知的生産って?と、かーそると、すべてはノートからはじまると

「知的生産」とはなにか。
知的生産の技術」での定義は、

知的生産というのは、頭をはたらかせて、なにかあたらしいことがら──情報──を、ひとにわかるかたちで提出することなのだ

ということになっています。
そしてぼくは、この定義の「ひとにわかる」という部分の「ひと」には、自分も含めてしまえばいいと考えています(これについてはかーそる第1号にて書きました)。

すると、「知的生産というのは、頭をはたらかせて、なにかあたらしいことがら──情報──を、(自分も含めた)ひとにわかるかたちで提出すること」となります。


ノートは何のために存在しているのか。
書かれるためです。
ここでいうノートは、紙のノートはもちろん、テキストエディタやアウトライナーなど、広く「記録する媒体」のように考えておきます(「すべてはノートからはじまる」でのノートと同じ定義としておきます)。
書いたものは多岐にわたるでしょうが、中には「なにかあたらしいことがら」にあたるものも存在するでしょう。
となると、ノートに書かれたものは、知的生産になり得る、と言えます。
たとえ個人的な、自分以外の人が見返さないノートに書かれたことがらであっても、知的生産の対象に自分を含めれば、それは知的生産と呼んでも何もおかしくないと思います。

書くことと知的生産は、決して同じではないにしろ、近しいものである、ということになります。
ただ書くだけでは、「知的生産の技術」での定義における知的生産にはなりにくいとはいえ、書くことは「知的生産」のはじまりであると言えるでしょう。
この意味において、メモもまた知的生産のはじまりと位置付けることができます。


かーそる 2021年7月号」のテーマは、ノート・メモについて。
メモを残すことについて、ノートを書くことについて、書いたものをどう扱うのかについて、ほんとうに彩のある1冊になっていると思います(かーそるという雑誌は、いつもそうです)。
「知的生産の技術で盛り上がる雑誌」の名に恥じないド直球のテーマでありながら、直球から変化球まで多彩な文章の数々に出会える雑誌です。
かーそるの書き手の中の一人としてノート・メモについて書かせていただき、光栄であるとともに、この雑誌が、求める人の手に届くことを願っています。


奇しくも、同じ時期に、同じくノートが主題の、かーそる編集長の倉下さんの著作「すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術」が発売されました。
まだすべてを読んだわけではありませんが、読み始めてすぐ感じたのが、「これこそが知的生産の技術ではないか」「ここで語られている記録術についての話と知的生産とは同一のものであると言えるのではないか」といったもの。
楽しく読ませていただいています。
そして読み始めて確信したのが、本書はぼくの中では待望の書だったんだということ。自分が書いたものではないのに、本のタイトルでエゴサーチしてしまうほどに、どう受け止められるのかが気になる本です。
それはきっと、一人の倉下ファンとして、「こんな書き手がいるのですよみなさん!」という気持ちと、まだ見ぬ倉下ファンに届いて欲しいという気持ちがぼくの中に強くあるからだと想像します。


では、お読みいただきありがとうございました。

あったらいいなPart1.ブログ過去記事無作為自動配信

「書くことないなぁ」と思ったので、ふと過去の自分のブログの記事を読み返していて思いました。

「これ、無作為に毎日自分に向けて配信して欲しいな」

と。

「こんなこと書いたんや」がいっぱい。

自分のブログのエントリを読んでいるので、自分で書いたはずなんですが、「こんなん書いたっけ?」ってのがいっぱいある。それがすごく新鮮でおもしろい。

普段はそんなに見返したりしないんですが、一回見返すとしばらくそこから逃れられなくなるほどの魅力が、自分の過去記事にはあります。自分が「楽しい」「おもしろい」と思うことや、「やってみてよかった」「読んでみてよかった」「使ってみてすごい便利やった」って思うことを基本的には書いているので、当然「楽しい」「おもしろい」って思いやすいわけで。また、今ではやっていないけど、当時はがんばってやっていたことなんかについても書いてたりして、懐かしさも相まっておもしろさが増してるように感じます。

でも、本心としては自分の過去記事散策にばかり時間を使ってられないっていう気持ちも持ち合わせているわけで。ついつい長時間読んでしまったときには、「またやっちまったい」っていう後ろめたさを感じたりしちゃうんですよね。でも、どうせなら自分の過去記事をめいっぱい楽しみたいじゃないですか。

そんなこんなで、自分のブログ記事が1日につき1つが、無作為に自分に送信されてきたら、そんなに長い時間もとられず、つまり後ろめたいい気持ちになることなく、全力で自分の記事を楽しむことができると思うんですよね。

反省とかもできちゃう

過去の記事を読むことで、「ここ、未熟やなぁ」とか、「昔こう書いてるけど、まだまだ実行できてへんなぁ」ってことに気づくことができちゃったりもすると思うんですよね。で、それが、今の自分の改善を促すことにつながったり。ちょっと都合良く考えすぎかもですが、でも実際にそんなことも起こるかもしれない。過去記事を読み、振り返ることはすんごく大事で、やりたいと思っていも今の自分に手いっぱいで、なかなかできないことのひとつなんですよね。だから振り返りはしたいけども、なかなか一気にすることは難しい。そこで、1日1エントリ送ってくれたらいいのになぁと感じたわけです。

Evernoteに保存したメモも、そうやって見返せたらいいのに

Evernote内にはメモがたらふく存在しています。中には、一度も日の目をみることなく去っていったものもあるでしょうし、そんななかにも、今の自分にとってものすごいためになるものもあるかもしれない。でも、そういったメモを、自分から探してみつけていくってのはなかなか難しいと感じます。そこで、やっぱり一日に一回でも二回でも良いので、自分の考えたことやEvernoteに書き付けておいたメモとかを、一日に2,3通自分に向かって送ってくれるような、そんなアプリやサービスがあったら、もっと楽しんでEvernoteと付き合っていけるんではないか。そうも思っています。

そういうの、もうあるんですかね?あったらぜひ教えてください。速攻で導入確定です。

おわりに

Evernoteにいろんなログをためてはいますが、「果たしてこれらをちゃんと活用できているのか?」という質問には首を傾げざるを得ません。自分からメモやブログを見返しにいかなくとも、定期的にあっちから自分のほうへ出向いてくれたら、読み返すことが確実に増えて、ブログ記事やメモをすごく良い感じで循環させることが出きるんじゃないかなぁと思いました。

ログはためてナンボと思いますが、ためたらためっぱなしでひとつも日の目を見ることないってのもどうかと思います。ブログ記事を一日一回送ってくれるサービス、なにかないかなぁ。

では、お読みいただきありがとうございました。

おわりのおわりに

Evernoteに保存したメモに関して、日の目を見ることはおそらくないですが、ブログに関しては、更新記事の一つを過去記事と設定しているので、毎週何記事も 読み返し、実際に刺激を受けている部分はあるかと思います。
さらに掘り起こせば過去記事の中では、今でも面白いと感じる、シェアしたいと思う記事がある程度は埋もれていそうです。

ブログの記事が自動的にランダムに流れて来てそれを読み返す、という「ブログ過去記事無作為自動配信」というツールはまだなさそうですが、自分で金曜日の更新は過去記事から、と決めておくことで、過去記事の読み返しを進めている今日この頃。引き続き、読み返してみていいなと思う記事については、現ブログに投稿していこうと思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。

アイデアの土壌となりうる「経験」の受け皿としてのEvernote(「アイデアの土壌となりうる「経験」の受け皿」改題)

R-styleさんの「アイディアの傾向から見えるもの」というエントリを読み、考えたことをつらつらと。

どんな内容なのかは実際に読んでいただくこととして、このエントリの「さいごに」の部分にある記述を引用させていただきます。

・情報のインプットだけを増やしても、新しい発想が次々生まれる、ということはあまりない。

・むしろ、土台となる経験の数を増やしていく方が、しっかりしたアイデアを生み出しやすくなる。

・その土台に、多様なインプットが合わさったとき、アイデアのビッグバンが起きる。

経験だけでも、情報だけでも足りないのです。両方をうまく活かす__ハイブリッドスタイルが肝要かと思われます。
同じ情報を受け取ったとしても、そこから生まれるものってのは人によって「まぁこうも違いますか」ってくらい違うもんです。それは、その人自身のそれまでの経験によるところが大きいんでしょう。

話は変わりまして…

毎日毎日ちまちまとEvernoteにいろんなことを放り込んでいるわけですが、最近の傾向として、”自分発”のものばかりを放り込むようになったなと、ふと感じました。”自分発”とは、自分が思いついたことを書いたメモや日記、自分の行動のログなどです。ブログに書いたこともそうです。

かれこれ1〜2年ほど前になりますか。以前はRSSで受け取ったエントリや、ネット上で見つけた有用そうな情報をEvernoteに全文保存するってのをよくしていました。つまり、”他の人発”のものです。

でも、最近はめっきりそれをしなくなった。激減です。今はほとんどが”自分発”のものってことになります。

”自分発”のものとはつまりは、自分の”関心”や”経験”から、実際に生まれてきたものです。これが格段に増えた。

最近の自分は、以前の自分よりも”関心”や”経験”を重視するようになってきたんじゃないかなと思いました。意識してきてないのでよくわかりませんが、無意識のうちにそうした傾向が現れてきたんでしょう。

受け皿としての「Evernote」

ぼくの中では、そういう”自分発”のものを受け止めてくれる受け皿がEvernoteの役割と言えます。

”自分発”のものと言っても、なんらたいしたもんなんてありません。ありませんが、そのときの自分の”関心”や”経験”を、確かに切り取っています。

内にあるものを可視化し、意識化にもってきてEvernoteに保存する。

それを繰り返すことで、より”関心”や”経験”を鮮明に残してくことができるんではないか、と思います。

そういった点で、Evernoteってのはアイデアの土壌となる「経験」を山ほど受け止めてくれる、すごい存在なのではないか、と、そんなことを考えました。

おわりに

そう考えると、毎日何かしらEvernoteに放り込んでいるわけで、アイデアの土壌は日々刻々と肥えてきています。いい感じです。

ここに、アイデアの種となりうるインプットが加われば、「ジャックと豆の木」の豆の木ばりにアイデアがグングングーンと育ってくれるのかも。なんて考えたり。

では、お読みいただきありがとうございました。

おわりのおわりに

Evernoteは、今も受け皿としての役割の一部を果たしてくれていますが、以前のようにほとんどをEvernoteに集める、ということは今はやっていません。
その時々でメインのツールは変遷してきましたが、ここ半年ほどはObsidianに落ち着いています。
そして最近は、ただ書き残すだけではなく、より良い状態を保つことに意識を向けている、という感じ。
また、経験を残していこうと思えば、その分いろいろな経験をまず積んでみることが必要。
今回の記事を読み返して、改めて、日々変化を求めていきたいな、と思いました。

では、お読みいただきありがとうございました。

一人で考えるよりも、シェアすればいい

先日、とりとめのないことを書きました。

ただ単に読書メモに対して自分がどう考えるのか書いただけのエントリですが、そこには「いろんな方の読書メモスタイルを知りたい」という願いを込めました。
より良い、自分に合った読書メモの形を考えてはいますが、一人で考えるよりもいろんな方の意見を聞く方がよっぽど良いからです。そしてそれは、他の多くの方にとっても参考になります。自分が考えつかないアイデアを、他の人は必ず持っている。これはもう紛れもない真実です。

アイデアの宝庫

ここで、紙とえんぴつを使って次のことをやってみてください。
「3つの丸と1つの線で、絵を描く」
どんな絵をお描きになりましたか?ぼくは発想力に乏しいのか、こんな絵を描きました。

「だんご」です。この絵を描いた人も多いのではないでしょうか。お暇があればここからさらにどんな絵が描けるのか考え、1つでも多くの絵を生み出してみてください。どんなに多く生み出したとしても、次にお見せするいくつかの絵の中には自分の描いた絵と違うものが必ずあると思います。

「自分が考えつかないアイデアを、他の人は必ず持っている。」言わば”他の方の考えたち”というのは、”アイデアの宝庫”です。じゃあ、自分一人で考えるよりも悩みをシェアしてしまえばいい。ぼくのブログの場合、返答がくることは少ないですが、それでも書かないよりは書いた方が良い。そう強く思う今日この頃です。

おわりに

ぼくにブログを書くきっかけを与えてくれたのが、@rashita2さんのR-styleです。そこでいの一番に書かれているのが「Sharing is Power!」という言葉。ブログを書き始めた当初はシェアするということがどういうことなのかわかっていませんでした。気がつけばこの「iPhoneと本と数学となんやかんやと」も半年以上経過し、ようやくその言葉の意味をぼく自身感じるようになってきたのかもしれません。
では、お読みいただきありがとうございました。

おわりにのおわりに

さらに10年が経ちました。
今もこうしてブログを更新しているのは、シェアすることで誰かの、何かの役にたったらうれしいなーという気持ちから。
この気持ちが続く限り、何かしら書き続けていくんだろうなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

週2回更新と決めて、毎日書く

何を隠そう、iPhoneと本と数学となんやかんやとは、火曜日と金曜日の更新です。
週2回更新を続けています。

昨年11月12日に火曜と金曜の更新に決めた!って言ってから、多分今まで更新し続けることができていると思うので、半年続いていることになります。
積極的にブログを書くぞと思い、2019年の10月から毎日更新をしていたのは、4月で途絶え、6ヶ月で終わってしまいました。が、今やってる週2回更新は、もうちょっとは続けることができそうです。もしかしたら、もっともっと続くかも。

自分に合ったベースで更新するのが、やっぱり良いようです。

毎日更新することはできなくとも、毎日何かしらちょっと書くことはできます。
更新するとなると完成まで持っていく必要がありますが、ちょっと書き進めるだけなら途中でおわってても全然問題ない。
ちょっと書き進めるのを2,3日続ければ、一つの文章をとりあえず完成させることはできます。まぁこれくらいなら公開してもいいかな、くらいの程度には。
幸い、毎日更新の時に、ちょっとしたことを書いてえいやっと公開することになれたので、公開に対するハードルは下がったまま。
毎日書いて、ちょっとずつでも書き進めて、更新の日にはとりあえず完成させてえいやっと更新。そんな感じでもいいかな、と思いつつやってるのが、続く理由かもしれません。

習慣化は、飛び飛びになると難しいということは経験から知っています。
なので、週2回更新と定めて、更新の日だけ書く、とすると、うまいこと習慣として根付かせるのは難しい。毎日書いて、更新日がきたら公開する、としたほうが、習慣化しやすく、続きやすく、定期的に更新していくことができる。
たとえ書けない日があったとしても、残りの2日間で書いて更新できればいい。ちょっとしたイレギュラーがあったとしても自分で定めた更新日を守り続けることができるのがいい。

そんなこんなで、週2回の更新を続けていきたいなー続けていけたらなーという感じです。

では、お読みいただきありがとうございました。

ObsidianPublishとブログの明確な境界線

これまでいろいろと書いたり試したりしてきました。
ブログから始めて、動画を載せる別ブログを立ち上げたり、Scrapboxに書いたり。
今は、やろうと思えばYouTubeで動画の公開ができたり、ポッドキャストで音声の配信ができたり、Substackでニュースレターを書けたり。
選択肢は色々とありますが、そんなに試してはおらず、ぼくの場合は2つの媒体に絞っています。

どちらも「文章を書いてそれを公開する」場なのですが、この2つには明確な違いがありまして。
「これについてはどっちに書こうかなぁ」と迷うことはありませんし、書き方・記述の仕方も違います。

Obsidianは、1ページ1テーマをつらぬく

Obsidianでは、1ページ1テーマをつらぬく気持ちで書きます。とにかく、1つのことについて書く。
未来の自分は他人という気持ちできちんとした文章で書きつつも、必要以上に説明しすぎることをせず、そこはリンクで別ページとのつながりを作りながら。
いわゆる豆論文を書く気持ちで。
ObsidianのPublishの一つひとつのページは、1ページ1テーマであるが故に、ブログなど他の文章を書く際に、言及・引用がしやすい状態である、と言えます。それらを組み合わせさえすれば文章が書ける、とまでは行かないまでも、1つのテーマについて書かれたものは、取り回しが良く、使いやすいのは間違いありません。
『知的生産の技術 (岩波新書)』(梅棹忠夫)を読んで何年も経ちますが、ようやく1枚1テーマで書く、ということに対する理解が追いついた気持ちです。
また、Obsidianのリンクする機能を使うことで、ページ同士がつながってくれており、それもまた言及・引用のしやすさに一役を買っています。Obsidian上のページをひらけば、それに関連するページが必ず表示されるので、思い起こすことができるから。

ブログは、1つの完成したものを

一方でブログは、はじめから読んでいけば内容を理解でき、それだけで完結することを意識して書いています。
そのためには、文中に出てくる語句の解説を入れる必要があったり、前提となる条件を書いたり、最後にまとめ的なことを書いたりすることが必要になります。
となると、1つの記事にはいくつものテーマが混在することになり、それでようやくはじめから読んでいけば内容を理解できる、読めるものが出来上がる、と思います。
ブログの記事は、それ一つで完結したものになるように心がける、ということです。

以下は、同じ「明日をInboxにする」ということについて書いた、Obsidianとブログの記事。かなり違いが表れていると思います。

おわりに

ブログに投稿するもの、Obsidianでpublishするもの、ブログに投稿してObsidianでもpublishするもの〜その1〜ブログに投稿するもの、Obsidianでpublishするもの、ブログに投稿してObsidianでもpublishするもの〜その2〜にて、その当時のObsidianPublishとブログの分け方を書いていました。
その時にも今回と同じような結論が出ていたのですが(書いたこと完全に忘れてた)、特に今後意識していきたいのは、「Obsidianは、1ページ1テーマをつらぬく」こと。で、ページ同士をリンクさせておくこと。
その気になれば、ブログには基本的には何を書いてもいいと考えているので、完成したものをと思いつつも、そこにはあまり縛られず、気軽に書いていきたい。
なので、ある意味Obsidianにてpublishする方が、そっちにちゃんと書いていく方が、結構難しかったりするかもしれません。
ただ、あまり書く前からハードルをあげすぎるのもよくないので、とりあえず書いて、後からどんどん手入れしていくという方針で、1ページ1テーマをつらぬいていこうと考えています。

では、お読みいただきありがとうございました。

情報カードと、本と思考のカードボックス

「情報カード」をご存知でしょうか。

情報カードは、簡単に言うと「ちょっとコシのある、一定の大きさの紙」のこと。
大きさは名刺サイズの小さいものから、B6サイズのものまで色々あり、大きさによって使い分けることになります。

『知的生産の技術 (岩波新書)』(梅棹忠夫)を読んでから興味をもち、A6サイズのものをけっこう長い間使ってみたり、5×3サイズをガッツリ使ったり、はたまた名刺サイズをメモを捉える用として常備したりと、色々と試してみました。
今はもう情報カードを使ってはいないのですが、何かしら書かれたA6サイズ・5×3サイズの情報カードは結構な枚数が机上に鎮座していたり、ほんの一言を書きつけた名刺サイズの情報カードが箱に収まっていたり、情報カードを使った形跡が今も机上には残っています。

今は基本的にはObsidianを使っており、情報カードのようなアナログなツールは使っていないのですが、でもやはり情報カードには魅力があります。
情報カードの「操作のしやすさ」は、最強じゃないかと思うんです。
何かしら書きつけたカードを机の上に並べ、近しいものは束ねたり、そういう操作を通してわかったことをデジタルに書き換えたり。

カードの書き方の基本は、1枚1テーマでまとめていくこと、というか、大きさの制約上、1枚にいくつものことを盛り込むことができないので、自然と1枚1テーマになる感じです。

情報カードを大量に使うようになると、書いたカードをしまっておくためのボックスが必要になってきます。
情報カードに何か書いたら、それをカードボックスにしまう。
カードの大きさにもよりますが、ふとしたメモやちょっと考えたことをまとめた物などを書き残していくと、どんどん情報カードボックスは増えていき、手に負えない感がありました。
とはいえ、書いたカードはボックスにしまうという基本方針が、カードを使っていく際に重要ではないかな、と感じます。


基本的に情報はObsidianに書くようになってから、読書メモや読んだ本の感想、ふと思いついたことをまとめた物などは、1日の色々を書きつけていくデイリーページから切り出して、個別に1ページを与え、個々に置いておくようになりました。
ページごとに分割されていてリンクで繋げることができるアプリは、1ページ1テーマを保持しやすいので、Obsidianも1ページ1テーマに保ちやすい。なので、書く時の作法として、1ページ1テーマを心がけて内容をまとめていっています。

そして、先に述べたように、情報カードも1枚1テーマで書きつけていくことを基本とします。
Obsidianの1ページ1ページは、情報カードの1枚1枚と似たところがある、というか、情報カードの利用法を真似てObsidianを使っています。

よって、Obsidianは情報カードボックスである、と言えそうです。


日常的に、かなりヘビーにObsidianを使うようになり、ObsidianPublishの機能を使って一部のページを公開するようにしました。Obsidianには、好きなページをブログのように公開する機能があるんです。
Obsidianにはいろいろなことを書いているのですが、その中でも、本を読んだ感想を書いたページや、考えたことを1ページ1テーマでまとめているものをPublishする、という方針で公開しています。
つまり、情報カードの利用法を真似ているものに関して公開していることになります。
また、先にObsidianは情報カードボックスである、と言え流ことを確認しました。

以上より、本や考えたことを書いたページ、情報カードのように運用しているページを公開しているので、Publishしているサイト名を

とすることにしました。
今はまだいろいろとどういう形がいいか模索している段階ですが、是非是非訪れてみていただければと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

ObsidianPublishは、今のページを起点としてつながりのある他のページへ

2回の記事を通して、ObsidianのPublish機能をどう使うのか、ブログとどう使い分けていくのかについて書きました。
今回は、Obsidianでpublishしたものについて。


上のリンク先は「choiyakiノート」のトップページにあたるもので、そこにはズラズラとタグが並んでいます。
これは、各ページにつけているタグの一覧。興味があるものをポチッと押していただければ、Obsidianにてpublishしているページの中で、押したタグがつけられているページが一覧で表示されるようになっています。
Obsidianでは、ページ同士をリンクさせることと、それぞれのページにタグをつけることができます。
Scrapboxでは、リンクとタグは表記上の違いだけで、役割としては同じなのですが、Obsidianは違う役割を果たします。

  • タグを押すと、そのタグがつけられているページを一覧できる
  • リンクを押すと、リンク先のページに移動できる

なので、Obsidianでは、リンクとタグを使い分けることができる、ということになります。

Obsidianを使い始めた当初は、というか、publishの機能を使い始める前までは、タグの使い道がわからず、Scrapboxみたいにリンクだけでいいじゃないかということでリンクしか使っていませんでした。けど、publishによって、既存のページを修正して公開していくようになり、タグの必要性を感じるようになりました。

Obsidianのpublishでは、今開いているページに言及しているページ一覧の「Backlink」と、リンクしているページをグラフ化した「Graph」が表示されます。
どちらにおいても、今表示しているページと、リンクでつながっている「一つ先」のページしか表示されません。
例えば、表示ページの文章内に「Obsidian」というリンクがあったとします。
今表示しているページと「Obsidian」とはつながっており、「Obsidian」ページはBacklinkあるいはGraphに表示されます。けれども、Obsidianとつながっている他のページは、どこにも表示されることはありません。
なので、Obsidianとリンクされている他のページがみたければ、Obsidianページへのリンクを踏む必要があります。
ここで問題になるのが、Obsidianというページが存在するか否か。
存在しなければObsidianページには移動することができず、移動できないのでObsidianページとつながっている他のページを見ることができないことになります。
これでは、タグとしてリンクを機能させることができません。タグというのは、同じタグがついているページが一覧で表示される必要があるから。
というわけで、Obsidianのpublish機能においては、タグが必要になるわけです。

(Scrapboxにおいてはリンクとタグが表記の違いだけであるのは、つながっているページの「二つ先」まで一覧できるからであり、そういうところまで考え尽くされているScrapboxはすごいなぁ、と感じます)

  1. 今開いているページに言及しているページは、「Backlink」として下に一覧表示される
  2. 今開いているページが言及している他のページは、文中でリンクになっていて飛ぶことができる
  3. 今開いているページに言及しているページと、今開いているページが言及しているページの両方が、Graphには表示される
  4. 同一テーマについて書かれているページにはそのタグがつけられているので、一覧表示させることができる

他の人が読むことを考えると、上記4つの機能によって、テーマを絞って一覧表示したり、文中のリンクをたどってもらったり、Graphの中の気になるページを訪れてもらったりしてもらえればな、と思います。

Obsidian publishによって公開されるWebページは、ブログのように最新記事が上に並ぶのではなく、記事名による五十音順で並びます。
なので、更新順に次々見ていくということはおそらく想定されておらず、リンクやタグをたどって他のページを見ていくことを基本としているように感じます。
そのページの移動の仕方は、まさに実際にObsidianを使っている人のような移動の仕方を基本としているということだと思います。
publishしているものは、ぼくの個人的な着想メモの数々、読んだ本に対する感想の数々。ただのメモと感想なので、publishする効果はどれくらいあるのかわかりませんが、書かれれていることがちょっとでも思考の刺激になってくれればいいな、と思います。
少なからず、ぼくにとっては興味深い事柄を集めているので。

では、お読みいただきありがとうございました。

ブログに投稿するもの、Obsidianでpublishするもの、ブログに投稿してObsidianでもpublishするもの〜その2〜

にて、今課題としていることとして、

  • ブログとObsidian publishをどう使い分けるのか
  • 過去のブログの下書きがObsidianにはあるけれども、それをpublishするか否か

を挙げました。そのうち、「ブログとObsidian publishをどう使い分けるのか」については、

  • Scrapbox「book scrapbook」で公開していたようなものをpublishしていく
  • 1ページ1テーマで書き、関連するページ同士を直接つなげていく
  • 1ページ1テーマを保つために、ブログ記事の下書きをそのままObsidianでpublishはしない
    • 1ページ1テーマに加工してからpublishする

という方針でいこう、ということになりました。
今回は、過去のブログ記事の下書きはどうするかについて。


「その1」でも述べたように、ブログ記事は、1記事1テーマになっていないか、あるいはテーマそのものを持っていないかのどちらかであるものがほとんどです。ブログの下書きも同じ。
であれば、下書きをそのままpublishするのは、Obsidianのpublishは1ページ1テーマでいく、という方針にはそぐわないことになります。
ただ、いくつかの内容を含むページがあってもいいかも、と考えたり。各メモの、「ハブ」の役割をするようなページになってくれることを期待して。
とはいえ全ての過去記事の下書きがそんな役割を担えるか、というとそうではないので、テーマを持たない雑記のような記事についてはpublishをせず、publishするものに関しては、基本的には1ページ1テーマにバラす。いろいろなものに言及しているようなものに関しては、ハブの役割となることを期待して1ページ複数テーマを持つものもpublishする、という方針でいこうかな、と思います。
とにかく、Obsidianのpublishにおいては、各ページがリンクでつながっており、(基本的には)1ページ1テーマであるが故に、そのページを読むだけでは全容を把握できないとしても、リンクを辿っていくつかのページを読めばだいたいのことはわかる、みたいな状態にしたいな、と考えています。

また、Obsidianでは、リンクとタグの使い分ける方がいいだろう、とも考えています。
リンクは「このページと関連するページはどれか?」を記述するものであり、ページ同士の結びつきを表すので、書き手が、今開いているページと関連する他のページを提案することになります。
タグは「このページは何に関することが書かれているか?」を表すものであり、そのタグに関することが書かれているページを串刺しする役割を担います。
明確に役割が違うのですから、ちゃんと使い分けていく、というのも、Obsidian publishを利用して公開していく上での基本方針となります。


Obsidian上には、ちょっとずつページが増えていってます。その中のプライベートなものを除いた全ては、公開してしまおうと考えています。
各ページが他のページとのいくつものつながりを持ち、書き直したり書き加えたりすることで日々刻々と変化していく。
そういったものにしていければなーと考えています。

では、お読みいただきありがとうございました。

ブログに投稿するもの、Obsidianでpublishするもの、ブログに投稿してObsidianでもpublishするもの〜その1〜

Obsidianのpublishを利用して、これまでのメモをObsidianでどんどん公開していってる。

で、最近考えているのが、ブログとObsidian publishをどう使い分けるのか、というところ。
また、過去のブログの下書きがObsidianにはあるけれども、それをpublishするか否か、というところ。


まず、「ブログとObsidian publishをどう使い分けるのか」について考えたこと。
Obsidianのpubloshで何を公開していくかというと、Scrapbox「book scrapbook」で公開していたようなものをpublishしていこうかな、と考えてる。
Scrapboxでは、

  • 読んだ本について
  • 考えたことをまとめたことについて
  • ブログ記事の下書き

を公開していた。自分が読んだこと、考えたことについて書いたことのほぼ全て。
そのうちのブログの下書き以外はObsidian publishでも同じように公開しようかな、と決めたけど、ブログの下書きについてはどうするか。とりあえず、Scrapboxの時のように下書きをそのまま公開するのはやめようと思った。
じゃあどうするか。
考えたのは、Obsidian publishでObsidianの中のどのページを公開していこうと思っているか、ということ。
デイリーページなどタスク管理に使っている個人的なページは公開する気はないけれども、それ以外の、考えたことややってみたことなんかは積極的に公開していくのがいいのでは、と思っている。
で、それらのページの作成の方法を、Scrapboxで公開してた時とはちょっと変えていこうと思っていて。

Scrapboxでは、単語のリンクを介して繋げていくのが多かった。
例えば、「Obsidian」や「アウトライナー」などをブラケット「[]」で囲んでリンクにし、単語をリンクすることでページ同士をその単語を介してつなげていた。単語のリンクは、タグ的な役割を果たし、同じタグがついているページ一覧が下に表示されるイメージ。
Image

Obsidianではその方法ではなく、ページ同士をつなげていこうかな、と。
1ページ1テーマで書き、関連するものを直接つなげる。しばらくはこれまでのメモを見返し、書き換えつつ、書き足しつつ、関連するページ同士をつなげつつ。
で、これまでScrapboxでタグ的につけていたリンクに関しては、Obsidian上ではリンクという形ではなく、タグをつけよう、と。
Scrapboxではタグとリンクの表記以外の区別はなかったけど、Obdisianでは二つは役割が違う。タグをクリックすればそのタグがつけられているページ一覧を見れるという機能になっているので。Obsidianでは、リンクとタグの使い分ける方針を取り、リンクはページ同士を直接つなぐ。
で、1ページ1テーマを保つために、ブログ記事の下書きをそのままObsidianでpublishはしないでおこうと思う。
ブログの記事は、1記事で完結したものにするために、色々と説明を加えたり、Obsidian publishよりも他の人が読むことをより意識したものになり、1ページ1テーマではなく、いくつも盛り込むことが多い。
また、雑記的なものはテーマを持たないことがほとんど。
なので、ブログ記事は1ページ1テーマではないことか多いので、Obsidianでpublishするときには書き換えたりページを分けたりして、1ページ1テーマに加工してからpublishしようと考え中。ブログとObsidian publishは、全然違ったものにしていく予定。


「過去のブログの下書きがObsidianにはあるけれども、それをpublishするか否か」については、、、長くなってきたのでまた次回ということで。