追記してってのはめんどうなので、iOSアプリの「ショートカット」にすべて任せています。
「同じタイトルのノートに追記する」ショートカットがあるので、それを使えば、書いたものをタイトルが「日付_Diary」である日記ノートに追記するのは簡単。
で、ショートカットの締めくくりを、「Evernoteを開く」としているので、Evernoteにジャンプ。更新された日記ノートを選択して見返す、って感じです。

これによって、今日の日記を書きつつ、過去4年間分の日記をサクッと見返しています。
見返せるほどの簡潔な書き方を続けているので、手軽に短い時間で見返すことができています。
今後もしこのスタイルが10年以上続くことになると、その分読み返す日記が増えていってしまう課題がありますが、今はまだそこまでの量ではないので、当面はこのスタイルでいこうかな、と思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。

レビューでは、振り返ったものをどう書き残していくのが良さそうか?

レビューでなにを振り返るのか?問題は、ずっとあって、未だに解決していない。
今は、

  • 一週間分のたすくまログのサマリー
  • 数学の勉強、ブログ書き書き、読書の時間の合計

をメインに、自分の成長や、価値を置いていることを主体に、それに費やした時間を確認する。そのあと、

  • 実行中のプロジェクト
  • 直近1ヶ月のスケジュール

とかを見返している。
こう考えると、見返す項目としてはこんなものでいいのではないか、と思えてきた。
問題は、なにを見返すのか?よりも、見返したものをどう残していくか?一週間のログから、なにをどう記録していくか?ってところではないか、と思えてきた。

たすくまによって、1日のログは記録をとっていってる。
それを一週間分振り返ることもできる。
そこにあるのは、些細な日々のルーティンがほとんどなものの、なんとか時間をつくって取り組んでいることや、今現在進行形のプロジェクトのログもある。
ぜーんぶのログが一緒くたにある。
でも、今力を入れていること、例えば、数検の勉強のログや、ブログを書いている時間の実績は、切り分けて確認して書き残しておきたい。
で、できればそれをトラッキングしていきたい。

となると、自分がトラッキングしたいと思うことのそれぞれのノートを作って、どんどん追記していこうかな、という気になってきた。
今後はその方針で書き残していこうかな。Bearを使って。ノートブックとしてBearを使って

では、お読みいただきあろがとうございました。