iPadのノートアプリは、書き心地のいい「NoteAlways」と「NoteShelf」を使い分け

というように、iPadApple Pencilを手に入れて使っているうちに、考えるときの強い味方になってくれています。
紙に手書きの場合、紙質やペンによって書き味・書き心地というのは大きく変わるように、iPadの場合はアプリによって書く感覚が変わってきます。
いくつかのアプリを試し、ぼくが今主に使っているのは、「Note Always」と「NoteShelf
この2つのアプリを使う最大の理由は、「描かれる線の形」と「書いた後の仕上がり」がとてもぼくの好みってところに惹かれてのこと。
手書きアプリでは「GofdNotes 5」が人気ですが、どうしても線の形と仕上がりが好みではなく、使う気になれないので、購入はしたものの使っていません。

一番書いていて気持ちいいのは、Note Always。仕上がりも好みな感じで、何か考えるときにはこのアプリを使います。

Note Always

Note Always
開発元:Always Sunny Ltd.
¥1,840
posted withアプリーチ

エクスポートやバックアップ、ノートの管理などの面では、NoteShelfやGofdNotes 5にかなり負けるものの、書く気持ちよさは断然上。
考える時に取り出す、一枚の紙のような存在。
マインドマップを描くのもこのアプリですし、考えるときの強い味方です。

何かテーマを決めたノートを作成する場合は、NoteShelfを使います。

Noteshelf

Noteshelf
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,220
posted withアプリーチ

Note Alwaysが「一枚の紙」とすれば、NoteShelfはまさに「ノートブック」的な扱い。例えば、授業ノートや、問題演習のノートとかに使っています。
また、書いたもののコピーや他のアプリへの貼り付けなどがスムーズに行えるのもいい。
書いてるときの気持ちよさもなかなかのものなので、鉛筆やペンの、2番目の細さがおすすめです。

本来であれば、一つのアプリに絞りたいところですが、けっこう明確に両者の役割が確立しているので、両方使うのがいいかなーと思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 255
Apple Pencil (第一世代)
Apple Pencil (第一世代)

posted with amazlet at 20.01.25
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 10

マインドマップはもはや、iPad一択に

マインドマップをよく書きます。
ぼくはどうやら、言葉を平面上に配置して整理したり、あれこれ考えたりしたほうが思考が活性化されるようなので、ノートや紙に手書きであれこれ書きながら考える、というのが好きです。
ちょっとうーんと悩むことや、よくわからんなーと把握し切れていないことがあるとき、紙に書き出して平面上に思い浮かんが言葉を配置し、考えていくと、かなーりスッキリします。
そんな性質があるので、マインドマップとの相性はもちろんいいわけで。

よく用いるのは、A4サイズの裏紙。廃棄の用紙が出れば裏面になにも書いていなければとっておくので、ストックが山のようにあります。
ただ、それもまったく消化が追いつかなくなりそうです。というのも、手で書いてなにかしら考えるときに、紙を使わなくなってきたから。
手書きをしなくなったかというとそうではなく、iPadApple Pencilを使っての手書きに置き換わりました。

手書きで思い浮かんだことを書き出し、あれこれ考えていくときに一瞬立ち止まるのが、思い浮かんだことをどこに配置するのか?というのに思考を持っていかれるとき。
どこに配置するかはけっこう大切で、紙にペンで書いている場合、再配置ができないので少し書くのが慎重になってしまいます。
平面上に配置しながら考えることは、どこに配置するかも併せて考えることに他ならないので、確かに大切でしっかり考えるべき部分ではあるものの、それを動かせないのはまた話は別で。ミスが許されないのは必要以上にブレーキになってしまいます。

  • どこに配置するかちゃんと考えてから書く。けど、いざとなれば位置を移動することができる。

理想は書き出した後でもあれこれいじることができること。
紙では無理だった、もしくはやろうと思うとかなり手間だったこの作業が、iPadではいとも簡単に行うことができます。
動かしたい言葉を選択して、つつつーっと目当の位置まで持っていくだけ。
配置しては修正して、ペンの色を変えて書き加えて。
そういう作業が、スムーズに行えるので、マインドマップのような、平面に言葉を配置していく際には、もう紙とペンはほとんど使わないかもなぁ、なんて気がします。

なんと言っても、Apple Pencilの役目は大きい。
紙にペンと大差なく文字を書いていけるからこそ、じゃんじゃん書いていこうってなります。これまでのスタイラスペンでは、どうしてもストレスなく書くってのがなかなかできなかったので。

マインドマップを書いたり、平面上に手で字や図を書きながら考えることが好きな人には、iPadとApple Pencilはすんごくオススメやなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 216
Apple Pencil (第一世代)
Apple Pencil (第一世代)

posted with amazlet at 20.01.24
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 13

iPad+Apple Pencilで、書きながらあれこれ考えるのが快適

何かについて考えるとき、どうしてもなにかしらの紙とペンが欲しくなります。
文字を書いたり、図を書いたり、線をひっぱたり、言葉を平面状に配置したり、リスト形式で書いてみたり、矢印で結び付けたり。
そういうのを自由に、考えの赴くままにおこなうことができるのが、紙とペン。これに勝るものはない。
そう思っていました。

iPad Pro 10.5インチとApple Pencilはずっと欲しくて、思い切って買うまでは、どうしてもApple Pencilの書き心地えの疑いが晴れず、優れてるとはいえ紙にペンと比べてしまってなんだか違うなぁってなるんやろうなぁと思っていました。
実際、書き心地を比べてしまえば、紙にペンには勝るわけはないのですが、書くことにストレスを感じるかというと、まったくそうではない。むしろ思い通り書けて、インクのつき具合が好みのアプリを使えば心地よささえ感じるほど。
加えて、紙とペンより優れた部分もあるわけで。
つまり、iPadとApple Pencilには大満足です。

今では、何か考えるときに必要だった紙とペンだったのがiPadとApple Pencilに。
板書計画やマインドマップとiPad+Apple Pencilの相性は抜群」でも書きましたがまず、

  • 配置の移動

ができるのがいい。紙なら、書いて消してまた書く必要があるのが、サクッと一発でできる。
特に、紙面に言葉や図を自由に配置しながら考えるときに役立つので、マインドマップとの相性もいい、ということでした。

  • 1本のペンで色々な色・ペンを使い分けられる

のもやっぱり魅力的です。
書いた後から色を変えることができるのも重要なポイント。
配置といい色といい、「書いても後から変更できる」のが、書きながら考えることととてもマッチしていて、紙とペンで考える以上のものを感じます。

  • 書いたもののコピーが簡単

なのも、紙とペンにはない魅力。
図を簡単に複製したり、次のページに引き継いだり。

以上3点が、考えるときに便利だなー、紙より優れてるなーと思うところ。
Image
これらの機能を使いながら、書きながらあれこれ考えることが増えています。

もちろん、紙にペンで書くことやノートも好きですし、紙やノートにしかない良さももちろんあるわけで。
なので、もちろん考えるときに紙とペンを使うことはまだまだありますし、だから手帳は紙のノートを使うことに決めましたし。
いずれ、それらについても書けたらいいな、と思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Note Always

Note Always
開発元:Always Sunny Ltd.
¥1,840
posted withアプリーチ
Noteshelf

Noteshelf
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,220
posted withアプリーチ

板書計画やマインドマップとiPad+Apple Pencilの相性は抜群

iPadApple Pencilは、紙にペンと遜色ない文字が書けます。
書き心地は紙に及びませんが、スラスラと思い通りに線が書けるので、とても優れた手書きのデバイスなのは間違いない。
なのでぼくは、数学を勉強する際はiPadを使うようになりました。
加えて、授業板書計画もiPadのノートアプリで立てています。あと、マインドマップとも相性は抜群だと思います。
それは、「書いたものの配置を後から動かすことが可能なので、自由に決めることができる」から。

ぼくは教員をしているので、授業の際に黒板をどう使うか考え、その見本を手元に置きながら解説していきます。で、あらかじめ立てた黒板をどう使っていくかの計画(板書計画といいます)に習って黒板に文字や図を書き、説明を加えていくのが基本的な授業のスタイルになります。
その板書計画を立てるのに、iPadに手書きがすごく役立つんです。
板書計画を立てるときは、授業を展開するときに、黒板のどこに、どのタイミングで何を書くか考えていくことになります。
「ここにこれを書こう、で、その後、ここにこれを書く。いや、さっきのはやっぱりこの位置の方がいいかな」みたいな、書いたことの配置を変えたくなるときが多々あります。
紙のノートの場合、そういうときは、一度消しゴムで消して、同じのを別の場所に書く、ということになるのですが、これがiPadのノートアプリであれば、範囲選択をして、移動させるだけで済みます。
紙のノートのときは、とりあえず頭の中で考えて→実際に配置してみて、という流れだったのですが、iPadだと、とりあえず書いて配置してみて→考えて、になりました。

マインドマップを書く際も、この機能は役立ちます。
紙に手書きのマインドマップでは、書くときにはどこに配置するか決めておかねばならず、後から移動させることが難しい。
けど、iPadであれば、書いてからでもいい感じのとこに移動させることができます。
考えるよりも先に手を動かし、でじっくり書いたものについて吟味ができるんです。

というわけで、何かを考えたりするときも、iPadはかなり有効である、というお話でした。

では、お読みいただきありがとうございました。

Noteshelf

Noteshelf
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,220
posted withアプリーチ