原因のせいにせず、良くしていくためには?を考える〜アドラー心理学について⑧〜

アドラー心理学の本を読んでいると、徹頭徹尾よりよく生きていくには?建設的に生きていくには?が考えられているな、と感じる。
その考えは、絶対ではない。ただ、「こうしたほうが、こう考えたほうが、こうとらえたほうが、良くなっていくことができそうやよね?」という提案。
あらゆる物事に、どう意味づけしたほうが、良くなっていけそうか。

その一つが、原因のせいにしない、という姿勢。
人は、いろんな物事をなにかの原因に持ち出しすぎている。
基本姿勢として、原因をさぐる。こうなったのは、あれが原因や、と。
思考の基本が原因論やと、悪いあなた、かわいそうな私に終始してしまいがち。
「あれのせいでこうなった」と考えると、悪いあなたの話をしているだけ。
「自分は、あれが原因でこうなってしまった」と考えると、かわいそうな私の話をしているだけ。

今に至る原因を探し、そのせいにして、じゃあ何になるのか。
悪いあなた、かわいそうな私の話をして、事態はどう好転するのか。
原因を求め、そのせいにすることで、いっときの安定は得られるかもしれない。
でも、それでは、結局何も変わらずじまい。結果的に現状になんの変化も起こらない。
その場で足踏みをしているだけ、ということになる。

まぁ、それでもいい。けど、もう少し、「良くなっていくにはどうしよう?」ということに目を向けると、その場で足踏みをするよりも、一歩前へ踏み出していくにはどうすればいいか考えていくと、悪いあなた、かわいそうな私の話は置いておいたほうがいいな、となる。
原因をさぐってそのせいにしていたらその場であしぶみするだけになってしまうのなら、原因は一旦棚上げして置いて、これから自分にできることを考える。
そのほうが、現状を良くしていけそうやよね?という提案。

では、お読みいただきありがとうございました。

しなやかマインドセットと勇気づけ〜アドラー心理学について④〜

人は、変化していける。人間は前に進めないような脆弱な存在ではなく、変わっていける。

アドラー心理学の根本的な考えとして、人間の持つ力への信頼がある。
これは、「マインドセット「やればできる! 」の研究」で挙げられる2つのマインドセットのうちの、「しなやかマインドセット」と同じだろう。

しなやかな心の持ち方、「しなやかマインドセット=growth mindset」である。その根底にあるのは、人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという信念だ。

「マインドセット「やればできる! 」の研究」では、しなやかマインドセットを持っていることが人の成長にどう作用するのかが述べられる。

相手の成長を願うなら、願うもの自身が、成長できる、やればできると信じていないことにははじまらない。成長への信頼、つまり、しなやかマインドセットを持っていなければ。
そのマインドセットで、他者と接すること。それこそが、勇気づけなのではないか。
変化できる存在であること、進んでいける存在であること、やればできること。
それらを繰り返し伝えていくこと。
そして、変化を後押しし、自立に向けて歩んでいくことをサポートする。
実際、しなやかマインドセットを育む声かけと、アドラー心理学にて推奨される声かけとは、まったく一致している。
能力を褒めるのではなく、努力に注目する。
結果を評価するのではなく、過程を重視する。

なにより自分自身、しなやかにありたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

アドラー心理学は、「変化を促す、変化を後押しする心理学」〜アドラー心理学について③〜

アドラー心理学は、「変化を促す、変化を後押しする心理学」であるのではないか、と思う。

アドラー心理学の大きな特徴の一つが、原因論を唱えていること。
怒鳴るために怒りを持ち出すと考える。人は、突発的な怒りに駆られて怒鳴るのではなく、怒鳴るって目的が先にあり、そのために怒りを持ち出す、というとらえかた。
目的が先にあるなら、その目的を選択し直せば、これまでとは違うように歩める。
そう、そこがミソ。目的は、選択しなおせばいい。選択し直すことができる。
選択しなおせば、今までの自分とは違う存在になれる。

今までどういう選択をしてきたのか、は関係ない。過去を気にせず、「これから」に目を向ける。アドラー心理学は、そのための哲学であると理解している。
アドラー心理学は、変化をその人自身の手で起こせるように後押しする心理学。自分の力で歩む力添えをする考え方。
変化を促し、後押しすることができれば、教師冥利に尽きる。というか、ぼくは、そういう風に他者に、社会に、この世界に貢献したいなぁと漠然と思っている。
みんなの人生の中で、ぼくが関わることのできる時間は、ほんの一瞬。でも、その一瞬で、その後の人生に大きな”良い影響”を与えたい。変化や成長を後押ししたい。

アドラー心理学は、変化を望まない人にとっては手厳しく、変化を望む人にとっても手厳しい考えを提示する。
それは、人はその手厳しさを乗り越えることができる、その力があるという信頼に基く。
変わることは簡単ではない。けど、人は、変化する。変化する力を持っている。
ぼくも、それを信念に、なにができるか、どうできるか考えたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

アドラー心理学は、内発的動機づけ〜アドラー心理学について②〜

アドラー心理学で褒めること・叱ることを否定するのは、それは、相手を“コントロール”することが目的にあるから。
これはつまり、外発的動機づけを否定している、ということ。
コントロールのような、外発的な動機づけでは、結局は相手の変化を促すことにはならない。そういう考えが、ある。
実際、人は、コントロール下に置かれると、内発的動機が薄れてしまうらしい。
なので、内発的な動機、つまりその人本来の力を発揮させること・引き出すことが目標であるアドラー心理学にとっては、相手をコントロールは、言わばもっともしてはいけないものとなる。だって、それによって内発的な動機が下がってしまうのだから。

あれこれ本を読んだけど、アドラー心理学は、人の持つ力への信頼と、内発的な動機づけを重視している、と解釈できる。
人は、自ら自立していくことのできる力を持っている。それを引き出せるよう、勇気づけし、自分の力で進んでいくこと。
おそらく、そのことを念頭に、アドラー心理学は語られてる。形作られている。

教育においての絶対解はないし、解かどうか測定することすら困難だったりする。
でも、ぼくは少なくとも、相手の力を信じ、変化していけるよう勇気づけることは、相手の成長に対して優れた効力を持つのではないか、と思っている。
成長させるはおこがましい。成長する力があることと、成長を願っていることを真摯に伝えていくことが、教育する側にできることではないかと思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

「わかりやすく伝える」ことは、良いことなんやろうか

「わかりやすく伝える」
数学を教え始めてから、ずっと意識し、胸に抱いていた。
でもいつからか、わかりやすく伝えることが、ほんとうに良いことなのか迷うようになった。

何かを学ぶ時、そこにはたくさんの“発見”がある。「あっ!そうか!!」とストンと理解し、これまでの知識が繋がるような。
わかりやすくすることで、そういう、自分での発見の芽を積むことになってしまうのではないか。

理解の一番の敵は、「わかった気」になることではないか、と思っている。
わからないのであれば、理解に向けて考えていける。
わかった気になっていると、そこで思考が停止してしまう。理解していなかったり、身についてなかったりしても、わかった気になった時点で学ぶのをやめてしまう。わかったのだから、もうやる必要はない、と。

わかりやすい解説をすることで、聞き手を「わかった気」にさせてしまうのではないか。それってあんまし良いことではないのかも、と悩む。

「わかりやすいことは、ほんとうに良いことだろうか」という疑問。
わかりやすさによって、発見の芽をつんでしまわないか。
わかりやすさによって、わかった気にさせてしまうのではないか。

こうして考え、迷っているのは、教えることについて、まだまだわかっていないから。わかった気になっていないから。
だから、もっとこのことについて考えていける。考えていきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

長期的な視点を常に持つ 〜アドラー心理学について①〜

アドラー心理学に出会ってから、アドラー心理学を実践することで、生徒たちに良い影響を与えることができないかと、常にアドラー心理学の教えを念頭に置くようになった。
いくつか理由はあるけれども、その中でも、けっこう中心的な部分について、ピックアップしていきたい。

まずは、アドラー心理学の視点は、長期的であるってことについて。

基本的に、叱ることと褒めることが教育には必要とされているけれども、アドラー心理学ではそれを否定する。褒めたり叱ったりすることの先には、相手をコントロールするっていう目的が隠れているから。
でも、本当に必要なのは、コントロールではない、と思う。コントロールってつまり、教師の都合のいいようにさせるってことやから。
そうではなく、相手の変化を後押ししたい。こちらがコントロールするのではなく、相手が変化するのを後押しする。

人は、変化には臆病である(臆病であると思う)ので、変化するのは簡単じゃないし、短期的な関わりではなかなか後押しができない。
褒めたり叱ったりするのは、あくまでも短期的。
そうではなく、時間がかかっても良いから、変化を後押ししていきたい。

必要なのはコントロールではなく、変化できるよう勇気づけていくこと。
最終的には、こちらの働きかけや後押しから脱し、自分で歩んでいけるようになってもらうことを目指す。
アドラー心理学には、そういう考えが根底にある。人は、力をもった存在である、という信頼とともに。

長期的な視点、人への信頼、コントロールすることへの疑問が、アドラー心理学はあるので、ぼくは強い共感を覚えるのだと思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

授業の短かい感想を、綴じノートに書き連ねていこう

普段、紙のノートをあまり使っていません。
授業の板書計画にもiPadを使うようになり、紙を使うのは、ちょっとしたメモをメモパッドに書きつけたり、あれこれ考える際にA4用紙の裏紙を使ったり、切り離せるノートがメインになっています。
以前は頻繁に紙のノートを開いてはそこにあれこれと書き込んでいましたが、手軽なメモはiPhoneでとるようになり、考える時にiPadを使うようになり、綴じノートをがっつり使うってことが少なくなってきています。


ブログの更新を再開し、それに付随して、いろんなことに対する活力が湧いてきている今日この頃、授業にたいする気持ちもまた盛り上がってきました。
忙しさにかまけて、授業はついついやりっぱなしになって振り返ることができていなかったので、どうにかこうにかちょっとでもいい、1行でもいいという気持ちで、その日やった授業に対して感想や課題を書くことに決めました。
はて、どこに書こうかちょっと考えた結果、あぁ、これは今こそノートに、紙の綴じノートに書いていくしかない、という気持ちになりました。

うまく書けないのですが、やっぱり、今だからこそ、紙の綴じノートって特別感が湧くのです。大事にしたいことについては、紙のノートに書き付けていきたいな、という気持ち。
また、ちょっと感想を書いていく、というのにも、紙のノートは適していると感じます。
長い文章を書くのであれば、キーボードを使って文字を打っていく方が断然手書きよりも早く書けます。ただ、1行ほどのメモを残すとなると、キーボードを使うほどでもないと感じますし、iPhoneを取り出して書くのと紙のノートを取り出して書くのとを比べてみても、速さの面ではそんな差はない。
紙に書いていきたいという気持ち的な面と、ささっと書けるという効率的な面、授業のメモを書くには、どちらにおいても紙のノートを使えばいいじゃんという結論にいたりました。


紙のノートを使いたくなったり、デジタルに集約したくなったり、よく行ったり来たりしています。
以前よりは確実にデジタルの比重が重くなっているからこそ、紙の綴じノートも大事に使っていきたいなと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

問題の反復練習には、スキャンしてiPadに取り込んでおくのが最強かも

数検の1級合格を目標に、毎日ちまちまと勉強をしています。
そこまで時間を投入することができているわけではありませんが、でも、今のところは着実に前に進めている感じです。
で、今回は、その勉強をiPadでしている、という話です。


今年の夏あたりに、iPad Proを購入しました。10.5インチで、使えるApple Pencilは第1世代のもののやつです。
ぼくは紙のノートが大好きです。ですが、実際に使ってみて、iPad+Apple Pencilは、紙のノートよりもやはり便利ですごく勉強に向いている、と感じました。

数検の対策として、過去の試験問題を解いて勉強していくことになります。早速問題集を買ってやり進めているのですが、iPadにて勉強するために、まずは2回分の過去問をスキャナアプリで撮影し、iPadに画像を保存しました。
こうすることで、取り込んだ過去問は、今後何回でも解き直すことができるようになります。
ぼくの数学の問題を解くスタイルは、問題文に色々と書き込みをしながら条件を確認していく、というもの。紙のままそれをしたければ、問題文をノートに書き写すか、コピーしたものを貼り付ける必要がありました。
実際、受験生のときは、問題文を書き写して問題に取り組んでいました。
それが、iPadで勉強しはじめてから、一度スキャンしてしまえば、何度でもその問題を呼び出し、書き込みながら考えることができるではありませんか。
これは、ぼくの中でかなりのインパクトを持っていて、今後この方法で勉強していこうと決意させるに十分でした。

問題集には、書き込み式のものもあります。書き込み式の問題集では、書き込んでしまってはもう一度取り組むことはできません。それが、スキャンしてiPadに取り込んでしまえば、何度でも何度でも解き直すことができる。
iPadとApple Pencilであれば、紙と同等の書き味とまではいきませんが、少なくとも手で書くことにストレスをあまり感じることはありません。
反復して解きたい・取り組みたい問題集や教材があるのであれば、最強の勉強道具だと思います。


iPadは、基本的にどこにでも持ち運ぶようにしています。
ちょっとした時間が確保できた時にも、勉強に取り組むことができる。
なかなかがっつり勉強する時間が確保できそうにないので、iPadは、その面でも数検の勉強を助けてくれそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。

実用数学技能検定の1級を目標に、数学を勉強しようと思います

大学時代、ゼミの先生に「卒業後に働き出すことを考えると、数学の力は今がピークだから」と言われていました。
できるだけ数学の力を衰えさせないように、少しでも学ぶ時間をとりつづけてきましたが、先生のおっしゃるとおりで、知識の面でも思考力の面でも、徐々にあの大学の頃よりも落ちていっている感じがしてなりません。
少しづつでも数学を勉強する時間をとってはいましたが、何かしら目標らしいものを定めず、強いて言えば「この本を読み切ろう」ことをゆるい目標とするくらいでした。
そうやってもう10年近く。
少し学び方を変えてもいいかな、と思い始めました。

受験生の時、毎日勉強していましたが、けっこう楽しめていた記憶もあり、試験に向けて勉強する、ということをしてみようと思い立ちました。
そこで、「数検」と呼ばれている、実用数学技能検定を受けてみようかな、となったわけです。
で、目指すなら1級。
とって何かいいことがあるわけではないですが、「合格」という目標を目指して数学を学んでいくのもいいかな、という思いでちょっと挑戦してみようと思います。

また、きっと今だからこそできる数学の学び方というのがあると感じるのも数検を受けようと決意した1つの理由です。
受験生の時、大学生の時、働き始めてからと、それぞれだいぶと違った学び方をしてきました。その中で、受験生の時とは比べ物にならないくらい、数学について理解してきたと思っています。
大学のときと比べるとだいーぶ劣るとはいえ、試験の「合格」を目指して勉強していた受験生のときとは全然違う見方で、捉え方で、数学を学べるという確信があります。
そのことにワクワクしていて、今から楽しみです。

おわりに

次の試験日は、4月12日。今から半年弱。楽しく学んでいければな、その中で、数学の魅力をまた再発見できればな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

紙の本を買うことと、ブログを書いて残すこととの共通点

電子書籍を買うことがかなり多くなってきていて、50%にまで増えてきました。
でも、電子書籍で読んでよかった本は、紙でも書い直すようにしています。

最近、せっせとブログを更新しています。
いくつかのきっかけが重なり、積極的に更新していこうと決意したのですが、理由の1つが「書いて残しておきたい」というもの。
自分が考えたことやいいと思ったこと、伝えたいなと感じたことを書き残しておくことで、いつか読まれる時がくるかもしれない。書かなければ読まれることは絶対ないので、じゃあ書くしかないな、と思ったから。


子どもの可能性の邪魔だけはしたくない。
我が子をみていると、そういう思いを強く抱きます。

人間は生きているなかで、意識的にも無意識的にも、たくさんのことを経験し、吸収していきます。
たくさんの、ほんとうにたくさんの経験の蓄積が、今の自分を作っていると思うのです。
いくら柔軟に生きていたいと願っても、たくさんの吸収によって、いくぶんか塗り固めらる感は否めません。

まだ生まれて数年の子どもを見ていると、塗り固まった部分が、まだまだほんとにちょびっとしかない。
固まっていないぶん、なんにでもなれそうな気がするんです。

そんな子どもに対し、何ができるのか。何もしないほうがいいのではないか、とさえ思えてしまう。
けど、少なくとも今まで生きてきたなかで自分がいいと思ったことや、大切にしていること、素晴らしいなぁと感激したことは、押し付けがましくならない程度に、子どもがすぐに触れられるところには置いておきたい。
書き残しておきたい。

だから本は、電子書籍で読んだものも紙で買い直して棚にたてておこうと思いました。
読むかどうかはわかりませんし、こちらから読んでねと言うつもりもありませんが、興味を持ったらすぐ手を伸ばしてもらえるように。
本を読んできて、すごくよかったなという思いしかないから。

だからブログを書いて、いろいろと書き残しておこうと思いました。
読むかどうかはわかりませんし、こちらから読んでねと言うつもりもありませんが、もしかしたら読んでくれるかもしれないから。そこからなにか考えたり感じたり、学んだりしてくれるかもしれないから。
なにより、ブログを書いてからきて、すごくよかったなという思いしかないから。


できれば数学についてもいろいろと書き残して、押し付けがましくない程度に伝えられることを伝えていきたいな、と思っています。
ただ、子どもが足し算なんかをしていると、ついつい身を乗り出してしまうのですが。

では、お読みいただきありがとうございました。