ファイルからリストを作成して、リピートタスクを呼び出す〜1Writerカスタマイズ④〜

「1Writerカスタマイズ」の①〜③にて書いたアクションを作成した段階で、たすくまを使うのをやめ、1Writer(Obsidian)に完全移行しました。

1Writer – Markdown Text Editor
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Taskuma —TaskChute for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

デイリーのテンプレートと、行ごとの削除と移動があれば、一つ一つの行動を記録しながら過ごすことは、けっこう簡単になります。
あとは、予定になかった、つまり、デイリーページ上に書き込まれていないリピートタスクを呼び出すことができれば、終了予定の算出だけがないタスクシュートと呼べるようになるでしょう。
ということで、「リピートタスクの呼び出しできるようにならないか」と考えました。

1Writerのjavascriptアクションの数々には例が載っています。試しに「ui.list()」の例を実行してみると、項目がリスト表示され、そのリストから好きなものをタップすると、そのリストの内容が文中に挿入されるものでした。
これは、使えそうです。
そのコードを書き換え、

  • リピートタスクの一覧が記述されたファイルを開く
  • それをリスト形式に表示する
  • 選択された項目をクリップボードにコピーする

というものにしました。

リピートタスクの呼び出し

//アクションを実行したあと、元のファイルに戻るため、今編集中ファイルのフォルダとファイル名を取得
var folder = editor.getFolderPath();
var editingfile = editor.getFileName();

//リピートタスクを記述しているファイルのファイル名
var openfilename = 'ここに一覧を取得したいファイル名を記述.md'

//リピートタスクの一覧が記述されているファイルを開く。フォルダは、そのファイルが保存されているものを指定してください。
editor.openFile('Dropbox/'+openfilename,'edit',call);

function call(){
    //開いたファイルに記述されているテキストを取得
    var text = editor.getText();
    //改行ごとに配列に格納
    const listData = text.split('\n');
    ui.hudDismiss();
    //配列をリストに
    ui.list('Repeat', listData, false, selectedValues => {
        if (!selectedValues) {
            return;
        }
        const text = selectedValues.join('\n');
        if (editor.isClosed()) {
            editor.newFile(text);
        }else {
            //選択した項目をクリップボードにコピー
            app.setClipboard('\n' + text);
            //はじめに編集中だったファイルを開く
            editor.openFile(folder + '/' + editingfile);
        }
    });
}

アクションを起動した時の動き

アクションを起動するとリストが表示され、そのうち一つを選択すると選択した項目のがクリップボードにコピーされ、元のファイルに戻ってくるので、好きな場所に貼り付けることができます。
リストは、複数選択を可能にもできるので、その場合は
ui.list('Repeat', listData, false, selectedValues
のfalseの部分をtrueに書き換えてください。

まずは、リスト表示したいファイルを作成して、そのファイル名をコード内の「ここに一覧を取得したいファイル名を記述」の部分に書くことでアクションが使えるようになします。
改行を目じるしに、1行1項目でリストに表示するので、リスト表示したいファイルは、そのことを念頭に置いた上で作成していただければと思います。


これまで4回にわたり1Writerの自作アクションについて書いてきました。これにて、「やったことの記録がすこぶる取りやすいリストアプリ」のように、テキストを扱えるようになり、日々、デイリーリストを作成し、1WriterとObsidianで同一のファイルを扱いながら、やったことの記録をとりつつ過ごしています。
まずまず気に入っているので、しばらくはこのまま使い続けようかな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

別ファイルに記述されたデイリーテンプレートを呼び出す〜1Writerカスタマイズ③〜

テキストを1行ごとに削除したり移動したりできるようにすることで、「1行ごとのリスト」として扱えるようにしたのが前回までの話。

1Writer – Markdown Text Editor
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

これでかなり便利になり、1行単位での操作ができるようになったので、箇条書きやチェックリストがすごく扱いやすくなりました。
こうなると本格的に「テキストエディタでタスク管理」がしたくなってきます。
しかもぼくは普段から「たすくま」を利用しているので、テキストエディタである1Writerでも、たすくまのように「すべての行動を記録してはいけないものか」、と考えました。

Taskuma —TaskChute for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

となると不可欠になってくるのが、リピートタスクを呼び出すこと。
毎日やっていることに関しては、リピートタスクとして登録しておき、日々それを呼び出してタスクリストを作ることで、たすくまのような「やったことの記録がすこぶる取りやすい」テキストエディタが実現します。

1Writerには、「指定したファイルを開く」アクションがあり、それを使うことでテンプレートを呼び出すアクションを作ることができます。
アクションを起動すると、

  • あらかじめ作成したテンプレートファイルを開く
  • 内容をコピーする
  • 元のファイルに戻ってくる

ところまでやってくれるので、あとは任意の場所にペーストするだけ。
準備は、テンプレート用のファイルを作成しておくことと、以下のコードの「ここにテンプレートファイル名を記述」の場所を自分で書き換えること。

テンプレートファイルを開き、コピーし、戻るアクション

d=new Date();
today=d.getFullYear()+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate());
yesterday = d.getFullYear()+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate()-1);
tomorrow = d.getFullYear()+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate()+1);
oneyearsago = (d.getFullYear()-1)+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate());
twoyearsago = (d.getFullYear()-2)+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate());
threeyearsago = (d.getFullYear()-3)+zero(d.getMonth()+1)+zero(d.getDate());
var dayOfWeek = d.getDay(); // 曜日(数値)
var weekday = [ "(Sun)", "(Mon)", "(Tue)", "(Wed)", "(Thu)", "(Fri)", "(Sat)" ][dayOfWeek]; // 曜日(日本語表記)

var folder = editor.getFolderPath();
var editingfile = editor.getFileName();

var openfilename = "ここにテンプレートファイル名を記述.md";

editor.openFile('Dropbox/Days/'+openfilename,'edit',call); //ファイル名の前には、フォルダを指定。ここでは、「Dropbox」フォルダ内の、「Days」フォルダを指定している。

function call(){
    var text = editor.getText();
    var text = text.replace(/{{today}}/g,today).replace(/{{tomorrow}}/g,tomorrow).replace(/{{yesterday}}/g,yesterday).replace(/{{oneyearsago}}/g,oneyearsago).replace(/{{twoyearsago}}/g,twoyearsago).replace(/{{threeyearsago}}/g,threeyearsago).replace(/{{weekday}}/g,weekday);
    app.setClipboard(text);
    editor.openFile(folder + '/' + editingfile);
}

function zero(s){return ("0"+s).substr(-2)}

コード内に、{{today}}や{{yesterday}}という記述があることにお気づきでしょうか。
これは、テンプレートのテキスト内の{{today}}と書かれている部分を、今日の日付に変換するための記述です。

このように書かれている場合、アクションを起動してテンプレートの内容を取得し、ペーストすると

こうなります(スクショは4月15日に撮影)。

{{oneyearsago}}や{{twoyearsago}}は、1年前、2年前の同じ月日。Obsidianにて連用手帳を実践していて、その際1年前や2年前のページを見返したいので、テンプレートに組み込んでいます。

テンプレートは1つのmdファイルなので、編集が簡単。
ただ、たすくまのような複雑なリピート設定はできないので、そこは今後工夫する必要がありそうです。


これで、日々のリピートは簡単に呼び出し可能になり、かなり詳細な記録を取ることができるようになりました。
こうなってくると、1日の計画を立てるときには書いていなかったタスクも、リピートに登録されているのであれば、リピート一覧から選択し、挿入できるようにしたくなってきます。
1Writerには、配列のデータから「リスト」を作成するアクションもありまして。次はそのあたりについて書いていきます。

カット・ペーストを可能にして、ダイナミックな移動を可能に〜1Writerカスタマイズ②〜

Obsidianが日々の相棒となってくれており、iPhoneでは「1Writer」というアプリを使ってObsidianで扱っているファイルと同じファイルを編集できるようにしています。

1Writer – Markdown Text Editor
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

そして、リストアプリのようにテキストを扱えるようにするにはなにが必要かを考え、

  • 行ごとの削除
  • 行ごとの移動

の2つが欠かせないということで、

にて、削除と上下の移動は可能にすることができました。が、もっとダイナミックに移動させたいという願望が出てきました。


リストアプリでは、長押しや「編集」ボタンを押すことで、項目のドラッグ&ドロップが可能になるものが多いと思います。で、これが結構大事でして。
タスクを、実行しようと思っている順に並べているのですが、実際はそれ通りにいくことはあんまりありません。時にはリストの項目を大きく移動させたい時が出てきます。そんな時に重宝するのがドラッグ&ドロップの機能なわけです。
でもこれをテキストエディタに求めるのは、つまり1行ごとにドラッグ&ドロップによる移動ができるようにするのは、なかなかに難しい。
でもやっぱり、大きく移動させる機能は欲しい。

ということで、「カット」と「ペースト」を気軽にできるようにすることで、ドラッグ&ドロップのような動きを可能にしよう、と考えました。

  • カーソル(選択)行をカット
  • クリップボードの内容をペースト

という2つの機能があれば、リストの項目を大きく動かしたい時は、動かしたい項目をカットして動かしてきたかった場所でペーストすることができるので、ドラッグ&ドロップ機能の代わりができるだろう、と。
実際に動きを見てみましょう。

移動させたい行にカーソルを持っていく。あるいは、複数行に渡る場合は範囲選択をしておき、カット。するとその行がカットされる。移動したい先にカーソルを持っていって、ペーストボタンを押せばそこに移動完了です。
この機能で、さらにテキストエディタの内容を1行ごとに操作することが、以前よりやりやすくなりました。

カーソル(選択)行をカット

var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];
var selects;
var selecte;
var linecount = 0;
var selectrange;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( s <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selects = i;
        selectrange = linecount - 1;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}
linecount = 0;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
if ( e <
    linecount + linetexts[i].length +1){
        selecte = i;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}

var before = -1;
for(let i=0; i < selects;i++){
    before = before + linetexts[i].length + 1;
}
var after = before;
if(before < 0){
    before = 0;
}
for(let i=selects; i < selecte+1;i++){
    after = after + linetexts[i].length + 1;
}
editor.replaceTextInRange(before, after, "")
var cutlines = [];
for(let i = 0; i < selecte-selects+1; i++){
    cutlines.push(linetexts[selects + i])
}
var cuttext = cutlines.join('\n');
app.setClipboard('\n' + cuttext);

クリップボードの内容をペースト

“`
var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];

var cuttext = app.getClipboard();

editor.replaceTextInRange(s,e,cuttext);
“`

テキストエディタ上のテキストを1行ごとに扱うことができるようになることが、iPhone上ではこんなに快適になるものなんだな、と驚いています。
ついでに、カーソル行をコピーするアクションも作りました。

カーソル(選択)行をコピー

var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];
var selects;
var selecte;
var linecount = 0;
var selectrange;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
if ( s <
linecount + linetexts[i].length +1){
selects = i;
selectrange = linecount - 1;
break;
}else{
linecount += linetexts[i].length + 1;
}
}
linecount = 0;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
if ( e <
linecount + linetexts[i].length +1){
selecte = i;
break;
}else{
linecount += linetexts[i].length + 1;
}
}
var cutlines = [];
for(let i = 0; i < selecte-selects+1; i++){
cutlines.push(linetexts[selects + i])
}
var cuttext = cutlines.join('\n');
app.setClipboard('\n' + cuttext);

  • カーソル(選択)行を削除
  • カーソル(選択)行を上へ移動
  • カーソル(選択)行を下へ移動
  • カーソル(選択)行をカット
  • カーソル(選択)行をコピー
  • クリップボードの内容をペースト

以上のアクションをカスタムキーボードに設定し、毎日使っています。

とても快適になったわけですが、1Writerで、たすくまのように「全ての行動を記録する」となると、行ごとの操作に加え、リピートタスクを設定し、それを簡単に呼び出せる仕組みが必要になってきます。全ての行動を記録する際、毎日やっていることに関しては、。毎日入力するよりもテンプレートで引っ張って来る方が明らかに手間が省けます。ましてや、たすくまのタスク数は大体40程度。それらを毎日入力するのは現実的ではありません。

そこで、1Writerにも、テンプレートを引っ張ってきてエディタ部分に入力し、たくさんのタスク名をいちいち入力しなくて住むようになりました。が、これはまた別の機会に。

テキストを「1行ごとのリスト」ととらえ、削除と移動を可能に〜1Writerカスタマイズ①〜

タスク管理アプリの多くは、長年使っている「たすくま」もそうですが「リスト」の形式をとっています。

1タスク1リスト(1タスク1行)の表示で、タスクがダァーッと並んでいる形式。
確かにこの形式は、タスク管理をする上で扱いやすいなぁと感じます。
リスト形式であれば、

  • 行の削除ができる
  • 行の順番の入れ替えができる

という機能を備えており、それがタスクを扱いやすくしてくれている要因ではないか、ということで、「やったことの記録がすこぶる取りやすいリストアプリ」のように、テキストを扱えるようにしたいな、という思いがわいたわけでした。
「アウトライナー」をタスク管理に利用している方も多くいられると思うのですが、それは、アウトライナーは行の削除と順番の入れ替えが容易であるというのも大いに関係していると感じます。

ぼくは、タスク管理に今はObsidianを使っているのですが、iPhoneでは、「1Writer」というアプリを使っています。

1Writer – Markdown Text Editor
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

1Writerはjavascriptを扱えますので、テキストを加工することができます。そこで、1Writerのjavascript機能を使って、

  • 行の削除ができる
  • 行の順番の入れ替えができる

という機能を実装しようと考えました。
そうして作成したのが、以下の3つのアクション。

  • カーソル(選択)行を削除
  • カーソル(選択)行を上へ移動
  • カーソル(選択)行を下へ移動

カーソル(選択)行を削除

var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];
var selects;
var selecte;
var linecount = 0;
var selectrange;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( s <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selects = i;
        selectrange = linecount - 1;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}
linecount = 0;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( e <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selecte = i;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}

var before = -1;
for(let i=0; i < selects;i++){
    before = before + linetexts[i].length + 1;
}
var after = before;
if(before < 0){
    before = 0;
}
for(let i=selects; i < selecte+1;i++){
    after = after + linetexts[i].length + 1;
}
editor.replaceTextInRange(before, after, "")

カーソル(選択)行を上へ移動

var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];
var selects;
var selecte;
var linecount = 0;
var selectrange;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( s <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selects = i;
        selectrange = linecount - 1;
    break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}
linecount = 0;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( e <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selecte = i;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}

var before = 0;
for(let i=0; i < selects;i++){
    before = before + linetexts[i].length + 1;
}
var after = before;
if(before < 0){
    before = 0;
}
for(let i=selects; i < selecte+1;i++){
    after = after + linetexts[i].length + 1;
}
editor.replaceTextInRange(before, after, "")
var cutlines = [];
for(let i = 0; i < selecte-selects+1; i++){
    cutlines.push(linetexts[selects + i])
}
var cuttext = cutlines.join('\n');

if ( selects == 0 ){
    editor.replaceTextInRange(0, 0, cuttext + '\n');
    editor.setSelectedRange(cuttext.length,cuttext.length);
}else if( selects == 1 ){
    editor.replaceTextInRange(0, 0, cuttext + '\n');
    editor.setSelectedRange(s - linetexts[0].length-1,e-linetexts[0].length-1);
}else{
    var before = 0;
    for(let i=0; i < selects-1;i++){
        before = before + linetexts[i].length + 1;
    }
    editor.replaceTextInRange(before-1, before-1, '\n'+cuttext)
    editor.setSelectedRange(s - linetexts[selects-1].length-1,e-linetexts[selects-1].length-1);
}

カーソル(選択)行を下へ移動

var text = editor.getText();
var linetexts = text.split('\n');
const range = editor.getSelectedRange();
var s = range[0];
var e = range[1];
var selects;
var selecte;
var linecount = 0;
var selectrange;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( s <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selects = i;
        selectrange = linecount - 1;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}
linecount = 0;
for (let i = 0; i < linetexts.length; i++){
    if ( e <
        linecount + linetexts[i].length +1){
        selecte = i;
        break;
    }else{
        linecount += linetexts[i].length + 1;
    }
}

var before = 0;
for(let i=0; i < selects;i++){
    before = before + linetexts[i].length + 1;
}

if ( selecte == linetexts.length-1 ){

}else{

    var after = before;
    if(before < 0){
        before = 0;
    }
    for(let i=selects; i < selecte+1;i++){
        after = after + linetexts[i].length + 1;
    }
    editor.replaceTextInRange(before, after, "")
    var cutlines = [];
    for(let i = 0; i < selecte-selects+1; i++){
        cutlines.push(linetexts[selects + i])
    }
    var cuttext = cutlines.join('\n');
    var before = 0;
    for(let i=0; i < selecte+1;i++){
        before = before + linetexts[i].length + 1;
    }
    editor.replaceTextInRange(before-1+linetexts[selecte+1].length-cuttext.length, before-1+linetexts[selecte+1].length-cuttext.length, '\n'+cuttext);
    editor.setSelectedRange(s + linetexts[selecte+1].length+1,e+linetexts[selecte+1].length+1);
}

おそらくあんまりキレイなコードではないと思うのですが、、、便利なのでよかったら使ってみてください。

で、これらによって、テキストを行ごとに削除したり移動したりが簡単になったわけです。でも、だいぶと便利になったのに、さらに欲が出てきまして。
もっとダイナミックに移動させたいようになってきました。

つづく