Obsidianにて連用手帳

職場のデスクでは、Obsidianを常に開いています。
Obsidian上でタスク管理をおこなっており、毎朝その日の日付をタイトルとした新たな1ページ作成することから1日が始まります。
そこに色々と、その日やることや、思いついたことや、新たに発生したタスクや、実行したことに関するログを書きつけていっています。
デイリーページと呼ぶことにしますが、このデイリーページの作成にはテンプレートを用いています。

去年あたりから「連用形式」で手帳やノートを使うことがいいと感じ、どのノートを使う際にも、連用形式で使うにはどうしようか?と自然と考えています。
「連用形式」とは、「連用日記の形式」のことで、同じ日付のページを数年にわたって使用する、というもの。
例えば、1月17日というページを作成し、今年はその日はそのページを使う。で、来年の1月17日にも、同じページを使う。
こうすることによって、去年書いたことが勝手に目に入る使い方です。

紙のノートを手帳のかわりに使い、それをやり始めました。それからというもの、手帳的な役割を担ってくれているものに関しては、すべて「連用形式」でいくのがいいのでは?と思っておりまして。
Obsidianを手帳的に使っているので、じゃあObsidianも連用形式にしよう、となるのは自然な流れです。
どうしようかあれこれ考え、試した結果、「埋め込み」の機能を使うことにしました。

Obsidianでは、ダブルブラケット「[[]]」でリンクの記述をしている部分の前に「!」をつけると、プレビューした時にリンク先のページをそのまま表示してくれる「埋め込み」機能があります。

これを利用すれば、各デイリーページに去年と一昨年の同じ日付のデイリーページへのリンクを貼り、「!」をつけておけば、プレビューした時のみ、過去の同じ日付のページが表示される、という形にすることができます。
基本的に、デイリーページにあれこれ書き込んでいる時は表示されず、プレビューすれば見える。いい感じです。
という様に、Obsidianにて連用形式でのデイリーページの運用が可能になりました。
しばらくはこれにて、Obsidianを「連用手帳」として使っていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

Obsidianを使い始めてから、かなりの部分をObsidianに任せるようになってきました。
Obsidianというのは、mdファイルを扱うテキストエディタです。
かなり気に入っており、なんでこんな「これえぇなぁ」と思うのか考えてみると、

  • 自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

ことが大きい、ということに気づきました。

Scrapboxで、ページ同士が気軽につながる威力を知り、Obsidianでも簡単にページ同士をリンクさせることができるので、まずそこが入りで使い始めました。
で、気に入ったのがそこだけなら、Scrapboxでも同じことできるやん、ってなるわけです。
でも、だいぶと使用感は違う。
どこの違いが一番大きいか、というと、ページを並べることができることだ、という結論に行き着いたわけです。

しかも、Obsidianでは、ただ単にページを並べられるだけではなく、サイドバーの中にページを置くことで、中央に表示するのとは違う働きをしてくれるようになります。
サイドバーに配置しているページの中のリンクを踏めば、メインの表示が、中央に表示しているページがそのリンク先のページに切り替わる。
一方で、メイン表示のページ上のリンクを踏めば、メイン表示がリンク先のページに切り替わります。
という風に、メイン表示のページとサイドバーに表示しているページとで、リンクを踏んだときの挙動が変わり、違う役割を持たせることができ、それがとても使いやすい。
自分の好きなものを中央やサイドバーに表示できるので、自分が使いやすいように画面の表示構成を調整できる。そこがObsidianのとても大きいな利点であると感じます。

で、Obsidianではさらに、メイン表示のページに連動してGraphやBacklinkが切り替わってくれます。小気味良く。
あ、ちなみに、「Graph」というのは、今開いているページとリンクでつながっているページたちを平面に配置して表示してくれる機能で、「Backlink」は、他のページ内で今開いているページにリンクを貼っている部分を表示してくれる機能のことです。

Image

これらの機能により、ページ同士のつながりを把握することができるというわけです。

Obsidianの特徴や優れたところは他にも色々とあると思うのですが、細かい部分でもかなり利用する際に決め手となりそうなのが、自由に、好きなページを画面に並べることができるところ。
今後も自分にあった状態を考えつつ、使っていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

タスクリストを使うにも、とりあえず書いていきやすいのが大事

最近は、Obsidianにてタスクリストを書き、実行していってる。
やったことを記録していってる。
Obsidianを使い出す前は、Dynalistを使っていた。
同じようにDynalist上にてデイリーページを作成して、そこに今日の予定やタスクを書き出し、実行していく。
書き出されていなかったことも、実行したことがあれば追記する。
できれば、タスクに関するメモもそこに書き込む。
タスク管理アプリを使うよりも、この方が自分には向いてるな、と感じるようになった。

もっと前は、iPhoneアプリ「たすくま」で今日のタスクを管理していた。
やってることは同じ。
1日のタスクを書き出し、実行していく。
書き出されていないものでやったことがあれば追記する。
1日の全ての時間をたすくまでログをとりつつ過ごしてた。
今もたすくまは使っており、主に仕事以外の時間の記録をとる役割を担ってくれてる。
もう長いこと、7,8年くらいはタスクシュートを実践して過ごしている。
DynalistやObsidianでやっていることも基本的には同じ。
仕事においては、たすくまよりも手に馴染む。

PCの前に座っている時間が長いというのが理由の一つとして挙げられる。
PCが前にあるため、キーボードによる文字入力ができ、書き込みやすい。
iPhoneを使い始めて10年ほどになるけど、手書きよりもキーボードよりも入力はしにくい。
入力しにくいから、入力しなくなりがち。
後、タスク管理アプリはアプリごとに新規タスク入力の際、たいがい画面上のどこかにある「+」ボタンを押して新規タスク入力画面を表示させ、必要項目を埋めていくけれども、その形式があんまり好きでなかったりする。
DynalistやObsidianの方が、好きなように記入できる。
タスクに対してメタ情報を入力しないため、後から実行タスクを分析したり、なんていうことはできないけれども、これまでろくに分析してこなかったけど全然大丈夫やったので気にならないし。
「なんにせよ転記は必要」と受け入れるために」でも触れたように、とりあえず、書いていくのが大事やと思うので、自分にとってとりあえず書きやすいタスク管理の方法が今の方法なので、手に馴染んでるのかな、と。
あと、Obsidianでは表示ファイルを画面上にいくつか並べることができるってのも大きい。
必要な、目に入れときたい情報を画面上に展開しておくことができ、今日のこと、今後数日のことを把握しやすい。

そんなこんなで、自由度の高い形で、好きなように書いていける管理方法を、最近は好んでやっています。

では、お読みいただきありがとうございました。

25分間の質と量の向上が真の目的 〜『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』を読んで学んだこと〜

タスク管理や仕事術、ライフハックの話に興味があれば一度は聞いたことがある、もしくは実際にやってみたことがある人も多いであろう「ポモドーロ・テクニック」。
その手法を考え出した方が、ポモドーロ・テクニックについて詳細に解説した『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』(フランチェスコ・シリロ)を読んでみました。
Image
『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』(フランチェスコ・シリロ)

  • 25分取り掛かり、5分休憩するのを繰り返す
  • それを4セットやった後は、長めの休憩を取る

それをするだけで目の前のことに集中して取り組むことができるというのが、ポモドーロ・テクニックの骨子となります。
実践してみると、それだけで確かに集中できる。でも、効果を感じはするものの、やっているうちに慣れてきてしまうからか、集中できない時も出てきてしまう。で、いつしかポモドーロ・テクニックをしなくなっちゃう。
とはいえ、集中できたという記憶は残っているので、たまーに25分のタイマーをセットしてポモドーロ・テクニックの手法でタスクを消化して見て、、、なんてことをしていました。

でも、ポモドーロ・テクニックは、ただ25分+5分で集中して取り組む手法、ってだけではなく、その取り組む25分間の質を、実践するごとに向上させていくことを目的とした手法であることを、本書から学ぶことができました。
Image

ポモドーロ・テクニックのルールは、

  • 25分取り掛かり、5分休憩するのを繰り返す
  • それを4セットやった後は、長めの休憩を取る

の2つだけではありません。

  • 25分間中の「内的中断」は、「'」をログに書き込んでメモする
  • 25分間中の「外的中断」は、「-」をログに書き込んでメモする
  • 25分は分割できない。25分すぎる前に中断したならば、その回は“無効“とする。

というのもあります。
これらは、25分間中に起こる中断に対してどう対処するか、を示してくれています。
何かほかのやるべきこと・やりたいことを思いついたり、あるいは他の人から何か頼まれたり、今取り掛かっていることとは違うことにへの対処は、メモしておいて25分が終わった後に回します。
で、ちょっとした中断が起こったことを「'」や「-」を書き込んでおき、中断が起こったことを書き残しておきます。
25分間は自分の決めた作業に取り組み続けることを基本とするわけです。かつ、他のことに意識が向いたことを「'」や「-」でログをとっておく、ということです。
やむなく25分を中断して他のことにとりかかる必要があるときは、その回は”無効”とします。1ポモドーロとカウントできない、わけです。
このルールを守ることで、

  • 25分間集中できたか?
  • 1日に何回25分間「やるぞ」と決めた目の前のことに取り組むことができたか?

の2点に関するログが残ります。そのログから、改善点を探り、25分間のなかのちょっとした中断を減らし、とりかかれた回数を増やしていく。
つまり、25分間の質と量(回数)を向上させていくことが、ポモドーロ・テクニックの大事な目的なわけです。

大事な部分を削ぎ落とされていても、簡単に実践して効果を感じることができる「ポモドーロ・テクニック」。
本来の目的に沿って今後は実践してみて、自分に合った手法なのか探っていきたいな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

「知的生産のABCD」を自分にあてはめてみたら色々と思考が進んでなんだかスッキリまとまった

こちらを読みました。

もちろん、この記事中にあるリンク先の文章も全て読みました。

知的生産に必要な手段をABCDの4つの切り口から解説する初心者向けの本

を考えるもので、ABCDはそれぞれ

  • A:Action
  • B:Brast
  • C:Collection
  • D:Diary

とのこと。

すべて読んで、「自分に当てはめてみたらどうなるかな?」ということが気になりました。
気になったなら、実際に考えてみようということになります。手で書いて。
その際、「自分は現状、ABCDそれぞれにどんなツールを使っているかな?」という視点で考えました。
で、できたのがこちら。
Image
ABCDの流れを矢印で示し、それぞれにおいて何を使っているか書き出してみたシンプルな図です。

で、「Action」や「Collection」の横に、その行為からイメージされる、「それを行うのはどこか?」も明記してみたところ、

  • Action Board
  • Brest Field
  • Collection Cabinet

という言葉ができ、なかなかおさまりがよくなってくれました。
でもここで、「Diary」だけがどうしても残ってしまったんですね。
あと、スタートが「D」から、というのもなんとかならないものか、と思ってしまったり。
「D」の場所に「A」が、いてくれれば、「A」からスタートし、各B•C•Dに受けわたしていく図になり、とてもおさまりがよくなります。あくまでもこの図においての話、ですが。

なんてことを考てみると、「A」のActionが書かれている場所、つまり、タスクプロジェクトスケジュール管理においては、代わりに「D」をもってきて、”行動の状態”を表すたにめに「Do」でもいいな、と思いつきました。

  • Brest:拡げる段階
  • Collection:保管の状態
  • Do:行動の状態

という風に変化させてみました。

じゃあ、図において各「B」「C」「D」へと矢印が伸びるところに位置することとなった「A」は何なのか、どういう段階なのか、と思考は進みました。
ここで思いついたのが、Aから始まる「Activate」という言葉。

activate とは
…を活動的[活発]にする;〔通例受身形で〕〈機械などを〉稼動[始動,起動]させる,《コンピュ》…を立ち上げる,起動する

普段、過ごしていると、あらゆる情報に触れることになります。その中から必要なものを選択し、自分が扱える状態に、操作できる状態に、アクティブな状態にするのが、知的生産においてまずはじめに行うこと。
そのことを表す単語として、Activateがいいのではないか、ということです。
図を書き換えて、
Image
となり、Aから各BCDに矢印が伸び、自分的にかなりしっくり来る図となりました。

  • 日々過ごしているなかで触れる数多ある情報から、扱っていくべきものを捉え、Activateする。
  • 中には、ただ捉えるだけでは扱っていく状態にはなってくれない物もあるので、Brainstormingにて拡げ、展開し、理解を深め、扱うことのできる状態に。
  • 行動を起こすものがあればDoへと。保管しておくのであればCollectionに受け渡す。

という流れが出来上がりました。

で、さらに思考は進みます。
Aとして、Accessibleもいけるかも、と。

accessible
2a〈ものなど〉入手しやすい,利用できる; 理解しやすい.

数多ある情報を取捨選択し、記録することで情報をActivateして、Accessibleな状態にする、という感じでしょうか。

ーーー

はじめのABCDから変化し、とらえ方も変わってしまったわけですが、これはこれで楽しい思索の時間となりました。
初心者向けとしてABCDを考えたわけですが、じゃあ達人編としてはXYZかな、とか考えたり。

他の人が発する情報を捕まえてActivateし、手で書いて考えてひとりBrainstormingして展開しつつ別の要素で捉えなおし、それをもとにブログの1記事に仕上げた結果、ScrapboxにCollectionできる状態にすることができたかな、とおもいます。
うん、我ながらこの知的生産のABCD、いい感じです。

では、お読みいただきありがもうございました。

紙のノートのバレットジャーナルで、未処理メモを撲滅

「明日」をInboxにすることで、今日のタスクの受け渡しを確実にしてた。

  • タスクをiPhoneにメモする(無理な場合は紙片に)
  • 「明日」の日付のカレンダーにタスクを予定として登録する
    • 調整の時間があれば日付を設定し直す
  • 次の日「たすくま」に自動的にタスクが登録されている

こうすることで、新たに発生したタスクを必ず翌日確認できるにしていた。
でも今年から紙のノートのバレットジャーナルを使うようになり、明日をインボックスにする必要がなくなった。

明日をインボックスにしていたのは、新たに発生したタスクの確認し忘れ・やり忘れをしないため。
ぼくは基本、マニャーナの法則に従い、新たに発生したタスクに関して、今日やらず、明日以降に着手するようにしている。なので、確実に明日以降に引き継ぐ必要がある。
そのため、以前は毎日のルーチンに「その日メモしたものを見返す」タスクを設定してたけど、忙しくてバタバタしている時は、そのタスクをすっ飛ばしてしまうことがしばしばあった。すると、新たなタスクを見落とし、やり忘れ、締め切り当日に思い出して余計バタバタしてしまう。
それを防ぐための、「明日をインボックスに」だった。

紙のノートを1日1ページのバレットジャーナルとして使うと、しおりを使って今日のページの目印にする。
次の日になれば、その日になった早い段階で、しおりを今日の日付へと移動する。
この時、前日に書いたことたちが目に入る。必ず目に入る。
前日に書かれた内容が目に入り、もし未処理のメモがあれば、それに気づくことができる。
とても簡単な仕組みやけども、すごく大事な仕組み。
デイリーの手帳を使ったり紙のノートを1日1ページとして使うことのいいところは、バタバタして処理できていない、ちゃんと引き継げていないタスクがあったとしても、勝手に翌日目に入るようになっている、というところ。
[勝手に目に入る]仕組み。これが欠かせない。

では、お読みいただきありがとうございました。

カレンダーとの連携【Pro】〜checkvistの使い方5〜

checkvistのProアカウントでは、「dd」によって実行日を設定したタスクを、カレンダーに表示することができます。具体的には、Macの標準アプリのカレンダーか、Googleカレンダーとの連携が可能となっています。
この連携はあくまでも「表示できるようになる」だけで、カレンダーに表示されているタスクを選択して編集、はできません。あくまでも、表示できるようになるだけ。基本的にcheckvist上でタスクを扱うのであれば、表示できるだけでも十分ではないかな、と思います。

連携の方法

では、連携方法について。ここからは、まずはProアカウントにしてから、の話になります。
まず、選択モード中に「gd」とキーを押すか、ページ上部の「Due」と書かれている部分をクリックします。すると、日付を設定したタスクたちがずらっと日付順に並ぶページに移動します。そのページ上部には、「SendCalendar」というボタンがあるので、それをポチッと押します。
Image

するとカレンダーのリンクをコピーするポップアップが表示されます。
Image

これの「iCalendar link」と書かれている部分がカレンダーを表示させるための照会リンクとなります。そのリンクの下に、4つのチェック項目があるので、自分が必要だと思うものにチェックを入れた後、リンクをコピーします。
今回はGoogleカレンダーに表示させる方法を書きますと、GoogleカレンダーのWEBページにいき、ページ左側の「他のカレンダー」と書かれている横に表示されている「+」ボタンを押します。
Image

押した後、「URLで追加」を選択し、コピーしておいたリンクを入力→「カレンダーを追加」で、無事checkvist上で日付を設定したリストが、カレンダー上の、設定した日付の部分に表示されるようになります。ちなみに、ちょっとタイムラグがあるので、しばらく待つ必要があるかも、です。
これにて無事に、checkvistをカレンダーに連携することができたと思います。
iPhoneを使っていて、この照会したカレンダーがiPhoneでは表示されない場合は、同期するカレンダーを選択するページに行き、照会したカレンダーにチェックを入れれば、iPhoneでもちゃんと表示されるようになると思います。もちろん、「たすくま」に取り込むことも可能です。
これによって、アウトライナーでタスクを扱い、タスク管理をし、デイリータスクリストであるたすくまに受け渡す、という流れが非常にスムーズになりました。いい感じです。

タスク管理〜checkvistの使い方4〜

checkvistは、アウトラインの操作をすべてキーボードショートカットにより行うことができます。それにより、アウトライナーとして使うことができます。

それに加え、タスク管理もおこなうことができるのが、checkvistの強みである、と思います。

「タスクの管理」もできる

アウトライナーはタスクを扱いやすいけど管理はしにくくて歯痒い」というのが、アウトライナーを使っていていつも感じていることでした。おそらく、Dynalistくらいしか、この課題に対処できているものはないのではないかなーと思っていました。
が、checkvistは、タスクを扱うだけでなく、タスクを管理する方法も身につけているアウトライナーでした。
リストとして書かれた一つ一つの項目の全てに、日付を設定することができます。「DueDate」実行日を。さらには、実行日を設定されたものだけをみるページも用意されており、現在スケジュールされているタスクを簡単に確認できるようになっています。
Image

すべてのアウトライナーに言えることですが、アウトライナーはトピックごとの入れ替えや従属を瞬時に変えながら、書かれたものたちを整理していきます。この作業は、タスクにおいても有効なのは疑いようがありません。
何をどの順番にするのか考え、組み替えることができる。終わりまでの手順が見えないのであれば、細かく分解することができる。
そしてcheckvistではさらに、リストの一つ一つに実行日時を設定することができます。さらには、日付を設定されたトピックをGoogleカレンダーに表示させることまでも。

日付の設定方法

では、どのようにリストの項目に日付を設定するのか。これにもショートカットキーは存在します。
「dd」と押せば、簡易のカレンダーが表示され、日付を設定することができるようになります(下記)。日付を設定されたリストは、別のページ・Dueに表示されるようになります(上記)。
Image

これにより、アウトライナーを用いてタスク管理ができるようになり、まさにぼくがやりたかったことができるアウトライナーに巡り合えた、という感じです。

選択・編集の切り替えを自由自在に使いこなす〜checkvistの使い方2〜

基本的な使い方

操作について、これまで使ってきたDynalistWorkflowyと大きく違う点があります。それは、「選択モード」と「編集モード」があること。
選択モード中は、選択しているリストの背景が水色になります。
Image

一方、編集モード中は、リストがテキストエリアになり、文字を入力することができます。
Image

選択と編集を切り替えながら書いていくことになり、そこがDynalistやWorkflowyと大きく違い、操作に戸惑うところなのですが、おそらく切り替えがあるおかげでとても大きなメリットを生み出しています。
それは、ありとあらゆる操作に「キーボードショートカット」をあてがうことができる、ということ。
選択モードであれば、仮に文字を入力しても何も記入されません。なので、普段なら「Ctrl+アルファベット」とかにショートカットが設定されることになるわけですが、Ctrlを押す必要がない。ふつーのアルファベットをショートカットのキーにすることができる、ということになります。
実際、checkvistには、選択モード中に「ee」や「ex」、「ll」とか入力することでショートカットが発動します。おかげで、どんな操作に対してもキーボードショートカットが使えるようにできています。
だから、「キーボードでなんだってできる」list making toolな訳です。

選択・編集の切り替え方

checkvistを使うにあたっては、選択モードと編集モードを自在に切り替えることが必須となってきます。
まず、新たに追加する方法は、追加したい場所を選択しEnterを押すことで、選択しているリストの下に追加する形で編集モードになります。

  • Enter:下に追加

また、すでに書いたリストを編集する方法は、編集したいリストを選択して、「ea」を押せば末尾にカーソルがきた状態で編集モードになります。「ei」なら行頭にカーソルが、「ee」ならそのリストに書かれているテキストが選択された状態で編集モードになります。

  • ea:選択中のリストを編集(末尾にカーソル)
  • ei:選択中のリストを編集(行頭にカーソル)
  • ee:選択中のリストを編集(リスト全体を選択)

とまぁ細かく書きましたが、とりあえずは新規追加はEnterで、既存を編集はeiで、と覚えておけば大丈夫かな、と思います。

とにかくcheckvistを快適に使うためには、選択・編集の切り替えを自在にしつつ、リストを作成していくことがポイントとなってくるので、まずはこの書き方に慣れるのが先決ではないかな、と思います。

キーボードでなんだってできるlist making tool〜checkvistの使い方1〜

タスク管理のできるアウトライナーcheckvist

このアウトライナーがすごく気に入りまして、今ガシガシ使っているところです。もっと使っていこうと思っているところなので、自分の理解を深めるためにも、checkvistの使い方を色々と解説していこうかな、と考えました。

「checkvist」とは

checkvistのページには「Professional list making tool」と書かれているのですが、まさにすんごい色々できるリスト作成ツールです。
アウトライナーであり、タスク管理アプリでもある、リスト作成ツールです。

checkvistの良さ

ぼくがcheckvistと出会ったのは、「タスク管理のできるアウトライナー」を探しているとき。で、ちょっと使ってみると、アウトライナーとしても十分すぎるほどの機能を持ち合わせており、こんなアプリがあったんやなぁと驚きました。
他のアウトライナーと比べると、操作がだいぶと違うものの、そのおかげでだと思うのですが、他ではできないことがcheckvistではことごとくできます。何より、キーボードだけでほとんどの操作が完結するようにできているのが素晴らしい。
基本的にiPadで使っているのですが、checkvistを使っているときは、画面をタップしなければいけないことがほとんどありません。
どう扱うにせよ、ショートカットが用意されている。
基本的な操作感は他のアウトライナーの方が優れていると思うのですが、これできたらなぁってのが、特にiPadから利用しているとちょくちょくあったりします。でも、それがない。

基本的な操作は優れているけどできて欲しいことができなかったりするのをとるか、基本的な操作はちょっとクセがあるけどやりたいことがなんでもできるのを選ぶか、という感じです。

ーーー

まずはこの辺までで。
次回は、checkvistのアウトライナーとしての操作方法について書いていきたいと思います。