毎日継続はできているものの、やり方は少し考えた方がいいかも(数検1級合格まで(2)11/03-11/09)

一週間の振り返りは、日曜日に固定することに。
数検の勉強もブログも毎日継続できてて、ナイス。ただ、睡眠時間の確保がやはり課題になってくるので、無理のないようにしたい。

数検の勉強

11/03-11/09

  • 1週間の勉強時間:2時間29分 21.28min/day

まだ問題集の1回目のテストを解いているところ。線形代数で忘れてること多かったのと、固有値を求める問題での計算ミスが頻発してしまって、正答までたどりつくのに時間がかかってしまった。
勉強するのが、夜寝る前になりがちで、眠気とお酒も入ってるのとで効率が悪い。時間帯を変更するのを考えねば。朝にできればベストやけど、時間の確保がなかなか。
何かを変えていかないと。

ブログ書き書き

毎日更新中。
アドラー心理学についてや、理解や教育、数学について考えていることを書いていけたらいいなぁと思う。

おわりに

この振り返りエントリがあるおかげで、勉強の仕方やブログを書くための課題について改めて目を向けることができる。
活動自体にも修正を加えつつ、今後もぼちぼちいきたい。

では、お読みいただきありがとうございます。

数学もブログも楽しめてるので、上々のスタート(数検1級合格まで(1)10/26-11/01)

数検1級合格に向けて勉強中。その活動報告や今後どう勉強していくか考えていこうと思う。
他にも何かやったことがあれば書くつもり。

数検の勉強

10/26-11/01

  • 1週間の勉強時間:3時間3分 26min/day

出だし好調といったところ。
まず勉強のし始めに、どの程度1級の問題が解けるのか、時間とか設けず、いろいろ調べてもいいというルールで解いてみている。
1冊問題集を購入して、1回分の試験を解いているところ。今のところ、5問中5問とも正解までたどり着けている。
公式を覚えてないので、いちいち導いたり、あまり触れたことのない内容についてはとにかく手を動かして小さい値から調べたりしているので、解くスピードはすこぶる遅い。
ただ、解けないことはないので、

  • 忘れていることの復習
  • 公式を覚える

という方針で当面は勉強していこうかな、と思っている段階。
一応2回分の試験をとりあえず解いてみて方針を決定したいと思っているので、次の一週間もいろいろ調べつつ、時間かかってもいいので解き進めたい。

ブログ書き書き

おわりに

数学もブログも楽しいので、楽しいうちにいっぱい楽しみつつ、勉強・更新していきたい。
基本土曜日にこんな感じで活動の報告を書いていくつもり。

では、お読みいただきありがとうございました。

問題の反復練習には、スキャンしてiPadに取り込んでおくのが最強かも

数検の1級合格を目標に、毎日ちまちまと勉強をしています。
そこまで時間を投入することができているわけではありませんが、でも、今のところは着実に前に進めている感じです。
で、今回は、その勉強をiPadでしている、という話です。


今年の夏あたりに、iPad Proを購入しました。10.5インチで、使えるApple Pencilは第1世代のもののやつです。
ぼくは紙のノートが大好きです。ですが、実際に使ってみて、iPad+Apple Pencilは、紙のノートよりもやはり便利ですごく勉強に向いている、と感じました。

数検の対策として、過去の試験問題を解いて勉強していくことになります。早速問題集を買ってやり進めているのですが、iPadにて勉強するために、まずは2回分の過去問をスキャナアプリで撮影し、iPadに画像を保存しました。
こうすることで、取り込んだ過去問は、今後何回でも解き直すことができるようになります。
ぼくの数学の問題を解くスタイルは、問題文に色々と書き込みをしながら条件を確認していく、というもの。紙のままそれをしたければ、問題文をノートに書き写すか、コピーしたものを貼り付ける必要がありました。
実際、受験生のときは、問題文を書き写して問題に取り組んでいました。
それが、iPadで勉強しはじめてから、一度スキャンしてしまえば、何度でもその問題を呼び出し、書き込みながら考えることができるではありませんか。
これは、ぼくの中でかなりのインパクトを持っていて、今後この方法で勉強していこうと決意させるに十分でした。

問題集には、書き込み式のものもあります。書き込み式の問題集では、書き込んでしまってはもう一度取り組むことはできません。それが、スキャンしてiPadに取り込んでしまえば、何度でも何度でも解き直すことができる。
iPadとApple Pencilであれば、紙と同等の書き味とまではいきませんが、少なくとも手で書くことにストレスをあまり感じることはありません。
反復して解きたい・取り組みたい問題集や教材があるのであれば、最強の勉強道具だと思います。


iPadは、基本的にどこにでも持ち運ぶようにしています。
ちょっとした時間が確保できた時にも、勉強に取り組むことができる。
なかなかがっつり勉強する時間が確保できそうにないので、iPadは、その面でも数検の勉強を助けてくれそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。