日記は断然「連用日記をEvernoteに」がオススメ

2020年1月6日号のWeekly R-style Magazine(WRM)を読んで、日記について書きたくなったので。

日記は、完全にアーカイブ。ぼくもScrapbox上に日記を書いていた頃があったけど、そのときも、書いた後はEvernoteに保存していた。
かれこれ10年以上はほぼ毎日日記を書いているけど、続くようになったのは「連用日記」にしたから、というのが大きい。

連用日記は、はじめはノートに手書きをしていた。ノートに線を引いて1ページを6分割し、上段が1年目、中段が2年目、下段が3年目、という風に、連用日記を自作。
1年以上続くとやっとその効果を感じることができるので、長い視点でがんばっていかないといけないのが難点やけれども、2周目になるとふつーに日記を書くよりも断然楽しい。
去年の同じ日に何をやっていたのかは、大きなイベントごとでもない限り覚えていない。けれども、確かに何かはあったはずで、今日の日記を書く際に去年の日記が目に入り、「あぁそんなことあったなー」とほっこりすることもあれば、「この頃辛かったよなぁ」と思い出したり。「あ!そういえばこの時期にこれしないと!」と気づくことも。
辛かったことが日記に書かれていたとしても、2・3年も経つと、けっこう乗り越えれているもので。懐かしむ余裕ができていることに自信を持ったり。
同じところでぐるぐる回っている自分に気づき、あーぁと思ったり。

そういうわけで、日記は連用日記がいい、という思いがあり、5年前からはEvernoteに保存している。
タイトルを日付にし、同じ日付の日記に毎年追記していく形。
そこに既に書かれている去年やそれ以前の日記は、読み返すものの手を加えることはない。
その点で、日記は完全にアーカイブやという意識があるので、Evernoteに書きはじめてからは、かならずEvernoteに追記する形で書き続けている。
Workflowyで書いたこともあったけど、書いた後はEvernoteに。
Scrapboxで書いたこともあったけど、書いた後はEvernoteに。

日記は読み返すのがいいと思うし、でも読み返す機会がないっていうのなら、以前の日記が勝手に目に入ってくる、連用日記がオススメ。
そんなにがっつり書かなくてもいいから、その日の出来事をちょろっと書いておくだけでも、それでよかったり。
次あたりは、日記に何を書いてきたかの話をしようかな、と考え中。

では、お読みいただきありがとうございました。