マインドマップはもはや、iPad一択に

マインドマップをよく書きます。
ぼくはどうやら、言葉を平面上に配置して整理したり、あれこれ考えたりしたほうが思考が活性化されるようなので、ノートや紙に手書きであれこれ書きながら考える、というのが好きです。
ちょっとうーんと悩むことや、よくわからんなーと把握し切れていないことがあるとき、紙に書き出して平面上に思い浮かんが言葉を配置し、考えていくと、かなーりスッキリします。
そんな性質があるので、マインドマップとの相性はもちろんいいわけで。

よく用いるのは、A4サイズの裏紙。廃棄の用紙が出れば裏面になにも書いていなければとっておくので、ストックが山のようにあります。
ただ、それもまったく消化が追いつかなくなりそうです。というのも、手で書いてなにかしら考えるときに、紙を使わなくなってきたから。
手書きをしなくなったかというとそうではなく、iPadApple Pencilを使っての手書きに置き換わりました。

手書きで思い浮かんだことを書き出し、あれこれ考えていくときに一瞬立ち止まるのが、思い浮かんだことをどこに配置するのか?というのに思考を持っていかれるとき。
どこに配置するかはけっこう大切で、紙にペンで書いている場合、再配置ができないので少し書くのが慎重になってしまいます。
平面上に配置しながら考えることは、どこに配置するかも併せて考えることに他ならないので、確かに大切でしっかり考えるべき部分ではあるものの、それを動かせないのはまた話は別で。ミスが許されないのは必要以上にブレーキになってしまいます。

  • どこに配置するかちゃんと考えてから書く。けど、いざとなれば位置を移動することができる。

理想は書き出した後でもあれこれいじることができること。
紙では無理だった、もしくはやろうと思うとかなり手間だったこの作業が、iPadではいとも簡単に行うことができます。
動かしたい言葉を選択して、つつつーっと目当の位置まで持っていくだけ。
配置しては修正して、ペンの色を変えて書き加えて。
そういう作業が、スムーズに行えるので、マインドマップのような、平面に言葉を配置していく際には、もう紙とペンはほとんど使わないかもなぁ、なんて気がします。

なんと言っても、Apple Pencilの役目は大きい。
紙にペンと大差なく文字を書いていけるからこそ、じゃんじゃん書いていこうってなります。これまでのスタイラスペンでは、どうしてもストレスなく書くってのがなかなかできなかったので。

マインドマップを書いたり、平面上に手で字や図を書きながら考えることが好きな人には、iPadとApple Pencilはすんごくオススメやなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 216
Apple Pencil (第一世代)
Apple Pencil (第一世代)

posted with amazlet at 20.01.24
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 13