手書きが圧倒的。でも、他も使う。

iPadApple Pencilを手に入れたのと、連用バレットジャーナルを使い始めて、手書きする機会が増えました。iPadとバレットジャーナルという、手書きするツールをいつでも持ち歩くようになったことが、手書きを身近にしてくれています。また、スキャンしてiPadに取り込みさえすれば続きや追記はiPad+Apple Pencilでできるので、裏紙でもバレットジャーナルでもノートでも、どこでもいいから書いちゃえばいいか、と思えるようになったことが大きいように思います。
頻繁に手書きするようになって改めて感じるのは、「何かを考えるときには手書きが圧倒的にやりやすい」ということ。
人によって違うと思いますが、ぼくの場合は、キーボードでぱたぱた打ち込んだり、アウトライナーを用いて文章を組み替えるよりも、手で書き出して矢印や線を引きながら関連を明示したり、範囲選択して移動させたりしつつ考える方がはるかに思考しやすい。考えがまとまりやすい。把握しやすい。気付きやすい。理解しやすい。さらには、考えやすいがゆえに、取り掛かろうという気が起こりやすい。

頭の中だけで処理できることが多くないので、書き出すだけでかなりの効果を感じますが、手書きの方が効果が大きい。
特に効果が大きいというか、手書きにかなりのアドバンテージを感じるのが、一枚の紙に収まりきるくらいの情報であるとか。それ以上になると、手書きでは紙面の大きさの限界に直面してしまいます。
また、手書きでは、言葉を平面上に自由に配置できるがゆえに、時間が経ってしまうとパッと見ただけでは構造を、話の流れを、繋がりを理解できない時があるということ。その点においては、アウトライナーにて階層構造で表現されているものにはかないません。
なので、最近やりはじめたのが、まず手書きで書き出して把握し、理解し、気づきを書き留めて、そのあとアウトライナー上にまとめる、というもの。大きめのタスクなんかも、この方法を取るようにしています。

人によってどういう方法が合っているかは違うと同時に、やり方やツールにも向き不向きがあるわけで。自分に合ったものを使うことと、ツールの特性を活かすこと。その両方ができれば、きっと「考える」という行為はどんどん豊かになっていくのではないかな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 94
Dynalist

Dynalist
開発元:Dynalist Inc.
無料
posted withアプリーチ