「うちあわせCast」の手帳回聞いてぼんやり考えたことと、今年の手帳と

うちあわせCast、手帳についてのんを聞いて。

確かに、ぼくの使い方としても、手帳に求めることって、スケジュール管理とかタスク管理とかではなくなってきてる、ように思う。そういうのんは、Googleカレンダーとかタスク管理のアプリとかが担ってくれる。
年間の予定なんかは、iPhoneから確認できる。
手帳の役割の一番は、「メモすること」になる。
やから、手帳ではなく、ノートを使っている。ノートに、簡単な日付を書き込んで。

一方で、手帳ってやっぱり人気なのか、この時期や年度始めなど、ほんまにいろーんな種類の手帳が店頭に並ぶ。
ほぼ日手帳の影響を受けてか、1日1ページの手帳の種類が増えたし、ウィークリーの手帳もバーチカル・ブロック・レフトと多種多様で、マンスリーもいっぱいある。
「◯◯手帳」みたいな、何かに特化したものもあった。
ってことは、メモを主体とする手帳の使い方ってのはきっと一般的ではないんよなー、と思ったり。
基本はやっぱりスケジュールやタスクを管理するために手帳を使っている人が多いんでないか。

今年どんな手帳を使おうか考えるとき、お店にならぶいろーんな手帳を眺めながら、自分自身、しばらく手帳をがっつり使うってのをしてないので、いっちょがっつり「ザ・手帳!」ってのを買おうかなーという思いも浮かんだ。
いっぽうで、iPadを手帳化するのも考えた。
で、結局はいつもどおり「ノートを使おう」に落ち着いた。
ただ、ここ数年と違うのは、ただノートを使うんでなく、おもいっきりノートをがっつり使おう!と思っていること。
なぜそういう結論になったとか、どう使うとかについては、また回を改めて。

では、お読みいただきありがとうございました。

「入り口」となる手帳は、バレットジャーナル形式で

新たに発生したタスクスケジュールは、メモしておいて最終的には基本すべてGoogleカレンダーに入力し、たすくまへ。
Image
メモの入り口に手帳を据えよう、と考え中です。
じゃあ、そのための手帳には何を使おう?と、手帳選びに奔走することになるわけですが(楽しい時間)、今回は比較的すんなりと落ち着きました。
結局は手帳は買わず、ふつーのノートを手帳として使うことにしました。
Image

どんな風に書いていくか、というと、バレットジャーナルにのっとっていくことに決めました。
メモの入り口として、バレットジャーナルは向いている、と感じたからです。
Image

「ラピッドロギング」でタスク、スケジュール、細かなメモをとらえやすい

Image
バレットジャーナルでは、主に3つの記号をメモの先頭につけ、メモをしていきます。
その3つが、まさに自分のメモの分類「タスク」「スケジュール」「細かなメモ」とぴったり一致するので、すべてリスト形式でメモしていこう!と考えました。

日付の制約がなく、新たにページを追加していける

バレットジャーナルでは、「インデックスページ」と「フューチャーログ」ページ以外は、随時追加していくことになります。
あらかじめページに日付を割り振るのではなく、後にどんどん追加していく。ということは、メモがたくさんあっても「ページ」という制約を受けることなく、どんどん記入していける、ということ。

コレクションページで、細かなメモから膨らませることがねきる

また、日々のメモの中には、継続的に考えていきたいものも出てきます。
そういうときは、コレクションページをサクッと作成して、見開き2ページを割り当てます。
その時その時に応じたページ、「マンスリーログ」「デイリーログ」「コレクションページ」を随時作成して使っていくため、どんなメモでも捉えやすい。

バレットジャーナルは、柔軟性がとても高く、メモの「入り口」としていい感じに機能してくれそう、というのが大きな理由です。

おわりに

まだ使い始めたばかりですが、他にも大きな仕掛けを一つ仕込んでおり、それが機能してくれる期待感と、バレットジャーナルのメモの捉えやすさのため、継続して使っていけそうな感じです。
手帳の使い方については、また追って書いていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapboxは「まとめたものから切り分けて保存」という方向を生み出す

これまでのメモは、集められて組み合わされてアウトプットされておしまい、というのが多かった。
Evernoteでも、Workflowyにメモしてた時も、名刺サイズ情報カードのときも。
ブログにアップして、同じものをEvernoteにもクリップして、一応そこでおしまい。使ったメモたちはアーカイブ。
メモからブログまで、一方通行。

これが、Scrapboxでは変わってくる。Scrapboxでは、逆方向もあり得る。

情報を扱いやすく結びつきやすい形で置いておくために、Scrapboxでは、1ページ1テーマで書きためるのがいい、と思ってる。同じ情報でも、何回も利用可能していいと思うし、組み合わせによってはまた違うものを生み出す可能性もある。
で、1ページ1テーマのほうが、Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保存しておける。
ということは、Scrapboxに保存するときに、まとめられたものをバラして、個々の内容にして、1ページ1テーマにしとこう、となる。
これまでのメモを組み合わせて一つを作る方向と逆の、まとめられたものから個々の要素を切り分けて保存する、という方向。

他と結びつきやすいScrapboxだから、切り分けて保存しといてもいいのか、となった。
自分の中でこれは、けっこう大きな転換かも。

では、お読みいただきありがとうございました。

「メモの掘り起こし」をして、ホコリかぶっているメモをスタンバイ状態に

今のように、いろーんな内容のメモをとり、それを保管するようになってから10数年。
いろいろなところにメモをとってきました。

メモに意識が向いてちょっとしてからiPhoneを使いはじめ、ほぼ同時にEvernoteの存在を知ったので、たくさんのメモがEvernoteに保管されています。
やがて、とったあとどう使っていくのか、使うためにはどこに保管するのがもっとも良さそうか、を考えるようになり、Evernoteにはじまり、メモの保管場所はいろいろと移り変わりました。
情報カードを使っていた頃もあれば、アウトライナーにメモを放り込んだりも。
それこそ、千を超えるほどのメモが保管されています。

メモをどう扱おうか。
それについて考え続けてはいますが、なかなかに良いところに落ち着かず、結果、Evernoteや情報カードに書きとめられたメモたちは、今はそのまま放置されていて、ホコリをかぶっている状態に。
最近毎日ブログを書くようになり、なにか書くことはないかな、と情報カードを見返すことが何度かあったのですが、メモを見返してみると、そのメモに刺激され、あれこれ考えが浮かび、それが一つのブログ記事になる、なんてことが数回ありました。
過去のメモは、そのまま使えることは少ないと思います。が、ちょろっと見返して、ホコリをはらってやると、過去のメモを起点としてあれこれ考えが進むことがけっこうある。
で、直接ブログの記事にならずとも、今はScrapboxという心強い味方がいます。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保管されることになるので、過去のメモに対して今思ったこと、そこから考えたことを書き加えてScrapboxに入れておけば、今のホコリかぶってる状態を、スタンバイ状態にすることができる。

ちまちまと見返し、せっせとScrapboxのページへと変貌させていこうかな、と思います。
数が多い分、けっこう得られるものが多いのではないか、と期待して。

では、お読みいただきありがとうございました。

メモパースをクリップで挟んで紐を通して首からぶらさげておくと、快適なメモツールに

基本的に、タスクやらスケジュールやら細かなメモやら、ちょっとしたメモはiPhoneもしくはiPadを使ってとり、その都度すぐにそれぞれの場所に放り込んでいきます
けれどもときにはiPhoneを取り出せないときもありまして。メモ用紙とペンを常に持ち歩くようにしています。

ある時期からメモ用紙に名刺サイズ情報カードを使っていて、最近まで情報カードをがさっとクリップで束ねて紐を通し、首からぶら下げていました。
ただ、クリップで束ねたまんま持っていると、どうしても角の部分がヨレヨレになってしまったり、立ったままメモするときに硬さが足らず、メモしにくかったりしてました。
Image

なんとかしたいなーと思いながらもそのまま使い続けていたのですが、ふと、首からぶら下げて使いあじめるより以前に、情報カードを入れて使う「メモパース」なるものを買っていたことを思い出しました。


で、合体させました。
「クリップと紐」+「メモパース」です。
Image

これがとても快適でして。
まず、当然ながらカードの端がヨレヨレにはならない。
で、何枚ものカードを持ち運べるし、メモした後のカードも持ち運べる。
首からぶら下げているので、さっとメモができる。
なぜはやくこの形式にしなかったんだ、と思う実用性です。

普段情報カードをクリップでとめた束に紐をとおして首からさげて使っており、カードの端がヨレヨレになってお困っていて、かつメモパースをお持ちの方、ぜひともお試しください。

では、お読みいただきありがとうございました。

ささいなことでも億劫になるなら、タイミングを逃さずやるのが吉

ほんのささいなこと。時間にして、5分もかからないこと。それでも億劫になってしまうことがある。

対して、億劫さよりも切実さが勝つことだと、あんまりそれを感じない。
特に、身体的に不快感を生じるものは、億劫とは言ってられず、めんどうくさい気持ちがわかずにすぐ取りかかれる。
爪切りとか(皮膚が弱く、ちゃんと切っておかないと身体が傷だらけになる)、歯磨きとか(しないと口のなかが気持ち悪い)、お風呂に入るのとか(身体がかゆくなっちゃう)。

「それをしなくても別段すぐには困らないこと」が、億劫になりがち。

  • 授業後に振り返って、短くてもいいので、感想を残す。
  • 日記を書く。
  • 他の紙に書いたことを手帳に転記する。
  • やったことに関する記録をのこす。
  • プロジェクトのログを残す。
  • 家計簿をつける。
  • その日にメモしたことを振り返る。

などなど。で、あとあとけっこう大事なのも、この手のこと。

家計簿をつける、日記を書く、その日のメモを振り返るのは、1日ごとに、1日の最後の方にやっておいたほうがいい。数日分ためると、どんどんつけるのが億劫になってしまう。そのときを逃すと、億劫になる。
行動に対する感想やログを残したりは、やったそのときに書いてしまうのが一番いい。そのタイミングを逃すと、とたんに億劫になるし、数日分まとめて、ってこともできない。数日後には細かい部分なんて忘れてしまってるし。で、余計に億劫になる。

と、いうように、タイミングを逃すと億劫さは増す傾向にあるので、すぐそのときににやってしまう。
忘れず、億劫さが増す前に、ささっと。
タイミングを逃さないこと。
それだけで、日々のけっこうめんどうに感じることのめんそうさは、かなり抑えられる気がする。

では、お読みいただきありがとうございました。

情報を扱いやすく結びつきやすい形で置いておくために、Scrapboxでは、1ページ1テーマで

以前のエントリ、

は、2つのメモの合体によってできている。

メモを見返している時に目に止まった「同じ情報でも、何回も利用可能」というページに、思い浮かんだことを追記。で、上記のエントリが完成。
ブログではそれを一つのエントリとして扱ったけど、内容的には2つに切り分けられるかな、と思い、Scrapboxでは、後半部分を「Scrapboxに保管した情報は、ほうっておけばいい」という別ページとして保存して、2つのメモとして残しておいてる。

1ページ1テーマ。情報の保管としては、そのほうがあとあと利用しやすい。再利用性も高い気がする。
で、それらをいくつか組み合わせたり、追記して膨らませたりして、違う別の情報を提出したりする。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたままなので、結びつきやすい状態での保管を常々心がけておく方針がいいかな、ということで。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapboxで、情報の再利用性を高めておく

同じ情報でも、組み合わせる相手が違えば別のアイデアに育つ可能性がある。アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせやから。

自分が蓄積している情報の中には、何回でも使えるものがある。で、その判断は、メモするときにはつかない。置いといて、たまたま別々のものと組み合わさってはじめて、あぁあれとこれとってつながるな、とわかる類のことやと思う。

そこで登場Scrapbox
Scrapboxのユニークさの関連ページによって、着想の再利用性は、間違いなく高まる。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたままなわけやから。

1つのまとまりを持った情報は、Scrapbox内に保管しておいて、ブラケットによって他と結びけれる状態を保持したまま置いとく。で、どうするか。
ほっとけばいい。
そのうち、結びついてくれたりする。結びつかないこともある。
そんくらいの心持ちでいい。

では、お読みいただきありがとうございました。

パッて思いついたものと、そこからするすると思考が進むもの。

メモの粒度」ってある。
思いつき、一文程度のものが一番細かい。名刺サイズの情報カードにメモるもの。細かなメモ
それ以上のものは、思いつくというより、考え始めて、思考が進み始めて出てくるたぐいのものに感じる。
Image

名刺サイズの情報カードにメモを書いていた頃、カードを書いてて、2枚目に手が伸びる時があった。1枚目を書いて、思考が進んでいって、新たに書きたくなって、2枚目に手が伸びる。
こういうとき、「思いつき」から派生していって、ひろがっていってる。パッと思いついたものではないものが、生じていってる。

でも、やっぱりそのまま、際限なく書き込んでいく方がスムーズに、ズルズルと頭の中のものを引き出していけるのでは、とも思ったりする。

メモを書き始めた時は、そっからどんどん思考が進むのか、パッとした思いつきなのかわからん。細かなメモなのか、大きなメモへと育つのか。

広い紙を用意するよりも、そのままカードの小さい紙片に細かいメモを書いていくことで、かえって思考が進んでいく、ってことがあるような気がしていたので、情報カードを使っていた。細かなメモを捕らえるための、名刺サイズの情報カード。いくつか束ね、少し大きくなってきたら、Scrapboxへ、って運用を以前はしていた。
それより以前には、アウトライナーにメモを集めまくっていた時期もあった。
今はそれを、Scrapboxでおこなっている。細かなメモ専用ページに書き連ねて、その中でかき混ぜて、まとまりができれば別ページに切り分ける。

結局は、どのツールを使っていても、メモをかき集めることはできるし、集められたメモたちを見返し、手を入れ、かき混ぜてやると、きっとメモたちを死蔵させることなく、なにかに利用していけるのではないかな、と今は考えている。

では、お読みいただきありがとうございました。

「ブログを限られた時間内に更新するための、基本的戦略」がうまくいかなったので、次なる戦略を考える

ブログを限られた時間内に更新するための、基本的戦略」を考えたけれども、全然ここで書いた通りにはできてない。

  • 1日の早い段階で、翌日のお題を決める
  • 内容を思いついた瞬間に箇条書きで書き足していく

ってのがその戦略で、確かにこれができれば、次の日の朝には書き始めるところからスタートできて、更新に必要な時間はかなり短縮される。で、限られた時間内に更新できる、というものやけど、全然これ通りにはできてない。
そもそも、

  • 1日の早い段階で、翌日のお題を決める

からして、多少無理がある。
ブログに書くネタは、そんなポンポン出てこない。ぼくの場合。
毎日更新する!と決意した日から数日は、書こうかなーと思っている内容がいくつかあって、困ってはいなかった。けど、今はその書こうと思ってたことには書き尽くしてしまってて、日々、何について書こうか?からスタートする。
で、時間は待ってはくれないので、ほっといたら翌日のお題が決まらないままその日1日を終えている。
当然、箇条書きで書き足すこともできていないので、書くことまっさらなまま次の日の朝を迎え、書くのに予定よりも時間がかかり、、、ってのを繰り返す日々。

さて、どうするか。

メモをとることは、かなり有効。そこから、書く内容が出てくることが多いので。
Scrapboxを見返すことも有効。これまでの蓄積があり、ブログのネタがけっこう転がっている。
本を読んだり聴いたりすることも有効。思考が刺激されて、あれこれ考えることができる。それを、メモにつなげることができればいい。

総じて、いかにメモをしていくか?ってのが一つのキーになりそう。

  • メモをとる。メモが発生するように仕向ける。
  • 翌日のお題が決めれたら決める。
  • そのお題に対して、内容を思いついた瞬間に箇条書きで書き足していく。
  • お題を思いついてなければ、とりあえずメモを増やしておく。
  • とにかくメモを書く。

という方針を、しばらく試していきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。