健康って大事。わかっちゃいるけどなかなかなもんで

ブログを昨年の10月から毎日更新していたのですが、数日間更新ができませんでした。
数検1級合格を目指して数学の勉強も毎日コツコツと進めていましたが、それも数日間できない始末。
体調不良が原因です。

それまではとても順調でした。
毎日数学の勉強をし、毎日ブログを書く日々。1日も途切れることなく取り組めていましたし、「絶対毎日やっていこう」という決意も効果を発揮し、実際に毎日取り組むことができていました。が、取り組むがゆえに、睡眠時間が削られていたのもまた事実で。

数学とブログ、合わせて1時間ほどの時間を使います。
10月に取り組み始めるまでは、その1時間という時間は特に何も取り組んでおらず、取り組んでいないために「睡眠」に使うことができていた時間だったわけです。
加えて、身体が痒くなる体質なのですが、それが何が原因かわからないのですがここ3、4ヶ月悪化していて、寝ていても起きてしまうほど痒みには悩まされている状況でして。それも睡眠時間を削り、睡眠の質も下げてしまう結果に。

自転車で通勤しているため、運動はそれなりにできています。が、睡眠の量と質は明らかによくない日々がだいぶ長いこと続いており、案の定体調を崩してしまう結果に。
ただの風邪だったのですが、治るのに5日くらいかかってしまい、その間、ブログの更新も数学の勉強もできなかったというわけです。

体調を崩すと決まって感じるのが、健康でいることの大切さ。
ちゃんと家族と楽しく過ごすことができるのも、ちゃんと仕事ができるのも、ちゃんと本が読めてブログが書けて数学が学べるのも、健康あってのこと。
体調不良に陥るたびにそのことを実感し、日々の改善を意識するわけですが、実際に改善できることは少なく、できたとしても長続きしなかったり。

いいかげんいい歳になってきたので、これまでみたいに思うがまま過ごすのではなく、「転ばぬ先の杖」を装備できるようにならなければなーと。
これは今後ますます大事になってくると思うので、今年の目標の一つとして、転ばぬ先の杖を、予防を、自分の体の手入れを真剣に取り組んでいきたいな、と思います。こういう予防することや整備することにけっこうな苦手意識があるのですが、そうは言ってられないので、ぼちぼちと苦手を克服していきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

「全体の構成を考える」段階が好き

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」決行のために、Dynalistを使って、連載にて書くことの構成をかんがえています。やっていて思うのですが、ぼくはこういう作業がほんとに好きみたいです。
授業準備とかでもそう。全体の構成を、流れを考えるのが好き。
授業は基本的に、ある単元を伝えるために複数回の授業を行っていくことになります。なので、新しいところに入るときには、最終的にどこに持っていきたいのか、どこを到達点とするのかを考え、そこに至るために何をどうやってどんな順番で伝えていけばいいか考えます。この、全体の構成を考える段階がやってて楽しい。到達したいところに至るための仕掛けをあれこれ考えて、思い浮かんだアイデアを実際に当てはめてみたらどうなるかをシミュレーションし、あーでもないこーでもないと考える段階です。

連載をするために全体の構成を考えることも、授業の構成を考えるのとよく似ています。何を伝えたいかをベースにどうやったらうまいこと伝わりそうか考え、伝えるための仕掛けはないか模索する。
で、一つ授業と違うところは、目標とする到達点が変化しちゃうこともあるというところ。
どうやったら伝えられそうか考えるうちに、実は伝えたいことは当初考えていたこととは違うかもしれないと気づく。で、再度その線で練り直してみるとしっくりきたり。

授業でもブログの連載でも、全体の構成を考え、全体像を掴み、そこから一回一回の部分を固めていく。
時間はかかれど、きっと一回一回を行き当たりばったりに進むよりもいいものができるのではないか、いいものができることを信じて、ちょっと時間をかけていきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

全体の構成がまとまるまでは連載を開始できなくなっちゃって更新もおぼつかなくなりそうなのが、「何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」のデメリット

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦」を決行するために、何について書こうかなーと悩んでいるところ。
で、1日のうちの30分ほどをブログの時間として割り当てていて、当然ブログで何についての連載を開始するのか、全体の構成はどうするのかは、その割り当てられたブログの時間に考えるわけです。もちろん、そんな簡単に書くことは定まらず、構成を練ることもできず。となると、割り当てられたブログの時間に、今日更新するためのブログを書くことができなくなるわけで。別途、時間が必要になってしまいました。
ネタに困らず、いつもよりもスムーズは更新を目指して始めたことが、かえっていつもよりも時間をかける必要が出てきてしまったっていう。

ブログでの連載を、いきあたりばったりではなくちゃんと全体の構成を考えた上で書き始めるためには、当分はブログにかける時間がいつもの倍くらいになってしまいそうだな、と思っています。おそらく、連載が始まってしまえばそこからはいつもみたいにネタに困ることもなく、その分ブログの時間も短縮できそうではありますが、連載を始める下準備の期間は、日々の更新がいつもよりもきつくなるっぽいです。実際今日も、いつもの割り当て以上の時間がかかる中、ブログを更新しているところ。

時間はかかりますが、普段のブログの書き方とだいぶ違ったことをしているので、楽しい。楽しみながらあれこれ考えて、何について、どんなながれで、どう書くのか、を定めていければなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

何かの連載をして、ブログのネタに困らなくなっちゃおう大作戦

ブログ、毎日書くためには書くためのネタが必要で、でも日々ポンポンネタが出てくるタイプではないので、何を書こうか毎日悩んでる。
どうすれば悩まず書き始めれるかなーと考えると、そうや、連載をすればいいんか!となった。

これまで何度か、一つのテーマに絞って複数の記事を書いていく、ということをしてきた。

他にもありそうやけど、挙げていったら結構な数。
でまぁ、これらは基本行き当たりばったり。ざっくり書きたいことの流れはありつつ、頭の中だけで考えて、書きたい順番で書いてた。けど一度、あらかじめ全体像を固めた上で書き進めてみるのもいいかもと考えていて、今回はそれをやってみようかなと。行き当たりばったりではなく、一度書き出して構成を練ったから書き始めてみるのを。
全体像を固めることができれば書くことに困らなくなるので、毎日「何書こう?」と考える必要がなくなる。

ではぼくに何が書けるのか。ぼくは何が書きたいのか。おもしろそうな連載はなにか。

今までに書いたことのある内容ばかりかも。もっと冒険してみたい気もするけど、果たしてどうしたもんか。

では、お読みいただきありがとうございました。

アイデアは、実行してみると想定とは違ってくることは多々あるものの、だからこそ書き残しておいて実行に移してみたくなる

Scrapboxでブログを書いてみるのはどうか?というメモを、2年以上前にしていた。

文章を育てながら、適宜リンクをつけていく。と、そのリンクに紐付けされている他のページが画面下部に表示されていく。そこから新たな着想を得ながら、書き進めることができるんじゃないか、と思って。

今、ブログのほとんどを、Scrapboxで書いている。ブラケット「[]」でリンクをつけて、ページ下部に表示される関連ページを利用して書く、なんてことはまったくしていない。
確かに、ブラケットによってリンクをつけながら書いてはいるけど、下に表示されるページはほとんど参照していない。

詳しく説明するタイミングでない事柄なんかをリンク化して新たなページを作成し、あとでそのことについて解説していく、みたいな方法で、書き進めていく。

これは、やってるかも。ただ、あとでそのことにつきて解説ってのはしてなくて、リンク化することを繰り返す中で同じ言葉をリンク化することが出てきて、それらがつながっていくという感じ。

Scrapboxでブログを書いてみるのはどうか?と考えて、実際にどう書いていくのが良さそうか想定して、メモを残した。けど、実際にScrapboxでブログを書くようになったけど、そのとき想定されていた書き方ではない書き方で、毎日ちまちま書いている。
アイデアとして書き残しておいたけど、実際にやってみると全然違った。きっと、こういうことなんやなーと思う。

最近よく来年度の授業のことを考える。
今の実情を見ていて、授業の形態を大きく変えたいという気持ちと、改善のためのアイデアを持っている。変えるためには、自分だけでなく、他の先生の賛同が必要で、ただ、反対の意見が多い。
ぼくの案はあくまでもまだやってみたことのないアイデアでしかない。成功するかどうかわからない。、きく変えるので、成功する見込みは全然ないっちゃない。
実際アイデアを試してみても、全然違うところに着地するかもしれない。たぶん、そうなる。
けれども、やってみないことには、アイデアは実行に移してみないことにはどうなるかわからない。からこそ、アイデアはどんどん残しておきたい。
来年度は無理にしても、なんとかアイデアを試してみる機会を作っていきたいな。

では、お読みいただきありがとうございました。

「アウトラインを組み替える機能」が、ブログの更新を支えてくれている

キーボードをパタパタと打ちながら、文章を書きながら考えるときには、アウトライナーは必須やと思う。アウトライナーとは、

  • アウトライン表示の機能
  • アウトラインを折りたたむ機能
  • アウトラインを組み替える機能

の3つを備えているテキストエディタ、とする。

そんなに大掛かりな文章を書くのでない限り、この3つのうち「アウトラインを組み替える機能」がかなり大事になってくる、と思う。

考えているとき、思考は一直線に結論に至るわけではなく、フラフラしながら、ときには今考えていることとちょっと関連なさそうなこととかが思い浮かぶ。そういうのんもとりあえず書いていく。で、さらに考えつづける。
となると、あとから書いたものの上下を入れ替えたり、インデントによってグループにしたりという操作が必ず欲しくなる。

手書きのときには、いろんなところに思い浮かんだことを配置することである程度結びつきの強弱を表現しやすい。思い浮かんだその都度配置することができるので、紙にペンで書くような、あとから修正できない場合でも、書くときにちょっと考えて良さげな位置に言葉を配置することで、グループを作ったり関連するものは近くに書いたりってのができる。
アウトライナーというかテキストを打ち込んでいくときには、書いた文章は必ず1列に並んでいくことになる。思考が理路整然としていて、浮かんだことをそのまま書いていけばそれでちゃんとした文章になるのならいいけど、なかなかそうはいかない。なので、書いた後に組み替える作業が必ず必要になってくる。で、組み替え作業が「自由に」「簡単に」できなければ、考えることの妨げが大きくなってしまう。

もちろんその組み替え作業は、キーボードショートカットにて操作したい。いちいち画面をタップしたりマウスを操作したりしたくはないので。

大掛かりな文章を書く際には、折り畳みの機能やフォーカスできることも必要になってくるものの、毎日のブログ程度であればそこまでは必要ないかな、と思う。
「アウトラインを組み替える機能」、つまり書いたものの順番を入れ替えたり移動したりできる機能は、サクッとお手軽目に書きながら考えるため、ブログを毎日更新するための強い味方になってくれている。

では、お読みいただきありがとうございました。

毎日更新して100日目という記事を書いてる間に、気づけば更新できたわけについてつらつら書いていました。

ブログの毎日更新をしはじめて、100日が経ちました。このエントリが、記念すべき連続100回目の更新、ということになります。
とはいえ、100という数字には、なんの意味もないわけで。99でも、101でも、連続で更新している日数をただカウントしているだけ。でもやっぱり、100日連続で更新できたってのはけっこう嬉しいわけです。

ぼくは、書きたいことがいっぱいあって困る、というタイプではありません。毎日、なにについて書こうかなーと悩んでいます。悩んでいるうちに時間が経ち、結果睡眠時間を削る、なんてことになることもしばしば。今日もそうなってます。なにについて書こうかなーと考えているうちに15分くらい時間が経ってしまっていました。
また、文章をキーボード入力しながら考える、というのがあんまし得意じゃありません。手書きしながらあれこれ考えるほうが断然好きです。なので、ぼんやりとしか見えていないことについてダァーッと書いていくってことがなかなかできない。それができる人は、とりあえずテーマを決めて書き始めれば、いつしかエントリが仕上がっている、なんてことがあるのかもしれません。げに羨ましい。

ただ、書きたいことが毎日ポンポン浮かんでこなくても、文章を打ち込みながら考えることが得意でなくても、なんとか毎日更新してこれたのは、そう決意したから、という他にありません。ブログの毎日更新を、決定事項としてしまったんです。
当然、ブログを書くのに時間がかかってしまうこともあります。なかなか書き始めることができないこともあります。なにについて書くのか定まらず、考えているうちに想定の時間をオーバーしてしまうこともあります。
ただ、「更新する」という決定事項を日々こなしてきただけで。
なにかを習慣にするときには、「決定事項にするって」かなり大事だと思うんです。
決定事項にすることで、やるかやらないか考える余地をなくすことができる。それだけで、継続できる確率はかなり上がります。

あと、特に報酬を求めてないってのも大きいかもしれません。
別にね、毎日更新したってなにが起こるってわけでもないわけです。毎日更新してもしなくても、このブログを読んでくれる人が劇的に増えるわけでもありませんし、なにかすごいいいことが起こるわけでもありません。それははじめからわかってたことなので、別になにも求めていないんです。完全なる自己満足。書きたいなーと思って、書くぞと決定事項にして、せっせと書く。そういうのが、すごく大事だと思います。

とまぁ100回記念とか関係なく書きましたが、今後もちょろっとの時間だけこのブログを読むことにあてていただいて、ちょろっとでも楽しんでもらえれば、何かの役に立ってくれればいいなぁ、なんて考えながら書き続けていくことに意味があると思いつつ、今後も更新を続けていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

マップ思考とライン思考

書き出しながら考えるとき。
文章を平面に配置しながら考えるのが好きな人と、1列に並べて考えるのが好きな人。どちらかに分かれるとまではいかないまでも、好みがどちらかってあると思う。
やっていることは、平面に配置するか縦一列に配置していくかの違い。書きつつ場所を移動させたり、塊を作りながら思考を進めていくという点では似ている部分も多い。
けど、見え方が違えば考えることにもちょっと影響してくるわけで。おそらくは、どちらも使いながら考えるってのをするのが良さそう。

ぼくの感覚として。
基本的には、平面に配置していく「マップ思考(と今名付けた)」のほうが好き。
なにか考えようと思うと、紙を(今ではiPadを)とりだす。あれこれ書き付け、平面上に配置しながら考え、頭の中にぐちゃってなってたものを整理していく。
考える第一歩は、マップ思考のほうがいい。
縦一列に配置していく「ライン思考(今名付けた)」は、次の段階ってイメージがある。マップ思考したものを横目に、次読み返してもわかるかたちに整理していく。文章を書くときの思考って感じがある。
マップのままでは後々見返してもよくわからない可能性がある。それを一つの文章にしておけば、読み返した時も理解できる。
で、書いているときは、マップ思考を文章化しているだけかというと、そうじゃない。順番を入れ替えたり、書き進めたりしていると、それまで思いつかなかったことにふと気づくことがあったりする。一つの文章にしているときにも、また考えは進んでる。

ぼくの場合は、マップ思考→ライン思考がいい感じなので、ブログを書くときもだいたいはこの流れ。
ただ、ライン思考からスタートして一つの文章に仕上げていくほうがしっくりくる人も多いと思うし、本のような大きな文章を書くときには、マップ思考もライン思考もまた違った役割を担うんやろうなーとも思う。
マップ思考とライン思考。平面に配置するのんと列に並べるのん。好きな方使って考えればいい。

では、お読みいただきありがとうございました。

エディタ に求めることと手書きに求めること

何か文章を書いているとします。キーボードでぱたぱたと。とりあえず頭に浮かんだことをもとに、組み立てていくとします。ぱたぱたぱた。
書いてると、順番を入れ替えたくなったりします。特に、頭に浮かんだことをとにかく書き出しているときには。
で、こういうことって、文章を書いているときには良く起こることだと思うのです。
一部を修正したい場合もあれば、文章の順序を入れ替えたい場合もあり。
文章を書くというのは、文章を一列に並べていく行為です。一発でその順序がバッチリ定まる、ってことの方が少ない。
なので、文章を書くツールには、行を移動させる機能ってのは必須でないかな、と思うわけです。

で、これは、手書きで頭に浮かんだことを書き出していくときにも同じことが言えると思います。
頭に浮かんだことを、手書きで書き出していきます。書き書き書き書き。
書いてると、配置を移動させたくなったりします。特に、頭に浮かんだことをとにかく書き出しているときには。
頭に浮かんだことを手書きで書き出していくというのは、文章を平面に配置していく行為です。一発でその場所がバッチリ定まる、ってことの方が少ない。
なので、手書きするときにも、書いたものを移動させる機能ってのは必須でないかな、と思うわけです。

それを今までは、情報カード付箋でやっていました。少しの手間を受け入れて。
今は、iPadApple Pencilです。
使えば使うほど、手書きで考えるときの心強い味方やなーと感じます。

では、お読みいただきありがとうございました。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 159
Apple Pencil (第一世代)
Apple Pencil (第一世代)

posted with amazlet at 20.01.29
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 12

どうやら、仕組みや仕掛けを「考える」ことが好きなようだ、と気づいた

最近気づいたこと。ぼくは、「仕組み」や「仕掛け」を考えるのがどうやら好きだ、ということ。
これが、けっこう大きな気づきではないか、と思える。というのも、いろいろ腑に落ちたから。

来年度、仕事が大きく変わる。
うまく進めていくことができるか自信がなく、おそらく今その仕事をやっている人と同じような方法では、きっとぼくには難しいやろうな、と感じている。なので、今のうちから仕事内容や手順を整理し、自分でもできるような形に整えようとしているところ。
で、自分でもできる形にするというのは、誰にでもできる形にする、ということ。そんな仕組みを考えるのに一生懸命になってる。

また、ふとしたことから数学の授業カリキュラムに目がいき、どうしたらもっと学んだことを身につけてくれるか、少しでも役立つものにしていけるかってのを考えるのに、気づいたら熱中していたり。
数学を3年間というスパンで身につけられるような、それを正当に評価し、フィードバックする仕組みはどんなものか。
得意な生徒の力を伸ばし、同時に、苦手な生徒の基礎・基盤を固められるようにはどうすればいいか。

で、ここで気づいた。仕組みを考えるのって、タスク管理がまさにそうやないか、と。
自分の弱点を踏まえつつ、日々がうまくまわっていくような方法を考える。毎日のことなので、その方法が難しかったりしたらいけない。自然とできるような形でなければ。
そういう仕組みを、いっつも考えてる。長いことずーっと考えてる。勝手にうまくいく仕掛けを考えては試してみてる。

うまくいく仕組みや仕掛けを考えるのが好き。
これに気づいたことは、些細なことのようでけっこう大きい出来事、のような気がしたり。

では、お読みいただきありがとうございました。