iPhoneではショートカットと 1Writerを用いて、Obsidianのデイリーページへ一発アクセス

Obsidianをガッツリ使っています。
Scrapboxのページの移行を終え、次はDynalistに書き溜めていることも全てObsidianに転記したいなぁと考えている今日この頃なわけですが、一方でObsidianにはモバイルアプリがないことにちょっと不便さを感じています。
そこで、1Writerを使い、Obsidianで扱っているファイルにアクセスし、閲覧・編集できるような状態にしており、その環境をさらに快適にしようと考えて、iOSのショートカットを使うことにしました。
やったことは、

  • 1Writerにて、Obsidianのデイリーページを一発で開くショートカットを作成したことと、
  • 自分で作成しているマンスリーページへアクセスするショートカットを作成したことと、
  • デイリーページのテンプレートを、1Writerで扱えるjavascriptで作成したこと

の3つ。

1Writerは、mdファイルを閲覧・編集できるアプリで、指定のファイルを開くURLスキームが提供されています。そのURLスキームを使えば、デイリーページを一発で開くことが簡単にできそうだ、と思い、ショートカットを作成し始めました。
Obsidianのデイリーページのタイトルは、「20201226」という、日付がそのままファイルのタイトルになっているもの。これなら簡単にiOSのショートカットアプリで作れます。
また、Obsidian上にはマンスリーページも作成しており、同じようにショートカットアプリでそのページにアクセスするアクションを作成し、ホーム画面に配置しました。
これで、デイリーとマンスリーにはiPhoneからでも即座にアクセスできるようになり、基本的には不自由なく閲覧と書き込みができるようになりました。

ただ、デイリーページにアクセスする事ができるようになったものの、このままではアクセスするためにはあらかじめデイリーページが作成されてないといけません。作成されていなければ、当然ページは開かれません。
Macでは、pythonを使ってオリジナルのデイリーページを作成するコードを書いており、基本的には毎日Mac上でそのプログラムを走らせ、デイリーページを作成するところから1日を開始します。
でも、特に休みの日などは、Macの前に座っている時間は少なく、朝にMacを立ち上げる習慣もありません。
そこで、Macをわざわざ使わずとも、iPhone上で同じ内容が記述されているデイリーページをサクッと作成できるようにしよう、と考えました。

1Writerには、javascriptを扱う機能があります。それを使えば、デイリーページのテンプレートを作成できそうだな、と思ったので、いろいろと調べながらプログラムを組みました。
デイリーページのテンプレートの中に、昨日と明日の日付へのリンクや、1年前・2年前の同じ日付へのリンクを入れておきたいので、プログラムを組む必要があったので。
それを、Macではpythonで、iPhoneではjavascriptで実装しました。
これで、MacでもiPhoneでもデイリーページを作成する事ができるようになり、かつそのデイリーページへすぐにアクセスできるようになりました。
専用のアプリはないものの、十分1WriterでObsidianのファイルを扱いやすくなったため、あんまり不便ではなくなったように、むしろ快適になったように感じます。
今後ますますObsidianを重宝しそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。

キレイな画面と書き心地のトレードオフ

今持っているiPad Pro10.5インチは、はじめからApplePencilを使うことを前提に買いました。iPadとApplePencilの同時購入です。
iPadを買ったら必ず手に入れておくのが、画面を保護するフィルム。ApplePencilを使うことを前提としているので、当然の如くペーパーライクフィルムを購入しました。なので、iPadとApplePencilを手に入れてすぐにペーパーライクフィルムを貼り、使っていました。

iPadを購入して一年以上になるのですが、つい先日、フィルムを交換しました。1年も使えば、フィルムにはペンのあとやキズがついており、白っぽく汚れている部分などもあり、試しにペーパーライクフィルムではなくガラスフィルムを使ってみようと思い、買いました。
それに張り替える際、ペーパーライクフィルムを剥がすわけですが、剥がした瞬間、あぁiPadの画面はこんなにもキレイなのか!驚きました。
ペーパーライクフィルムは、その特性上、どうしても白っぽいもやのかかったような感じのフィルムです。
そのフィルムを剥がしたiPadは、とてもとても鮮明で、キレイでした。
このキレイさを享受できていなかったなんて!と思うほどに。と同時に、ガラスフィルムを買ってよかったなぁと感じました。ペーパーライクフィルムのようにモヤがかかっていない、透明なガラスフィルムは、iPad本来の鮮やかさを損ないません。
毎日、鮮やかな画面のiPadを使う事ができるようになりました。

キレイなことはとても嬉しかったのですが、じゃあペーパーライクフィルムからガラスフィルムに変えてどんな変化が起こったのか。
iPadで手書きを、ApplePencilをあまり使わなくなりました。
ガラスフィルムは透明でiPadの画面の鮮やかさを損なわない反面、ツルツルです。カチコチです。
ApplePencilを使うには、表面が硬すぎて、ツルツル滑り、書き心地がよくありません。
加えて、ガラスフィルムは反射がきつく、書く際に部屋の明かりが画面に映り込みます。これも、手書きをする際にはよろしくない。書く気が間違いなく削がれます。
書き心地の悪さと画面の映り込みがつい頭をよぎるからか、iPadに手書きする事が激減してしまいました。

画面はキレイな方がいい。
でも、書く道具にしたいのであれば、画面のキレイさよりも書き心地が重要になってくる。
キレイな画面をとるか、書き心地をとるか。
これはもうどう足掻いてもトレードオフの関係です。両方をとることはできません。
結果、書き心地を取りました。
新たにペーパーライクフィルムを購入し、ガラスフィルムを剥がして張り替えました。
また、快適な優れた手書きの道具としてのiPadが戻ってきました。
今後はガラスフィルムに浮気せず、このままずーっとペーパーライクフィルムの書き心地で使っていきそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。

「メインはObsidian、その一部を切り出して公開する場としてScrapbox」にするために、Scrapboxの全ページをObsidianに移行

Obsidianをがっつり使っています。
過去に書いたものが今書いたものと関連づけられて表示してくれるところがやはり一番重要で、それに加えて自由に、好きなページを画面に並べることができていいので、色々となんでもかんでも書きつける場所として重宝しています。

同じようにページ同士が結びつくものとしては、Scrapboxがあります。
しばらくの間Scrapboxを色々と書きつける場所として使っていた期間もありましたが、ページをロードするのに少し時間がかかることが気になり、積極的に使わなくなって1年弱。Obsidianを使うようになって、新たな立ち位置が見えてきました。

Scrapboxでは、プロジェクトごとに公開か非公開かを選択することができ、ぼくは公開用のプロジェクト「book scrapbook」と自分用の非公開プロジェクトを使い分けていました。
基本的には、自分用のプロジェクトにあれこれと書いていき、そこから公開用のプロジェクトに書いたことの一部分を切り出す、というように、メインは非公開の方、そこから一部分を公開に切り出す、という住み分けです。
メインがあり、その一部分を切り出して公開する。
メインも公開用もScrapboxを利用していたのですが、どちらも同じScrapboxを利用しなければいけないわけではないのですが、ページを気軽にリンクで関連づけることができるツールはScrapboxしか知らなかったからそうしていました。
で、しばらくの期間を経て、自分用の非公開プロジェクトを使わなくなりました。
でも、引き続き公開用の「book scrapbook」には、少しずつ少しずつ書き加えていき、利用を続けていました。

そして、このたびObsidianというアプリを知り、使い始めたわけです。
使ううちに、じわじわと気に入り、Obsidianだったら、以前Scrapboxでやっていた運用、つまり、メインがあり、その一部分を切り出して公開する、という方法が同じようにできそうだという風に気づいたわけです。
メインはObsidianに、公開用としてScrapboxを利用する、という体制に。

Scrapboxには、使っていた当時に書き溜めていたページが2000を超えるほどあります。それらは、リンクによりお互いにつながり合っています。エクスポーとができるので、その気になればScrapboxの全ページをObsidianに移行することができます。
やるっきゃない、と思いました。
移行方法は無茶苦茶力技です。
Textwellを使っていた頃に、正規表現を用いた置換でテキストをいじるということをよくしていたので、Scrapboxから吐き出されたjsonファイルをごにょごにょと書き換えることはできます。
で、ちょろっと調べれば、AppleScriptを使えばmdファイルを作成することができそうなことがわかりました。
じゃあ、Scrapboxから吐き出したjsonファイルを、AppleScriptでファイルを作成するような記述に書き換えてしまえばいけるんじゃないか。
ということで、なんとかその方法でScrapboxの非公開用のプロジェクトに眠っていた2300あまりのページを全てObsidianに移行することができました。
これで、何かを二重ブラケットで囲んでリンクにすると、今までとはまったく比べ物にならないほどの数のページと即座に接続されるようになりました。
つながるページの量は多ければいいというわけではありませんが、これまで書き溜めたけれどもしばらくはお目にかかれなかったページに再開できるようになったことがいいなぁ、と感じております。
今後はObsidianを中心に、Scrapboxに切り出したり、ブログに公開していったりできればな、と考えています。

では、お読みいただきありがとうございました。

ブログである必要性を問うてみたら、「今まで通り、今までと同じところで、今までと同じように書き続ける」という結論に

今、書くために使っているのは、「ブログ」である必要はあるのか?
アクセス数なんて大したことはなく、収益なんて考えてない。
じゃあなぜブログを書いているのか、続けているのかというと、誰かの何かの役に立ってくれればというのと、書くことを通じて考えることをしたいというのと、読んでくれてる人がいるからというのと、、、そんなもんか。
大きな目的とか、達成したい目標とか特にない。
書いて、公開する。それさえできればいいような気がする。
公開しておきたい。読んでくれたら嬉しいし、役立ってくれれば嬉しいし。
自分がやってること、試したこと、考えたことからヒントを得てくれる可能性が少しでもあるならば、自分だけ見れる場所ではなく、他の人も見れる場所に書いたほうがいい。
もし、ブログではない形で公開するのであれば、どういった方法が取れるものなのか。

このどれかに移行してもいいかもしれない。けど、今読んでくれてたとしても、移行したら読まなくなる可能性は、おそらく大きい。
となると、移行するメリットはないのかも。今まで通り、今までと同じところで、今までと同じように書き続ける。それでいいのかも。
ブログを更新する際にScrapboxをかましているので、Scrapboxにもブログと同じ内容が残る。
Scrapboxの方はなくてもいいのかもなぁ、とか思ったりするけれども、あえてブログはブログ、ScrapboxはScrapboxと切り分けなくてもいいかな、と。
それぞれの役割はちゃんと果たしているわけやし。
で、ブログと同じ内容をポストするという目線で考えると、静的サイトにもSubstackにも移行する必要は全然ない、ということになる。
Substackは気になるけど、始めるとなると何かしら別の、ブログやScrapboxとは違う何かを持たせる必要があって。
そんなん書けるのか、と考えると、うーん書けなさそう。

ということで、今後もしばらくはあいも変わらずブログを着々と更新していこうかな。

自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

Obsidianを使い始めてから、かなりの部分をObsidianに任せるようになってきました。
Obsidianというのは、mdファイルを扱うテキストエディタです。
かなり気に入っており、なんでこんな「これえぇなぁ」と思うのか考えてみると、

  • 自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

ことが大きい、ということに気づきました。

Scrapboxで、ページ同士が気軽につながる威力を知り、Obsidianでも簡単にページ同士をリンクさせることができるので、まずそこが入りで使い始めました。
で、気に入ったのがそこだけなら、Scrapboxでも同じことできるやん、ってなるわけです。
でも、だいぶと使用感は違う。
どこの違いが一番大きいか、というと、ページを並べることができることだ、という結論に行き着いたわけです。

しかも、Obsidianでは、ただ単にページを並べられるだけではなく、サイドバーの中にページを置くことで、中央に表示するのとは違う働きをしてくれるようになります。
サイドバーに配置しているページの中のリンクを踏めば、メインの表示が、中央に表示しているページがそのリンク先のページに切り替わる。
一方で、メイン表示のページ上のリンクを踏めば、メイン表示がリンク先のページに切り替わります。
という風に、メイン表示のページとサイドバーに表示しているページとで、リンクを踏んだときの挙動が変わり、違う役割を持たせることができ、それがとても使いやすい。
自分の好きなものを中央やサイドバーに表示できるので、自分が使いやすいように画面の表示構成を調整できる。そこがObsidianのとても大きいな利点であると感じます。

で、Obsidianではさらに、メイン表示のページに連動してGraphやBacklinkが切り替わってくれます。小気味良く。
あ、ちなみに、「Graph」というのは、今開いているページとリンクでつながっているページたちを平面に配置して表示してくれる機能で、「Backlink」は、他のページ内で今開いているページにリンクを貼っている部分を表示してくれる機能のことです。

Image

これらの機能により、ページ同士のつながりを把握することができるというわけです。

Obsidianの特徴や優れたところは他にも色々とあると思うのですが、細かい部分でもかなり利用する際に決め手となりそうなのが、自由に、好きなページを画面に並べることができるところ。
今後も自分にあった状態を考えつつ、使っていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

思っていたよりも色々と読めていた2020年の「びっくら本」 #mybooks2020

なかなか思うように読書の時間がとれていません。
とはいえ、本を読まない日はなく、毎日ちびちびと、少しずつ少しずつ読み進めています。
そのおかげか、2020年を振り返ると、それなりにいろいろな本を読むことができていました。
読んだのに読んだことを忘れていたりするのですが、一年に一度、この時期に思い返すことができ、毎年、この「びっくら本」を機会に今年の読書をかみしめます。
いつもと大きく違う一年でしたが、いつもと同じように本を読むことができ、嬉しいです。

なぜ心は病むのか いつも不安なひとの心理

Image
『なぜ心は病むのか いつも不安なひとの心理』(アルフレッド・アドラー)

これまで色々とアドラー心理学の本を読んできました。その中でも本書は、アドラーがどのように人を見ているか・捉えているかということが一番わかる本だと感じました。
であるがゆえに、とても興味深く、面白く読むことができました。
本書はアドラーの著作の翻訳であり、数冊のシリーズになっているので、とりあえずすべて読みたいな、と思っています。

ブレンディッド・ラーニングの衝撃

Image
『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』(マイケル・B・ホーン、ヘザー・ステイカー、小松 健司)

授業そのものを上手くなりたいという気持ちがずーっとあります。うまい授業をすることができれば、それを聞いている生徒の数学の取り組みもよくなるのではないか、という思いがあって。
一方で、授業の仕組みが、生徒の取り組みに大きく関わるのではないか、とも感じています。
それは、今の学校に赴任して、とても強く感じていることです。
本書のブレンディッド・ラーニングは、特に授業の仕組みについての固定概念を強烈に揺さぶってくれます。
授業に使える道具は、黒板とチョークから大きく変わりつつあります。
一度、これまで使っていたことはすべて忘れて、固定的な考えをぜんぶ取り払って、授業に有効に活用できそうなものは貪欲に取り入れていく姿勢が、今後必要になってくるのではないか、と思っています。

「書くための名前のない技術」シリーズ

これは、シリーズを読めば読むほど面白くなっていく類いのもの。
3つのケースを読みましたが、ほんとに3者3様で、それらの違いが、お互いの「名前のない技術」を際立たせているように感じます。
シリーズが増えるごとにその違いは多様になっていくので、続きが出れば出るほどおもしろくなっていきそうな感じです。


今年の読書は「全然読めてないなーもっと読みたいのになー」という感覚だったのですが、2020年の1年間で読んだ本を振り返ってみると、しっかり読めていて、いい出会いもあったなぁという印象に変わりました。
とはいえ、やっぱりもっと読みたい。知りたい。学びたい。
ということで、一気に10冊ほど本をまとめ買い。
ずっと欲しいなぁと思っていた本を中心に、読む時間が取れるかなんて気にせずとりあえず手に入れときました。
その中には、もしかしたら来年のびっくら本が含まれている、かも。
楽しんで読んでいきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

タスクリストを使うにも、とりあえず書いていきやすいのが大事

最近は、Obsidianにてタスクリストを書き、実行していってる。
やったことを記録していってる。
Obsidianを使い出す前は、Dynalistを使っていた。
同じようにDynalist上にてデイリーページを作成して、そこに今日の予定やタスクを書き出し、実行していく。
書き出されていなかったことも、実行したことがあれば追記する。
できれば、タスクに関するメモもそこに書き込む。
タスク管理アプリを使うよりも、この方が自分には向いてるな、と感じるようになった。

もっと前は、iPhoneアプリ「たすくま」で今日のタスクを管理していた。
やってることは同じ。
1日のタスクを書き出し、実行していく。
書き出されていないものでやったことがあれば追記する。
1日の全ての時間をたすくまでログをとりつつ過ごしてた。
今もたすくまは使っており、主に仕事以外の時間の記録をとる役割を担ってくれてる。
もう長いこと、7,8年くらいはタスクシュートを実践して過ごしている。
DynalistやObsidianでやっていることも基本的には同じ。
仕事においては、たすくまよりも手に馴染む。

PCの前に座っている時間が長いというのが理由の一つとして挙げられる。
PCが前にあるため、キーボードによる文字入力ができ、書き込みやすい。
iPhoneを使い始めて10年ほどになるけど、手書きよりもキーボードよりも入力はしにくい。
入力しにくいから、入力しなくなりがち。
後、タスク管理アプリはアプリごとに新規タスク入力の際、たいがい画面上のどこかにある「+」ボタンを押して新規タスク入力画面を表示させ、必要項目を埋めていくけれども、その形式があんまり好きでなかったりする。
DynalistやObsidianの方が、好きなように記入できる。
タスクに対してメタ情報を入力しないため、後から実行タスクを分析したり、なんていうことはできないけれども、これまでろくに分析してこなかったけど全然大丈夫やったので気にならないし。
「なんにせよ転記は必要」と受け入れるために」でも触れたように、とりあえず、書いていくのが大事やと思うので、自分にとってとりあえず書きやすいタスク管理の方法が今の方法なので、手に馴染んでるのかな、と。
あと、Obsidianでは表示ファイルを画面上にいくつか並べることができるってのも大きい。
必要な、目に入れときたい情報を画面上に展開しておくことができ、今日のこと、今後数日のことを把握しやすい。

そんなこんなで、自由度の高い形で、好きなように書いていける管理方法を、最近は好んでやっています。

では、お読みいただきありがとうございました。

「なんにせよ転記は必要」と受け入れるために

書き写すのは、めんどうくさい。できることであれば、やりたくない。
なので、なんとか転記を発生させないで済む方法はないものか、と考え、メモを扱ってきた。

紙の情報カードにメモしているときには、必要であればそれをノートにそのまま貼って使えるような大きさのノートを併用したり。
ノートアプリを使っているときには、紙に手書きしたものは写真に撮って添付したり。
テキストであれば、MacでもiPhoneでデータを共有できるアプリを使ったり。
手書きもテキストも扱え、Mac・iPad・iPhone間で同期できる、ということで、Apple純正メモ帳に飛び付いたり。

でも、もうそこにこだわるのはやめにした方がいいと気づいた。
書き写しをせずに済ますことにこだわるのは。

転記は必要なものである、と受け入れれば、その都度その都度で使いやすい、用途に合っているものやツールやアプリを使うことができる。
確かに、転記はめんどう。けれども、転記をせずに済まそうと思うと、使えるものが限られてしまう。だいぶ使い方が制限されてしまう。
テキストであれば、コピペで済むのでそこまで手間には感じない。
手書きの転記は、手間。手書き→手書きも、手書き→テキストも。でも、紙のノートとペンの方が、やっぱり初動は早いし気軽に書けるし書き心地がいい。
なら、手書きの転記があるとしても、ノートを使うのはいいもんだ、と思う。

とりあえず、書いていこう。
必要ならどんどん転記していこう。
めんどうに感じ、書かない選択をしてしまうこと、書くことを抑えてしまうことの方がよろしくない。
とりあえず思い浮かんだことをメモして捕らえた後に、適切なところに転記すればいい。
転記したくないなら、しなくてもいい。
書く、を抑制することは極力無くしていこう。
とりあえず、書いていこう。

ダブルブラケットが使え、テキストファイルが扱えるアプリ「1Writer」

最近、「1Writer」というアプリを好んで使っています。
Image
テキストファイルを編集することのできるテキストエディタアプリで、iCloudやDropbox上に置かれた.txtファイルや.mdファイルを編集したり、新たに作成したりできるというもの。
基本はDropbox上のフォルダを利用しており、各端末で同期して同じファイルを編集しています。

なぜこのアプリを好んで使っているかというと、ファイルをDropboxやiCloudに置いておけばPCと同じファイルを扱えるという点に加え、 各ファイル同士をリンクでつなげることができるから。
ObsidianRoamResearchと同じように、テキストをダブルブラケットで囲めば、囲んだ部分をタイトルに持つファイルへのリンクを貼ることができます。
ただ、サジェストは効かないので、そこが少し難点ではありますが。

この、リンクの機能。同じフォルダ内にブラケット内のタイトルを持つファイルがない場合はどうなるかというと、ブラケット内の語句が検索にまわります。

  • フォルダ内に同じタイトルのファイルがあればそれを開く

Image

  • フォルダ内に同じタイトルのファイルがない、もしくは別のフォルダにある場合は、ブラケット内の語句で検索がおこなわれる

Image

この違いがあるので、リンク先にすぐ遷移したいなら同じフォルダに、検索したいなら別フォルダにファイルを置いています。

ちなみに検索は、ファイルがiCloud上にある場合はタイトル検索、Dropboxに置いてある場合は全文検索になります。
なので、検索面ではDropboxにファイルを置いている方がいいので、ぼくはそうしています。

なせ、1Writerを使うようになったかというと、MacでObsidianを使うようになったから。
Obsidianと1Writerで、同じフォルダを指定して使えば、同じデータを共有することができるためです。
おそらく他にも同様の使い方のできるiOSアプリはあるかと思いますが、ダブルブラケットによる機能があるところが、Obsidianとも相性が良いので気に入っています。

では、お読みいただきありがとうございました。