「ブログの更新し忘れ」が起こった原因と、対抗策

昨日、ミスったことが一つある。それは、「ブログを更新し忘れた」こと。

下書きは、書き終えていた。けど、それを投稿するのを完全に忘れてた。
思い出したのは、今日の朝。気づいて慌てて更新。ただ、もう日付がとうに変わっているので、毎日更新は途絶えてしまった。

まぁいいか、毎日書いてるのには変わらないし。更新し忘れただけやし。
とはいえ、今後は「更新し忘れ」をないようにしたい。

ぼくは、「たすくま」に完全に依存してて、たすくまのリストに書かれていないと、忘れてはいけないこともいとも簡単に忘れてしまう。頭に記憶しておけない。
1分前に頼まれたことを忘れてしまうことが少なからずある。1分前に自分があれやろうと決めたことを忘れてしまうことがある。
そんな状態なので、やっておこうと思うこと、やらなあかんことを頭の中に記憶しておくほど不確かなことはないと思ってる。

今回の更新し忘れも、頭で覚えておこうとしたことが原因。
たすくまのリストに「ブログ書き書き」というタスクがあるので、書くことを忘れることはない。実際、下書きは完成して、あとは投稿して更新するのみ、だった。更新するには、あとは1分もかからない作業だけが残っているだけ。
ただ、その時すぐに更新できない状況だったので、後でやろうということになった。なので、ブログ書き書きのタスクから次の作業へと移ることにした。
そのときに、たすくま上でブログ書き書きを「完了」させてしまった。あとは数十秒で終わる作業しか残ってないからなーと思い、「中断」させるのではなく、「完了」させてしまった。
完了すると、まだやっていない、未実行のタスクリストには並ばない。完了させた時点で、最後の仕上げをすることを覚えておかなければいけなくなった。
「中断」しておけば、まだ未実行のリストに並んでいてくれる。完了させたがために、リストから外れてしまった。
で、案の定覚えておくことができず、更新を忘れるという事態に。

更新なし忘れは、起こるべくして起こった、ということ。
たとえあとは簡単な作業を残すのみであっても、ちゃんと完了させるまではリストには残しておかないといけないってことを、改めて実感したので、今後は更新を忘れないようにしたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

Taskuma --TaskChute for iPhone

Taskuma –TaskChute for iPhone
開発元:Sayaka Tomi
¥3,680
posted withアプリーチ

ブログとScrapboxでは、表示されている他のページへのリンクが全く違うからいい

前回の記事から、文章の最後に、Scrapboxの公開プロジェクト「book scrapbook」での下書きページへのリンクを載せるようにしました。

Scrapboxにて下書きをして、それをそのままブログにアップしているので、書いている文章は、ブログでもScrapboxでも一緒です。リンクを踏んでもScrapboxに移動して、あとは同じ文章が書かれているだけ。書かれているものはおなじなのに、じゃあなんでわざわざScrapboxへとぶリンクを載せるようにしたのかというと、そりゃあブログとScrapboxでは、メインの文章以外に表示されるものが全く違うからです。

ブログは、

  • 関連ページをいくつか
  • カテゴリとタグ

あたりが表示されます。また、PC上でページを表示すると、サイドに

  • 最近の投稿
  • アーカイブ
  • カテゴリとタグの一覧

が表示されています。基本的に、記事同士の繋がりは関連ページのいくつかのみで、あとは最近書かれたものと、カテゴリとタグによる分類がメインの構成です。

それに対してScrapboxでは、ページの下にずららららーっと、お互いにリンクされたページや共通のリンクを持つページが表示されます。
それらは、今表示しているページとちょろっとでも関連しているものばかり。関連をもとに、他のページが表示されているということになります。

ブログとScrapboxでは、今表示しているページに付随して表示されるページが全く違う、ということ。全く違うのであれば、ブログにてリンクをたどったときに表示されるページたちと、Scrapboxにてリンクをたどったときに表示されるページは全然違ってくることになります。
で、これがわざわざScrapboxへとぶリンクを載せるようにした理由ってわけです。

また、一覧ページも表示されているものは全く違います。
ブログは、書いた記事が時系列で並びます。
Scrapboxでは、書いた順にも表示できますし、更新された順にも、そのページを訪れた順にも表示方法を変えることができます。

ブログのなかを辿ったときと、Scrapboxのなかを辿ったとき。
別々の出会いがあるので、どちらも楽しんでもらえればなーと思う次第です。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapboxを公開してブログとつなげることで、自分以外の方々がメモたちをシャッフルしてくれて楽しい

ブログScrapboxをつなげてる。
ブログ記事中のリンクの多くは、Scrapboxの「book scrapbook」とつながっている。そのおかげか、book scrapbookを訪れていくつかのページを見ていただけている様子。ありがとうございます。
なんでページ見てもらえてるのがわかるか、というと、Scrapboxのページの表示順を「Date last visited」にしているから。
book scrapbookのトップページを表示すると、どなたかが一番最近見てくれたページから順番に並ぶ。もちろん自分がどこかのページを見たら、それが一番上に表示される。
最近見た記憶のないページがあったら、それはつまり誰かがbook scrapbookを訪れてページを開いてくれた、ということ。ありがとうございます。

で、他の人が見てくれることで、いい具合にページたちがシャッフルされて、そのおかげでぼく自身がbook scrapbookを訪れるのが楽しくなる。
book scrapbookには、読んだ本についてもあれこれ書き留めてるので、シャッフルされることで久々に見るページがあったり、だいーぶ前に読んだ本が出てきたり。
過去のページを読み返すと、今とは違ったことを考えてたらやってたりする。そこに加筆することで、新たなページができたり、もちろんブログのネタにもなってくれる。
これは、ブログから訪れることができるのと、自分以外の人も見れるようにしているからこそ。我ながら、ブログとScrapboxをつなげておいてよかったな、と思う。

ブログを読んでくれたときは、じゃんじゃん文中のリンクを踏んでいただければと思います。このブログを読んでくれる方にとっては、きっとおもしろいページがいろいろとあると思いますので。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapbox情報整理術
Scrapbox情報整理術

posted with amazlet at 20.02.16
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2018-07-27)
売り上げランキング: 60,550

「ブログ未満」の細かなメモだけでなく、「ブログ記事も含めて」Scrapboxに

以前、Scrapboxを使い始めてあんまり経っていないころは、着想メモはworkflowyで、それらを一つのテーマで束ねたものがscrapboxで、ブログなど完成した形はEvernoteで、って思ってた。

けど、最近は、細かなメモは、Scrapboxにまかせることにでいいかな、と考えてる。WorkflowyやEvernoteにメモすることはなくなり、とりあえず細かなメモ専用ページにメモする。で、それらのメモに加筆して、独立のページにする。
「操作」に関しては紙にはかなわないので、デジタルでは、scrapboxのリンクによるつながりでカバーする。デジタルならではの利点「リンク」を利用してカードを保管しておきたいので。

scrapboxに、メモの類を集める。一行の思いつき、何かしら思いついたら、書き込む場所として。
ブログ記事をScrapboxに入れるか否か迷ったこともあったけど、ある程度まとまった文章までをすべてscrapboxに入れるようにした。思いついたことを書き綴る場所も、Scrapbox。「ブログ未満」の細かなメモだけでなく、「ブログ記事も含めて」Scrapboxに。
いろーんな考えたこととか、それについて書いたこととか、みーんなScrapbox。

では、お読みいただきありがとうございました。

「数検1級合格まで」の週間報告をやめて、日曜日もふつーに書きます

日曜日に、1週間の記事まとめと数学検定1級に向けた勉強の報告エントリを毎週書いていました。が、今週からそれを書かず、日曜日にもふつーのエントリを書いています。今後もこの方針で行こうかな、と思っています。

数検の勉強にどれだけ時間をかけれたかの確認と、合格に向けて勉強する、とブログで宣言したからにはその報告もしようという目的で、1週間の数検勉強の報告を書きはじめました。で、数検以外にも自分が毎日一定の時間をかけて行なっていること、「ブログ」と「読書」についても併せて報告していこうと思い、数検・ブログ・読書について1週間どんなことをしたのかを書いてきました。
テンプレートに則り、部分部分を埋めて投稿って形で更新していましたが、だんだん「これをやることによって、、、どうなのだ?」という気持ちが強まってきました。
なにより、書いていて楽しくないんですよね。意味があるかどうかよりも、楽しくないってのが一番大きい。
あれこれ考えて、やってみて、考えたこと・やったことをブログに書いて、その一連の活動を楽しんでいるわけです。が、週一回の報告は、ただただテンプレートに則って書くのみ。特になにも考えず、ちょっと時間を使えば記事は仕上がります。
いつも書くネタに困っているぼくからしたら、週一回ネタを必要としない記事があるのは、毎日更新をする上での助けにはなっています。が、楽しくないし意味も見出せないなら、書かなくていいんではないか。いや、書かないよりも、ほかの日と同じように、なに書くか考えて記事を仕上げて投稿したほうが断然いいんでないか。
そう思えてきたので、今後は日曜日もほかの日と同じように、書く内容を考えて、更新していこうと思います。

毎日更新もべつにこだわる必要はないわけですが、毎日更新しておかないと書かない日が続きそうなので、それは避けたい。
そんなこんなで、あれこれ考えて、やってみて、考えたこと・やったことをブログに書いて、毎日更新にだけはこだわりつつ、今後も書いていきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

「書き殴る」のと「書き綴る」の

書き殴られたメモ。基本、思いたいきを書いた細かなメモはただそこに書かれるだけ。そのまま置いといてもあんまし意味ない。やからその書かれたメモについて、考え、書き綴ることになる。

書き殴られたメモについて、書き綴る。

書き殴る

乱暴に書く。なぐり書きする。

書き綴る

言葉をつなげて文章を書く。

書き殴られたメモはを起点に、書き綴る。

で、ブログは、間違いなく思いついたことを書き綴る場所になってくれてる。
何かしら思いついたら、書き込む場所は、今はバレットジャーナルデイリーページ。それを細かなメモ専用ページに、必要があれば転記してる。
で、転記して終わり、ではなくて。
転記されたメモを見返して、ブログ記事にできないかどうか探り、書けそうなものがあれば、書き込まれたメモをもとにブログを書いていく。
思いついたことを書き綴る場所が、今はブログになっている、ということ。

ブログ毎日更新を自分に課してるので、毎日「書き綴る」行為をしてることになる。
何かしら思いついたら書き込み、その思いついたことを起点に文章を書き綴る。それができることが、ブログの一つの良さかも。
だって、ブログとか書いてないと、書き綴るってのは日記とか書いてないと、なかなかせんと思うから。

では、お読みいただきありがとうございました。

「アウトラインを組み替える機能」が、ブログの更新を支えてくれている

キーボードをパタパタと打ちながら、文章を書きながら考えるときには、アウトライナーは必須やと思う。アウトライナーとは、

  • アウトライン表示の機能
  • アウトラインを折りたたむ機能
  • アウトラインを組み替える機能

の3つを備えているテキストエディタ、とする。

そんなに大掛かりな文章を書くのでない限り、この3つのうち「アウトラインを組み替える機能」がかなり大事になってくる、と思う。

考えているとき、思考は一直線に結論に至るわけではなく、フラフラしながら、ときには今考えていることとちょっと関連なさそうなこととかが思い浮かぶ。そういうのんもとりあえず書いていく。で、さらに考えつづける。
となると、あとから書いたものの上下を入れ替えたり、インデントによってグループにしたりという操作が必ず欲しくなる。

手書きのときには、いろんなところに思い浮かんだことを配置することである程度結びつきの強弱を表現しやすい。思い浮かんだその都度配置することができるので、紙にペンで書くような、あとから修正できない場合でも、書くときにちょっと考えて良さげな位置に言葉を配置することで、グループを作ったり関連するものは近くに書いたりってのができる。
アウトライナーというかテキストを打ち込んでいくときには、書いた文章は必ず1列に並んでいくことになる。思考が理路整然としていて、浮かんだことをそのまま書いていけばそれでちゃんとした文章になるのならいいけど、なかなかそうはいかない。なので、書いた後に組み替える作業が必ず必要になってくる。で、組み替え作業が「自由に」「簡単に」できなければ、考えることの妨げが大きくなってしまう。

もちろんその組み替え作業は、キーボードショートカットにて操作したい。いちいち画面をタップしたりマウスを操作したりしたくはないので。

大掛かりな文章を書く際には、折り畳みの機能やフォーカスできることも必要になってくるものの、毎日のブログ程度であればそこまでは必要ないかな、と思う。
「アウトラインを組み替える機能」、つまり書いたものの順番を入れ替えたり移動したりできる機能は、サクッとお手軽目に書きながら考えるため、ブログを毎日更新するための強い味方になってくれている。

では、お読みいただきありがとうございました。

毎日更新して100日目という記事を書いてる間に、気づけば更新できたわけについてつらつら書いていました。

ブログの毎日更新をしはじめて、100日が経ちました。このエントリが、記念すべき連続100回目の更新、ということになります。
とはいえ、100という数字には、なんの意味もないわけで。99でも、101でも、連続で更新している日数をただカウントしているだけ。でもやっぱり、100日連続で更新できたってのはけっこう嬉しいわけです。

ぼくは、書きたいことがいっぱいあって困る、というタイプではありません。毎日、なにについて書こうかなーと悩んでいます。悩んでいるうちに時間が経ち、結果睡眠時間を削る、なんてことになることもしばしば。今日もそうなってます。なにについて書こうかなーと考えているうちに15分くらい時間が経ってしまっていました。
また、文章をキーボード入力しながら考える、というのがあんまし得意じゃありません。手書きしながらあれこれ考えるほうが断然好きです。なので、ぼんやりとしか見えていないことについてダァーッと書いていくってことがなかなかできない。それができる人は、とりあえずテーマを決めて書き始めれば、いつしかエントリが仕上がっている、なんてことがあるのかもしれません。げに羨ましい。

ただ、書きたいことが毎日ポンポン浮かんでこなくても、文章を打ち込みながら考えることが得意でなくても、なんとか毎日更新してこれたのは、そう決意したから、という他にありません。ブログの毎日更新を、決定事項としてしまったんです。
当然、ブログを書くのに時間がかかってしまうこともあります。なかなか書き始めることができないこともあります。なにについて書くのか定まらず、考えているうちに想定の時間をオーバーしてしまうこともあります。
ただ、「更新する」という決定事項を日々こなしてきただけで。
なにかを習慣にするときには、「決定事項にするって」かなり大事だと思うんです。
決定事項にすることで、やるかやらないか考える余地をなくすことができる。それだけで、継続できる確率はかなり上がります。

あと、特に報酬を求めてないってのも大きいかもしれません。
別にね、毎日更新したってなにが起こるってわけでもないわけです。毎日更新してもしなくても、このブログを読んでくれる人が劇的に増えるわけでもありませんし、なにかすごいいいことが起こるわけでもありません。それははじめからわかってたことなので、別になにも求めていないんです。完全なる自己満足。書きたいなーと思って、書くぞと決定事項にして、せっせと書く。そういうのが、すごく大事だと思います。

とまぁ100回記念とか関係なく書きましたが、今後もちょろっとの時間だけこのブログを読むことにあてていただいて、ちょろっとでも楽しんでもらえれば、何かの役に立ってくれればいいなぁ、なんて考えながら書き続けていくことに意味があると思いつつ、今後も更新を続けていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

事前にマインドマップを描いてからブログ記事にするときの感じ

最近、ブログ更新のために、内容を考える時間をとっています。で、そのとき役立つのが、マインドマップ。中心にテーマを書いて、そこから色々とノードを伸ばして考えていきます。

で、やってみて思いました。どっちも似たような構成の文章になってしまってるなーと。
どっちの記事もメリットを挙げていくような内容なので、似た感じになるのは仕方ないのかもしれません。が、テンプレートのように見出し・小見出しが並んでいて、書いている途中から、「まぁまぁこれで書けるけれども、なんだかなぁ」と感じていました。
テンプレートに則って書いているのと大差ないかも、と。

マインドマップは、強力で便利なツールです。それは間違いない。
頭の中は整理されますし、文章に整える際にも、見ながら書いていけば見出し・小見出しで整理された文章を書くことができます。
でも、どうしてもマインドマップに引っ張られて、それ通りの文章になるので、マインドマップを描いた段階でけっこうもう文章まで書いた感じになってる自分に気づきました。
ブログをせっせと書いていたときも同じようにマインドマップを描いてから文章を作っていっていたのですが、そのときはあんまり感じなかった感覚です。
マインドマップを描いた段階で文章もできた感じになって、実際に文章を書いているとなんだかテンプレートに従ってただ書いてるだけに思えてしまう。
それが、なんだかなぁという感覚になっていたんだと思います。

書く文章を整理し、順序立った文章を書くときには今後もマインドマップを使っていこうと思うのですが、それ以外では、基本的にはテーマを決めて、がんばって書く!という方針でいこうかな、という感じになりました。
あるいは、マインドマップを書いたとしても、文章を書く際にはそれを見ずに、気にせずに書くほうがいいかも、と。
で、マインドマップは、文章を書くなどのアウトプットのときに使うのではなく、インプットのときに、頭に整理しておさめておくために使っていこうかな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

ブログの毎日更新をもっとスムーズにするための戦略第三弾

今年に入ってからも、なんとかブログを書き続けられてるのですが、どうしても遅い時間に更新になってしまいがちです。今日みたいに。
理想は、朝起きて書き始めてサクッと更新、なのですが、なかなかそうはいかず。
朝に書く時間をとってるもの、なかなか書き始められず書きあぐねて時間が過ぎ、書ききらない。で、晩に回すことになり、なんとか時間かかりながら仕上げる、といった感じ。

ブログを限られた時間内に更新するための、基本的戦略を考えたものの機能せず、「ブログを限られた時間内に更新するための、次なる戦略を考えたものの、それもやっぱりダメで。毎日力技で更新している状況です。
これでは毎日書き続けるのが厳しくなってきそうなので、改めてブログを更新していく方法を考えました。

朝に書く時間をとってるものの、そこで書きあぐねてしまうから朝に完成させることができない。
これは明らかに、「何を書くか?」が定まっていないことが原因です。
「さて、何を書こう?」からスタートしていては、朝の限られた時間内に記事を完成させることはできません。
ということは、あらかじめ書く内容が定まっていれば、もしかしたら状況は違ってくるのかも、と考えました。
そこで、ブログの更新を

  • 内容を定める
  • 本文を書く

に分解し、それぞれに時間を割り当てることにしました。
で、ぼくはどうやらあれこれ考えるときには「手書き」が合っているみたいなので、iPad+Apple Pencilの力を借りて手書きで内容を考え、それを見ながら更新しよう、という方針で行ってみたいと思います。
実際、このエントリもそのようにして書いています。
Image
はてさて、これで少しはブログ書き書きがスムーズになるのでしょうか。

では、お読みいただきありがとうございました。