iPadにApple純正のキーボード(JIS)をつないで使う

自宅ではiMacを使っていて、6
7年ほど前に購入したものなので、付属していたキーボードはMagic Keyboard1。それを今、iPad Pro10.5インチにつないで使っている。いい。

iPadでのキーボード入力は、基本はUSキーボードに対応したものであり、JISキーボードを使うと、記号がキーボードに印字されているものと入力されるものに違いが出てきて、使いにくい。なので、iPad用にキーボードを手に入れる場合は、USキーボードの方がいい。
Image
Image

Image
Image

ただし、例外があって、その例外がApple純正のキーボード(Magic Keyboard)。
iMacにて使っていたMagic Keyboardは、JISキーボード。それをiPadにつないで使っているけれども、ちゃんと印字されている記号がそのまま入力される。
つまり、Magic Keyboardに関しては、JISキーボードがそのままiPadで使える、ということ。
仕事では支給されているWindowsPCを使っており、設定をいじれないようにされているので、当然JISキーボードのまま使うしかない。iMacでは、使っていたキーボードをiPadで使うようになったので、別のJISキーボードを接続して使用中。なので、iPadでもJISキーボードが使えるようになると、すべての環境でJISキーボードを使うようことになり、記号の場所が変わることに対応しなくて済むようになった。いい。

iPadOSになり、マウスやトラックパッドも使えるようになったので、キーボードとマウスをiPadにつないで使う機会がもしかしたら増えるかもしれない。
iPad・iMac・WindowsPCの全てでキーボード環境が揃ったので、きっとこれはとてもいいこと。

では、お読みいただきありがとうございました。