コーヒー豆の焙煎と、フライパン焙煎のすすめ

いつからか、コーヒーが好きです。
いつからかインスタントは飲まなくなり、
いつからか必ず豆を買うようになり、
いつからか豆のまま買ってきてひいてのむようになり、
いつからか豆を買うお店を選ぶようになり、
いつからか生豆を買って自分で手編み焙煎をするようになり、
いつからかコンロ用の焙煎機を買って毎週生豆を焙煎するようになりました。
ここ2年ほどは、毎日飲むコーヒーの8割以上は自分で焙煎した豆をひいてドリップしたものになりました。
自分で焙煎すると、なんと言ってもコストがかなり安く済みます。

焙煎からあまり日が経っていないコーヒー豆を買うとなると、200g1000円くらいします。
生豆は1kgあたりけっこういいものを買って2000円くらい。焙煎すると重さが減って800gになるので、200gあたりで考えると500円になります。半額。
安く、かつけっこういい豆を新鮮な状態で手に入れることができるのが、自分で焙煎するメリットになります。
ただ、その分手間はかかるんですね。

手編み焙煎では、手編みに生豆を入れて、コンロの火にかざしてシャカシャカ振りながら熱を加えて焙煎していきます。長くても20分あればしっかり焙煎できるのですが、後片付けがなかなか大変。
コーヒーの生豆を焙煎すると、「チャフ」と呼ばれるコーヒー豆の表面の薄皮がコンロに散乱します。もちろん、床にも。それを掃除したりする時間を含めると、200gの豆を焙煎しようとすると40分はゆうに超えます。
また、焙煎の前には、生豆をチェックして、欠点豆があればはじく「ハンドピック」という作業もおこなわなければいけないので、全部で1時間くらいかかるかなぁ、といったところ。
この手間を許容できるかどうかが、自分で焙煎をするかどうかの一つの分かれ目になりそうです。

ぼくは、以前は手編みで、今はコンロに置くタイプの焙煎機を使っているのですが、チャフは相変わらず出ます。あとの掃除はやっぱり必要で、焙煎前のハンドピックにもけっこう時間がかかっているので、だいたい2時間くらいは焙煎作業をしています。
みんなが寝静まった夜中に、一人黙々と焙煎です。コーヒーのいい香りに囲まれながら。

とはいえ、実は自分での焙煎をはじめてみるのはけっこう手軽で、生豆もAmazonとかで簡単に買うことができ、フライパンで煎ることで焙煎をすることもできます。
コーヒーが好きで、よく豆をひいて飲むという方は、自分で焙煎ってのがけっこうあっているかもしれません。

では、お読みいただきありがとうございました。

忙しくなるとやはり時間の確保とかいろいろと厳しい面が出てくるなぁ(数検1級合格まで(14)01/26-02/01)

仕事が忙しく、色々と厳しめだった1週間。

数検の勉強

01/26-02/01

  • 1週間の勉強時間:2時間13分 19min/day

いつもより3,4分少なめの勉強時間。夜にやることも多く、寝不足な日も多かったので、なかなか捗らず。
微分方程式を、やったとこの問題演習と、まだやってない部分を進めていくのを並行して学び中。やっぱ、問題は何度か解かないと身につかない。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

読書とか手帳とか以外にも好きなことはあって、その一つがコーヒー。そういうのについても書いていこう、って思ったのが、「毎週せっせとKALDI Home Coffee Roasterで自家焙煎」。
勝手に、テーマに制限を設けてたけど、気にせず好きなもんについて書いてこうと思う。

読書

今、読んでるの

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事
倉園 佳三
インプレス (2019-02-15)
売り上げランキング: 214,545
超一流になるのは才能か努力か?
アンダース エリクソン ロバート プール
文藝春秋
売り上げランキング: 3,162

「グッドバイブス ご機嫌な仕事」は、グッドモーニングバイブスを聞いていてかなり興味を持っていたので。他に読もうと思ってたやつがあったけど、先こっち読んでみることに。
「超一流になるのは才能か努力か?」は、まだ半分も読めてないことに少し驚きつつ、まぁぼちぼちと。

おわりに

この週はかっこう睡眠時間を削りつつブログや数学をしてたので、なんとかリズムを取り戻して、無理なくやっていきたいところ。

では、お読みいただきありがとうございました。

毎週せっせとKALDI Home Coffee Roasterで自家焙煎

焙煎」というのをやっております。コーヒー豆の。
はじめは手網を使っての焙煎をしばらくやっていたのですが、やっているうちにもっとおいしく焙煎したい!って欲求が高まり。
今は、モーターで回転してくれる、コンロにのせて焙煎するタイプの焙煎機を購入し、使っております。今回は、その焙煎機の話を。こういう話、知りたいのに検索してもあまり出てこないので。

使っているのはこちら。

使い始めて1年ちょっと。デフォルトのまま使うのではなく、ちょろっとだけ改造して使っております。

焙煎では、豆にどう熱を加えるかで仕上がりが変わってきます。ということは、温度の変化を計測するのがかなり大事になってきます。
温度計が付属しているのですが、レスポンスがあまり良くなくて、「今現在」の温度がパッとつかみづらい。そこで、別の温度計を買って、焙煎機の中に突っ込み、温度を把握しています。
それ以外の点では大満足な品物で、毎週豆を焙煎しています。

  • 200度になるまでは、豆を入れずに予熱する
  • 火力は、弱火
  • 豆を投入後、釜の内部の温度が130度くらいまで下がるので、毎分10度くらいずつ上げていく
  • 200度になった頃に少し火を緩め、かなり小さめの火で豆の温度を上げていく
  • 1ハゼがきたころに窓を開け、排気を促す。もちろんずっと換気扇は回したまま
  • そのままの火加減で、好みの深さまで焙煎する

だいたいこんな感じの手順で焙煎しています。焙煎した日から1週間後〜10日後くらいが一番美味しい気がします。

手間はかかるものの、焙煎前の生豆の値段は焙煎された豆よりもかなり安いので、コスト面はすごく抑えることができます。
電動の焙煎機はもっと高価ですが、より簡単に焙煎をすることができます。なので、コーヒーが好きで手間をかけずに豆のコストを抑えたいのであれば、電動の焙煎機を買って生豆を仕入れ、自分で焙煎するのが実はけっこうお得なのではないかな、と思います。
自分で焙煎したコーヒーが美味しかったら、テンション上がりますし。
焙煎、楽しいです。

では、お読みいただきありがとうございました。

ちなみに。。。
生豆は、「スペシャルティコーヒー生豆と家庭用焙煎機の専門店」で買っています。どれも美味しいコーヒーができあがります。
電動の焙煎機で評価が高いのは、「Gene Cafe ジェネカフェ
」というやつらしいです。高いですが、おいしいコーヒーがローコストで手軽に飲めるようになる、と考えると、なかなか良いんでないかと思います。