なんでブログを書きはじめて、書き続けて、また頻繁に書くのを再開したのかについて考えた

ポッドキャスト、「‪喋りたいことやまやまです」の“【#202】倉下忠憲さんに「書くこと」について聞いてみた!”‬を拝聴した。ブログについての話で、それを聴いてぼくもふとブログについて考えた。

  • 文章を書くことをお金を得るなんて気持ちはない。
  • 書いたものが、誰かの、何かの役に立ってくれれば、と思ってはいる。
  • はじめた当初は、学びにつながれば、とか、思ってた。
    • 読んだ本についてかならずまとめて、ブログで書いてたり。
    • ブログで書くことを動機に、読んだ本についてのまとめをしていた。
    • 「iPhoneと本と数学となんやかんやと」のタイトルも、自分が学びたいことを盛り込んでのこと。
  • 自分が考えたことを書きたい、って気持ちも強かったかも。
    • Evernoteの記事を書きたかった、ってのもブログをはじめた一つの動機になってたもの。
  • なんだか、輪に加わりたかった。ブログを書いて情報を発信したりするのが、ワイワイ楽しそうにみえて。

それらの願いは、概ねすべて叶った。
では、今、書く動機になっているのは?
ブログを書いて残すことと、紙の本を買うこととの共通点に書いたように、誰かの役に立ってくれればいいな、というのと同時に、自分の子どもにももしかしたら役立ってくれる可能性があるので、積極的に書き残そうと思っていること。
ほかには、考えたことや発見や気づきは、メモしてそれでおしまいになりがちやけど、一度ブログという形で書き留めておきたいな、というのもあるから。書き留めておいた方が、再度考えることができて、理解が深まるし、書いて提出しておくことで、誰かの何かしら役立つかもしれないから。
時間はかかるけど、その時間に見合うだけもものはかならずもらえる、と思う。

とは言え、時間に見合うものがもらえるなーなんて、普段はそんなこと考えてない。
見合うからやってるわけではない。
ふと今回のように「ブログを書くこと」について振り返ってみると、書いててよかった・書けててうれしいという思いが、投下した時間よりも、各段に勝るなぁと感じる。

やっててよかった理由は、結局はすべて後付けで、はじめから思ってた考えてたことではなくて。
ただ、ブログをはじめてみて、続けてて思う。
書くのは楽しいわけではないけど、書いて情報を提出しようと試みて、実際に書いて情報を提出してみて、全体としておもしろいし、楽しいし、よっぽどのことがない限り今後も続けていくやろなーと。続けていきたい、とも思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

的を絞っての勉強に切り替え。まずは、微分方程式(数検1級合格まで(8)12/15-12/21)

数検の勉強

12/15-12/21

  • 1週間の勉強時間:2時間32分 21.7min/day

微分方程式を勉強中。マセマの少し古い参考書を説き進めてる。
微分方程式については、はじめて勉強するので、新鮮で、微分積分の復讐にもなって楽しい。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

アドラー心理学と「人を伸ばす力」の親和性は、なかなか。動機づけという視点で研究して得たものが、アドラーが語っていたことと似てるという点から言っても、アドラー心理学を学んで実践することは、教育にとってはかなり重要なことちゃうかな、と思えてくる。
メモやScrapboxについては、書いてて、考えてて楽しいね。

読書

今、読んでるの

「生きる意味」は寝る前に、「アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門」は日中時間をつくって、「超一流になるのは才能か努力か?」は再読で、朝に読んでる。
けっこうしっかり本が読めてて、いい感じ。

おわりに

数学とブログと読書。どれもが充実してる感がある。
で、このエントリ書くために振り返って、ちゃんとできてるなーと確認することで、「よしよし、いいぞいいぞ」と感じれる。
書くのが、自分にとってプラスに働いてくれてる。

では、お読みいただきありがとうございました。

Scrapboxは「まとめたものから切り分けて保存」という方向を生み出す

これまでのメモは、集められて組み合わされてアウトプットされておしまい、というのが多かった。
Evernoteでも、Workflowyにメモしてた時も、名刺サイズ情報カードのときも。
ブログにアップして、同じものをEvernoteにもクリップして、一応そこでおしまい。使ったメモたちはアーカイブ。
メモからブログまで、一方通行。

これが、Scrapboxでは変わってくる。Scrapboxでは、逆方向もあり得る。

情報を扱いやすく結びつきやすい形で置いておくために、Scrapboxでは、1ページ1テーマで書きためるのがいい、と思ってる。同じ情報でも、何回も利用可能していいと思うし、組み合わせによってはまた違うものを生み出す可能性もある。
で、1ページ1テーマのほうが、Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保存しておける。
ということは、Scrapboxに保存するときに、まとめられたものをバラして、個々の内容にして、1ページ1テーマにしとこう、となる。
これまでのメモを組み合わせて一つを作る方向と逆の、まとめられたものから個々の要素を切り分けて保存する、という方向。

他と結びつきやすいScrapboxだから、切り分けて保存しといてもいいのか、となった。
自分の中でこれは、けっこう大きな転換かも。

では、お読みいただきありがとうございました。

本を読むことについてとりとめもなく

いつからか、高校生くらいからかな、と思うけど、ほぼ毎日本を読んでいる。
小説から始まり、ビジネス書実用書を読み、数学関連の本にも触れたり。
「読まない」という選択肢はなく、必ず、何かを読んでいる。毎日、毎日。

とは言え、読むことのできる時間は以前に比べたら減っている。
大学生の頃は、「積ん読」なんてしたことがなかった。読みたいと思った本で買った本は、片っ端から読む時間があったから。
1冊読み終えたら次に手を出し、すぐ読み始める。
基本的には、1冊1冊読み終えては次に進む、という感じで本を読んでいた。それができた。
今は、積ん読しまくり。

読みたい時に読みたいだけ読む、ってのができなくなったとは言え、たくさんの本には触れたい。
でも一方で、1冊1冊じっくり読み進め、できるだけいっぱい得たい。
「たくさん読みたい」と「じっくり読みたい」のせめぎ合い。
「たくさん読みたい」に傾くと、内容が入ってこなかったりするから、じっくりが良いはずなんやけど、やっぱりたくさん読みたい。

いつからか、1冊読んでは次に手を出す、という読み方をしなくなり、同時並行で数冊を読み進める、というスタンスに変わった。
たくさん読みたいけど、読む時間が少ない分、1冊1冊読み進めると次の本を手に取るまでの期間がかなり開いてしまうので、それを防ぐための苦肉の策。
たくさん読みつつ、じっくり読むための、苦肉の策。
でも、今ではこれがかなりしっくりきている。

数冊同時に、ちまちまと読み進める。
その数冊の中に、意図的に「学び」を目的とした本を1冊入れておく。
どの本も学びにつながると思うけれども、ちょっと背伸びして読むような本を1冊。
少しずつで良いから読む。少しずつやから、背伸びした本でも、読み進めることができる。
気づけば、1冊を読み終えている。
十分に理解できていないとしても、読みきることはできてる。
わからないことが多かったなら、また読めば良い。

これからも、読み方は変わっても、何かしら本を読み続けるのだろう。
「読まない」という選択肢はない。

では、お読みいただきありがとうございました。

なぜ「自らを動機づける条件を生み出せるか」が重要な問いなのか?

動機づけには、自分の内側から起こる内発的動機づけと、外部から報酬や賞賛による外発的動機づけとがあります。

先日紹介した『人を伸ばす力』(エドワード・L・デシ、リチャード・フラスト)において、外発的動機づけの限界とも言える部分が語られています。

p69.人が報酬を得ることを目的として行動するようになると、その行動が続くのは報酬が与えられているあいだだけになる。

これは、報酬に依存してしまうということに他なりません、

賞賛や承認も、報酬になり得ると思いますが、それもまたまずいことも本書には書かれています。

p22.報酬は行動の出現率を高めるかもしれないが、それは報酬が提供され続ける範囲内での話である。

p167.賞賛は、真の自尊感情ではなく随伴的な自尊感情を育てる危険をはらんでいる。またそのプロセスの中では、人を賞賛に依存させるような統制的な精神力動過程が強まっていく。すると彼らは、より多くの賞賛を得、それによって自分に価値があると思いたいがために行動するようになる。

人を、賞賛に依存させる方向に舵を切らせてしまう危険性。だから、ほめることや報酬を与えることによる動機づけは、あまりよろしくないどころか、すべきでないという結論にいたるわけです。
アドラー心理学においても、「称賛の欲求」が問題行動の第一段階とされており、その危うさが強調されています。
だから目指すべきは、

p12.正しい問いは「他者をどのように動機づけるか」ではない。「どのようにすれば他者が自らを動機づける条件を生み出せるか」と問わなければならない。

ということになるわけです。

では、お読みいただきありがとうございました。

「どのようにすれば他者が自らを動機づける条件を生み出せるか」〜「人を伸ばす力」を読んで学んだこと〜

Image
『人を伸ばす力』(エドワード・L・デシ、リチャード・フラスト)
教師が生徒の成長と関わることができる期間というのは、高校では3年間。
生徒の一生に比べれば、”わずか”3年間。
では、この3年間でできることはなにか、何を目指して、目標として接していくのが良いのか。
そういう視点で考えると、テストの点数を上げることでも、細かな校則を守るよう指導することでも無いように思えてきます。
強制的に何かをするように統制するなんてもってのほか。
じゃあ、統制的ではなく、物事に自分から取り組むよう動機づけていけばいいのか。そこを目標とすれば良いのか。
それもやはり違う。
こちらからの動機づけを必要とするのであれば、高校生活の3年間が終わってしまえば、もう動機づけられなくなってしうわけで。
確かに、動機づけられて何かをおこない、そこから学び、知識を得て、それが糧になるということもあると思います。けれども、もっと良いのは、自分で自分を動機づけることができるようになること。
そうなれば、自分で歩んでいきやすくなる。
他者からの動機づけに依存せずとも自分で取り組んでいけるように働きかけることができれば、一番いいよなぁと思うんです。

本書の序盤には、こう書かれています。

p12.正しい問いは「他者をどのように動機づけるか」ではない。「どのようにすれば他者が自らを動機づける条件を生み出せるか」と問わなければならない。

この問いへの、より良い答えの考察が、本書を通して述べられていきます。
その内容は、驚くほどにアドラー心理学と呼応します。

具体的にどうすればいいかについても書かれているものの、アドラー心理学でいうところのライフスタイルを変えていくことそのものが必要である、とも感じます。

p199.あなたが為し得る最善のことは、自律性を支援することなのである。…自律性を支援するには、彼らの視点をとれること、すなわち、彼らが見ているように世界を見ることが必要である。

『幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』(岸見 一郎、古賀 史健)では、相手を尊敬を示す第一歩として同じことが書かれています。
まずは、尊敬からはじめよと。
絶えず、尊敬の眼差しで相手と接すること。

p279.真の自律性は、他者への尊重を忘れない。

「真の自律性」が求められている、ということです。

まだまだまだまだ道のりは長そうですが、自分自身が自立できるようになっていきたいな、と思う今日この頃です。

では、お読みいただきありがとうございました。

2019年、出会いは少なかったけれども、良い出会いが多かったように思います #mybooks2019

本を読むことが好きです。
これは、けっこう小さい時からそうで、絵本を好んで読んでいたそう。
小中学生の頃はそれが漫画になり、高校生からは小説に。
大学生から小説以外の、実用書やビジネス書などの自分の学びになりそうな本を好んで読むように、と、変遷をしてきています。

大学生の頃は、気になった本は片っ端から読む、という感じで、多くの時間を読書にあてていました。
推理小説を読んだり、ミステリを読んだり、はたまた自己啓発書に手を伸ばしたり、実用書を次々読んだり。

働きはじめ、家庭を持ち、確かに、本を読む時間は少なくなっています。
でも、「読まない」という選択肢はなく、必ず何かを読み続けいています。
数は多くなくとも、今年も何冊かの本に出会うことができました。

Image
『人を伸ばす力』(エドワード・L・デシ、リチャード・フラスト)
この本を挙げずにはいられません。
「何度も読み返すやろうな」と感じる本は、そう多くはありません。でも本書は、確実にまた読むことになりそうです。
成長を後押しできる存在になりたいと思っているので、本書とアドラー心理学は、ぼくにとっての指針となります。

Image
『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門 どうすれば若者に勇気を与えられるのか』(深沢孝之)
アドラー心理学についての本を、次に次にと読んでいってます。
最近は、アドラー心理学の実際の実践例について書かれている本を中心に。
本書は、はじめにアドラー心理学についてのコンパクトなまとめがあり、その後は高校や大学、専門学校などでのカウンセリングの実践についての事例と考察がのっており、実践的です。

Image
『プロ研修講師の教える技術』(寺沢 俊哉)
何度も再読をしている本です。
今年の読書は、積極的に再読をしてきました。中でも本書は、何度も読み返すことの多い本で、自分の授業づくりにとても影響を与えてくれている本です。

以上が、2019年の<びっくら本>です。

では、お読みいただきありがとうございました。

「メモの掘り起こし」をして、ホコリかぶっているメモをスタンバイ状態に

今のように、いろーんな内容のメモをとり、それを保管するようになってから10数年。
いろいろなところにメモをとってきました。

メモに意識が向いてちょっとしてからiPhoneを使いはじめ、ほぼ同時にEvernoteの存在を知ったので、たくさんのメモがEvernoteに保管されています。
やがて、とったあとどう使っていくのか、使うためにはどこに保管するのがもっとも良さそうか、を考えるようになり、Evernoteにはじまり、メモの保管場所はいろいろと移り変わりました。
情報カードを使っていた頃もあれば、アウトライナーにメモを放り込んだりも。
それこそ、千を超えるほどのメモが保管されています。

メモをどう扱おうか。
それについて考え続けてはいますが、なかなかに良いところに落ち着かず、結果、Evernoteや情報カードに書きとめられたメモたちは、今はそのまま放置されていて、ホコリをかぶっている状態に。
最近毎日ブログを書くようになり、なにか書くことはないかな、と情報カードを見返すことが何度かあったのですが、メモを見返してみると、そのメモに刺激され、あれこれ考えが浮かび、それが一つのブログ記事になる、なんてことが数回ありました。
過去のメモは、そのまま使えることは少ないと思います。が、ちょろっと見返して、ホコリをはらってやると、過去のメモを起点としてあれこれ考えが進むことがけっこうある。
で、直接ブログの記事にならずとも、今はScrapboxという心強い味方がいます。
Scrapboxのページは、常に他の情報と結びつくスタンバイができたまま保管されることになるので、過去のメモに対して今思ったこと、そこから考えたことを書き加えてScrapboxに入れておけば、今のホコリかぶってる状態を、スタンバイ状態にすることができる。

ちまちまと見返し、せっせとScrapboxのページへと変貌させていこうかな、と思います。
数が多い分、けっこう得られるものが多いのではないか、と期待して。

では、お読みいただきありがとうございました。

数検1回分の問題終了。今後は重点的勉強に切り替える予定。(数検1級合格まで(7)12/08-12/14)

数検の勉強

12/04-12/14

  • 1週間の勉強時間:3時間20分 28.6min/day

かなーり時間かかったけど、とりあえず1回分は解くことができた。

  • 微分方程式
  • 線形代数
  • 統計

あたりは一度勉強し直さねば、という感じ。それプラス、数学ⅢCの内容の復習もいりそう。
今後は、そのあたりを重点的に勉強する予定。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

毎日、なんとか更新できている、という感じ。35分ほどかけて、朝書ききれることもあれば、書けずに夜に回ることも。
前日のうちに内容を固めて本文、という流れが、ぜーんぜんつくれてませんな。
でも、とりあえず書くぞ!という気持ちでとりかかると、なんとか捻り出して一本のエントリは完成できてる、という事実があるので、この調子で。

読書

今、読んでるの

アイデア大全読了。
次に、アドラー心理学の「生きる意味」を読みはじめたところ。
寝る前の読書が、習慣になってていい感じ。

おわりに

数検の勉強、ブログ、読書。
3つともに毎日取りかかれてて、けっこう日々充実してる。このリズムを崩さず、今後も毎日過ごしていきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

書き残していることが少ないので、もっともっと書こう!という決意

圧倒的に、「書く時間」が足りていない。いや、「書く意識」が足りていない。
仕事においても、家で過ごしてるときにおいても。書いて残しておくほうが、確実にいいのに。

仕事にをはじめた頃は、何もかも知らないことばかりで、覚えないことも多く、書いておかないと不安というのもあり、またノート術の本なんかや色々なブログを読んで、とにかくメモをしまくっていた。
スケジュールやタスク管理もノートでおこなっていて、すべてのメモは一冊のノートに集約。
何かあればノートを開き、書き込み、見返し。

対して、今はどうか。
メモの量が格段に減った。
ノートはつねに持ち歩いている。けど、そこでタスクやスケジュールは管理しておらず、開いて見返す頻度は少ない。
以前みたいに、何から何まで書く、ということはしておらず、書いておかなあかんかな、と思うことのみを書くようになってる。
で、それでは書き残しておく量としては、内容としては不十分。
こういうことをやった、という事実を残す。
やったことに対する感想を残す。
もっと、もっと書き残していったほうがいい。
授業メモについては、授業の短かい感想を、綴じノートに書き連ねていこうと決意し、授業メモすると思い出せるよう仕込んでおくことで、それができるようになってきた。
これを、この記録する姿勢を、他の行動にもひろげていきたい。

紙のノートを使うか、EvernoteやScrapboxなどのデジタルツールを使うか。
いや、ツールは問題じゃない。記録が抜け落ちすぎているのは、記録をおろそかにしているから。
どんどん、書いていこう。

では、お読みいただきありがとうございました。