ぼくのScrapboxの使い方 その2〜「choiyakiBox」着想メモ置き場公開用〜

その1で全体像をざっくり話しました。次に、実際に各プロジェクトの役割と運用について触れていきたいと思います。
まずは、「choiyakiBox」。こちらはパブリックなプロジェクトとなっています。

日頃、いろんなことをメモします。
ふと思いついた「あれやらな」であったり、突然ひらめいた「こういうことか!」であったり、「やったこと」を書き留めたり、人から聞いたことをまとめたり。
それらを、状況に応じていくつかの媒体にメモします。
iPhoneが取り出さなければ紙に書きますし、手帳に書き入れることもあればメモ用紙に書くこともあります。
PCが使えたり、iPhoneを使ってメモすることができるなら、Scrapboxに書きつけることもありますし、残す必要のないメモであれば他のアプリに書くこともあります。
挙げればきりがなくなってきますが、そんな数々のメモは、すぐに破棄してもいいようなものは除いて、基本的には極力Scrapboxに転記するかScrapboxに直接メモするようにしています。

そんな数々のメモの中でも、とりわけ重視するのが「着想メモ」という類のもの。
着想メモって呼んでますが、そんなたいしたものではまったくなく、「こういうことか!」と思ったことや、「こうなんちゃうか?」と感じたこと、「こうすればうまくいくやん!」と気づいたことや、「こうすればうまくいきそうじゃないか?」といった仮説みたいなものなど。
で、この着想メモの特性として、ほんのたんなる思いつきなので、思いついて書き留めた段階ではどう使うのかが定まっていない、ということ。これまでEvernoteにメモした時期もありましたし、Workflowyに書きためていたときもありました。それを今はScrapboxに書いて、「/choiyakiBox」のプロジェクトにためていっている、という感じです。

メモした段階では、何に使うか用途が定まっていない。ということは、ただメモするだけでは使われることはおそらくずぅっと来ない、ということ。実際、EvernoteWorkflowyに着想メモを書いていたときは、書かれたメモはあまり使われることなく、どんどん死蔵していくのみでした。
そこで、Scrapboxに書く際には、できるだけリンクをつけるようにしています。というのも、リンクづけしておけば、他のメモを書いたり、見たりしているときに、下の関連ページたちにふっと表示される可能性が高まるから。
着想メモは、何に使うかわからないがために、放っておいては目に触れないので、他のメモとできるだけリンクさせて出てくる可能性を上げておく。と、目に触れる機会も増え、目に触れれば書き直すこともあるでしょうし、実際にそのメモがほかの文章の一部分として組み込まれることも出てきたりします。

加えて、Scrapboxのcssで見えかたをいじることで、/choiyakiBoxで表示される関連ページは、本文がたくさん表示されるようにしています。
Image
これは、いちいちそのページに飛ばなくても、どんな内容が書かれているのかわかるようにするため。そのほうが、今書いていることと関連のある内容のページをさっと確認することができ、画面上に、パッと内容の確認できるページを一度にたくさん表示することができます。
また、/choiyakiBoxにメモされているのは、ほんの思いつきがほとんど。内容が長々と書かれているものは少ないので、本文の表示部分が増えれば、そのページに何が書かれているのかをほぼほぼ把握することができるのも、一つの利点です。

/choiyakiBoxはパブリックにしており、誰でも見れるようにしています。これは、主にブログと紐付ける意図で。
今回の記事内にも、いくつかリンクが埋め込まれていますが、それらはすべて/choiyakiBox内のページに紐付いています。
ブログの記事をScrapboxで書いており、書きながら出てきた言葉や文章をブラケット「[]」で囲むことで、同じ言葉や文章がページ内でブラケットで囲まれていたり、タグ付けされているものがすべて下に表示されます。こうして過去に書いたことを見ながら、その気になれば今書いていることに組み込みながら記事を書き進めています。
で、それらScrapbox内の関連ページを、他の人も見れるようにしておいてもいいんではないか、ということで、/choiyakiBoxはパブリックにしている、というわけです。

この/choiyakiBoxは、自分個人用のプロジェクト「All」の数々のメモのうち、着想メモをこちらにコピペしてくることで、ページ数を増やしていってます。つまり、着想メモの公開用のプロジェクトという役割、ということです。
メインはあくまで「All」と名付けているプロジェクトで、そこにすべてがあり、その中の「公開してもいいかな」と感じるの一部分をそのままコピーして、/choiyakiBoxや次回書くbook scrapbookにて公開している、という運用方法をとっています。

——

おそらく、一番「Scrapbox的」な使い方をしているのが、この/choiyakiBox
はじめは、「All」にすべてを統合していなかったので、/choiyakiBoxに着想メモをためていっていました。でも今は、すべてのメモは、もれなく「All」にあるので、自分でこのプロジェクトを見ることはあまりなくなりました。あくまでも公開用という役割になっています。なので、ぜひぜひ一度のぞいてもてくだされば、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

ぼくのScrapboxの使い方 その1〜ざっくり全体像を〜

ぼくの中で、今、最もお世話になっているのが、「Scrapbox」。
これまで使ってきたEvernote、Workflowyに次いで、今後も使い続けていきそうな雰囲気満々なサービスです。
使い始めてだいぶとたち、かなりなくてはならないツールになっているので、ここいらで一度自分の使い方についてまとめておこう、と思い立ちました。
というのも、Scrapboxはその性質上、使い方を限定することなく、いろいろと発見しながら深めていくことが推奨されており、倉下さんのScrapboxについての指南書、「Scrapbox情報整理術」においても、使い方が限定されるようなことは書かれていません。であるがゆえに、具体的な使い方は各自いろいろと考えては試していくことになるわけですが、使い方の例が、たくさんあればあるほど、自分に合わせた使い方を選択できるという反面もあると思います。
Scrapboxに込められた考え方や、操作方法は「Scrapbox情報整理術」を読んでいただくとして、そこから具体的にどう使っていくかの例の一つになればいいな、という思いもあり、超具体的な使い方の話を書いてみようと思ったわけです。

——

現状、着実に中のページ数が増えていっているのが、3つのプロジェクト

になります。「All」はプライベート、「choiyakiBox」と「book scrapbook」はパブリックで、だれでも見れるようになっています。(ちなみに、ブログの記事内でリンクになっている言葉があると思うのですが、それらはほとんどが「choiyakiBox」内のページにつながっています。ブログの記事に関係のある内容のメモを垣間見ることができるようになってます。)
それぞれのプロジェクトの役割は、

  • All:タスク管理、着想置き場、読んだ本のログと感想など、文字通り「すべて」
  • choiyakiBox:着想置き場
  • book scrapbook:読んだ本のログと感想

です。

「All」には、ほかの二つの「choiyakiBox」と「book scrapbook」にあるページもすべて含まれており、

  • Allのデイリーページに着想を書く
    • 書いた部分を新しいページとして切り出す
    • 「choiyakiBox」もしくは「book scrapbook」にもコピーを作成する

という手順を踏むことで、Allに書いた内容の中で、ふとした思い付きや本の読了後の感想についてを「choiyakiBox」や「book scrapbook」切り出していく、ということをやっています。Allに書いたことの中で、パブリックにしたいものを切り出しているわけです。
この使い方をしていると、Allにはタスクを管理するためのページがあれば、本についてのメモや感想を書いたページ、はたまた何気ない一言だけのページなど、いろんな種類のページでごっちゃまぜになります。もうそれはそれは見事に混沌としています。が、それでも大きな不都合はなく、必要な情報を引き出すことができるところがScrapboxの強みかな、と思います。
ブラケット「[]」によるリンクづけと、あいまいな言葉でもじゃんじゃん候補を出してくれる検索が、容易に情報を引き出すためのキーになっているのですが、その話はまた次回以降ということで。

—–

今回は、ざっくりと全体像の解説に留めておき、次から各プロジェクトの詳細について書いていこうと思います。
では、お読みいただきありがとうございました。