時間はかかったとしても、じっくり読むことで得られるもの

ここのところずっと、ピーター・F・ドラッカーの「マネジメント 課題、責任、実践」の上巻を読んでいます。
上・中・下とあり、全てを読み終えるまではかなりの時間を要すると思われますが、わりとじっくり目に上巻を読み進めています。
「マネジメント エッセンシャル版」のほうなら2回くらい読んだのですが、いまいち内容が頭に入っていない感じでして、エッセンシャル版ではないのを読もう、と思い立ち、上・中・下の3巻を「えいやっ!」と購入。結果、まだ上巻の中盤ながら、すごくこの買い物は良かった。
もちろん、エッセンシャル版とは内容が違っている、というのもそう感じる要因だと思うのですが、それに加えて、じっくり読み進めていることも大きく関係していそうです。


仕事では、分掌長というものをさせてもらっていまして、一応進路指導部という分掌のまとめ役をしています。
教員なので企業に勤めているわけではありませんが、それでも「マネジメント」から得ることはすごく多い、と感じています。
最近特に問うようになったのは、「われわれの事業は何か?」というもの。
マネジメントにおいて、企業のミッション・目的を考える上で欠かせないもの、成果をあげることができるか否かに大きく影響を与えるものとして、「われわれの事業は何か?何になるか?何であるか?」という問いの重要性が説かれています。
上巻の序盤に書かれており、その章の内容を掴むことができた感覚があったからか、「われわれの事業は何か?」を問う姿勢が身についたように思います。
で、この問いについて考えた上で進路指導部の活動を見ていくと、今のやり方ではダメだと、変えていかないといけないなと思うところがあり、こう変えていこうという方針がやっと見えてきたってのが今の段階。
今年で分掌長をするのは2年目。全体を理解できた、把握できたところででマネジメントを読むこよができて良かったなぁ、と感じます。

そして、そう感じるのは、じっくりと読み進めていることが大きい。
読む中で重要に思ったところに関しては付箋を貼り、考えたことをメモしながら読み進めていきます。
これまでは、そのまま最後まで読み進めていき、読み終えたら付箋を貼った部分を書き写して読書メモを完成としていました。が、今回はある程度のまとまりごとに読み進めるのを一旦止め、手書きで本文を書き出して読書メモを作成し、要点を書き出す中で理解したことを書き添えていっています。
そのおかげで、これまでの内容を自分の中に多少は落とし込んだ状態で続きを読み進めることができているように感じます。

この読み方ができているのは間違いなく、「ブックカタリスト」を聞いているから。
おもしろいポッドキャストを紹介します」というエントリ内でも書いたように、ブックカタリストを聞くことで、読むペースは落ちたとしても1冊1冊をじっくり読むのもいいもんだ、読んでみたい本が積み上がってもいいじゃないか、と思えているからに他なりません。
他にも読みたい本や家の中で読まれるのを待っている本は何冊もありますし、マネジメントの中巻・下巻も待ち構えているわけですが、次を読みたい気持ちよりも今は1冊1冊をじっくり読んでいきたい気持ちがまさっている状態です。
この変化はとても大きいものですし、で実際楽しく、学び多く読み進めることができているので、時間はかかったとしても1冊をじっくり咀嚼しつつ進めていきたいな、と思います。


とはいえ、他にも本は読みたいので、1つの読み方に固執せず、いろんな本の読み方をしながら、読書生活を充実していきたいものです。

では、お読みいただきありがとうございまいた。

おもしろいポッドキャストを紹介します

おもしろいポッドキャストを紹介します。

1つ1つが長いです。1時間以上あります。
哲学とか倫理とか、難しそうなことを話しているときもあります。
何より、本をじっくり読みたくさせられます。


読みたい本は尽きないもので、今も読まれることを待っている本が家の中に何冊もあります。
読みたい本がスタンバイしていると、どうしても次に次に読んでいきたい気持ちになり、1冊読み終えたらすぐ次の本に手を出し、となってしまいがちです。
でも、ここには厳しい現実が待ち構えています。
そうやって次々読んだとしても、読みたい本の増加のペースと、本を読了していけるペースは、どうあがいても読みたい本の増加ペースの方が早いという現実が。
そうなんです。
次々に本を読んでいったとしても、読みたい本はそれ以上のペースで増えていきます。
これは、抗いようのない事実。

どうせ、読みたい本、積読は増える一方なのははじめから決まった事実なんだから、次々読んでみたい本が積み上がっていくのを防ごう、なんて、あきらめちゃってもいいようなものです。
でも、なぜなんでしょう。そう簡単に、あきらめられない何かが、そこにはあります。
「ブックカタリスト」は、その「あきらめられない何か」を突き崩してくれる力があるように感じます。
次々読んでも読みたい本はどうせ増えていくのだから、それはもう仕方ない。
読むペースは落ちるとしても、1冊1冊をじっくり読むのもいいもんだ、読んでみたい本が積み上がってもいいじゃないか、と思えてくる。
もっと、1冊1冊をじっくり、その本について人に語ることができるまでに読み込みたいなぁと。
だって、そうやって本を読み込んでいるお二方のブックカタリストで繰り広げられる話は、すこぶる面白いのですから。

せめて、読んだ本についてブログに書けるほどにはしっかり読みたい。
今は、読めば次の本、読めば次の本と、次々に本を読んでいっており、じっくりは読めてない。
せめて、もう少しは、語るまではいかなくとも、書けるまでは。
書くよりも語る方が何倍も深く読み込まないといけないはずなので、読んだ本について語ることができるところまではもっていけないかもしれませんが、次に次にと読むよりも絶対にいい。


おもしろいポッドキャストを紹介します。

1つ1つが長いです。1時間以上あります。おもしろい話を長い時間聞けるなんて最高です。
哲学とか倫理とか、難しそうなことを話しているときもあります。それを、お二人のやりとりの中で深掘りしたり、質問から話が展開したりで、紐解かれていく過程が、聞いているこちら側を理解へと導いてくれます。
何より、本をじっくり読みたくさせられます。それこそが、このポッドキャストのおもしろい証です。

ぜひぜひ。

小説読みたい欲を満たしてくれる「オーディオブック」

本を読むことが好きです。
思い返せば、高校生の頃、小説に、ミステリにハマって以来、ずーっと本を読むことが好きです。今では人生の中でも本を読む時間はけっこう大切にしたい時間になっています。
高校生からガッツリハマり出し、大学の3回生くらいまではずーっと小説ばっか読んでました。
数々の伏線が見事に回収されていき、最終的には驚きの結末に至る。そんなミステリに魅了されていました。
大学の3回生からは、ビジネス書・実用書もよく読むようになりました。やがて比重が少しずつ小説からビジネス書に移っていき、働き始めた頃にはほとんど小説を読まなくなりました。

思い出話はこれくらいにして、何の話をしたいかというと、「オーディオブック」の話をぼくはしたいのです。


働き始め、やがて家庭を持ち、子どもが生まれ。それにともない、読書の時間は減っていきました。
もっと読みたい。でもなかなか思うように本に向かうことができないという思いから、オーディオブックを聴き始めます。
これが良くて。
移動中や家で洗濯物を干している時間など、耳で聞いて本を読む、ということが身についていきました。
ただ、色々なオーディオブックを聴く中で、あることに気づきます。
本によっては、全然頭に入ってこないものがある、ということに。

もちろんどのオーディオブックもしっかり聴くつもりで聴き始めるわけですが、気づいたら本と関係のないことを頭は考え始め、耳から音は入ってきているのに頭で考えていることに負けてしまい、見事にまるっと聴いてなかったりする。
どの本を聴いていてもそうなってしまう時が多少はあったりしますし、本によっては聞くたびに他のことを考え始めるものもあったり。
そうなると、本の内容が全然頭に入ってこなくなってしまいます。
ただ唯一例外がありまして、いつも集中して聴くことができるものが存在するんです。
それは、小説や、ストーリー仕立てのもの。
かなり入り込むことができます。別のことを考えてただ流すだけになってしまう、ことなんてまったくありません。

audiobook.jp」でオーディオブックを買っているのですが、基本的に実用書系は1人の方の朗読が続きます。一方で、小説やストーリー仕立てのものは登場人物ごとに何人もの声優さんがその役を演じており、それも入り込むことができる一つの要因かもしれません。
なので、ある時を境に、オーディオブックでは主に小説を狙って読むようになりました。

元来小説が、特にミステリが大好きで、今はほとんど読んでいないものの、やはりすごく読みたい気持ちは強いんです。ただ、小説はどうしても続きが気になってきて、それを我慢できない。読み始めるとまず間違いなく寝る時間を削って読みふけってしまうことになってしまう。なので、読まないようにしているものの。
でも、やっぱり読みたい。読みたいなーって気持ちはずーっとある。絶えずある。
そんなぼくの、小説読みたい欲を満たしてくれているのが、オーディオブックというわけです。

オーディオブックで小説の世界に浸るのも、なかなか素晴らしい読書体験です。

では、お読みいただきありがとうございました。

読書メモと本の感想、同じページで保存しておき、本の感想の部分だけ切り出してScrapboxへ

本を読むときにメモをとり、読み終わった後は本の情報に簡単な感想を添えて、Scrapboxの公開プロジェクト、「book scrapbook」に保存しています。
読書メモには本文の引用がたくさん書いてあるので、Scrapboxに保存するのは最後に書く感想のみ。Scrapboxは公開していて誰でも見れるため、あまりに本文の引用をたくさんしている読書メモを載せるのはよろしくないからです。

Obsidianを使うようになり、読書メモを書きながら読んだ後、読了後の感想ページを新たに作成して、そちらだけScrapboxで公開する、という形を取っていました。
手元には読書メモページと、読了感想ページがあり、Scrapboxには読了感想ページだけ保存する。
ただ、この手元にある2つのページは、別々である必要はないわけです。手元にあるだけで公開しているわけではないので。
Obsidianなので、2つをリンクで結ぶことは簡単なのですが、読書メモの最後に簡単な感想があった方が自然です。別々よりも、1つのページにまとまっておいてほしい。

Obsidianで扱うファイルと同じものをモバイルでも閲覧・編集するために、1Writerというアプリをつかっています。

このアプリ、javascriptが使えて、テキストの取得や置換をすることができる。なら、手元で読書ページと読了感想ページをそれぞれ作成して片方だけを公開して、、、とかしなくても、1ページに読書メモも読了後の感想も書き込み、javascriptのアクションで感想の部分をScrapboxに切り出せばいいわけです。

流れはこんな感じ。

  • 本を読みながら読書メモを書き書き
    • Image
  • 読了した後、本の情報と感想を書き込むためのテンプレートを呼び出して読書メモページに追記
    • Image
  • Scrapboxに切り出すアクションを発動
    • Image
    • 無事、Scrapboxにページが作成されてる

Scrapboxにページを作成するのに、「Porter」というiPhoneアプリを使っています。URLスキームにて、タイトルと本文をPorterに受け渡し、ページを作成する、という流れで。

この手順を踏むことで、読書メモに本の情報と感想を追記し、本の情報と感想だけを切り出してScrapboxのページを作成することができるようになりました。
手元にあるのは1冊につき1ページになり、収まりがいい。いい感じです。
あとは読書するのみ。
今年もいろいろな出会いがあるといいな。

では、お読みいただきありがとうございました。

思っていたよりも色々と読めていた2020年の「びっくら本」 #mybooks2020

なかなか思うように読書の時間がとれていません。
とはいえ、本を読まない日はなく、毎日ちびちびと、少しずつ少しずつ読み進めています。
そのおかげか、2020年を振り返ると、それなりにいろいろな本を読むことができていました。
読んだのに読んだことを忘れていたりするのですが、一年に一度、この時期に思い返すことができ、毎年、この「びっくら本」を機会に今年の読書をかみしめます。
いつもと大きく違う一年でしたが、いつもと同じように本を読むことができ、嬉しいです。

なぜ心は病むのか いつも不安なひとの心理

Image
『なぜ心は病むのか いつも不安なひとの心理』(アルフレッド・アドラー)

これまで色々とアドラー心理学の本を読んできました。その中でも本書は、アドラーがどのように人を見ているか・捉えているかということが一番わかる本だと感じました。
であるがゆえに、とても興味深く、面白く読むことができました。
本書はアドラーの著作の翻訳であり、数冊のシリーズになっているので、とりあえずすべて読みたいな、と思っています。

ブレンディッド・ラーニングの衝撃

Image
『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(マイケル・B・ホーン、ヘザー・ステイカー、小松 健司)

授業そのものを上手くなりたいという気持ちがずーっとあります。うまい授業をすることができれば、それを聞いている生徒の数学の取り組みもよくなるのではないか、という思いがあって。
一方で、授業の仕組みが、生徒の取り組みに大きく関わるのではないか、とも感じています。
それは、今の学校に赴任して、とても強く感じていることです。
本書のブレンディッド・ラーニングは、特に授業の仕組みについての固定概念を強烈に揺さぶってくれます。
授業に使える道具は、黒板とチョークから大きく変わりつつあります。
一度、これまで使っていたことはすべて忘れて、固定的な考えをぜんぶ取り払って、授業に有効に活用できそうなものは貪欲に取り入れていく姿勢が、今後必要になってくるのではないか、と思っています。

「書くための名前のない技術」シリーズ

これは、シリーズを読めば読むほど面白くなっていく類いのもの。
3つのケースを読みましたが、ほんとに3者3様で、それらの違いが、お互いの「名前のない技術」を際立たせているように感じます。
シリーズが増えるごとにその違いは多様になっていくので、続きが出れば出るほどおもしろくなっていきそうな感じです。


今年の読書は「全然読めてないなーもっと読みたいのになー」という感覚だったのですが、2020年の1年間で読んだ本を振り返ってみると、しっかり読めていて、いい出会いもあったなぁという印象に変わりました。
とはいえ、やっぱりもっと読みたい。知りたい。学びたい。
ということで、一気に10冊ほど本をまとめ買い。
ずっと欲しいなぁと思っていた本を中心に、読む時間が取れるかなんて気にせずとりあえず手に入れときました。
その中には、もしかしたら来年のびっくら本が含まれている、かも。
楽しんで読んでいきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

知識を実践につなげるために、「独学大全」にて得た知識を実践していこう

アドラー心理学と出会ったとき、「これや!」という思いを抱き、その教えを生かすことができないか、実践することができないか、と考えて過ごしてきました。
思うように実践できている気がせず、また、より深くアドラー心理学を理解したいと思い、これまでいろんな本を読んできました。
知識は増え、理解が深まっていっている感覚はあります。が、思うように実践できていないという気持ちは依然として抱き続けたままで、もう何年も経っています。
こんな時にぼくがとる方法は、「さらに新たな本を読む」ということ。
時間が経てば立つほど、アドラー心理学について書かれた本が増えていきはするものの、実践できていないという気持ちは抱き続けたまま。

ーーー

独学大全」を発売と同時に購入しました。読み始めたのは1週間くらい前から。
学びたい、と思っていることはいくつもあります。
数学の力をなんとか伸ばしていきたい。
プログラミングも身に付け、アプリを作れるようになりたい。
アドラー心理学を学び、実践していきた。
もっと授業のうまい教師になりたい。

その状態で本書を読むと、試してみたい、今学びたいと思っていることに活用してみたくなる技法がちらほら出てきます。
学びたいことを持っている人が読むと、きっとぼくと同じように「この技法、学びのために使えそうかも!」と感じることが多いはず。
それだけに、読んでいて楽しいです。

ーーー

気付きました。
これまでのぼくは、を読むだけで今の状況を打開できるのではないか、と期待していたことに。
読むだけでは何も変わらないのにもかかわらず。
だって、「新たな本を読む」という選択肢しか持ち合わせていなかったんですから。
そうではなく、必要なことは、「いかに知識を実践につなげるか」。

ーーー

ただ読むだけでは、読むだけで終わってしまいます。
独学大全の技法の数々は、読むだけを目的としたものではなく、独学の際に実践すること、やってみることを想定しているものたち。
読んでいてそれをひしひしと感じるので、自然と「書かれていることを試してみよう!」となるわけで。


知識を実践につなげるために、独学大全にて得た知識を実践していっております。

では、お読みいただきありがとうございました。

「7つの習慣」からの「経営者の条件」からの連用バレットジャーナルにまとめを書き書き

現状は、とりあえずタスクは回ってる。けど、ただこなしてるって感じを覚えたりする。
全然それでええねんけれども、でも、もうちょいなんとかしていきたいとも思ったり。
そこで、「7つの習慣」。とにかく、第3の習慣までを実践できるように。

第3の習慣までは、「私的成功」。セルフマネジメントの範囲。セルフマネジメントといえば、ドラッカー「経営者の条件」。ということで、オーディオブックを購入し、聴いて、再度学ぶように。
聴いてみると、Kindleで読んでたときよりもおもしろく感じて、学びも多く、「これはちゃんとまとめておきたい!」となり、章ごとに連用バレットジャーナルにまとめていくことに。
「まえがき」と「序章」を手始めにまとめてみた。書き出すと、夢中になって気がつけば1時間が経ってた。没頭してた。いや、おもしろくて。
ノートに章ごとにまとめていくのは、確実に理解は深まりまくる。時間かかるけど、でも、その価値は必ずある、と思う。全部の本をまとめていくのはむずかしいので、「これや!」と思ったものについてはまとめていきたい。

経営者の条件を皮切りに、ドラッカーの著作にまた興味を持ったので、どんどん読んでいこうと思う。また、「7つの習慣」も、章ごとにまとめていきたいところ。もちろん、連用バレットジャーナルに。そうしておけば、あと最低2回は見返すことになるから。

では、お読みいただきありがとうございました。b

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
スティーブン・R.コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 48
ドラッカー名著集1 経営者の条件
P.F.ドラッカー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3,327

電子書籍・オーディオブック・紙の本。全部で持ってたっていいじゃない。

「経営者の条件」がおもしろい。
ドラッカー名著集」のトップバッターを飾る、「経営者の条件」。
はじめはkindleで購入し、読みました。細切れ時間、短い時間ずつしか読めなかったので、読むのがだいぶと途切れ途切れになってしまい、全体の把握には程遠い状態でした。けれども、途切れ途切れになりながらもそのおもしろさを感じていたようで、3回ほど通読。やはり途切れ途切れに読んでいたので、把握できた感はなかなか掴めないままでした。

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp」にて、多くのドラッカーの著書がオーディオブック化しています。経営者の条件もあったので、半額セールのときに購入。
オーディオブックのいいところは、他のことをしながら本が聞けること。聴き漏らすことも多いのですが、本を読むときよりも短い時間で聴き終わるので、ざっくり全体を把握するのにはうってつけです。
これまで何度か再読しているのと相まって、オーディオブックで聴くことで全体像の把握ができ、そのおもしろさを強く再確認しました。

まずは電子書籍で買って、オーディオブックも購入。これは、ぜひとも本棚に並んでいて欲しい。紙の本でも買ってしまおうかな、という考えが頭をよぎります。
電子書籍とオーディオブックで持ってるのに、さらに紙の本でも買っておこうとするなんて。それをやろうとしている自分がいる。

はい、やってしまいました。ちょろっと悩んだのも束の間、買っちゃいました。電子書籍、オーディオブック、紙の本のグランドスラム達成。
いつでもどこでも読めて、耳でも聴けて、ペラペラと紙をめくりながら内容を確認できる。そんな状態になりました。
自分がいいなと思った本は、他で持っていようが関係なく紙でも買っておこうとおまいます。

では、お読みいただきありがとうございました。

ドラッカー名著集1 経営者の条件
P.F.ドラッカー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3,711

本から勇気づけられることって、すごくあると思う〜アドラー心理学について10〜

アドラー心理学は、人の変化を後押しする考え方で、後押しのために「勇気づけ」というアプローチを用いる。
アドラー心理学の「勇気」という言葉を狭ーく捉えれば、「困難に向かおうとする活力」と言えると思う。

「事実」を知ることが、勇気づけになることがある。

これらは、努力次第では自分の能力を伸ばしていける、ということを、その事実を教えてくれる本。
難しいなー、できるかなー、大丈夫かなー。そう思いつつも、それに立ち向かおうと思える活力を勇気とするならば、これらの本は間違いなくぼくを勇気づけてくれた。

日々悩むことは多いし、落ち込むことも少なくはない。どうやってもあかんのちゃうか、と思ってしまうことも多い。
でも、やり方を変えたら、努力の仕方を変えたら、別の方法を試してみたら、打開策が出てくるのではないか。なぜなら、人は自分のもってる力を伸ばしていけるし、変化させていけるって事実がそこにあるから。本が教えてくれたから。

まだやれることはあるという期待は、自分を次の行動へと後押ししてくれる。勇気づけてくれていると思う。
そう考えると、読む本の種類にもよるけれども、本から勇気づけられることってすごい多い気がする。

ぼくは教員なので、生徒の成長のサポートができればいいなという、後押しがしたいがためにこの職業を選んだようなもの。
成長できる、変わっていけるという事実そのものが、生徒に対して貢献しうるのではないかって思わせてくれるし、生徒の力を信じることにもつながってくる。

本というものに、ほんまに自分は影響をうけ、変化してきたって実感がある。きっとそれは、本に何度も何度も勇気づけてもらってたんやなぁと、ようやく気づいた。
今後も本を読み、学び、ときには勇気づけられ、なんとか1歩ずつ進んでいければな、と思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

本を読むことについてとりとめもなく

いつからか、高校生くらいからかな、と思うけど、ほぼ毎日本を読んでいる。
小説から始まり、ビジネス書実用書を読み、数学関連の本にも触れたり。
「読まない」という選択肢はなく、必ず、何かを読んでいる。毎日、毎日。

とは言え、読むことのできる時間は以前に比べたら減っている。
大学生の頃は、「積ん読」なんてしたことがなかった。読みたいと思った本で買った本は、片っ端から読む時間があったから。
1冊読み終えたら次に手を出し、すぐ読み始める。
基本的には、1冊1冊読み終えては次に進む、という感じで本を読んでいた。それができた。
今は、積ん読しまくり。

読みたい時に読みたいだけ読む、ってのができなくなったとは言え、たくさんの本には触れたい。
でも一方で、1冊1冊じっくり読み進め、できるだけいっぱい得たい。
「たくさん読みたい」と「じっくり読みたい」のせめぎ合い。
「たくさん読みたい」に傾くと、内容が入ってこなかったりするから、じっくりが良いはずなんやけど、やっぱりたくさん読みたい。

いつからか、1冊読んでは次に手を出す、という読み方をしなくなり、同時並行で数冊を読み進める、というスタンスに変わった。
たくさん読みたいけど、読む時間が少ない分、1冊1冊読み進めると次の本を手に取るまでの期間がかなり開いてしまうので、それを防ぐための苦肉の策。
たくさん読みつつ、じっくり読むための、苦肉の策。
でも、今ではこれがかなりしっくりきている。

数冊同時に、ちまちまと読み進める。
その数冊の中に、意図的に「学び」を目的とした本を1冊入れておく。
どの本も学びにつながると思うけれども、ちょっと背伸びして読むような本を1冊。
少しずつで良いから読む。少しずつやから、背伸びした本でも、読み進めることができる。
気づけば、1冊を読み終えている。
十分に理解できていないとしても、読みきることはできてる。
わからないことが多かったなら、また読めば良い。

これからも、読み方は変わっても、何かしら本を読み続けるのだろう。
「読まない」という選択肢はない。

では、お読みいただきありがとうございました。