Scrapboxは「まとめたものから切り分けて保存」という方向を生み出す

これまでのメモは、集められて組み合わされてアウトプットされておしまい、というのが多かった。
Evernoteでも、Workflowyにメモしてた時も、名刺サイズ情報カードのときも。
ブログにアップして、同じものをEvernoteにもクリップして、一応そこでおしまい。使ったメモたちはアーカイブ。
メモからブログまで、一方通行。

これが、Scrapboxでは変わってくる。Scrapboxでは、逆方向もあり得る。

情報を扱いやすく結びつきやすい形で置いておくために、Scrapboxでは、1ページ1テーマで書きためるのがいい、と思ってる。同じ情報でも、何回も利用可能していいと思うし、組み合わせによってはまた違うものを生み出す可能性もある。
で、1ページ1テーマのほうが、Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保存しておける。
ということは、Scrapboxに保存するときに、まとめられたものをバラして、個々の内容にして、1ページ1テーマにしとこう、となる。
これまでのメモを組み合わせて一つを作る方向と逆の、まとめられたものから個々の要素を切り分けて保存する、という方向。

他と結びつきやすいScrapboxだから、切り分けて保存しといてもいいのか、となった。
自分の中でこれは、けっこう大きな転換かも。

では、お読みいただきありがとうございました。

「メモの掘り起こし」をして、ホコリかぶっているメモをスタンバイ状態に

今のように、いろーんな内容のメモをとり、それを保管するようになってから10数年。
いろいろなところにメモをとってきました。

メモに意識が向いてちょっとしてからiPhoneを使いはじめ、ほぼ同時にEvernoteの存在を知ったので、たくさんのメモがEvernoteに保管されています。
やがて、とったあとどう使っていくのか、使うためにはどこに保管するのがもっとも良さそうか、を考えるようになり、Evernoteにはじまり、メモの保管場所はいろいろと移り変わりました。
情報カードを使っていた頃もあれば、アウトライナーにメモを放り込んだりも。
それこそ、千を超えるほどのメモが保管されています。

メモをどう扱おうか。
それについて考え続けてはいますが、なかなかに良いところに落ち着かず、結果、Evernoteや情報カードに書きとめられたメモたちは、今はそのまま放置されていて、ホコリをかぶっている状態に。
最近毎日ブログを書くようになり、なにか書くことはないかな、と情報カードを見返すことが何度かあったのですが、メモを見返してみると、そのメモに刺激され、あれこれ考えが浮かび、それが一つのブログ記事になる、なんてことが数回ありました。
過去のメモは、そのまま使えることは少ないと思います。が、ちょろっと見返して、ホコリをはらってやると、過去のメモを起点としてあれこれ考えが進むことがけっこうある。
で、直接ブログの記事にならずとも、今はScrapboxという心強い味方がいます。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保管されることになるので、過去のメモに対して今思ったこと、そこから考えたことを書き加えてScrapboxに入れておけば、今のホコリかぶってる状態を、スタンバイ状態にすることができる。

ちまちまと見返し、せっせとScrapboxのページへと変貌させていこうかな、と思います。
数が多い分、けっこう得られるものが多いのではないか、と期待して。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモパースをクリップで挟んで紐を通して首からぶらさげておくと、快適なメモツールに

基本的に、タスクやらスケジュールやら細かなメモやら、ちょっとしたメモはiPhoneもしくはiPadを使ってとり、その都度すぐにそれぞれの場所に放り込んでいきます
けれどもときにはiPhoneを取り出せないときもありまして。メモ用紙とペンを常に持ち歩くようにしています。

ある時期からメモ用紙に名刺サイズ情報カードを使っていて、最近まで情報カードをがさっとクリップで束ねて紐を通し、首からぶら下げていました。
ただ、クリップで束ねたまんま持っていると、どうしても角の部分がヨレヨレになってしまったり、立ったままメモするときに硬さが足らず、メモしにくかったりしてました。
Image

なんとかしたいなーと思いながらもそのまま使い続けていたのですが、ふと、首からぶら下げて使いあじめるより以前に、情報カードを入れて使う「メモパース」なるものを買っていたことを思い出しました。


で、合体させました。
「クリップと紐」+「メモパース」です。
Image

これがとても快適でして。
まず、当然ながらカードの端がヨレヨレにはならない。
で、何枚ものカードを持ち運べるし、メモした後のカードも持ち運べる。
首からぶら下げているので、さっとメモができる。
なぜはやくこの形式にしなかったんだ、と思う実用性です。

普段情報カードをクリップでとめた束に紐をとおして首からさげて使っており、カードの端がヨレヨレになってお困っていて、かつメモパースをお持ちの方、ぜひともお試しください。

では、お読みいただきありがとうございました。

情報を扱いやすく結びつきやすい形で置いておくために、Scrapboxでは、1ページ1テーマで

以前のエントリ、

は、2つのメモの合体によってできている。

メモを見返している時に目に止まった「同じ情報でも、何回も利用可能」というページに、思い浮かんだことを追記。で、上記のエントリが完成。
ブログではそれを一つのエントリとして扱ったけど、内容的には2つに切り分けられるかな、と思い、Scrapboxでは、後半部分を「Scrapboxに保管した情報は、ほうっておけばいい」という別ページとして保存して、2つのメモとして残しておいてる。

1ページ1テーマ。情報の保管としては、そのほうがあとあと利用しやすい。再利用性も高い気がする。
で、それらをいくつか組み合わせたり、追記して膨らませたりして、違う別の情報を提出したりする。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたままなので、結びつきやすい状態での保管を常々心がけておく方針がいいかな、ということで。

では、お読みいただきありがとうございました。

パッて思いついたものと、そこからするすると思考が進むもの。

メモの粒度」ってある。
思いつき、一文程度のものが一番細かい。名刺サイズの情報カードにメモるもの。細かなメモ
それ以上のものは、思いつくというより、考え始めて、思考が進み始めて出てくるたぐいのものに感じる。
Image

名刺サイズの情報カードにメモを書いていた頃、カードを書いてて、2枚目に手が伸びる時があった。1枚目を書いて、思考が進んでいって、新たに書きたくなって、2枚目に手が伸びる。
こういうとき、「思いつき」から派生していって、ひろがっていってる。パッと思いついたものではないものが、生じていってる。

でも、やっぱりそのまま、際限なく書き込んでいく方がスムーズに、ズルズルと頭の中のものを引き出していけるのでは、とも思ったりする。

メモを書き始めた時は、そっからどんどん思考が進むのか、パッとした思いつきなのかわからん。細かなメモなのか、大きなメモへと育つのか。

広い紙を用意するよりも、そのままカードの小さい紙片に細かいメモを書いていくことで、かえって思考が進んでいく、ってことがあるような気がしていたので、情報カードを使っていた。細かなメモを捕らえるための、名刺サイズの情報カード。いくつか束ね、少し大きくなってきたら、Scrapboxへ、って運用を以前はしていた。
それより以前には、アウトライナーにメモを集めまくっていた時期もあった。
今はそれを、Scrapboxでおこなっている。細かなメモ専用ページに書き連ねて、その中でかき混ぜて、まとまりができれば別ページに切り分ける。

結局は、どのツールを使っていても、メモをかき集めることはできるし、集められたメモたちを見返し、手を入れ、かき混ぜてやると、きっとメモたちを死蔵させることなく、なにかに利用していけるのではないかな、と今は考えている。

では、お読みいただきありがとうございました。

細かなメモは、Scrapboxにまかせることに

とりあえず思いついたメモ(細かなメモ)は、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄という方針でいこうとなった。この方針は今に始まったわけではなく、以前、名刺サイズの情報カードを使っていた時にも同じような方針をとっていた。

けど、ある程度はうまくいってたものの、未整理のカードの数が増えてきたあたりから雲行きが怪しくなり、今はメモした情報カードの束が積まれたまま。
細かなメモたちを、かき混ぜては何かに使ってその都度破棄してはあ全体量を減らす、ってのをうまくできなかった原因は、量が増えるとかき混ぜにくくなることの他にも、メモしたカードの束を見返して手を加えてかき混ぜる時間をとれてなかった、ってのも挙げられる。
情報カードの「操作のしやすさ」は、最強じゃないかと思うけれども、手軽さには欠ける。手軽さに欠けるがために、かき混ぜる時間をとれなかった。
ので、今後は、同じようなことをScrapboxでやっていこう、と思う。

  • 細かなメモは、とりあえずScrapboxのデイリーページに書く。
  • それを「book scrapbook」内の、「細かなメモ専用ページ」にコピペする。ダブりが出るけど気にしない。
  • デイリーページにメモするときは、ブラケット使わない。メモの中で、「細かなメモ」として転記したいもののみ、転記する。
  • 転記する際に、ブラケット使う。メモ内の単語や文章を、ブラケットで囲む。その際に、他のメモをざっと見てみて、良さげな場所に位置付ける。
  • 毎月強制的に「細かなメモ専用ページ」を新たに作成することで、細かなメモが一箇所に増えすぎにないようにする。

今は、おもいついたことはすべてScrapboxのデイリーページに書いていってるので、改めてその扱い方をどうしていくか考えてみた。うまくいくかはわからないけれども、とりあえずやってみる。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄でいってみようかな

細かなメモの扱いをどうするか。
ずっと、「これ!」といった解決策がない。

ちょっとメモ、1行から2行程度の、細かなメモ。
名刺サイズの情報カードに書き終えれる程度のメモ。
100文字に満たないくらいのメモ。
そういうメモをどうしていくのか。ずっと頭にある。

「どうもしていかなくてもえぇんちゃうか?」と思い、最近はデイリーページにメモして、特に何もせず終わったり。
そういう細かなメモから何かしら書いていけるのであれば、Scrapboxの1ページとして独立させる。あるいは、ブログの1記事になったりもする。
けど、細かなメモの多くは、メモして、終わり。

Evernoteにメモをためていってたこともあった。
Workflowyにためていってたこともあった。
情報カードに書いていってたこともあった。
どれも、かなりの数が存在するけれども、今になっては存在しているだけ。

細かなメモは、流動性を大切にしたほうがいいのかも。
メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄して、増えすぎないように。
増えすぎるとかき混ぜるのが難しくなり、流動性が失われちゃう。それが、メモしたらしっぱなしに終わってしまう。
なので、自分からどんどん細かなメモを減らしていけばいい。
かき混ぜて、いらんやつは破棄して、使えるものは使って破棄して。

そういう内容をメモしていた情報カードが数枚あって、ふと見返してみつけたので、これを書いている。
これを書いたことで、この数枚のカードは、お役御免ということで、書き束ねられたカードの山から取り除く。

メモして、集めて、かき混ぜて、使ったら破棄。この方針で、ちょっといってみよう。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま

iPadでは使いやすいとは言い難いものの、それでもScrapboxはやはり他にないものをもっていて、かなりがっつり使ってる。
「ノートブック」の役割を任せるのに、Bearに気持ちが傾いてたけど、やっぱりScrapboxかな、となってきている。

ブラケット「[]」で囲むだけで、他のページと結びついていく手軽さ・快適さ・気持ちよさ・便利さ。
同じ言葉がブラケットで囲まれている他のページと、易々と結びついていく。
他にもたくさんScrapboxならではな部分はあるけど、この1点だけでも、圧倒的やと思う。

Scrapboxにストックした情報は、常に他の情報と結びつくスタンバイができているということ。
どこにあっても、忘れ去られていても、いつでも結びつく準備ができているということ。

Scrapboxには、この優れた機能がある。Scrapboxの強み

MacやiPhoneでは快適に使えてるので、さて、iPadでどう使っていこうか。

では、お読みいただきありがとうございました。

テキストメモに、手書きのメモと同一の扱いを求めるのは無理があるとようやく気づいた

PC上での、ちょっとしたメモたちの扱いの思うようにいかなさに、うんざりすることがある。
情報カードにメモをし、書きためたものを見返す、というようなことをしたことがあったり、付箋にいろいろと書き出して、壁にペタペタ貼って何かしら考える、みたいなことをしたことがある人は、このうんざり感、わかってくれるのではないか。
メモを移動させたり、順番を並び変えたり、配置を変えたりするのは、何かしらのアプリをつかえば快適にできる。でも、どうやったって紙片に手書きしたメモたちを扱うことに比べると、操作の自由度や府感性が限られてしまう。
さらに、メモの数が増えれば、PC上ではけっこう壊滅的な感じになる。全部見渡すことはできなくなるし、移動やグルーピングするのにえらい手間がかかったりもする。

これまでは、テキストメモを書き溜めていくために、紙の情報カードの扱いに似た感覚が得られるアプリやサービスを探していた。カードとしてメモを保存することができ、それらのカードの順番を入れ替えたりグルーピングできるものを。
で、一番近しいのがアウトライナーにメモを書きためることだと結論して、実際にいろいろと書きためてってた。けど、やっと「うん、手書きと同じことを望んでたらあかんな」ということに思い至った。
アウトライナーに着想メモを書くと、確かに情報カードに近しい感覚が得られる。が、「操作」に関しては紙のカードにはどうやったってかなわない。情報カードと同じように使えるものを探して書きためてっても、それらを操作する時にもやっとするのだから、テキストメモの扱いには別のアプローチがいる。
そう強く思いはじめたのは、Scrapboxを使い始めてから。

Scrapboxのプロジェクトの一つに、着想メモをためていっているのがある。
choiyakiBox
このプロジェクトの表示を、CSSをいじってちょっとデフォルトとは違ったものにしてる。

ページ下部の関連ページの本文の表示量を増やし、そんな文章量が多くなければ内容がすべて表示されるようにしてみた。わざわざそのページに行かなくても、書かれていることが確認できるように。
今注目しているメモに関連するメモのみが表示される。
これが、テキストメモの保管の一つの解ではないか、と思ってる。

Scrapboxでは、ひとつのページを開くと、それに関連するページも同時に下に表示される。
で、関連ページの内容も表示されるようにしているので、一つのページを見ると、自然と他のページも目に入ることになる。
今開いているページに関連のあるページが、下にずらりと並ぶ。どれか気になったページを開く。と、さらにそのページに関連するページが下に表示される。
こうやってメモを見返していく行為こそ、テキストメモを「くる」ことに他ならないし、これであれば、メモがどれだけ増えたとしても気にならない。すべてをくるのではなく、今見ているページにちょっとは関連のあるページだけをくっていくことができる。

紙のメモで可能な、多くのページを一面に並べて俯瞰するってことはできない。
一つ一つのメモを、自由自在に操作することもできない。
そのかわりに、今見ているメモに関連するメモをパッと見返し、くることができる。紙のメモは増えすぎると見返しきれなくなるけれども、Scrapboxなら、数多あるメモから関連するものだけに絞り、くっていける。
これはきっと、テキストメモを紙のメモと同じように扱いたいって考えてばかりいては思い浮かぶことのないメモの扱い方ではないか、と思う。その意味で、紙では実現し得ないことを実現できている。

Scrapboxにはできないことが紙のメモでは可能であり、紙のメモではできないことをScrapboxでは実現できる。
どっちがいい、ということではなく、どっちも楽しみながら今後も使っていきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

Textwellアクション「Carta」を、着想メモ置き場に

「Carta」というTextwellのアクションを使い始めてる。

こちらの記事にて、紹介されているもの。ありがたく使わせていただいてます。

本来は文章を書くためのアクションみたいやけど、それをデジタル上での情報カード置き場みたいな役割にしようと考え中。
見た目を大幅に変え、画面上にカードが並んでいる感じにして使ってる。

Image

メモの粒度としては、一番細かいものをとらえる予定。


メモには、いろんな粒度がある。細かなメモもあれば、大きめのメモもある。
一番細かいメモは、ふっと思いついたアイデアであったり、やらなあかんと思った事柄であったり、そういうもの。だいたいは、100文字以下。で、1日の中で、この粒度のメモが1番い気がする。
ちょっと大きめのメモは、Scrapboxにメモしてるものとか。たいていは、一つのテーマについて書かれたもの。やから、タイトルがつけれる。1番細かなメモにはタイトルはつけれないけど、それより大きくなるとつけれる。その違いは大きい。
で、さらに大きなのが、ブログのひと記事。いくつかの見出しから構成されてて、情報としてまとまりがあるもの。

そんなイメージを持っている。


Textwellのアクション、「Carta」でとらえたいのは、このなかでも、1番細かなもの。
以前「PoICを名刺サイズ情報カードで実践すると、蓄積は「発見」のみに」で書いた通り、ぼくは発見メモの類を名刺サイズの情報カードでとらえているけれども、これらは1番細かなメモ。
アナログでは、この細かな発見メモをとらえることができてたけど、iPhoneでそれをとらえきれてなかった。
メモして、アウトライナーに放り込んでたときもあったけど、結局はそのあとなかなか活用されず、メモっただけで終わることがほとんど。
今回この形式にして、うまくはいくかはわからないけれども、手書きのほうはまだまずまず運用できてるので、それに似せたらもしかしたらいけるかも、と思って。


方針としては、積極的に分類していく、というか、近しいカードは近くにかためておく、ということを考えてる。
Cartaのアクションを起動するごとに、それまでのカードが目に入るので、その時点でできるだけ近しいものがあるところに置くようにしようかな、と。
細かなメモは、単体ではあまり意味をなさないことが多い。ので、他と積極的にくっつけてったほうがいい気がする。積極的に分類していったほうが(断片(着想)メモの活用)。
実際、名刺サイズの情報カードに書いたものは、見返して近しいものはかためてまた束に戻して、ってのをずっと繰り返しつつ、まとまりができれば見出しをつけてScrapboxに転記して、アーカイブするってのをやってる。で、なんとかメモが増えすぎることなく、その運用法は破綻をすることなく続けることができてる。

Cartaは、一覧性がいいわけではないし、機能的にたくさんのメモを保管するようにはできてない。からこそ、積極的に塊をつくって次のScrapboxへまとめていき、使ったカードはCartaからは消して増えすぎないようにしないと、という気持ちが起こる。
この点も、名刺サイズの情報カードと同じ。
増えると破綻しそう、やからこそ、まめに見返し、近しいものはかためて、まとまりできたらタイトルを与えてScrapboxへ。


実際は、まだメモし始め。メモはそんなに多くない。ただ、手書きでもiPhoneでも細かなメモをとれるようになったので、メモはどんどん増えていくと思う。
増えすぎて破綻するか、増えつつもまとめる作業によってメモを減らし、コントロールしつつ細かなメモを活用していけるか。しばらくは様子を見てみたい。

では、お読みいただきありがとうございました。