書き写すことで「やる」という決意をする

だいたいの日は「タスクリスト」というものを作成し、それに従って行動しています。毎朝、その日一日”やること”を書き出し、それをつらつらと並べてリストを作るわけです。

一日分のタスクリストなので、「デイリータスクリスト」ということになります。

この一日分の”やること”っていうのは、”やること”すべてが入ってあるiPhoneから選び出してきます。

まぁ選び出してくると言っても、”やること”たちには実行日を定めて放り込んでいるので、勝手に選び出されて表示してくれる。iPhoneがその選出をしてくれるわけですけども。

それら選び出された今日一日の”やること”に、毎日やってること「ルーチンタスク」を加えて、「デイリータスクリスト」は完成します。

平日は、基本的にそんな感じで過ごしています。

休日がなかなか…

ルーチンタスクはルーチンタスクでiPhoneに教えてもらいます。ということは、わざわざデイリータスクリストを作らなくても一日の”やること”はiPhoneを参照すれば勝手に選び出されているわけです。

平日は仕事もあり、より精緻に一日を計画するためにデイリータスクリストを作っていますが、休日はそこまで細かく”やること”を敷き詰める必要はありません。しかも、一日の”やること”は iPhoneがリストアップしてくれてる。デイリータスクリストを作らずとも、一日不自由なく過ごせる準備は整っています。

一日がかりの大きな予定のない休日であれば、その”やること”をこなす時間もあります。

でも、やらない。できない。

そこがちょっとした悩みのタネでした。

原因は”決意”

うまくやることをやれてる平日と、なかなかおもうようにやることができない休日。

時間が豊富にあり過ぎたり、平日の疲れが溜まっていたりと、原因らしきものを挙げるとたくさんでてきそうですが、ぼくの場合、大きな原因の一つは”決意”にありました。

平日は、iPhoneがリストアップしてくれてる「今日やること」を、わざわざ別のところに書き写して「デイリータスクリスト」を作っているわけです。

一見無駄な行為に思えますが、これがなかなか侮れないほど重要な役割をしてくれておるんです。

一日分の”やること”を、各時間帯に当てはめていく。この作業をすることで、「この時間にこれをするんだ」と、自分の中で”決意”をしているんだということに気づきました。

一方休日は、iPhoneが一日の”やること”をリストアップしてくれてるのはわかっているので、特に計画を立てる必要性も見当たらず、「デイリータスクリスト」を作らず過ごすことになります。

自分の中での”決意”なしに、一日がスタートするんです。

で、なんだかんだグダグダ過ごしちゃって、結局「今日一日なにやってたんやろ?」みたいなことになっちゃう。

それを防ぐためにも、休日にも”やること”を紙に書き写して、決意してやろうと思います。

おわりに

実際、朝”やること”を紙に書き写し、”決意”することをはじめてみると、以前よりも格段に休日にも”やること”をやれるようになってきました。

ただ、まだまだ平日のようにはいきませんが。でもまぁ大きな進歩はあったと言えます。

一日の”やること”を書き写して、自分の中で「やる」と決意する。

これからも続けて行こうと思います。

おわりのおわりに

今は、やることのすべてはMarkdownファイルに書き込み、Obsidianで管理しています。
「今日やること」は勝手に選び出されるのではなく、今日やることのみをマンスリーページからデイリータスクリスト上に移動させ、実行していってます。
つまり、ここのエントリで書かれていような、「やる」という決意をしたもののみをタスクリスト上に乗せている、ということ。「やる」という決断があるほうが良く、その決断を促すために、コピペではありますが「書き写す」という行為をはさんでいます。
過去にこのエントリを書いてから長い月日が経っており、その間あれこれと自動化を試みたことはありましたが、そういう段階を経て、今はあえて多少の手間がかかるようにすることの大事さを知ることができたな、と感じています。

では、お読みいただきありがとうございました。

20130523064412

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です