「ほぼ日方眼ノート」には「ミドリ MDノートカバー」がぴったり

連用バレットジャーナル、2冊目に入りました。1冊目はスタバのハードカバーノートで、2冊目として使い始めたのが「ほぼ日の方眼ノート」。

「ほぼ日手帳と同じ気分で使える、
トモエリバーでできた薄いノートがほしい」
みなさんからいただいてきた、
そんなリクエストに応える新アイテム

トモエリバーでできた、がっつりページのあるノートってのが前々から欲しかったので、要望にドンピシャなノートだったわけで、連用バレットジャーナルに適任です。
そのままの状態で使おうとは思っておらず、長く使うためにもノートカバーは必須やなと考えていました。
「ほぼ日の方眼ノート」は、A6サイズとA5サイズがあるのですが、ぼくが使うのはA5のほう。けっこういろいろなカバーを物色してみた末、「ミドリ MDノートカバー」に決めました。透明のカバーです。

デザインフィル
売り上げランキング: 795

ほぼ日方眼ノートの分厚さが、ちょうどミドリのMDノートと同じくらいやなーと思っていたので、試しに買ってつけてみるとジャストフィット!すばらしい。
ただ、ミドリMDノートカバーはシンプルすぎて、しおり紐やゴムバンドがついていないので、自分でつけることにしました。
ゴムバンドは、クリップでノートにとめて使うタイプのものを購入。

ミドリ クリップバンド A5用 えんじ 62320006
デザインフィル(Designphil)
売り上げランキング: 14,830

しおり紐は自作することに。
ミドリMDノートカバーに画用紙を一枚差し込み、その画用紙にしおり紐をつけることに。マスキングテープなどを駆使して、完成したのがこちら。
Image
我ながらいいものができたなーと自画自賛。これで、ほぼ日方眼ノートをじっくりがっつりと使っていけそうです。

ちなみに、ほぼ日方眼ノートは、ぼくが店頭でみて買おうか悩んだまま帰ってきたのを知った妻がプレゼントしてくれたものであり、今回のしおり紐の自作にも妻は色々とアドバイスをくれました。そのおかげでいいものができました。感謝感謝です。
さらにちなみに、妻もほぼ日方眼ノートのA6サイズを購入したのですが、ほぼ日手帳のノートカバーを購入し、それをつけて使う予定です。

では、お読みいただきありがとうございました。