iOSのショートカットアプリが、メモをとることに関して優秀すぎる

iOSのショートカットアプリは、どのアプリ使ってても起動できる。これが強い。
どのアプリ使ってても、文字選択すると、「共有…」ボタンが出てくる。それを押すと、好きなショートカットが起動できる。
選択した部分のテキストをショートカットであらゆるところに受け渡せる。
で、ショートカットのアプリを使えば、テキストをあれこれ加工することができる。
ということは、いつでも、どのアプリを使ってる時でも、文字を選択さえしてしまえば、選択部分の文字を好きに加工して、好きなところに受け渡せる。
これって、メモをとるときにかなーり便利ではないか。

まず、どのアプリからでもメモをとれる。そこがなによりすばらしい。
で、そのメモを好きに加工できる。タイムスタンプを押したり、文頭に何か記号を付け加えたり。
さらに、好きなとこに受け渡せる。スケジュールならカレンダーに追加。タスクならリマインダーに追加。アプリがURLスキームによる追加に対応してさえいればいいので、受け渡す先は選び放題。
まずメモを書く。で、然るべきところに受け渡す。
この、メモをとるときの流れを完璧に実行してくれる。
iPhoneやiPadでさえメモを取っていれば、使ってるアプリは選ばない。なんだっていい。文字選択さえできれば。

おわりに

ってなことを考え、目下メモをとる環境を今整備しているところ。
ショートカットだけでも十分やけど、さらにtextwellなんかのテキストエディタアプリと組み合わせれば最強度合いは増しそうで。そのへんはまたの機会に。
では、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です