レビューでは、振り返ったものをどう書き残していくのが良さそうか?

レビューでなにを振り返るのか?問題は、ずっとあって、未だに解決していない。
今は、

  • 一週間分のたすくまログのサマリー
  • 数学の勉強、ブログ書き書き、読書の時間の合計

をメインに、自分の成長や、価値を置いていることを主体に、それに費やした時間を確認する。そのあと、

  • 実行中のプロジェクト
  • 直近1ヶ月のスケジュール

とかを見返している。
こう考えると、見返す項目としてはこんなものでいいのではないか、と思えてきた。
問題は、なにを見返すのか?よりも、見返したものをどう残していくか?一週間のログから、なにをどう記録していくか?ってところではないか、と思えてきた。

たすくまによって、1日のログは記録をとっていってる。
それを一週間分振り返ることもできる。
そこにあるのは、些細な日々のルーティンがほとんどなものの、なんとか時間をつくって取り組んでいることや、今現在進行形のプロジェクトのログもある。
ぜーんぶのログが一緒くたにある。
でも、今力を入れていること、例えば、数検の勉強のログや、ブログを書いている時間の実績は、切り分けて確認して書き残しておきたい。
で、できればそれをトラッキングしていきたい。

となると、自分がトラッキングしたいと思うことのそれぞれのノートを作って、どんどん追記していこうかな、という気になってきた。
今後はその方針で書き残していこうかな。Bearを使って。ノートブックとしてBearを使って

では、お読みいただきあろがとうございました。

“ノートブック”としてBearが第一候補に

“ノートブック”としての役割を、どのアプリに担ってもらうか?ってのを考えてて、そのときはOutlinelyを使っていこう、という結論になった。けれども、今また別のアプリを検討中。以前も使っていた、Bearを。

Bearは、アウトライナーじゃない。
けど、その方がいいのかも、と思ったり。

文章を折りたためたほうがいい。
けど、そこまで、折りたたみたいと感じるくらい長い文章を書くのかは、疑問。

Bearは、キーボードショートカットが充実してる。
Cmdの長押しで、ショートカットキーを一覧できるのもいい。
行の移動もできるのもいい。

アウトライナーでは、トピックを折りたたんだりフォーカスしたりして、他の文章を見えなくして、今書いている文章に集中することになる。
Bearは、タグによって各文章を管理するので、一つ一つの区切りがはっきりしてる。
で、そのほうが、ぼくは扱いやすい。感覚的に。

Bearはデザインが好みで、書いてて気持ちいい。
Outlinelyもデザイン好み。

総じて、Bearは細かい部分の操作のしやすい。
キーボードだけで、保存されている文章を扱っていけるのも、なかなかポイント高い。
iOSでここまでキーボードをサポートしているのはめずらしい。

そんなこんなで、Bearを「ノートブック」として使って、追記したり修正したり、いくらかの期間にわたって扱っていく文章やメモを管理していこうかな、と考え中。

では、お読みいただきありがとうございました。

“ノートブック”としての役割を、どのアプリに担ってもらうか?

「書く」環境として、一番期待したいのが、「Outlinely」というアプリ。
一言で言うと、アウトライナーテキストエディタを合体させたもの、となるか。
基本的には、テキストエディタ。でも、アウトライナーの機能を持っており、行のインデントやフォーカスの機能、畳み込みもできて、マークダウン記法にも対応している。行の移動もお手のもの。かなりいい感じ。
ただ、こちらもけっこう致命的なバグがあって、コピペの挙動がおかしい。具体的には、選択していない部分までカットされたり、ペーストしてもコピーした部分がちゃんと貼り付けられなかったり、というのがある。
また、1年以上開発が止まっているところも不安。

そこを除けば、かなり理想に近いアウトライナー。


短いメモやブログのような単発的な文章であれば、Textwellで十分。でも、中には手を加えていきたい文章や、プロジェクトに関する進捗の状況など、継続的に手を加えていきたいメモ・文章もあるわけで。
それを受け止めてくれるもので、iPadとiPhoneの両方で使えるものがなかなかない。
そんななか、課金すればiPhoneとiPadで、同じ環境で同じメモを扱えるようになるOutlinely。
これを、ノートとして使おうと思う。ノートブックとして。

Textwellの役割は、メモパッド・レポートパッド的。
書いて、他に受け渡して、おしまい。役目としては、すぐに書けること。書いたものを適切な場所に受け渡すことができれば、役目はおしまい。
いっぽうで、単発的には終わらず、書きとめて、追記して書き足していきたいものを扱うものは、ノートブック的。それを担ってもらう存在として、Outlinelyを使っていってみようと思う。
実際は、ノートとは全然違うけれども、イメージ・感覚としては、そんな感じ。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモに関する悩みは、iPadで“書く”ためのツールに困ること

メモをする。
タスクなら、明日の日付でカレンダーに登録。
スケジュールでは、日時を指定してカレンダーに登録。
それ以外であれば、とりあえずScrapboxの今日の日付のページに追記する。

これで、だいたいはいけてる。
ただ、満足しているわけではない。
タスクやスケジュール以外のメモについては。

基本的に、iPhoneとiPadでテキストメモをとる。
メモしたことについて、さらに何かしら考えたいことがある。メモしたことを起点に、書き進めたいことがある。キーボードを使って、iPadであれこれと。
そういうとき、ちょっと困る。
iPadでは、ScrapboxWorkflowyDynalistも、ちょっと使いづらいから。

ScrapboxをSafariでひらくと、コピーやペーストがキーボードの操作ではできない。
WorkflowyやDynalistでは、トピック間の移動が、キーボード操作ではできない。
どちらも、致命的、といえる。
ということは、iPadで書きたいときの選択肢として、この3つは候補には挙げられないということ。主要な3つであるにもかかわらず。
困る。

なので、iPadでなにか書くときは、Textwellを使うことになる。テキスト自体は、なに不自由なく打てる。
でも、行ごと移動ができない。
PCで使ったときには、ScrapboxやアウトライナーであるWorkflowy・Dynalistでは、カーソル行を上下に移動する操作はお手の物。で、この操作が、いろいろ考えつつ書くときには、ひじょーに便利。
でも、Textwellではそれができない。

という悩みに直面中。
Scrapbox、Workflowy、Dynalist。どれもとても優れたものであるがゆえに、iPadで使えないのがすごく悩ましい。贅沢な悩みやけれども。

解決策としては、「Porter」というiPhone専用のアプリをiPadにインストールして使うこと。
このアプリであれば、キーボード操作もお手の物。
他にもScrapboxを便利に使える機能があったりで、iPhoneではすんごくお世話になっている。
けど、iPhone専用のアプリをiPadにて拡大表示して使うのは、やっぱりちょっとうーんとなる。
あるいは、iPadではキーボードを使わず、iPhoneで使うことにする、とか。
そっちの方が現実的かも。

おわりに

あくまでも、iPadでのお話で、基本的にScrapboxもWorkflowyもDynalistも、どれもとっても便利で、便利というか、メモや書くことの幅を素晴らしく広げてくれるもの。
引き続きお世話になりつつ、iPadでの環境については工夫してなんとかしていきたいな、と思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

Porter for Scrapbox
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

授業の短かい感想を、綴じノートに書き連ねていこう

普段、紙のノートをあまり使っていません。
授業の板書計画にもiPadを使うようになり、紙を使うのは、ちょっとしたメモをメモパッドに書きつけたり、あれこれ考える際にA4用紙の裏紙を使ったり、切り離せるノートがメインになっています。
以前は頻繁に紙のノートを開いてはそこにあれこれと書き込んでいましたが、手軽なメモはiPhoneでとるようになり、考える時にiPadを使うようになり、綴じノートをがっつり使うってことが少なくなってきています。


ブログの更新を再開し、それに付随して、いろんなことに対する活力が湧いてきている今日この頃、授業にたいする気持ちもまた盛り上がってきました。
忙しさにかまけて、授業はついついやりっぱなしになって振り返ることができていなかったので、どうにかこうにかちょっとでもいい、1行でもいいという気持ちで、その日やった授業に対して感想や課題を書くことに決めました。
はて、どこに書こうかちょっと考えた結果、あぁ、これは今こそノートに、紙の綴じノートに書いていくしかない、という気持ちになりました。

うまく書けないのですが、やっぱり、今だからこそ、紙の綴じノートって特別感が湧くのです。大事にしたいことについては、紙のノートに書き付けていきたいな、という気持ち。
また、ちょっと感想を書いていく、というのにも、紙のノートは適していると感じます。
長い文章を書くのであれば、キーボードを使って文字を打っていく方が断然手書きよりも早く書けます。ただ、1行ほどのメモを残すとなると、キーボードを使うほどでもないと感じますし、iPhoneを取り出して書くのと紙のノートを取り出して書くのとを比べてみても、速さの面ではそんな差はない。
紙に書いていきたいという気持ち的な面と、ささっと書けるという効率的な面、授業のメモを書くには、どちらにおいても紙のノートを使えばいいじゃんという結論にいたりました。


紙のノートを使いたくなったり、デジタルに集約したくなったり、よく行ったり来たりしています。
以前よりは確実にデジタルの比重が重くなっているからこそ、紙の綴じノートも大事に使っていきたいなと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

処理待ちのメモをなくしたいがために、ぼくは放り込む方式にしたのだろう。

処理待ちのメモをなくしたいがために、ぼくは放り込む方式にしたのだろう。
メモを書いておくことについて。
うちあわせCast • A podcast on Anchor」や「Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~」などで触れられている、“メモはタスクであり、タスクはメモである”という話。
タスクというのは、「やること」を書いておいたメモであり、書かれたメモは処理待ちの状態でいるタスクである、という話。

以前これを聞き、深くうなづいたのを思い出しました。
で、今のメモの環境を見てみると、「メモを処理待ちのまま置いておかない」というのがぼくの基本的な方針であるなぁということがわかってきました。


メモは、基本的にはTextwellでとり、書いたメモによって、「スケジュール」「タスク」「その他」の三つに分けられ、それぞれの場所に放り込まれます。
で、Textwellはまたまっさらな状態で待機し、新たなメモが書かれたら、同じように三つのいずれかの場所に振り分けられます。
どのタイミングか?即座に、です。
つまり、書いたメモを処理待ちの状態では置いておかず、即座に処理してしまう、ということです。

スケジュールとタスクは、逃してしまうと仕事やプライベートに支障をきたします。えらいことになってしまいます。キャッチしたらすぐにメモを書き、スケジュールであればカレンダーに、 タスクであればかならず後で見返すように翌日のカレンダーに 放り込んでおきます。
即座に処理しておいて、絶対に逃さないような流れに乗せてしまう。
いっぽうで、その他のメモは、基本的には、もし書いたことを忘れさったとしても、えらいことになることはほぼほぼない。えらいことになることがほぼほぼないようなメモを、「その他」としてメモをしている、ということになります。
その他のメモは、とりあえずScrapboxのデイリーページに追記しておく。そうすることで、一応は処理した状態にしておいている。

つまり、処理待ちのメモを残しておかないようにしている、といえます。
その人の好みにもよると思いますが、ぼくの場合は、メモを処理待ちのタスクとしないほうが心地よく、安心してメモをとっていける。
あとから処理をする、という選択肢もあります。が、それではちょっと心許ない。だって、書いたメモをかならず見返さなければいけないから。
イレギュラーがなければ、だいたいは逃さずキャッチできます。でも、忙しくてわたわたしてる時に限って、見落とすべきでないものを見落として忘れてしまうことがある。そうならないためにも、メモを書いた瞬間にある程度処理しておくほうがいいと、ぼくはどうやら感じているようです。


安心してメモができるかどうかにかかっています。
見返したいメモはかならず見返せるように、自動的に見返す仕組みに乗せておく。
いつ使うかわからないメモは、とりあえず即座に処理しておく。
そうすることで、メモを逃してしまう不安から解放され、メモをなくしてしまう不安を減らし、自由にメモを取ることができるようになるのではないか。そんなふうに思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。

すべてはメモである

メモの扱いというのは、なかなかに難しい。何年も考えているけれど、いまだに「これだ!」というものにたどり着いてない気がする。
そんな中で、これだと言えるものを挙げるとすれば、「すべてはメモである」ということ。

すべてはメモである。
iPhoneを使っていて、何か思いついたことがあった時に、書いたこと。
日々過ごしていて、「あれやらな!」と思い出し、とっさにメモパッドに書いたもの。日時が決まっている予定が入り、「〇〇日 13:00〜」と書き付けられた約束。

種類は違えど、すべてはメモである。
メモは、適切なところにあってはじめて、その真価を発揮する。
やる日時が決まっていれば、「スケジュール」として扱うことで、先の見通しを与えてくれる。
あぁ、あれやらなと思いついたとこにメモったものは、「タスク」として扱い、締切日も鑑みていつやるのかを決めていく。
スケジュールとタスク。これらもメモは、明確に用途が決まっているので、対して問題は生じない。扱いは、さほどややこしくない。
どうしようか迷いがちになるのが、いわゆる「着想」と呼ばれる、気づきであったり、日々触れる事柄から得たものや考えたことについて書かれたメモ。

すべてはメモである。
メモごとに種類が違えば、適切な場所がはっきりしている。
なので、メモ管理の肝は、タスクやスケジュール以外の、メモの用途がまだはっきりしていないことをどう扱うかにかかっている。
考えがいのある、試行錯誤しがいのある、とても大きな課題。

おわりに

ちょっと書き付けておいたもの。
そのすべては、メモである。
使うかどうかわからないメモが大半かもしれない。でも、だからと言って書こうかどうか迷ってしまい、書かなかったりしてしまうのは、大きな機械の損失である、のではないか。
メモは、大きく化ける可能性を持つ存在だから。

では、お読みいただきありがとうございました。

「明日」をInboxに

タスクとスケジュールと、そしてその他」にて、メモを

  • メモ
    • スケジュール
    • タスク
    • その他

の3つの行き先にしようかな、という話をした。
スケジュールは、カレンダーに登録してしまえばいい。
その他のメモは、扱いがなかなか難しい。
ということで、今回は、このうちの「タスク」について。

タスク登録の基本的な流れ

基本的には、

  • Inboxを作っておいて、とりあえずそこに放り込む
  • → Inbox内のタスクを、実行する日を決めて設定する
  • →実行日に、その日のデイリータスクリストに組み込む

という流れで処理している。
ちなみに、デイリータスクリストというのは、その日1日で実行して完了させようとしているタスクのリストのこと。
毎日、デイリータスクリストを作るところから、仕事はスタートする。
で、そのデイリータスクリストに何を使うのか?というのが長いこと悩ましく思ってることで、「たすくま」を使い出してからは、色々試してはまたたすくまに戻り、というのを繰り返してる。今もたすくま使用中。

たすくまは、今日のタスクリストが作成されるときに、カレンダーのスケジュールを取り込んでくれるので、カレンダーにタスクを登録しておくと、確実に目に入る。
なんたって、たすくまを使わない日はないから。
ぼくにとって、タスクはカレンダーに登録しておき、たすくまに取り込むことが、最も「もれなく確実に目に入れる」ことができる手段。

「今日中タスク」と「明日以降タスク」

タスクを処理していくときの基本方針として、「マニャーナの法則」に従うことにしている。明日できることは今日やらないように、という方針。新たに発生したタスクは、明日以降に実行するように。
とはいえ、中には今日発生したタスクを今日実行しなければいけない時がある。
新たなタスクが発生したら、

  • 今日中タスク
  • 明日以降タスク

のいずれかになる。
今日中タスクは、もちろんすぐたすくまに登録する。
明日以降タスクは、Inboxに放り込むことになる。で、たすくまはカレンダーを取り込むので、カレンダーにInboxの役割をしてもらうのが一番都合がいい。今日は必要ないけど、明日以降に思い出す必要のあるタスク。
ということで、Inboxは「明日」の日付とし、タスクは全てカレンダーの明日の日付に放り込むようにした。

この方法の最も大事なところは、「もれなく確実に目に入る」ようにしているところ。”自動的”に「もれなく確実に目に入る」。
自動的に目に入ってこなければ、忘れ去られてしまう可能性が高まる。ちゃんと実行日を設定しないと、キレイさっぱり頭から消え去る。で、あとで慌てふためくことになる。
いつやるのか定めていないので、定めるためにももう一度そのタスクを目に入れなければいけない。もれがあってはいけない。その、もれをなくせる安心感が、この方法の最大のメリット。

おわりに

まだ実行する日を決めていない、実行のレールに乗っていないタスクは、レールに乗っていないがために、もう一度見返さないと実行されず、忘れ去られてしまう。それは避けたい。確実に避けることができないと、つねに何か忘れていないかと不安で、安心できない。
ぼくの場合は、たすくまが、発生した明日以降のタスクを、自動的にもう一度思い出させてくれる「入れ物」になってくれる。そういうところにとりあえず放り込み、明日以降のタスクを今日はキレイさっぱり頭からどっかへやっておくと、ちょっと、いや、かなりスッキリするのではないかと思ったり。
では、お読みいただきありがとうございました。

タスクとスケジュールと、そしてその他

タスクは、やることについて書いてあるメモ。
スケジュールは、予定について書いてあるメモ。
そう考えると、すべてを「メモ」ととらえることができる。

何かメモする。と、それは、ただのメモのときもあれば、「これやらねば」と思って忘れないように書いたメモもある。これがいわゆる「タスク」。新たに発生した今後の予定をメモるときもある。これは「スケジュール」。
タスクやスケジュールのように用途が決まってると、扱い方は決めやすい。(決めやすいけど、最適な扱い方を考えて実践していくのは難しいけども)

スケジュールは、いつ、何があるか、やることと日時が決まってる。
タスクは、やらなあかんことって決まってるけれども、それをいつやるかの日時が決まっていない。
ただのメモは、用途自体が決まっておらず、今後使うかどうか、どう使えばいいかもわからない。
なので、

  • スケジュール > タスク >>>> メモ

の順で扱いにくくなる。
タスクやスケジュール以外に分類されるメモもあるかもしれない。それはここでは一旦置いておく。用途が決まっているメモや何に関するメモかはっきりしていれば、扱いやすいとは思うから。

という観点でみると、すべてはメモであり、そのメモの中でもよく出てくるのがタスクとスケジュール、という認識でいいのではないか。

おわりに

  • メモ
    • スケジュール
    • タスク
    • その他

だから、とりあえず行き先は、すぐに受け渡す先としては3つでいい。
スケジュールやタスク以外の用途が決まっているメモは、コピーして貼り付ける、という基本方針。
あとは、その他をどうするか。そこはまだまだ定まってないものの、スケジュールとタスクの扱いについては定まってるので、またいずれ。
では、お読みいただきありがとうございました。

iOSのショートカットアプリが、メモをとることに関して優秀すぎる

iOSのショートカットアプリは、どのアプリ使ってても起動できる。これが強い。
どのアプリ使ってても、文字選択すると、「共有…」ボタンが出てくる。それを押すと、好きなショートカットが起動できる。
選択した部分のテキストをショートカットであらゆるところに受け渡せる。
で、ショートカットのアプリを使えば、テキストをあれこれ加工することができる。
ということは、いつでも、どのアプリを使ってる時でも、文字を選択さえしてしまえば、選択部分の文字を好きに加工して、好きなところに受け渡せる。
これって、メモをとるときにかなーり便利ではないか。

まず、どのアプリからでもメモをとれる。そこがなによりすばらしい。
で、そのメモを好きに加工できる。タイムスタンプを押したり、文頭に何か記号を付け加えたり。
さらに、好きなとこに受け渡せる。スケジュールならカレンダーに追加。タスクならリマインダーに追加。アプリがURLスキームによる追加に対応してさえいればいいので、受け渡す先は選び放題。
まずメモを書く。で、然るべきところに受け渡す。
この、メモをとるときの流れを完璧に実行してくれる。
iPhoneやiPadでさえメモを取っていれば、使ってるアプリは選ばない。なんだっていい。文字選択さえできれば。

おわりに

ってなことを考え、目下メモをとる環境を今整備しているところ。
ショートカットだけでも十分やけど、さらにtextwellなんかのテキストエディタアプリと組み合わせれば最強度合いは増しそうで。そのへんはまたの機会に。
では、お読みいただきありがとうございました。