細かめのメモを「Scrapbox」に入れていってどうなるもんか?活用にScrapboxは使えるか?→いや、やっぱ情報カードや→からのRoamResearch

2017/07/02
些細な気づきを書き付けた、「細かなメモ」をどうするか?
今までEvernoteWorkFlowyやカードに、些細な気づきを書くよう意識してきた。で、そういう些細な気づきが、それぞれのなかにたらふくある。でもどれもが、イマイチ活用できてない感じ。
ひとつひとつは些細なため、あんまり有用なものではない。けど、集まったらなにかしらできあがるのかも、という期待を持っているからこそ、メモっていってるわけやけれども、なかなか生まれてはくれない。
こういう「細かなメモ」を活用していく手はないものか。活用していくために、Scrapboxが使えないか。
そんなことを思った。

Scrapbox、最近は細かめのメモを入れて行ってる。メモの粒度の小さいやつ。iPhoneのTextwellを使って、思いついたことを。で、リンクとかタグとかつけて、放り込んでる。これで何がどうなるか知らんけれども、とりあえずやっていこう。

細かいメモに対して、リンク貼ってとか回りくどいことをする必要はない。タグとかいちいちつけるのも、面倒くささを助長させるだけ。
解決策は、「名刺サイズの情報カードにメモる」や。
着想は、カードで管理する。近しく感じるものをとりあえず束ねて、あ、育ってきたなと思った時点でスクラップする。
書いて、置いといて、くって、束ねる。そんだけ。
リンク貼ったりはなし。タグ付けもなし。細かなメモにそこまでする必要なし。
ときどきふと見返して、操作するだけ。そんくらいでいいじゃん。

2017/10/05
細かなメモは、一行か二行程度。タイトルをつけるなんてしない。なので、必ずタイトルが必要で、基本そのタイトルしか表示されないScrapboxに細かなメモを入れようという気にはなれない。

2020/04/30
タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所として名刺サイズ情報カードを使っていた。が、それも量が増えて手に余るようになり。
Scrapboxに細かなメモ専用ページを設置し、そこに細かなメモを書きつけて行くようにした。けれども、「細かなメモ専用ページ」が、いつからかブログの下書きインデックスページになっていった。

タイトルを必要とせず、1行か2行のメモを書く場所。
RoamReserchが使えるのではないか。
リンクさせるしタグ付けもする。細かなメモにもそこまでする。
リンクさせることでメモ達同士が互いにつながる場所にもなってくれる。

という方針で、現在RoamResearchをお試し中。

では、お読みいただきありがとうございました。