気に入った本はオーディオブックと紙の両方で

通勤や家事、コーヒー豆の焙煎、庭作業なんかをしているときには、常にオーディオブックを聞いています。
頭を使わないでいい作業中にぴったりなのがオーディオブック。
で、紙やKindleですでに持っているをオーディオブックでも買う、ってことはこれまでよくありました。もうすでに読んでいて、内容はざっくり知っている。けど、本だと頻繁に読み返すことはなかなかできない。ので、オーディオブックを購入し、耳で聞いて読み返しています。
文字を目で追って読んでいたときには気づかなかった、あまり気に留めてなかった内容が、オーディオブックで聞いているときにはスルッと頭に入ってきたり、違う方法で本を読むことかできて、すごくいい。

最近は、オーディオブックで買った本を、紙の本で買い直すこともしています。
耳で聞いているのは、たいていは何かしらの作業をしながら。となると、メモをとれないことが多いわけです。
普段、紙やKindleで本を読んでいるときは、抜き書きをしながら読書メモをとりつつ、読み進めています。オーディオブックでは、それができない。
なので、コストはかさむものの、紙の本を買い直して、改めて読み返す、ということをしています。
一度耳で聞いているので、読むスピードをかなり速くしても、内容を把握していくことができます。メモすることに集中して読み返すことができ、一冊からよりたくさんのことを学ぶことができて、とてもいい感じです。

自分の好きな本は、紙でもオーディオブックでも持っておく。何度も違う味わい方で半に接することができるのでおすすめです。

では、お読みいただきありがとうございました。