iPhoneではショートカットと 1Writerを用いて、Obsidianのデイリーページへ一発アクセス

Obsidianをガッツリ使っています。
Scrapboxのページの移行を終え、次はDynalistに書き溜めていることも全てObsidianに転記したいなぁと考えている今日この頃なわけですが、一方でObsidianにはモバイルアプリがないことにちょっと不便さを感じています。
そこで、1Writerを使い、Obsidianで扱っているファイルにアクセスし、閲覧・編集できるような状態にしており、その環境をさらに快適にしようと考えて、iOSのショートカットを使うことにしました。
やったことは、

  • 1Writerにて、Obsidianのデイリーページを一発で開くショートカットを作成したことと、
  • 自分で作成しているマンスリーページへアクセスするショートカットを作成したことと、
  • デイリーページのテンプレートを、1Writerで扱えるjavascriptで作成したこと

の3つ。

1Writerは、mdファイルを閲覧・編集できるアプリで、指定のファイルを開くURLスキームが提供されています。そのURLスキームを使えば、デイリーページを一発で開くことが簡単にできそうだ、と思い、ショートカットを作成し始めました。
Obsidianのデイリーページのタイトルは、「20201226」という、日付がそのままファイルのタイトルになっているもの。これなら簡単にiOSのショートカットアプリで作れます。
また、Obsidian上にはマンスリーページも作成しており、同じようにショートカットアプリでそのページにアクセスするアクションを作成し、ホーム画面に配置しました。
これで、デイリーとマンスリーにはiPhoneからでも即座にアクセスできるようになり、基本的には不自由なく閲覧と書き込みができるようになりました。

ただ、デイリーページにアクセスする事ができるようになったものの、このままではアクセスするためにはあらかじめデイリーページが作成されてないといけません。作成されていなければ、当然ページは開かれません。
Macでは、pythonを使ってオリジナルのデイリーページを作成するコードを書いており、基本的には毎日Mac上でそのプログラムを走らせ、デイリーページを作成するところから1日を開始します。
でも、特に休みの日などは、Macの前に座っている時間は少なく、朝にMacを立ち上げる習慣もありません。
そこで、Macをわざわざ使わずとも、iPhone上で同じ内容が記述されているデイリーページをサクッと作成できるようにしよう、と考えました。

1Writerには、javascriptを扱う機能があります。それを使えば、デイリーページのテンプレートを作成できそうだな、と思ったので、いろいろと調べながらプログラムを組みました。
デイリーページのテンプレートの中に、昨日と明日の日付へのリンクや、1年前・2年前の同じ日付へのリンクを入れておきたいので、プログラムを組む必要があったので。
それを、Macではpythonで、iPhoneではjavascriptで実装しました。
これで、MacでもiPhoneでもデイリーページを作成する事ができるようになり、かつそのデイリーページへすぐにアクセスできるようになりました。
専用のアプリはないものの、十分1WriterでObsidianのファイルを扱いやすくなったため、あんまり不便ではなくなったように、むしろ快適になったように感じます。
今後ますますObsidianを重宝しそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。

「メインはObsidian、その一部を切り出して公開する場としてScrapbox」にするために、Scrapboxの全ページをObsidianに移行

Obsidianをがっつり使っています。
過去に書いたものが今書いたものと関連づけられて表示してくれるところがやはり一番重要で、それに加えて自由に、好きなページを画面に並べることができていいので、色々となんでもかんでも書きつける場所として重宝しています。

同じようにページ同士が結びつくものとしては、Scrapboxがあります。
しばらくの間Scrapboxを色々と書きつける場所として使っていた期間もありましたが、ページをロードするのに少し時間がかかることが気になり、積極的に使わなくなって1年弱。Obsidianを使うようになって、新たな立ち位置が見えてきました。

Scrapboxでは、プロジェクトごとに公開か非公開かを選択することができ、ぼくは公開用のプロジェクト「book scrapbook」と自分用の非公開プロジェクトを使い分けていました。
基本的には、自分用のプロジェクトにあれこれと書いていき、そこから公開用のプロジェクトに書いたことの一部分を切り出す、というように、メインは非公開の方、そこから一部分を公開に切り出す、という住み分けです。
メインがあり、その一部分を切り出して公開する。
メインも公開用もScrapboxを利用していたのですが、どちらも同じScrapboxを利用しなければいけないわけではないのですが、ページを気軽にリンクで関連づけることができるツールはScrapboxしか知らなかったからそうしていました。
で、しばらくの期間を経て、自分用の非公開プロジェクトを使わなくなりました。
でも、引き続き公開用の「book scrapbook」には、少しずつ少しずつ書き加えていき、利用を続けていました。

そして、このたびObsidianというアプリを知り、使い始めたわけです。
使ううちに、じわじわと気に入り、Obsidianだったら、以前Scrapboxでやっていた運用、つまり、メインがあり、その一部分を切り出して公開する、という方法が同じようにできそうだという風に気づいたわけです。
メインはObsidianに、公開用としてScrapboxを利用する、という体制に。

Scrapboxには、使っていた当時に書き溜めていたページが2000を超えるほどあります。それらは、リンクによりお互いにつながり合っています。エクスポーとができるので、その気になればScrapboxの全ページをObsidianに移行することができます。
やるっきゃない、と思いました。
移行方法は無茶苦茶力技です。
Textwellを使っていた頃に、正規表現を用いた置換でテキストをいじるということをよくしていたので、Scrapboxから吐き出されたjsonファイルをごにょごにょと書き換えることはできます。
で、ちょろっと調べれば、AppleScriptを使えばmdファイルを作成することができそうなことがわかりました。
じゃあ、Scrapboxから吐き出したjsonファイルを、AppleScriptでファイルを作成するような記述に書き換えてしまえばいけるんじゃないか。
ということで、なんとかその方法でScrapboxの非公開用のプロジェクトに眠っていた2300あまりのページを全てObsidianに移行することができました。
これで、何かを二重ブラケットで囲んでリンクにすると、今までとはまったく比べ物にならないほどの数のページと即座に接続されるようになりました。
つながるページの量は多ければいいというわけではありませんが、これまで書き溜めたけれどもしばらくはお目にかかれなかったページに再開できるようになったことがいいなぁ、と感じております。
今後はObsidianを中心に、Scrapboxに切り出したり、ブログに公開していったりできればな、と考えています。

では、お読みいただきありがとうございました。

自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

Obsidianを使い始めてから、かなりの部分をObsidianに任せるようになってきました。
Obsidianというのは、mdファイルを扱うテキストエディタです。
かなり気に入っており、なんでこんな「これえぇなぁ」と思うのか考えてみると、

  • 自由に、好きなページを画面に並べることができるのはいいことだ

ことが大きい、ということに気づきました。

Scrapboxで、ページ同士が気軽につながる威力を知り、Obsidianでも簡単にページ同士をリンクさせることができるので、まずそこが入りで使い始めました。
で、気に入ったのがそこだけなら、Scrapboxでも同じことできるやん、ってなるわけです。
でも、だいぶと使用感は違う。
どこの違いが一番大きいか、というと、ページを並べることができることだ、という結論に行き着いたわけです。

しかも、Obsidianでは、ただ単にページを並べられるだけではなく、サイドバーの中にページを置くことで、中央に表示するのとは違う働きをしてくれるようになります。
サイドバーに配置しているページの中のリンクを踏めば、メインの表示が、中央に表示しているページがそのリンク先のページに切り替わる。
一方で、メイン表示のページ上のリンクを踏めば、メイン表示がリンク先のページに切り替わります。
という風に、メイン表示のページとサイドバーに表示しているページとで、リンクを踏んだときの挙動が変わり、違う役割を持たせることができ、それがとても使いやすい。
自分の好きなものを中央やサイドバーに表示できるので、自分が使いやすいように画面の表示構成を調整できる。そこがObsidianのとても大きいな利点であると感じます。

で、Obsidianではさらに、メイン表示のページに連動してGraphやBacklinkが切り替わってくれます。小気味良く。
あ、ちなみに、「Graph」というのは、今開いているページとリンクでつながっているページたちを平面に配置して表示してくれる機能で、「Backlink」は、他のページ内で今開いているページにリンクを貼っている部分を表示してくれる機能のことです。

Image

これらの機能により、ページ同士のつながりを把握することができるというわけです。

Obsidianの特徴や優れたところは他にも色々とあると思うのですが、細かい部分でもかなり利用する際に決め手となりそうなのが、自由に、好きなページを画面に並べることができるところ。
今後も自分にあった状態を考えつつ、使っていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。