25分間の質と量の向上が真の目的 〜『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』を読んで学んだこと〜

タスク管理や仕事術、ライフハックの話に興味があれば一度は聞いたことがある、もしくは実際にやってみたことがある人も多いであろう「ポモドーロ・テクニック」。
その手法を考え出した方が、ポモドーロ・テクニックについて詳細に解説した『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』(フランチェスコ・シリロ)を読んでみました。
Image
『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』(フランチェスコ・シリロ)

  • 25分取り掛かり、5分休憩するのを繰り返す
  • それを4セットやった後は、長めの休憩を取る

それをするだけで目の前のことに集中して取り組むことができるというのが、ポモドーロ・テクニックの骨子となります。
実践してみると、それだけで確かに集中できる。でも、効果を感じはするものの、やっているうちに慣れてきてしまうからか、集中できない時も出てきてしまう。で、いつしかポモドーロ・テクニックをしなくなっちゃう。
とはいえ、集中できたという記憶は残っているので、たまーに25分のタイマーをセットしてポモドーロ・テクニックの手法でタスクを消化して見て、、、なんてことをしていました。

でも、ポモドーロ・テクニックは、ただ25分+5分で集中して取り組む手法、ってだけではなく、その取り組む25分間の質を、実践するごとに向上させていくことを目的とした手法であることを、本書から学ぶことができました。
Image

ポモドーロ・テクニックのルールは、

  • 25分取り掛かり、5分休憩するのを繰り返す
  • それを4セットやった後は、長めの休憩を取る

の2つだけではありません。

  • 25分間中の「内的中断」は、「'」をログに書き込んでメモする
  • 25分間中の「外的中断」は、「-」をログに書き込んでメモする
  • 25分は分割できない。25分すぎる前に中断したならば、その回は“無効“とする。

というのもあります。
これらは、25分間中に起こる中断に対してどう対処するか、を示してくれています。
何かほかのやるべきこと・やりたいことを思いついたり、あるいは他の人から何か頼まれたり、今取り掛かっていることとは違うことにへの対処は、メモしておいて25分が終わった後に回します。
で、ちょっとした中断が起こったことを「'」や「-」を書き込んでおき、中断が起こったことを書き残しておきます。
25分間は自分の決めた作業に取り組み続けることを基本とするわけです。かつ、他のことに意識が向いたことを「'」や「-」でログをとっておく、ということです。
やむなく25分を中断して他のことにとりかかる必要があるときは、その回は”無効”とします。1ポモドーロとカウントできない、わけです。
このルールを守ることで、

  • 25分間集中できたか?
  • 1日に何回25分間「やるぞ」と決めた目の前のことに取り組むことができたか?

の2点に関するログが残ります。そのログから、改善点を探り、25分間のなかのちょっとした中断を減らし、とりかかれた回数を増やしていく。
つまり、25分間の質と量(回数)を向上させていくことが、ポモドーロ・テクニックの大事な目的なわけです。

大事な部分を削ぎ落とされていても、簡単に実践して効果を感じることができる「ポモドーロ・テクニック」。
本来の目的に沿って今後は実践してみて、自分に合った手法なのか探っていきたいな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

ブログはじっくり書きつつも、Scrapboxは毎日ページ作成・更新

ブログの毎日更新を目標にして頑張っていました。でもあっさり途切れてしまい。
こういう時は、毎日更新をまたやっていくのか否かを、否応なしに問われます。
毎日更新をするか否かの決断は、毎日更新をしてみてどうだったか、に影響を受けるわけで。で、思いを馳せたわけです。毎日更新しててどうやったかなぁ、と。

やり始める時は、もちろん毎日書くことは良いことだ、と思っていました。「良いこと」って偉い漠然としていますが、「読んでもらうことを想定した文章を書く」のは、メモなどの「自分のための文章を書く」のとは全く違うわけで。
理解できている、と思っていることでも、他の人に伝わる形にしようとすると、その理解はただ単に「わかった気」になってただけだった、みたいなことって結構あります。「わかった気」というのはかなり厄介な奴でして。わかった気に陥っている時は、自分がわかった気になっているだけだということに気づくことが結構難しかったりします。
だって、わかっていると思い込んでいるんですから。
それを打開してくれるのが、他の人に説明してみる、という行為。
なので、他の人が読んでも理解できるように書くというのは、自分の「わかった気」に気づかせてくれ、理解が確実に深まります。
また、自分自身の理解を前提に文章を書くべきではない。
色々と補足的なことを書かないと、自分とは違う誰かに、できるだけ伝わるように伝えることはできません。
そんなことを頭の片隅に持って書いた文章と、ただただ自分がわかれば良いと思ってる文章は、どう考えても変わってきます。
なので、ブログを書くこと自体は、良いことなのは間違いない。

ただ、毎日更新となると、時間という制約をもろに受けて、30分くらいで1記事を更新するる必要がありました。時間が切迫していると、読んでもらう人たちに十分な注意を払って書くことはかなり難しくなるわけで。
1つの記事を、じっくり書くか、その都度完成させていくかは悩ましいところなわけです。
とにかく毎日書きたい。今はじっくり書くよりもとにかく更新したい。そう思って日々時間の許す範囲で、もしくは少し睡眠時間を削りながらもブログを仕上げ、毎日更新してました。
1記事ごとの分量はさほど多くはなく、1000文字あるかないか、といったところ。限られた時間ではそれが限界でした。30分で書いて、えいやっと更新。
自分が満足できる状態まで仕上げられず、最後はえいやっと更新する日がほとんど。満足するものを書けてない感があったので、そこにちょこっと引っかかってたのも、更新が途絶えた理由かもしれません。

とはいえ、ブログをなかなか更新できなかった日々に戻りたくはない。書きたいのに書けないのは避けたい。
また、ブログとScrapboxがリンクしてるのも、書き続けていきたいという気持ちの一つ。

ブログは、Scrapbox上で書き、公開しています。で、Scrapboxで書いた文章もそのまま残しているので、ブログを更新すると、それに伴いScrapboxのページも1つ増える、ということになります。
ブログを書きさえすれば、知のネットワークであるScrapboxがどんどん充実していく。一石二鳥感があります。
でも、実際は一石二鳥ではなかった。
毎日更新では、1記事多くて1000文字程度。その文字量では、ブログとしては中途半端で、でも1記事で話の流れを成立させるために、補足的な文章も結構あるがために、Scrapboxの1ページとしてはちょっと助長な面がある。
どっちつかずな感じです。

  • 毎日更新は良かった。できれば続けていきたい。
  • でも、今のように、ブログの1記事ともScrapboxの1ページとも言えない、どっちつかずなものを毎日書くことはやめようかな。

ということで、ScrapboxはScrapbox用の情報の残し、そちらは毎日1ページずつ増やすためにScrapboxのページは毎日更新していく(既にあるページのリライトもOKということに)。
ブログは自分が満足のいく記事を書いていく。もっと、読んでもらうことを意識した、何度か推敲を重ねた「読み物」として成立したブログ記事を書いていく。
その両方をやっていこう、という結論に至りました。

というわけで、ブログの更新は時々忘れた頃に、になっちゃうとは思いますが、Scrapboxは毎日何かしら書いていこうと思うので、 この「iPhoneと本と数学となんやかんやと – あなたになんやかんやな、なんやかんやを」とあわせて、「book scrapbook」もよろしくお願いします。

では、お読みいただきありがとうございました。

「知的生産のABCD」を自分にあてはめてみたら色々と思考が進んでなんだかスッキリまとまった

こちらを読みました。

もちろん、この記事中にあるリンク先の文章も全て読みました。

知的生産に必要な手段をABCDの4つの切り口から解説する初心者向けの本

を考えるもので、ABCDはそれぞれ

  • A:Action
  • B:Brast
  • C:Collection
  • D:Diary

とのこと。

すべて読んで、「自分に当てはめてみたらどうなるかな?」ということが気になりました。
気になったなら、実際に考えてみようということになります。手で書いて。
その際、「自分は現状、ABCDそれぞれにどんなツールを使っているかな?」という視点で考えました。
で、できたのがこちら。
Image
ABCDの流れを矢印で示し、それぞれにおいて何を使っているか書き出してみたシンプルな図です。

で、「Action」や「Collection」の横に、その行為からイメージされる、「それを行うのはどこか?」も明記してみたところ、

  • Action Board
  • Brest Field
  • Collection Cabinet

という言葉ができ、なかなかおさまりがよくなってくれました。
でもここで、「Diary」だけがどうしても残ってしまったんですね。
あと、スタートが「D」から、というのもなんとかならないものか、と思ってしまったり。
「D」の場所に「A」が、いてくれれば、「A」からスタートし、各B•C•Dに受けわたしていく図になり、とてもおさまりがよくなります。あくまでもこの図においての話、ですが。

なんてことを考てみると、「A」のActionが書かれている場所、つまり、タスクプロジェクトスケジュール管理においては、代わりに「D」をもってきて、”行動の状態”を表すたにめに「Do」でもいいな、と思いつきました。

  • Brest:拡げる段階
  • Collection:保管の状態
  • Do:行動の状態

という風に変化させてみました。

じゃあ、図において各「B」「C」「D」へと矢印が伸びるところに位置することとなった「A」は何なのか、どういう段階なのか、と思考は進みました。
ここで思いついたのが、Aから始まる「Activate」という言葉。

activate とは
…を活動的[活発]にする;〔通例受身形で〕〈機械などを〉稼動[始動,起動]させる,《コンピュ》…を立ち上げる,起動する

普段、過ごしていると、あらゆる情報に触れることになります。その中から必要なものを選択し、自分が扱える状態に、操作できる状態に、アクティブな状態にするのが、知的生産においてまずはじめに行うこと。
そのことを表す単語として、Activateがいいのではないか、ということです。
図を書き換えて、
Image
となり、Aから各BCDに矢印が伸び、自分的にかなりしっくり来る図となりました。

  • 日々過ごしているなかで触れる数多ある情報から、扱っていくべきものを捉え、Activateする。
  • 中には、ただ捉えるだけでは扱っていく状態にはなってくれない物もあるので、Brainstormingにて拡げ、展開し、理解を深め、扱うことのできる状態に。
  • 行動を起こすものがあればDoへと。保管しておくのであればCollectionに受け渡す。

という流れが出来上がりました。

で、さらに思考は進みます。
Aとして、Accessibleもいけるかも、と。

accessible
2a〈ものなど〉入手しやすい,利用できる; 理解しやすい.

数多ある情報を取捨選択し、記録することで情報をActivateして、Accessibleな状態にする、という感じでしょうか。

ーーー

はじめのABCDから変化し、とらえ方も変わってしまったわけですが、これはこれで楽しい思索の時間となりました。
初心者向けとしてABCDを考えたわけですが、じゃあ達人編としてはXYZかな、とか考えたり。

他の人が発する情報を捕まえてActivateし、手で書いて考えてひとりBrainstormingして展開しつつ別の要素で捉えなおし、それをもとにブログの1記事に仕上げた結果、ScrapboxにCollectionできる状態にすることができたかな、とおもいます。
うん、我ながらこの知的生産のABCD、いい感じです。

では、お読みいただきありがもうございました。

紙のノートのバレットジャーナルで、未処理メモを撲滅

「明日」をInboxにすることで、今日のタスクの受け渡しを確実にしてた。

  • タスクをiPhoneにメモする(無理な場合は紙片に)
  • 「明日」の日付のカレンダーにタスクを予定として登録する
    • 調整の時間があれば日付を設定し直す
  • 次の日「たすくま」に自動的にタスクが登録されている

こうすることで、新たに発生したタスクを必ず翌日確認できるにしていた。
でも今年から紙のノートのバレットジャーナルを使うようになり、明日をインボックスにする必要がなくなった。

明日をインボックスにしていたのは、新たに発生したタスクの確認し忘れ・やり忘れをしないため。
ぼくは基本、マニャーナの法則に従い、新たに発生したタスクに関して、今日やらず、明日以降に着手するようにしている。なので、確実に明日以降に引き継ぐ必要がある。
そのため、以前は毎日のルーチンに「その日メモしたものを見返す」タスクを設定してたけど、忙しくてバタバタしている時は、そのタスクをすっ飛ばしてしまうことがしばしばあった。すると、新たなタスクを見落とし、やり忘れ、締め切り当日に思い出して余計バタバタしてしまう。
それを防ぐための、「明日をインボックスに」だった。

紙のノートを1日1ページのバレットジャーナルとして使うと、しおりを使って今日のページの目印にする。
次の日になれば、その日になった早い段階で、しおりを今日の日付へと移動する。
この時、前日に書いたことたちが目に入る。必ず目に入る。
前日に書かれた内容が目に入り、もし未処理のメモがあれば、それに気づくことができる。
とても簡単な仕組みやけども、すごく大事な仕組み。
デイリーの手帳を使ったり紙のノートを1日1ページとして使うことのいいところは、バタバタして処理できていない、ちゃんと引き継げていないタスクがあったとしても、勝手に翌日目に入るようになっている、というところ。
[勝手に目に入る]仕組み。これが欠かせない。

では、お読みいただきありがとうございました。

細かめのメモを「Scrapbox」に入れていってどうなるもんか?活用にScrapboxは使えるか?→いや、やっぱ情報カードや→からのRoamResearch

2017/07/02
些細な気づきを書き付けた、「細かなメモ」をどうするか?
今までEvernoteWorkFlowyやカードに、些細な気づきを書くよう意識してきた。で、そういう些細な気づきが、それぞれのなかにたらふくある。でもどれもが、イマイチ活用できてない感じ。
ひとつひとつは些細なため、あんまり有用なものではない。けど、集まったらなにかしらできあがるのかも、という期待を持っているからこそ、メモっていってるわけやけれども、なかなか生まれてはくれない。
こういう「細かなメモ」を活用していく手はないものか。活用していくために、Scrapboxが使えないか。
そんなことを思った。

Scrapbox、最近は細かめのメモを入れて行ってる。メモの粒度の小さいやつ。iPhoneのTextwellを使って、思いついたことを。で、リンクとかタグとかつけて、放り込んでる。これで何がどうなるか知らんけれども、とりあえずやっていこう。

細かいメモに対して、リンク貼ってとか回りくどいことをする必要はない。タグとかいちいちつけるのも、面倒くささを助長させるだけ。
解決策は、「名刺サイズの情報カードにメモる」や。
着想は、カードで管理する。近しく感じるものをとりあえず束ねて、あ、育ってきたなと思った時点でスクラップする。
書いて、置いといて、くって、束ねる。そんだけ。
リンク貼ったりはなし。タグ付けもなし。細かなメモにそこまでする必要なし。
ときどきふと見返して、操作するだけ。そんくらいでいいじゃん。

2017/10/05
細かなメモは、一行か二行程度。タイトルをつけるなんてしない。なので、必ずタイトルが必要で、基本そのタイトルしか表示されないScrapboxに細かなメモを入れようという気にはなれない。

2020/04/30
タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所として名刺サイズ情報カードを使っていた。が、それも量が増えて手に余るようになり。
Scrapboxに細かなメモ専用ページを設置し、そこに細かなメモを書きつけて行くようにした。けれども、「細かなメモ専用ページ」が、いつからかブログの下書きインデックスページになっていった。

タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所。
RoamReserchが使えるのではないか。
リンクさせるしタグ付けもする。細かなメモにもそこまでする。
リンクさせることでメモ達同士が互いにつながる場所にもなってくれる。

という方針で、現在RoamResearchをお試し中。

では、お読みいただきありがとうございました。

iPad用にMagic Mouse2を購入

iOS13.4から正式にマウスとトラックパッドに対応し、ライブ変換ができるようになったiPad。
Magic Keyboard1(JIS)をiPadにつないで、ライブ変換をONにすることで快適に使っています。

となるとさらにマウスをつないでキーボード・マウスが揃った状態で使ってみたくなってしまうわけで。ということで、だいーぶ悩んだ挙句、マウスも新たに新調することにしました。
もちろん新たに購入したのはMagic Mouse2。


というのも、Apple製品であるMagic Keyboard1をiPadにつないで使ってみるとすごくいい感じ、快適だったというのが一つの理由。もう一つは、マウスを購入してiPadにつないでみたことがあるのですが、スクロールの操作がちゃんと動かなかったりクリックができなかったりと散々だったので、Apple製品なら間違い無いだろうという思いもあってのこと。
早速使ってみたのですが、右クリック左クリック共にちゃんと動作してくれており、マウスを上下に撫でることでスクロールも快適、左右に撫でるとSafariのページの進む戻る操作がすこぶる快調に動いてくれています。

実は後一つ衝動買いしてしまったものがありまして。それは、タブレットスタンド。
iPadにMagic Keyboard1を繋いだ時点で、もう見た目がAppleの統一感に溢れており、iPadのケースを使いたくなくなってきたほど。そこにマウスもMagic Mouseとなれば、見た目はiMacにとても近くわけです。
じゃあいっそのこともっと似せてやれ、ということで、iMacによく似たタブレットスタンドを買うことに決めました。
そこで購入したのが、以下の商品。

これがなかなかに良くて、のぞみの通りiMacっぽい見た目になり、Apple製品の統一感も崩さず使うことができる環境となりました。
Image

かなり気に入っているので、iPadで色々と書くのが捗るといいな。

では、お読みいただきありがとうございました。

手書きでテキスト入力は、スラスラ書いていけるものなのか?これが、なかなかいけるもんで

「手書きキーボード」というアプリを使って、Apple pencilでテキスト入力している。
今日は少しこのアプリをくわしく。

手書きキーボード

手書きキーボード
開発元:Catalystwo Limited
¥490
posted withアプリーチ

入力欄の上に歯車のマークがあり、いろいろと語定することができる。
この設定をみていくと、
Image
Image
Image

自動で確定

自動で確定をONにしとくと、書いたそばからテキスト入力されていく。時には誤変換もあるけれども、少し丁寧に書いたら大丈夫。
精度もなかなかのものであったりするので、勝手に確定されても大丈夫やと思う。
ぼくの環境の場合、0.1秒にするとダメ。文字が2度入力されてしまう。0.3秒なら使用に耐えうる。
1点、自重的に確定されていってしまうので、手書き→テキストのときに便利な、ひらがなを漢字に変換して入力するのができないけれども。それをのぞけば、自動で確定する設定にしておけば、だあーっと書いたものが次々にテキストに変換されて入力されていく。快適。

入力エリア

「小」か「標準」がいいかな、と。
小でも、2行にわたって文字を書くことができるので、使いやすい。ただ、「小」やと文字を書いているときに、誤ってボタンを押してしまうことがあるのを考えると、標準が無難。

改行ボタン位置

フローティングにしてたら関係ないっぽ­いけど、とりあえず改行は右にあった方が使いやすい。

2本指ジェスチャ

「カーソル移動」がオススメ。
入力らん欄を2本指でスクロールすると、カーソルがサササーっと動いてくれる。便利。

その他のもの

Apple pencil使っているなら、すべて「オン」ていいいかな、と。
ペンの細とは、一番細いくらいが丁度いい。

一一一

手書きアプリじゃなくても、手書きしたいとき。そんなときにぜひ。

では、お読みいただきありがとうございました。

iPadにApple純正のキーボード(JIS)をつないで使う

自宅ではiMacを使っていて、6
7年ほど前に購入したものなので、付属していたキーボードはMagic Keyboard1。それを今、iPad Pro10.5インチにつないで使っている。いい。

iPadでのキーボード入力は、基本はUSキーボードに対応したものであり、JISキーボードを使うと、記号がキーボードに印字されているものと入力されるものに違いが出てきて、使いにくい。なので、iPad用にキーボードを手に入れる場合は、USキーボードの方がいい。
Image
Image

Image
Image

ただし、例外があって、その例外がApple純正のキーボード(Magic Keyboard)。
iMacにて使っていたMagic Keyboardは、JISキーボード。それをiPadにつないで使っているけれども、ちゃんと印字されている記号がそのまま入力される。
つまり、Magic Keyboardに関しては、JISキーボードがそのままiPadで使える、ということ。
仕事では支給されているWindowsPCを使っており、設定をいじれないようにされているので、当然JISキーボードのまま使うしかない。iMacでは、使っていたキーボードをiPadで使うようになったので、別のJISキーボードを接続して使用中。なので、iPadでもJISキーボードが使えるようになると、すべての環境でJISキーボードを使うようことになり、記号の場所が変わることに対応しなくて済むようになった。いい。

iPadOSになり、マウスやトラックパッドも使えるようになったので、キーボードとマウスをiPadにつないで使う機会がもしかしたら増えるかもしれない。
iPad・iMac・WindowsPCの全てでキーボード環境が揃ったので、きっとこれはとてもいいこと。

では、お読みいただきありがとうございました。

敬遠してたライブ変換は、iPadでマウスが使えるようになるよりも良いものかもしれない

ライブ変換、敬遠してた。
Macにライブ変換が来たときに、一瞬、ほんまに一瞬だけ試して、それ以来使ってなかった。試したと言っても、何も知らずにアップデートしたら勝手に変換されるようになってて、なんじゃこれと慌ててライブ変換をオフにした、という感じ。
それから、使ってみようかなと思う時は時々あったものの、Macで文章を書いたり文書を作成することがあんまりないので、全然使っていなかった。

今回、iPadOS13.4にて、ライブ変換が来た。今、文章を書くときに基本的に使っているのがiPadであるということと、この際Macでもライブ変換をオンにしたら環境を揃えることができるしいいかも、と思って、iPadとMacの両方でライブ変換をオンにして使い始めた。

結果、すごいえぇやん。

キーボードによる文字入力が得意ってわけではなく、時々手元を確認しながら文字を入力するくらいしかできひんけれども、それでも、書いたそばから変換されていって、Enterを押すだけでいいのは、良い。
文章を書くことが仕事ではないし、長文を書くのはブログを書くときくらいなものやけれども、でも、そんくらいの入力量でも、ライブ変換の快適さは心地いい。
仕事ではWindowsなので、テキスト入力の環境がかなり変わるけれども、それはそれで対応できる話であって。気にならない、というくらいの差ではないものの、気になってしかたないというものでもなくて、MacとiPadはライブ変換で決まり。

ぼくが使っているのはiPad Pro 10.5インチの、2017年に発売されたものやけれども、ライブ変換は遅延とかもなくサクサク動いてくれてる。なので、今発売されているすべてのMacで、ライブ変換はサクサク機能してくれる、と思われる。
仕事のPCはWindowsやけど、文書作成はiPadでしようかな、と考えたり。うん、ありかも。

では、お読みいただきありがとうございました。

「手書きキーボード」が、手書き→テキスト入力には便利

キーボードが使えたらテキスト入力は速い。でも、iPadにいちいち外付けキーボードをつなぐのもなあというときがある。
特に、手書きでノートノート書いてるときに、テキスト入力したくなったときとか。
そんなときに手書きをテキストに変換して入力で­きるアプリがありがたい。有名なのが「mazec」。
入力するにおいていろいろと設定できたり、自分の字を登録して変換しやすくできたり、手書き→テキストの最有力なのは間違いなく感じる。

けどぼくは「手書きキーボード」の方が好み。

手書きキーボード

手書きキーボード
開発元:Catalystwo Limited
¥490
posted withアプリーチ

いくつか理由を挙げると、

  • 2行になっても大丈夫
  • 一部消したければぐにゃぐにゃ、全部消したければ打ち消し線
  • 入力エリアを小さくできる
  • フローティングキーボード対応

あたりがスバラシイ。
特に、2行になってもOKというのがすごい。
iPadで手書きのキーボードを使うと、入力エリアが大きすぎるように思う。なので、フローティングキーボードの方がいいのはもちろんで、かつ、その入力エリア内であれば、2行になっても文字一度にたくさんの文字を書くことができる。
慣れたら自動確定を確定を使えばスラスラ書いていける。0.5秒くらいがぼくは丁度良い。

外付けキーボードがないときや、そこまでキーボード操­作が必要ないとき、Apple Pencilを使っているきとかの1つの入力手段として、かなりいいのではないかなと思う。

では、お読みいただきありがとうございました。