「うちあわせCast」の手帳回聞いてぼんやり考えたことと、今年の手帳と

うちあわせCast、手帳についてのんを聞いて。

確かに、ぼくの使い方としても、手帳に求めることって、スケジュール管理とかタスク管理とかではなくなってきてる、ように思う。そういうのんは、Googleカレンダーとかタスク管理のアプリとかが担ってくれる。
年間の予定なんかは、iPhoneから確認できる。
手帳の役割の一番は、「メモすること」になる。
やから、手帳ではなく、ノートを使っている。ノートに、簡単な日付を書き込んで。

一方で、手帳ってやっぱり人気なのか、この時期や年度始めなど、ほんまにいろーんな種類の手帳が店頭に並ぶ。
ほぼ日手帳の影響を受けてか、1日1ページの手帳の種類が増えたし、ウィークリーの手帳もバーチカル・ブロック・レフトと多種多様で、マンスリーもいっぱいある。
「◯◯手帳」みたいな、何かに特化したものもあった。
ってことは、メモを主体とする手帳の使い方ってのはきっと一般的ではないんよなー、と思ったり。
基本はやっぱりスケジュールやタスクを管理するために手帳を使っている人が多いんでないか。

今年どんな手帳を使おうか考えるとき、お店にならぶいろーんな手帳を眺めながら、自分自身、しばらく手帳をがっつり使うってのをしてないので、いっちょがっつり「ザ・手帳!」ってのを買おうかなーという思いも浮かんだ。
いっぽうで、iPadを手帳化するのも考えた。
で、結局はいつもどおり「ノートを使おう」に落ち着いた。
ただ、ここ数年と違うのは、ただノートを使うんでなく、おもいっきりノートをがっつり使おう!と思っていること。
なぜそういう結論になったとか、どう使うとかについては、また回を改めて。

では、お読みいただきありがとうございました。