本を読むことについてとりとめもなく

いつからか、高校生くらいからかな、と思うけど、ほぼ毎日本を読んでいる。
小説から始まり、ビジネス書実用書を読み、数学関連の本にも触れたり。
「読まない」という選択肢はなく、必ず、何かを読んでいる。毎日、毎日。

とは言え、読むことのできる時間は以前に比べたら減っている。
大学生の頃は、「積ん読」なんてしたことがなかった。読みたいと思った本で買った本は、片っ端から読む時間があったから。
1冊読み終えたら次に手を出し、すぐ読み始める。
基本的には、1冊1冊読み終えては次に進む、という感じで本を読んでいた。それができた。
今は、積ん読しまくり。

読みたい時に読みたいだけ読む、ってのができなくなったとは言え、たくさんの本には触れたい。
でも一方で、1冊1冊じっくり読み進め、できるだけいっぱい得たい。
「たくさん読みたい」と「じっくり読みたい」のせめぎ合い。
「たくさん読みたい」に傾くと、内容が入ってこなかったりするから、じっくりが良いはずなんやけど、やっぱりたくさん読みたい。

いつからか、1冊読んでは次に手を出す、という読み方をしなくなり、同時並行で数冊を読み進める、というスタンスに変わった。
たくさん読みたいけど、読む時間が少ない分、1冊1冊読み進めると次の本を手に取るまでの期間がかなり開いてしまうので、それを防ぐための苦肉の策。
たくさん読みつつ、じっくり読むための、苦肉の策。
でも、今ではこれがかなりしっくりきている。

数冊同時に、ちまちまと読み進める。
その数冊の中に、意図的に「学び」を目的とした本を1冊入れておく。
どの本も学びにつながると思うけれども、ちょっと背伸びして読むような本を1冊。
少しずつで良いから読む。少しずつやから、背伸びした本でも、読み進めることができる。
気づけば、1冊を読み終えている。
十分に理解できていないとしても、読みきることはできてる。
わからないことが多かったなら、また読めば良い。

これからも、読み方は変わっても、何かしら本を読み続けるのだろう。
「読まない」という選択肢はない。

では、お読みいただきありがとうございました。

2019年、出会いは少なかったけれども、良い出会いが多かったように思います #mybooks2019

本を読むことが好きです。
これは、けっこう小さい時からそうで、絵本を好んで読んでいたそう。
小中学生の頃はそれが漫画になり、高校生からは小説に。
大学生から小説以外の、実用書やビジネス書などの自分の学びになりそうな本を好んで読むように、と、変遷をしてきています。

大学生の頃は、気になった本は片っ端から読む、という感じで、多くの時間を読書にあてていました。
推理小説を読んだり、ミステリを読んだり、はたまた自己啓発書に手を伸ばしたり、実用書を次々読んだり。

働きはじめ、家庭を持ち、確かに、本を読む時間は少なくなっています。
でも、「読まない」という選択肢はなく、必ず何かを読み続けいています。
数は多くなくとも、今年も何冊かの本に出会うことができました。

Image
『人を伸ばす力』(エドワード・L・デシ、リチャード・フラスト)
この本を挙げずにはいられません。
「何度も読み返すやろうな」と感じる本は、そう多くはありません。でも本書は、確実にまた読むことになりそうです。
成長を後押しできる存在になりたいと思っているので、本書とアドラー心理学は、ぼくにとっての指針となります。

Image
『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門 どうすれば若者に勇気を与えられるのか』(深沢孝之)
アドラー心理学についての本を、次に次にと読んでいってます。
最近は、アドラー心理学の実際の実践例について書かれている本を中心に。
本書は、はじめにアドラー心理学についてのコンパクトなまとめがあり、その後は高校や大学、専門学校などでのカウンセリングの実践についての事例と考察がのっており、実践的です。

Image
『プロ研修講師の教える技術』(寺沢 俊哉)
何度も再読をしている本です。
今年の読書は、積極的に再読をしてきました。中でも本書は、何度も読み返すことの多い本で、自分の授業づくりにとても影響を与えてくれている本です。

以上が、2019年の<びっくら本>です。

では、お読みいただきありがとうございました。

気に入った本はオーディオブックと紙の両方で

通勤や家事、コーヒー豆の焙煎、庭作業なんかをしているときには、常にオーディオブックを聞いています。
頭を使わないでいい作業中にぴったりなのがオーディオブック。
で、紙やKindleですでに持っているをオーディオブックでも買う、ってことはこれまでよくありました。もうすでに読んでいて、内容はざっくり知っている。けど、本だと頻繁に読み返すことはなかなかできない。ので、オーディオブックを購入し、耳で聞いて読み返しています。
文字を目で追って読んでいたときには気づかなかった、あまり気に留めてなかった内容が、オーディオブックで聞いているときにはスルッと頭に入ってきたり、違う方法で本を読むことかできて、すごくいい。

最近は、オーディオブックで買った本を、紙の本で買い直すこともしています。
耳で聞いているのは、たいていは何かしらの作業をしながら。となると、メモをとれないことが多いわけです。
普段、紙やKindleで本を読んでいるときは、抜き書きをしながら読書メモをとりつつ、読み進めています。オーディオブックでは、それができない。
なので、コストはかさむものの、紙の本を買い直して、改めて読み返す、ということをしています。
一度耳で聞いているので、読むスピードをかなり速くしても、内容を把握していくことができます。メモすることに集中して読み返すことができ、一冊からよりたくさんのことを学ぶことができて、とてもいい感じです。

自分の好きな本は、紙でもオーディオブックでも持っておく。何度も違う味わい方で半に接することができるのでおすすめです。

では、お読みいただきありがとうございました。

マインドセットによって変わる、劣等感への対処の仕方〜アドラー心理学について⑤〜

マインドセット「やればできる! 」の研究」での「硬直マインドセット」と「しなやかマインドセット」という視点でアドラー心理学で挙げられる「劣等感」について考えた。

まず、アドラー心理学における劣等感について。
人は、優越性の追求、つまり、人にはもっといい存在になりたいという欲求があり、それがあるから、できていないところが見えてしまい、劣等感を抱く。
その劣等感に、いかに対処するか。

マインドセットが硬直か、しなやかか、という目線で考えてみる。

p13.自分の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人ー「硬直マインドセット」の人ーは、自分の能力を繰り返し証明せずにはいられない。

しなやかな心の持ち方、「しなやかマインドセット」である。その根底にあるのは、人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができるという信念だ。

硬直マインドセットであれば、劣等感を言い訳に使うか(劣等コンプレックス)、自分の凄さをことさらアピールするか(優越コンプレックス)して、自分に能力がないことを否定したがるやろう。
なにせ、人間の能力は固定的と思ってて、自分に能力がないことは是が非でも認めたくはないやろうから。
優越性を、他者が自分をどう見るかに注目して、追求していくことになる。

しなやかマインドセットであれば、劣等感を抱いた後どうするか。
自分の劣っている、まだいたらないところに目を向け、変えていけばいいと思い、実際に帰る行動をとっていく。
人は変わっていけるという信念があるから、自分の劣等感に向き合い、それをもとに変えていこうとしていく。
優越性を、自分の変化によって追求していく、ということ。

マインドセットの違いにより、劣等感への向き合い方に違いが表れそうなのは容易に想像できる。で、その対処の違いが、アドラー心理学においての自立できていない人・自立している人の違いとほぼ一緒なところも、すごく興味深い。
引き続き、マインドセットとアドラー心理学について考えていけたらな、と思う。アドラー心理学の理解が、より深まりそうやから。

では、お読みいただきありがとうございました。

紙の本を買うことと、ブログを書いて残すこととの共通点

電子書籍を買うことがかなり多くなってきていて、50%にまで増えてきました。
でも、電子書籍で読んでよかった本は、紙でも書い直すようにしています。

最近、せっせとブログを更新しています。
いくつかのきっかけが重なり、積極的に更新していこうと決意したのですが、理由の1つが「書いて残しておきたい」というもの。
自分が考えたことやいいと思ったこと、伝えたいなと感じたことを書き残しておくことで、いつか読まれる時がくるかもしれない。書かなければ読まれることは絶対ないので、じゃあ書くしかないな、と思ったから。


子どもの可能性の邪魔だけはしたくない。
我が子をみていると、そういう思いを強く抱きます。

人間は生きているなかで、意識的にも無意識的にも、たくさんのことを経験し、吸収していきます。
たくさんの、ほんとうにたくさんの経験の蓄積が、今の自分を作っていると思うのです。
いくら柔軟に生きていたいと願っても、たくさんの吸収によって、いくぶんか塗り固めらる感は否めません。

まだ生まれて数年の子どもを見ていると、塗り固まった部分が、まだまだほんとにちょびっとしかない。
固まっていないぶん、なんにでもなれそうな気がするんです。

そんな子どもに対し、何ができるのか。何もしないほうがいいのではないか、とさえ思えてしまう。
けど、少なくとも今まで生きてきたなかで自分がいいと思ったことや、大切にしていること、素晴らしいなぁと感激したことは、押し付けがましくならない程度に、子どもがすぐに触れられるところには置いておきたい。
書き残しておきたい。

だから本は、電子書籍で読んだものも紙で買い直して棚にたてておこうと思いました。
読むかどうかはわかりませんし、こちらから読んでねと言うつもりもありませんが、興味を持ったらすぐ手を伸ばしてもらえるように。
本を読んできて、すごくよかったなという思いしかないから。

だからブログを書いて、いろいろと書き残しておこうと思いました。
読むかどうかはわかりませんし、こちらから読んでねと言うつもりもありませんが、もしかしたら読んでくれるかもしれないから。そこからなにか考えたり感じたり、学んだりしてくれるかもしれないから。
なにより、ブログを書いてからきて、すごくよかったなという思いしかないから。


できれば数学についてもいろいろと書き残して、押し付けがましくない程度に伝えられることを伝えていきたいな、と思っています。
ただ、子どもが足し算なんかをしていると、ついつい身を乗り出してしまうのですが。

では、お読みいただきありがとうございました。

アドラー心理学を教育現場に〜クラスはよみがえるを読んで学んだこと〜

アドラー心理学を知り、いくつかの書籍を読んだのちにこの本を読んだ。
どれほど実践できるかわからないものの、でも、根底にはやはりアドラー心理学の考えを持ちつつ、生徒と接していきたいと思う。


人間のもっとも根元的な欲求は『所属欲求』であると私たちは考えています。人間にとって集団に所属する欲求は、生存の欲求よりも強いのです。

人間は強い「所属欲求」を持っている。
その前提に立つと、教室に「競争原理」を持ち込むと、他に勝つことがすなわち所属の欲求を満たすことに、他よりも特別な存在に自分をおくことが所属欲求を満たすための手段になる。
するとどうなるか。
何か得意なことがある者は、それを認められる機会があるけれども、もしそれがないなら。。。
どういう手段をとることになるか。
どうやって他に勝ち、どうやって特別な地位につくか。

また、競争相手は他の生徒に加え、教師もその相手になる場合も考えられる。生徒対教師。
競争原理を持ち込むくらいなので、教師はもちろん生徒に負けてはならないと考えるだろう。そうやって負かされた生徒は、果たしてそのあとどうするか。

どちらの場合も、問題行動が現れるには十分な状態が整う。

というように、所属欲求を前提にすると、クラスに競争原理を持ち込むのはいささかまずいことになる。だから、アドラー心理学では、競争原理を生むような働きかけはすべきではない、と考える。「ほめる」もその一つになるので、ほめてはいけないという方針が立つことになる。
「ほめてはいけない」という言葉だけをきくと、いやいやそんなわけないと否定したくなるけれども、その訳を聞き、考えてみると、論理を重ねた結果に得られる帰結であることがわかる。

アドラー心理学の考えは、常識にとらわれてないがために斬新に感じるし、拒否反応を起こす人も中にはいるかもしれない。
でも、アドラー心理学で語られる、「当たり前でない」言葉の数々は、背景にはこのような論理がしっかりと組み立てられており、当たり前は脇に置いて読むと腑に落ちていくことも少なくない。


個々の問題児とどう接するのかの前に、教室が正常に運営されていることがすべての鍵であることを、私たちは多くの経験を通じて知りました。

アドラー心理学は、普段はあまり持たない視点を与えてくれる。当たり前と思っている、盲点とも呼べるような視点を。

頭で考えていくら正しい方法でも、無効なものは無効なのです。別の方法を実験してみるべきです。それが科学的な態度というものです。

正しい思ってやっていたとしても、他のみんなもやってることであっても、効果がないものは効果がない。じゃあ同じことを何度繰り返しててもらちがあかず、他の方法を考え試してみるのが建設的なのは明らか。でも、固執してしまいがち。

どうしても視線は個に向かいがちになる。けど、個よりも集団へのアプローチを考えてみると、もしかしたら何かしら変化させることのできる一手が得られるかもしれない。


実践のハードルは決して低くない。むしろ、常識とは違うアプローチも多く、ハードルはかなり高いといえそう。
とはいえ、もし今あまり上手くいっていないことがあるなら、これまでのやり方をいったん脇に置いて、別の切り口を探す必要がある。
また、短期的にはうまくいっていそうに見えても、ちょっと先に目を向けるとそうではないこともある。

将来的な自立を目指して。
ぼくにできる働きかけを考え、続けていきたいと思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapbox × Honkure = book scrapbook

のきばトークきいてると、「いろんな人がHonkureのようなサイトをつくればおもしろくなる」という話がなんども出てくる。
Honkureとは、簡単に言えば@rashita2さんの本棚。本棚というものの、本に限らず、漫画や映画などもそこには並んでおり、その一つ一つに@rashitaさんの読み応えのあるコメントというか、文章が添えられている。
確かに、こんな本棚を自分で作ってみるのも、ほかの人が作った本棚をのぞくのも楽しそう。
自分でやってみよう。Scrapboxがあるからきっと簡単にできるはず。


Honkureの一番のキモは、タグ。
Honkure内の本についての記事を下にスクロールしていくと、タグがつけられていることがわかる。
分類のためのタグのほか、書籍名や著者名もタグとしてつけられている。好きなタグをクリックすると、同じタグがつけられている他の記事がずらっと並ぶ。
タグによって記事と記事がつなげられており、サイトを訪れた人は、タグをポチポチクリックしていくことで、自分の興味の赴くままにHonkure内を散歩できる。

Scrapboxでは、タグをつけると同じタグがつけられているノートがページが下に表示される。
また、ページをリンクさせることも簡単。
タグやリンクで互いのノートがつながり、しかもつながっているノートが下にずらっと表示されるので、自分の興味の赴くままにScrapbox内を散歩できる。

まさに、Honkureの思想を、そのまま、手軽に、気の向くままに、そして完璧に実現してくれる。


ということで作ったのが「book scrapbook – Scrapbox」。
まだまだ本の数はすくないし、過去記事の再掲が多いけれども、これがどう育っていくのか自分としては楽しみ。よろしければ寄ってってやってください。

では、お読みいただきありがとうございました。

全体像を把握しやすい本の読みかた2つ

再読をしたい。常々思っていることの一つです。
日々、いろんな本の存在を知ります。読んでみたくなります。読みたい本は増える増える増え続ける。
過去に読んで、もう一度読みたいな、と感じる本があります。それも読みたい。また読みたい本は増える。
読みたい本だらけ。でも、もちろんすべてを読む時間はありません。
読むからには、自分のものにしたい。けれども、読む時間がなかなかとれないと、日を多くまたぎながら読み進めることになり、読了するのに時間が、長い期間がかかってしまいます。
ぼくの読書のスタンスは、「じっくり」なのです。
読書メモをとりながら、じっくり読んでいきます。
じっくり読みすぎるがために、全体像を思い描くことが難しくなっちゃったりします。じっくり読むので読み切るのに長い期間がかかり、内容を忘れつつ、読み進めることになるから。
読んだ内容が頭からこぼれ落ちつつ、一定期間読書ができないときとかもあったりして、さらに内容が頭から離れていき、そんな中また読み始めて「これどうやったっけ?」と戻りつつ、戻ってはさらに時間がかかって、なんとか最終的に読了する、という感じです。
なので、もう一度読みたいと感じる本が多くなってしまいます。2回目なら、きっと内容をさらに理解でき、全容も把握しやすいやろう、と思うから。

短い期間で、「一気に読み切る」

あるとき、再読を中心に、読書しようときめ、しばらく読んだことのある本ばかりを選んでは読み進めたことがありました。そのときの読み方が、なかなか気に入り、どんどん本を再読していくことができたんです。
いつもとちょっと読み方を変えることで、1冊の本の全体像を把握しやすくなることを知ったんです。
単純な方法です。「一気に読むぞ」という気持ちで、再読の本たちを読み進めていくというとても単純な。
速読という技術は持ち合わせてはいません。「一気に読むぞ!」って意識し、いつもよりはやめに文字を追っていくだけ。
一度読んだことのある本なので、思い切ってさささっと読むことができたのだと思います。たぶん、一読目の本であれば、どうしてもじっくりな読み方になっちゃうので。
「一気読み」では、メモもとりません。いつもより早く読む意識で、いっさいメモをとらず読み進めていきます。
目的は一つ。短い期間で読み切るため。
短い期間、1日2日の間に、一気に読み切る。そのほうが、いくら忘れっぽいぼくでも、本の内容の多くが頭の中にのこっておいてくれます。なので、全体像を把握しやすい。
一度読了している、という安心感があるので、再読するときには、この方法がぴったりだと感じるようになりました。
その思いは、オーディオブックを聞いくことで強くなりました。

頭に内容が残ったままグイグイ進むオーディオブック

今年の1月あたりから、オーディオブックを利用しはじめました。
芥川賞もオーディオブックで”聴ける” – FeBe(フィービー)
そのときに、こんなメモを残していました。

オーディオブックで本を聞くと、読むよりも短い期間で最後まで聴き終える。から、内容が記憶に残ってる状況で読み進めることができる。
最近思うように読書の時間をとれておらず、どうしても一冊にかかる期間が長くなっちゃってる。と、読んだ内容を忘れながら読み進めることになり、思うように理解できず読み終えてしまう、みたいなことがおこりがち。
オーディオブックやと、それがない。意外な事実やった。オーディオブックのほうが、聞き流してしまうし、読書メモも取ることなく進んでしまうので、頭に内容が残らんのではないか?と危惧していたから。

目次を書き足していって、流れを都度思い起こす

内容が頭からこぼれ落ちる前に、一気に読み切る。
いつでもそれができればいいのですが、一気に読み切るためにはそのぶん時間も必要なわけで。となると、時間が確保できないときには、その方法はちょっとしんどい。
読みたい本がオーディオブックにあるとも限りません。
一気に読み切れない。そんなときには、「読みながら目次を書き写していく」ことが、全体像の把握にはとても有効です。
限られた時間の中で、少しずつ本を読み進めていくわけですが、その際、読んだところの目次を書いていくんです。手間ですが、この効果はとても大きい。
具体的な方法としては、本を読みはじる際に、その日付と本の名前をメモしておきます。で、大きな章を読み終えるごとに、そのメモに読み終えた部分の目次を追記していくんです。
そうすると、目次を書き写すごとに、前に読み終えた部分の目次が目に入ります。目に入ると、「あぁ、あんな内容のこと書いてた章やな」と記憶がよみがえってくれます。
はじめから今読んでいる部分までの目次に目を通すことになるので、そこまでの流れが想起してくれやすい。
書くだけで、「あぁそうや、あの話がこうきて、そこへと進んだんや」と、全体の流れの把握にとても大きな役割を買ってくれるんです。
これは、書物を使って勉強していくときにも、とても有効です。
勉強となると、おそらく普通に読み進めるよりも一冊読み切るまでの時間はかかるでしょうし、本の全体像を把握するのってかなり大事ですから。
目次が増えていくのも、うれしい。これだけ進んできたんやな、と確認できるので、モチベーションにもつながります。

おわりに

全容を把握するための読み方は、

短い期間で読み切る意識を持つ
読み終えた章の目次を追記していく

全体像が把握できると、じっくり通読するのとはまた違った理解が得られます。
「メモをとりながらじっくり読む」のと、「一心不乱に一気読み切る」の。
「細部を読み込む」のと、「全体像を把握する」の。
両方合わさったら、1冊から得られることは、きっと何倍にも増してくれる。そう信じながら、これからもちょくちょく再読に取り組んでいこうかな、と思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。