手書きでテキスト入力は、スラスラ書いていけるものなのか?これが、なかなかいけるもんで

「手書きキーボード」というアプリを使って、Apple pencilでテキスト入力している。
今日は少しこのアプリをくわしく。

手書きキーボード

手書きキーボード
開発元:Catalystwo Limited
¥490
posted withアプリーチ

入力欄の上に歯車のマークがあり、いろいろと語定することができる。
この設定をみていくと、
Image
Image
Image

自動で確定

自動で確定をONにしとくと、書いたそばからテキスト入力されていく。時には誤変換もあるけれども、少し丁寧に書いたら大丈夫。
精度もなかなかのものであったりするので、勝手に確定されても大丈夫やと思う。
ぼくの環境の場合、0.1秒にするとダメ。文字が2度入力されてしまう。0.3秒なら使用に耐えうる。
1点、自重的に確定されていってしまうので、手書き→テキストのときに便利な、ひらがなを漢字に変換して入力するのができないけれども。それをのぞけば、自動で確定する設定にしておけば、だあーっと書いたものが次々にテキストに変換されて入力されていく。快適。

入力エリア

「小」か「標準」がいいかな、と。
小でも、2行にわたって文字を書くことができるので、使いやすい。ただ、「小」やと文字を書いているときに、誤ってボタンを押してしまうことがあるのを考えると、標準が無難。

改行ボタン位置

フローティングにしてたら関係ないっぽ­いけど、とりあえず改行は右にあった方が使いやすい。

2本指ジェスチャ

「カーソル移動」がオススメ。
入力らん欄を2本指でスクロールすると、カーソルがサササーっと動いてくれる。便利。

その他のもの

Apple pencil使っているなら、すべて「オン」ていいいかな、と。
ペンの細とは、一番細いくらいが丁度いい。

一一一

手書きアプリじゃなくても、手書きしたいとき。そんなときにぜひ。

では、お読みいただきありがとうございました。