アドラー+ドラッカーと、グッドバイブスと、ドラッカーと

今回は、最近読み終えた本3冊について。

アドラーについての本と、最近はドラッカーの本もよく読むようになり、その両者の共通点についても書かれていそうな本書を手に取り、読んでみたのが本書。
内容としては、アドラーやドラッカーの教えを汲みつつも、参考にしつつも、著者の考える強みのマネジメントについて、「人生のフィードバックループ」についての話がメインとなる本でした。
そのループを回す中で必要になるのが、強みに注目しさらに伸ばすことであったり、自分のライフスタイルを理解することであったりについて述べられていきます。前者はドラッカーの教えを、後者はアドラーの教えを引用しながら、より詳細な解説に踏み込んでいく、というもの。
アドラー・ドラッカーの一つの実践応用例、ともいえそうです。

初めから終わりまで、一冊の本全体を通して「グッドバイブス」の理論が連なっていきます。一冊かけて理論のストーリーを紡いでいった本になっています。
本書はずっと気になっていたので、ようやく読むことができました。それは、「グッドモーニングバイブス」を聴いていたためです。
聴いていて、アドラー心理学との共通点を感じていたので、実際本にはどういったことが書かれているのか興味がありました。
本書に出てくる「ひとつ意識」はアドラー心理学でいう「共同体感覚」と似てると感じましたし、意味づけの話はライフスタイルと呼応するように思いました。向いてる方向は同じてあるかも、という感じ。
1冊かけてグッドバイブスについての話を展開していくので、読めば読むほど理解は深まる気がします。

「経営者の条件」を再再読し、章ごとの読書メモを作成しています。何度か読んでいるものの、今回が最も書かれている文章に圧倒されています。
ドラッカーの言葉は、一つ一つがすごい。端的に物事の本質をついていて、明快です。ただ、一つ一つの文章が直球すぎて、のほほんと読んでいるとさらっと通り過ぎていってしまう。その直球の一つ一つがすごい球であることを見逃してしまう。
今回の再読のきっかけは、オーディオブックでした。経営者の条件を耳で聞くと、やっと一文一文が一度ちゃんと理解していきながら進んでいった方がいいことがやっとわかったんです。オーディオブックなので、立ち止まって聞き返すことはしませんでしたが、もう一度読み返してみたほうがいいことはわかりました。で、今じっくり時間をかけてノートにまとめていっているところ。
そうして、自分の理解を引き上げている最中です。

今回は、最近読み終えた本3冊について書いてみました。ほんとは1冊1冊じっくり書きたいところですが、それができない時には、せめてこうやって1冊1冊についてそこから得たことなどを残していきたいなと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事
倉園 佳三
インプレス (2019-02-15)
売り上げランキング: 228,798
ドラッカー名著集1 経営者の条件
P.F.ドラッカー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,627

硬直マインドセットへの圧力と、それへの対抗策と

『マインドセット「やればできる!の研究』(キャロル・S・ドゥエック)では、硬直マインドセットしなやかマインドセットという2つのマインドセットが出てきます。

そして、この本の内容としては、しなやかマインドセットが良いのですよってのが、あらゆる実験結果から手を変え品をかえ述べられていきます。
じゃあしなやかマインドセットでいる方がいいじゃないか、というと、話はそんな単純ではなく。
硬直へ向かう圧力があるために、人は硬直マインドセットに陥りがちになっちゃいます。

  • 苦もなくあっさりやってみせる方が高く評価される
  • 努力への恐れ
    • 才能があれば努力は不要なはず
    • 努力してできなかったら、言い訳できなくなる

で、これらは「他者からの評価」以外の何物でもないわけです。
他者から“自分は”どう評価されているのか。
自分がどうみられているのか気にしていて、他者の評価に自分が依存している。
自分のことを中心に据えて、自分に執着している、自分しか見えていない状態。
アドラー心理学では、この状態から脱却して、他者に依存せず、自立することが大きな目標とされています。
とはいえ、それでも硬直マインドセットからしなやかマインドセットに方向転換することは難しいんではないか、と思います。少なくとも、簡単ではない。

じゃあ、「基本的資質は努力次第で伸ばすことができる」ということをこれでもか!と主張してくれるのなら、どうでしょうか。
『超一流になるのは才能か努力か? (文春e-book)』(アンダース・エリクソン,ロバート・プール)という本は、しなやかマインドセットに向かう後押しをしてくれる一冊である、と思います。

  • 脳には、想定をはるかにこえる適応性があること。
  • 正しい訓練を十分な期間にわたって継続することで、様々な能力を身につけていくことができること。
  • そのための、具体的な方法。

そういったことが、実例や研究結果を踏まえて述べられていきます。そこで語られる方法は、簡単に実践することは難しいことも多いのですが、少なくとも、人間の能力は努力で伸ばすことができる、ということを納得させてくれるような説得力をもっています。

なかなかうまくいかないことや、数々の失敗や、努力が報われないことって多々あるわけです。いやーもう無理なんじゃないか、なんて思ってしまうことが。それでもやっぱり、心しなやかにありたいな、あり続けたいな、と思う今日この頃です。

では、お読みいただきありがとうございました。

便利で使える心理学 「アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門」を読んで感じたこと〜アドラー心理学について⑨〜

MM読了『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』(深沢 孝之)という本を読み終えました。
本書は、アドラー心理学の考えを、スクールカウンセリングに用いて、学校生活で悩んでいる児童生徒や、その担任の先生に対してどうサポートしていくのか、の実際例が書かれています。
本書を読んで、アドラー心理学は、他者や自分を一歩前に進むよう促すために便利な心理学だ、という思いを一層強めました。
もちろん、勇気づけというアプローチがその主なものなのですが、他にも色々とアドラー心理学の考えを使って、スクールカウンセラーの方々は児童生徒・教員と向き合っていることがわかります。
いくつか、本書から引用します。

p21.私たちには、「目指しているもの」があって、それに向かって自分の心身を使っている、という立場です。

この考え方は過去にこだわらず未来志向になり、悪いもの探しより「できること探し」になり、対話が建設的になりやすいという利点があります。

p108.目的は善だけど方法が不適切だと解釈すると、臨床的には介入がしやすくなるように思います。

p109.「言葉を見ないで行為を見る」という視点がアセスメントには使える

p150.様々な事例は一人ではなく、必ず「相手役」との対人関係で発生する行動と考え、その行動の「意味」は、その人の心の中にあるのではなくて、その人と「相手役」の人との対人関係に及ぼす影響から、判断・理解することができると考えるのです。
このような「対人関係論」に立って考えてみると、ある人物の問題行動に対して、その人自身だけの心理的な原因を考えない、あるいは原因探し(=悪者探し)を重視しなくなります。

どれも、アドラー心理学の考えから、それをどう使うのか、使うことでどんな便利なことがあるのか語られています。
アドラー心理学は、「何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか」に注目するという点で、「使用の心理学」と言われているのですが、同時に、便利で使える心理学でもあるなーと思うわけです。
本書では、児童生徒が主な相手ですが、対人関係全般において、使える考えがほとんどです。
対人関係において、こう考えると建設的に前に進んでいけるよね、という提案ばかり。後ろ向きではなく、あくまでも前に進むために便利な考えがたくさんつまっているのがアドラー心理学だな、と思います。

もちろん、本書は、アドラー心理学のスクールカウンセリングへの応用について書かれていますから、アドラー心理学のこういう考え方・捉え方が実際に便利だ、という話が多くなるのは当たり前と言えます。が、でも、それこそがアドラー心理学の一側面であり、便利な心理学であるという部分を明確に表してくれていると感じました。

アドラー心理学は、常識を覆すような部分を多く持ち合わせており、中には受け入れにくい部分もあるように思います。
が、別にアドラー心理学というものは絶対的なものではなく、あくまでも「こう考えた方が便利ですよね」という提案だととらえれば、いくぶん理解しやすくなるのではないか、と思います。
その点で、本書は、アドラー心理学が全体的にどういったものか把握した後読んでみる本としていいかもな、と感じます。

では、お読みいただきありがとうございました。

「どのようにすれば他者が自らを動機づける条件を生み出せるか」〜「人を伸ばす力」を読んで学んだこと〜

Image
『人を伸ばす力』(エドワード・L・デシ、リチャード・フラスト)
教師が生徒の成長と関わることができる期間というのは、高校では3年間。
生徒の一生に比べれば、”わずか”3年間。
では、この3年間でできることはなにか、何を目指して、目標として接していくのが良いのか。
そういう視点で考えると、テストの点数を上げることでも、細かな校則を守るよう指導することでも無いように思えてきます。
強制的に何かをするように統制するなんてもってのほか。
じゃあ、統制的ではなく、物事に自分から取り組むよう動機づけていけばいいのか。そこを目標とすれば良いのか。
それもやはり違う。
こちらからの動機づけを必要とするのであれば、高校生活の3年間が終わってしまえば、もう動機づけられなくなってしうわけで。
確かに、動機づけられて何かをおこない、そこから学び、知識を得て、それが糧になるということもあると思います。けれども、もっと良いのは、自分で自分を動機づけることができるようになること。
そうなれば、自分で歩んでいきやすくなる。
他者からの動機づけに依存せずとも自分で取り組んでいけるように働きかけることができれば、一番いいよなぁと思うんです。

本書の序盤には、こう書かれています。

p12.正しい問いは「他者をどのように動機づけるか」ではない。「どのようにすれば他者が自らを動機づける条件を生み出せるか」と問わなければならない。

この問いへの、より良い答えの考察が、本書を通して述べられていきます。
その内容は、驚くほどにアドラー心理学と呼応します。

具体的にどうすればいいかについても書かれているものの、アドラー心理学でいうところのライフスタイルを変えていくことそのものが必要である、とも感じます。

p199.あなたが為し得る最善のことは、自律性を支援することなのである。…自律性を支援するには、彼らの視点をとれること、すなわち、彼らが見ているように世界を見ることが必要である。

『幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』(岸見 一郎、古賀 史健)では、相手を尊敬を示す第一歩として同じことが書かれています。
まずは、尊敬からはじめよと。
絶えず、尊敬の眼差しで相手と接すること。

p279.真の自律性は、他者への尊重を忘れない。

「真の自律性」が求められている、ということです。

まだまだまだまだ道のりは長そうですが、自分自身が自立できるようになっていきたいな、と思う今日この頃です。

では、お読みいただきありがとうございました。

満足しないことに、満足できるか?「やり抜く力 GRIT(グリット)」の一文から感じたこと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」をオーディオブックで視聴。なかなかにおもしろい。

Amazon紹介文
大きな成果を出した人の多くは、必ずしも才能に恵まれていたわけではない。成功するために大切なのは、優れた資質よりも「情熱」と「粘り強さ」――すなわち「グリット(GRIT)」=「やり抜く力」なのだ。

聴いてるといくつかグッとくる言葉があり、それを今日は。
オーディオブックで聴いているので、正確にどのへんで言ってた言葉かはわからんけど、序盤で、成功してる人たちの特徴を列挙しているなかに、

満足しないことに、満足していた。

という言葉があった。これぞやな、と思った。

満足できない。けど、満足できていないと感じる自分に満足している。
きっと、満足したら終わりやな、思えるような分野こそが、ずっとチャレンジし続けることができる、自分が勝負し続けることができる、最も自分の中にあるやり抜く力を発揮できる分野なのではないか、と。

「満足しない」ということは、まだ足りてない、実力不足であることを認識できているということ。
「満足しないことに、満足している」ということは、実力は不足しているけれどもそれでいいと、肯定的に実力不足を認めているということ。自分の理想には到達できてないけど、まだできる、伸ばせる部分があると感じているか、伸ばせると信じているということ。または、伸ばしたいという気持ちを持ち続けれてるということ。

ぼくはまだ、満足できていないことに、満足できていない。
満足できるほどの努力をしていないという自覚があるから。
でも、ずーっと好きなこと、途切れながらも続けれていることはいくつかある。
やから、がんばりたいなぁと思う。

おわりに

今まで、本を読み切らないと、ブログでは書かなかった。
全部読んで全体をまとめないと、みたいな義務感を勝手に抱いて、わざわざハードルを上げてしまってた。
けど、読みかけの本でも、なにかしら考えたことがあるならそれを書いちゃえ。全体をまとめる、なんで別に考えんくてもいいじゃないか。
今はそんな気持ちでおるので、本についてもサクッと書いていければな、と思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

アドラー心理学を教育現場に〜クラスはよみがえるを読んで学んだこと〜

アドラー心理学を知り、いくつかの書籍を読んだのちにこの本を読んだ。
どれほど実践できるかわからないものの、でも、根底にはやはりアドラー心理学の考えを持ちつつ、生徒と接していきたいと思う。


人間のもっとも根元的な欲求は『所属欲求』であると私たちは考えています。人間にとって集団に所属する欲求は、生存の欲求よりも強いのです。

人間は強い「所属欲求」を持っている。
その前提に立つと、教室に「競争原理」を持ち込むと、他に勝つことがすなわち所属の欲求を満たすことに、他よりも特別な存在に自分をおくことが所属欲求を満たすための手段になる。
するとどうなるか。
何か得意なことがある者は、それを認められる機会があるけれども、もしそれがないなら。。。
どういう手段をとることになるか。
どうやって他に勝ち、どうやって特別な地位につくか。

また、競争相手は他の生徒に加え、教師もその相手になる場合も考えられる。生徒対教師。
競争原理を持ち込むくらいなので、教師はもちろん生徒に負けてはならないと考えるだろう。そうやって負かされた生徒は、果たしてそのあとどうするか。

どちらの場合も、問題行動が現れるには十分な状態が整う。

というように、所属欲求を前提にすると、クラスに競争原理を持ち込むのはいささかまずいことになる。だから、アドラー心理学では、競争原理を生むような働きかけはすべきではない、と考える。「ほめる」もその一つになるので、ほめてはいけないという方針が立つことになる。
「ほめてはいけない」という言葉だけをきくと、いやいやそんなわけないと否定したくなるけれども、その訳を聞き、考えてみると、論理を重ねた結果に得られる帰結であることがわかる。

アドラー心理学の考えは、常識にとらわれてないがために斬新に感じるし、拒否反応を起こす人も中にはいるかもしれない。
でも、アドラー心理学で語られる、「当たり前でない」言葉の数々は、背景にはこのような論理がしっかりと組み立てられており、当たり前は脇に置いて読むと腑に落ちていくことも少なくない。


個々の問題児とどう接するのかの前に、教室が正常に運営されていることがすべての鍵であることを、私たちは多くの経験を通じて知りました。

アドラー心理学は、普段はあまり持たない視点を与えてくれる。当たり前と思っている、盲点とも呼べるような視点を。

頭で考えていくら正しい方法でも、無効なものは無効なのです。別の方法を実験してみるべきです。それが科学的な態度というものです。

正しい思ってやっていたとしても、他のみんなもやってることであっても、効果がないものは効果がない。じゃあ同じことを何度繰り返しててもらちがあかず、他の方法を考え試してみるのが建設的なのは明らか。でも、固執してしまいがち。

どうしても視線は個に向かいがちになる。けど、個よりも集団へのアプローチを考えてみると、もしかしたら何かしら変化させることのできる一手が得られるかもしれない。


実践のハードルは決して低くない。むしろ、常識とは違うアプローチも多く、ハードルはかなり高いといえそう。
とはいえ、もし今あまり上手くいっていないことがあるなら、これまでのやり方をいったん脇に置いて、別の切り口を探す必要がある。
また、短期的にはうまくいっていそうに見えても、ちょっと先に目を向けるとそうではないこともある。

将来的な自立を目指して。
ぼくにできる働きかけを考え、続けていきたいと思う。

では、お読みいただきありがとうございました。