じっくり書くのもいいし、サクッと更新するのもいい。ただ、今は、毎日書きたい気持ちなだけで。

ブログを書き始めてから、いい循環が起きている、気がする。

このブログのタイトルは、「iPhoneと本と数学となんやかんやと」。言わば、何を書いちゃってもいい。
いろいろと考えていることを書いてもいいし、やってみていることを書いてもいい。それを読んでもらって何になるのかはわからないけど、考えたことや実践したことで見えることはあると思うので、それを書けば参考になることもあるだろう、と都合良く思っていまはせっせと更新している。
ハードルをわざと下げている。

ただ、そこまでハードルを下げたとしても、ずっと書けていなかった。
沈黙の期間がだいぶあった。
この期間、あんまり書こうとしていなかったってのはあるけれども、今思えば、いろいろと考えたり試してみたりってことができてなかったように思う。

ブログの更新を再開して、あ、やってみたことってブログに書けるやん、と再確認することができた。そういう目線でいると、自分が試しにやってみたことが結構見えて来る。
別にブログのネタになりそうやからやってみるってわけではなく、こういうことも試してみた、あぁいうことも考えてみてる、って気づけるようになったというか。
ネタのストックがあるわけでもなし、記事のストックがあるわけでもなし、その日その日で何書こうと考えていることもあれば、あこれについて書けそうやん!と気づくこともある。
たいていは、ちょっとしたメモから書き始めることが多い。
で、そういうちょっとしたメモは、何かについて考えていたり、何かを試していたりする時に思いつく。
たとえ思いつかなくても、何かしらの理由が合って取り組んだことがあるなら、活動報告的に書ける。

活動全てがブログネタになる。
そう考えると、俄然何かを試したり活動していこうという気も起きやすい。
何か試したら、またそれを文章にしていける。なぜ試したのか、試してどうやったか、いい感じかどうか、なに考えたか。
というように、いい循環が生まれてる。

じっくり考え、書き、1つの記事を作り上げるのもいい。
サクッと軽めな記事でも、書いて更新するのもいい。
別に、どんなんがいいとか、ベストとかない。
自由に書けば、振る舞えばいい。
今はただ、毎日書きたいと思ってるだけで。
その気持ちが続く限りは、どんどん書いていくことを目標に、日々コツコツ更新していきたいな、と思う。
あれこれ試して、考えて。

では、お読みいただきありがとうございました。