iPadのノートアプリは、書き心地のいい「NoteAlways」と「NoteShelf」を使い分け

というように、iPadApple Pencilを手に入れて使っているうちに、考えるときの強い味方になってくれています。
紙に手書きの場合、紙質やペンによって書き味・書き心地というのは大きく変わるように、iPadの場合はアプリによって書く感覚が変わってきます。
いくつかのアプリを試し、ぼくが今主に使っているのは、「Note Always」と「NoteShelf
この2つのアプリを使う最大の理由は、「描かれる線の形」と「書いた後の仕上がり」がとてもぼくの好みってところに惹かれてのこと。
手書きアプリでは「GofdNotes 5」が人気ですが、どうしても線の形と仕上がりが好みではなく、使う気になれないので、購入はしたものの使っていません。

一番書いていて気持ちいいのは、Note Always。仕上がりも好みな感じで、何か考えるときにはこのアプリを使います。

Note Always

Note Always
開発元:Always Sunny Ltd.
¥1,840
posted withアプリーチ

エクスポートやバックアップ、ノートの管理などの面では、NoteShelfやGofdNotes 5にかなり負けるものの、書く気持ちよさは断然上。
考える時に取り出す、一枚の紙のような存在。
マインドマップを描くのもこのアプリですし、考えるときの強い味方です。

何かテーマを決めたノートを作成する場合は、NoteShelfを使います。

Noteshelf

Noteshelf
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,220
posted withアプリーチ

Note Alwaysが「一枚の紙」とすれば、NoteShelfはまさに「ノートブック」的な扱い。例えば、授業ノートや、問題演習のノートとかに使っています。
また、書いたもののコピーや他のアプリへの貼り付けなどがスムーズに行えるのもいい。
書いてるときの気持ちよさもなかなかのものなので、鉛筆やペンの、2番目の細さがおすすめです。

本来であれば、一つのアプリに絞りたいところですが、けっこう明確に両者の役割が確立しているので、両方使うのがいいかなーと思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 255
Apple Pencil (第一世代)
Apple Pencil (第一世代)

posted with amazlet at 20.01.25
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 10