知識を実践につなげるために、「独学大全」にて得た知識を実践していこう

アドラー心理学と出会ったとき、「これや!」という思いを抱き、その教えを生かすことができないか、実践することができないか、と考えて過ごしてきました。
思うように実践できている気がせず、また、より深くアドラー心理学を理解したいと思い、これまでいろんな本を読んできました。
知識は増え、理解が深まっていっている感覚はあります。が、思うように実践できていないという気持ちは依然として抱き続けたままで、もう何年も経っています。
こんな時にぼくがとる方法は、「さらに新たな本を読む」ということ。
時間が経てば立つほど、アドラー心理学について書かれた本が増えていきはするものの、実践できていないという気持ちは抱き続けたまま。

ーーー

独学大全」を発売と同時に購入しました。読み始めたのは1週間くらい前から。
学びたい、と思っていることはいくつもあります。
数学の力をなんとか伸ばしていきたい。
プログラミングも身に付け、アプリを作れるようになりたい。
アドラー心理学を学び、実践していきた。
もっと授業のうまい教師になりたい。

その状態で本書を読むと、試してみたい、今学びたいと思っていることに活用してみたくなる技法がちらほら出てきます。
学びたいことを持っている人が読むと、きっとぼくと同じように「この技法、学びのために使えそうかも!」と感じることが多いはず。
それだけに、読んでいて楽しいです。

ーーー

気付きました。
これまでのぼくは、を読むだけで今の状況を打開できるのではないか、と期待していたことに。
読むだけでは何も変わらないのにもかかわらず。
だって、「新たな本を読む」という選択肢しか持ち合わせていなかったんですから。
そうではなく、必要なことは、「いかに知識を実践につなげるか」。

ーーー

ただ読むだけでは、読むだけで終わってしまいます。
独学大全の技法の数々は、読むだけを目的としたものではなく、独学の際に実践すること、やってみることを想定しているものたち。
読んでいてそれをひしひしと感じるので、自然と「書かれていることを試してみよう!」となるわけで。


知識を実践につなげるために、独学大全にて得た知識を実践していっております。

では、お読みいただきありがとうございました。