「全体の構成を考える」段階が好き

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」決行のために、Dynalistを使って、連載にて書くことの構成をかんがえています。やっていて思うのですが、ぼくはこういう作業がほんとに好きみたいです。
授業準備とかでもそう。全体の構成を、流れを考えるのが好き。
授業は基本的に、ある単元を伝えるために複数回の授業を行っていくことになります。なので、新しいところに入るときには、最終的にどこに持っていきたいのか、どこを到達点とするのかを考え、そこに至るために何をどうやってどんな順番で伝えていけばいいか考えます。この、全体の構成を考える段階がやってて楽しい。到達したいところに至るための仕掛けをあれこれ考えて、思い浮かんだアイデアを実際に当てはめてみたらどうなるかをシミュレーションし、あーでもないこーでもないと考える段階です。

連載をするために全体の構成を考えることも、授業の構成を考えるのとよく似ています。何を伝えたいかをベースにどうやったらうまいこと伝わりそうか考え、伝えるための仕掛けはないか模索する。
で、一つ授業と違うところは、目標とする到達点が変化しちゃうこともあるというところ。
どうやったら伝えられそうか考えるうちに、実は伝えたいことは当初考えていたこととは違うかもしれないと気づく。で、再度その線で練り直してみるとしっくりきたり。

授業でもブログの連載でも、全体の構成を考え、全体像を掴み、そこから一回一回の部分を固めていく。
時間はかかれど、きっと一回一回を行き当たりばったりに進むよりもいいものができるのではないか、いいものができることを信じて、ちょっと時間をかけていきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

「ほぼ日方眼ノート」には「ミドリ MDノートカバー」がぴったり

連用バレットジャーナル、2冊目に入りました。1冊目はスタバのハードカバーノートで、2冊目として使い始めたのが「ほぼ日の方眼ノート」。

「ほぼ日手帳と同じ気分で使える、
トモエリバーでできた薄いノートがほしい」
みなさんからいただいてきた、
そんなリクエストに応える新アイテム

トモエリバーでできた、がっつりページのあるノートってのが前々から欲しかったので、要望にドンピシャなノートだったわけで、連用バレットジャーナルに適任です。
そのままの状態で使おうとは思っておらず、長く使うためにもノートカバーは必須やなと考えていました。
「ほぼ日の方眼ノート」は、A6サイズとA5サイズがあるのですが、ぼくが使うのはA5のほう。けっこういろいろなカバーを物色してみた末、「ミドリ MDノートカバー」に決めました。透明のカバーです。

デザインフィル
売り上げランキング: 795

ほぼ日方眼ノートの分厚さが、ちょうどミドリのMDノートと同じくらいやなーと思っていたので、試しに買ってつけてみるとジャストフィット!すばらしい。
ただ、ミドリMDノートカバーはシンプルすぎて、しおり紐やゴムバンドがついていないので、自分でつけることにしました。
ゴムバンドは、クリップでノートにとめて使うタイプのものを購入。

ミドリ クリップバンド A5用 えんじ 62320006
デザインフィル(Designphil)
売り上げランキング: 14,830

しおり紐は自作することに。
ミドリMDノートカバーに画用紙を一枚差し込み、その画用紙にしおり紐をつけることに。マスキングテープなどを駆使して、完成したのがこちら。
Image
我ながらいいものができたなーと自画自賛。これで、ほぼ日方眼ノートをじっくりがっつりと使っていけそうです。

ちなみに、ほぼ日方眼ノートは、ぼくが店頭でみて買おうか悩んだまま帰ってきたのを知った妻がプレゼントしてくれたものであり、今回のしおり紐の自作にも妻は色々とアドバイスをくれました。そのおかげでいいものができました。感謝感謝です。
さらにちなみに、妻もほぼ日方眼ノートのA6サイズを購入したのですが、ほぼ日手帳のノートカバーを購入し、それをつけて使う予定です。

では、お読みいただきありがとうございました。

時間によって集中度合いがかんなり変わってくる

集中して数学をやっていると、時間を長く感じる。同じ時間でできることが、頭に入ってくることが格段に違う。
グググっと入り込んで数学を学んでいると、時間を忘れる。忘れるというか、時間に気が行かなくなる。
こうなると、同じ時間内でできることが、だいーぶ増える。経験則でしか話せないけど、これまはず間違いない。
集中して取り組んで、今日はけっこうやったなーと思って時計を見ると、思ったよりも時間がたっていない。短い時間ながら、「今日はけっこうやったなー」と感じることができている、ということ。

数学に限らず、仕事でもそう。なんでもそう。何かしらの作業に取り掛かっていて、グググっと集中できていると、時間に意識がいかなくなる。で、ふと時計に目をやると、こんなにできたのにまだこれだけしか時間経ってなかったんやな、と感じる。
単位時間あたりの仕事量が、集中している時としていない時では、全く違う、ということ。これは、数学を勉強しているときに最も強く感じる感覚かなぁと。

で、この素晴らしき集中タイムがどんな時間帯に現れてくれるかというと、基本的には午前のような気がする。これには個人差があるやろうけども。
とはいえ、朝の時間が一番疲れがない状態であるので、集中して取り組みたいことは朝にやってしまうのがいいかもしれない。

では、お読みいただきありがとうございました。

全体の構成がまとまるまでは連載を開始できなくなっちゃって更新もおぼつかなくなりそうなのが、「何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」のデメリット

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」を決行するために、何について書こうかなーと悩んでいるところ。
で、1日のうちの30分ほどをブログの時間として割り当てていて、当然ブログで何についての連載を開始するのか、全体の構成はどうするのかは、その割り当てられたブログの時間に考えるわけです。もちろん、そんな簡単に書くことは定まらず、構成を練ることもできず。となると、割り当てられたブログの時間に、今日更新するためのブログを書くことができなくなるわけで。別途、時間が必要になってしまいました。
ネタに困らず、いつもよりもスムーズは更新を目指して始めたことが、かえっていつもよりも時間をかける必要が出てきてしまったっていう。

ブログでの連載を、いきあたりばったりではなくちゃんと全体の構成を考えた上で書き始めるためには、当分はブログにかける時間がいつもの倍くらいになってしまいそうだな、と思っています。おそらく、連載が始まってしまえばそこからはいつもみたいにネタに困ることもなく、その分ブログの時間も短縮できそうではありますが、連載を始める下準備の期間は、日々の更新がいつもよりもきつくなるっぽいです。実際今日も、いつもの割り当て以上の時間がかかる中、ブログを更新しているところ。

時間はかかりますが、普段のブログの書き方とだいぶ違ったことをしているので、楽しい。楽しみながらあれこれ考えて、何について、どんなながれで、どう書くのか、を定めていければなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦

ブログ、毎日書くためには書くためのネタが必要で、でも日々ポンポンネタが出てくるタイプではないので、何を書こうか毎日悩んでる。
どうすれば悩まず書き始めれるかなーと考えると、そうや、連載をすればいいんか!となった。

これまで何度か、一つのテーマに絞って複数の記事を書いていく、ということをしてきた。

他にもありそうやけど、挙げていったら結構な数。
でまぁ、これらは基本行き当たりばったり。ざっくり書きたいことの流れはありつつ、頭の中だけで考えて、書きたい順番で書いてた。けど一度、あらかじめ全体像を固めた上で書き進めてみるのもいいかもと考えていて、今回はそれをやってみようかなと。行き当たりばったりではなく、一度書き出して構成を練ったから書き始めてみるのを。
全体像を固めることができれば書くことに困らなくなるので、毎日「何書こう?」と考える必要がなくなる。

ではぼくに何が書けるのか。ぼくは何が書きたいのか。おもしろそうな連載はなにか。

今までに書いたことのある内容ばかりかも。もっと冒険してみたい気もするけど、果たしてどうしたもんか。

では、お読みいただきありがとうございました。

iPadへのコレクションページの引き継ぎは簡単でいい感じ

連用バレットジャーナルの1冊目が、もうすぐ使い終わりそうです。と言っても、連用なのでまた来年のこの時期にも使うのですが。
で、次のノートに移る際、コレクションページの引き継ぎをどうしようか考えて、結果、今後はコレクションページはiPadを使っていこうかなぁという結論になりました。

で、もうすでに書いてあるページについては、必要とあらばiPadに移行していけばいいか、と軽く考えていました。で、実際今日やってみるととても簡単で、これなら紙でもiPadでもどっちでもいいから、とにかくページを作ってしまえばいいか、という気持ちになってきました。

iPhoneのスキャンアプリにて、見開きA4サイズのノートのページをスキャンし、それをiPadのノートアプリ、NoteShelfに読み込んだんです。
そうすることで、簡単にiPadにページを取り込むことができ、かつ取り込んだページに引き続き追記していけるという。
スキャンして取り込む手間はあるものの、手軽に紙のノートに書いていた続きをiPadで書いていけることに驚き。やはりiPadをメインのノートとして、コレクションページを引き継いでいく先として適しているなーと改めて思いました。

NoteShelfでは、「写真を新しいページにする」方法と「ページに写真を添付する」方法とがあります。
Image
おすすめは「写真を新しいページにする」ほう。ページに写真を添付すると、画像が貼り付けられた状態なので、書いた文字だけを切り取りすることができず、写真も一緒に選択されてしまうため。文字だけを選択できないと、書いたものを移動させたりの後からの操作ができないので、iPadのメリットを十分に活かせないからです。

ということで、ますますiPad + Apple Pencilが手放せなくなっていくなーという感じです。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 146

「細かなメモ専用ページ」が、いつからかブログの下書きインデックスページに

ちょっとした思いつきや、考えたことや、やってみたことに対する改善策。そういう、アイデアの種になりそうなメモを「細かなメモ」と呼び、Scrapboxの「細かなメモ専用ページ」にメモしていってます。
で、そこにメモしたことを膨らませたり、これまでに書いたものとくっつけたりしてScrapboxの別ページに独立させて保存して、寝かせておいてます。Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま存在することになるので、別ページに切り分けたらとりあえずはオッケーということで。
で、切り分けられたページは基本的にブログの1記事としてこのブログにアップしていってます。

ただ、最近細かなメモが全然増えていってなくて、でもブログは1日1記事書くと決めているので、ブログの下書きを細かなメモ専用ページにていきなり書いていく状態になっています。
で、書いた部分を切り分けてブログ更新。

  • 細かなメモの数 = ブログ記事の数

という等式が成りたつような状態、ということです。

Scrapboxでは、あるページの一部分を独立させる際、もともと書いてあったページに、新たに切り出したページに飛ぶリンクが貼られます。
なので、上記の方法のように、細かなメモ専用ページで下書きを書き、独立させてブログ更新した場合、細かなメモ専用ページには、各下書きページへのリンクがずらっと並ぶことに。
実際の細かなメモ専用ページを見ていただければ、わかりやすいか、と思います。

細かなメモ専用ページ」は、細かなメモが思うように増えないがために、ブログの下書きのインデックスページのような状態になってしまっています。ブログの下書きへのリンクがずらっと並ぶページに。
本来は、細かなメモをどんどん書いていってメモを充実させる目的であった細かなメモ専用ページですが、その目的からはズレにズレている状況。
ただ、それでなんら不都合らしいものはないので、当面はこのままいこうかな、と考え中。

というわけで、Scrapboxの公開ページ「book scrapbook」を訪れていただいた際には、細かなメモ専用ページをのぞいていただければ、ブログ記事の下書きと、それに関連のあるページがダァーッと並んでいるので、もしかしたら少し楽しんでいただけるかも、と思ったりします。

では、お読みいただきありがとうございました。