更新作業を楽にすることが、ブログ更新のキモなのかも

最近せっせと更新しているブログ、ほとんどがiPhoneで一気に書いています。書く内容を選び、そっからダァーっとフリック入力。
その際、使っているアプリが、Textwell
iPhoneでメモや文章を書くときは必ず使っていて、このアプリを起点とすることで何かしら思いついたときに迷わずサッとメモすることができるようにしています。
しかも、書いたテキストを加工するのにも秀でた能力を発揮してくれるので、望みの形式に変換することもできるのが素晴らしい。
さらにはその加工したテキストをショートカットアプリにも受け渡せるので、けっこうなんでもできてしまう。

実際、文章を書いてそれを加工してwordpressに投稿する、という流れを作ることができて、以前よりもだいーぶ簡単にブログが更新できるようになりました。
で、それが、このところの毎日更新を強力に後押ししてくれています。

いちいち手間取ることをしたくはないんです。書いて、ブログを投稿する、というのをできるだけ簡略化することで、更新に対するハードルは確実にさがってくれます。
ブログの文章をかくのはそんなに苦ではなく、まずまず楽しめる。でも、書いてから更新するまでにすごく手間がかかってしまうと、書いてからの面倒くささが頭をよぎり、書かなくなってしまう。
すごく楽に手間なくブログを更新できるようになって、ボトルネックは「書くこと」ではなく、「書いたものを投稿すること」だったことに気がつくことができました。

おわりに

  • Textwellでmarkdownを利用し、文章を書く
    • HTML形式に変換する
    • wordpressに投稿するショートカットを起動し、カテゴリやタグを選ぶ
    • 更新!

実際はもう少し手間を加えていますが、大まかな流れはこんな感じ。
文章を書くことができれば、あとはポチポチと画面をタップしていくだけで更新までこぎつけることができます。
ブログは、書けないから更新できないのではなく、書いてからが手間だから更新できなかった。
手間だったところが省けたので、これからもどんどん書いて更新していきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。