「一個人の、知的生産・タスク管理の技術」まとめと感想

長いこと続いた「一個人の、知的生産・タスク管理の技術」連載も今回で終わりとなります。
知的生産においても、タスク管理においても、まず大事なのは「とらえる」ことだと思っています。特にぼくは覚えるのが苦手なので、ちゃんと書いておかないとどこかに忘れ去られてしまう。
頭に浮かんだ「あれやろう」や「こんなんどうやろう?」や「覚えとかな」、「あれやって」や「こんな風にやればいいよ」と指示されたこと、やってみたことに関する感想や反省点などなど、とりあえず書いて「とらえる」。
そして、そのとらえたものたちをどうするのか、というところが、個人個人のタスク管理や知的生産が担っている部分かな、と思います。
そういう観点で、今回の連載では、とらえたものの扱いを、「タスクスケジュール」と「その他メモ」に分けて、書き連ねてきました。全体的にざっくりとした話が多くなったかなと思いますが、全容は語ることができたのではないかなーと思います。

今回、連載の全体像をあらかじめ考えてから書き始めてみたわけですが、それがかなり功を奏したなーと感じます。というのも、もうすでに話の流れができているので、日々の更新では自分が書きたいなーと感じるところまでをとりあえず書いちゃって更新しちゃう、結構中途半端でも「これくらいでいこか」と思ったところで区切って更新できるというメリットがありました。
いつもであれば、一応結論めいたものを最後に書いて締めにする、というのが必要なので、そこに案外時間を取られたりするのですが、連載、しかも次の話の展開が見えている連載では、まぁこんなとこで区切っとこかーと自由に切り上げることができるので、気軽に書きあげることができました。
もちろんあらかじめ考えたようには話が進まなかったところもありつつ、な感じだったのですが、更新はいつも以上に気軽にサクッとできたように思います。

一番はじめのエントリでも書きましたが、いろんな人が、自分自身のやり方をどんどんシェアしていくとどんどん面白くなるのでは、一個人の方法がたくさん出回ることで多様さが増し、いろんなひとにとって参考になる方法が増えていくのではないか、と思っているので、みんなどんどんどんな風に日々のタスク管理をしているのか、ブログを書くときにはどういうツールを使ったり、どんな流れで仕上げているのか、なんかを書いて教えてほしいなーと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

数学を「わかる」ことと「解ける」こと

数検1級合格に向けて、毎日短い時間ではありますが、数検に向けた勉強をしています。毎週の数検の勉強報告をやめた後も、勉強は続けることができています。
今までちゃんと勉強する機会のなかった「微分方程式」について学んでいるのですが、理解することよりも問題を解くことができることを重視して、演習主体で学んでいます。
「わかる」ことよりも「解ける」ことを重視した勉強をしている、ということです。

数学を「わかる」ことと、数学の問題を「解ける」こと。この2つって全然違うよなぁと感じます。
わかっていても問題を解けないことはありますし、解けても全然わかっていないことがあります。どちらかというと、解けてもわかっていないことが多いかな、とは思いますが。

大学受験で志望校への合格を目指して勉強していたときは、「解ける」ことに重点を置いていました。「なんで?」の部分に納得がいっていなければ前に進めないこともありましたが、どこかでその気持ちには折り合いをつけて、試験前は問題の演習をメインとする勉強をしていました。
大学に入った後からは、「わかる」「理解する」ことに主眼を置いた勉強が始まりました。特に、ゼミが始まったあたりから、その傾向は一層強くなり、数検に向けた勉強を始めるまでは、解けなくてもいいから理解しよう、理解することが大事だって気持ちで未知の分野を学んだりしていました。つまり、10年以上「解ける」ことは重視していなかったことになります。
でもね、数検を勉強しだしてからは、やっぱり「解ける」ことも大事なんだろうな、という気になっています。それは、理解するだけではなかなか身についていかないから。
大学院を卒業してからも、不十分ながら数学を勉強する時間をとっていました。その中で、新たに理解したことや、知識を蓄えたことはあります。けど、それがなかなか広がりを見せないというか。高校数学の範囲は、全体像をちゃんと把握できている感覚があり、互いの分野の結びつきを掴むことができていると感じる。けれども、大学に入ってから以降に学んだことは、確かに難しいからって理由はありますが、高校数学のように全体を把握した感覚が、いつまで経っても得られないんです。
これは、「解ける」ものが足りていないんじゃないかな、と。

そういう意味で、今数検の合格を目指して「解ける」ことを重視して学び進めているわけですが、これがちょっとでもいいから、自分の中の数学の世界を広げてくれることにつながればなーと思ったりしています。

では、お読みいただきありがとうございました。

「数検1級合格まで」の週間報告をやめて、日曜日もふつーに書きます

日曜日に、1週間の記事まとめと数学検定1級に向けた勉強の報告エントリを毎週書いていました。が、今週からそれを書かず、日曜日にもふつーのエントリを書いています。今後もこの方針で行こうかな、と思っています。

数検の勉強にどれだけ時間をかけれたかの確認と、合格に向けて勉強する、とブログで宣言したからにはその報告もしようという目的で、1週間の数検勉強の報告を書きはじめました。で、数検以外にも自分が毎日一定の時間をかけて行なっていること、「ブログ」と「読書」についても併せて報告していこうと思い、数検・ブログ・読書について1週間どんなことをしたのかを書いてきました。
テンプレートに則り、部分部分を埋めて投稿って形で更新していましたが、だんだん「これをやることによって、、、どうなのだ?」という気持ちが強まってきました。
なにより、書いていて楽しくないんですよね。意味があるかどうかよりも、楽しくないってのが一番大きい。
あれこれ考えて、やってみて、考えたこと・やったことをブログに書いて、その一連の活動を楽しんでいるわけです。が、週一回の報告は、ただただテンプレートに則って書くのみ。特になにも考えず、ちょっと時間を使えば記事は仕上がります。
いつも書くネタに困っているぼくからしたら、週一回ネタを必要としない記事があるのは、毎日更新をする上での助けにはなっています。が、楽しくないし意味も見出せないなら、書かなくていいんではないか。いや、書かないよりも、ほかの日と同じように、なに書くか考えて記事を仕上げて投稿したほうが断然いいんでないか。
そう思えてきたので、今後は日曜日もほかの日と同じように、書く内容を考えて、更新していこうと思います。

毎日更新もべつにこだわる必要はないわけですが、毎日更新しておかないと書かない日が続きそうなので、それは避けたい。
そんなこんなで、あれこれ考えて、やってみて、考えたこと・やったことをブログに書いて、毎日更新にだけはこだわりつつ、今後も書いていきたいと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

忙しくなるとやはり時間の確保とかいろいろと厳しい面が出てくるなぁ(数検1級合格まで(14)01/26-02/01)

仕事が忙しく、色々と厳しめだった1週間。

数検の勉強

01/26-02/01

  • 1週間の勉強時間:2時間13分 19min/day

いつもより3,4分少なめの勉強時間。夜にやることも多く、寝不足な日も多かったので、なかなか捗らず。
微分方程式を、やったとこの問題演習と、まだやってない部分を進めていくのを並行して学び中。やっぱ、問題は何度か解かないと身につかない。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

読書とか手帳とか以外にも好きなことはあって、その一つがコーヒー。そういうのについても書いていこう、って思ったのが、「毎週せっせとKALDI Home Coffee Roasterで自家焙煎」。
勝手に、テーマに制限を設けてたけど、気にせず好きなもんについて書いてこうと思う。

読書

今、読んでるの

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事
倉園 佳三
インプレス (2019-02-15)
売り上げランキング: 214,545
超一流になるのは才能か努力か?
アンダース エリクソン ロバート プール
文藝春秋
売り上げランキング: 3,162

「グッドバイブス ご機嫌な仕事」は、グッドモーニングバイブスを聞いていてかなり興味を持っていたので。他に読もうと思ってたやつがあったけど、先こっち読んでみることに。
「超一流になるのは才能か努力か?」は、まだ半分も読めてないことに少し驚きつつ、まぁぼちぼちと。

おわりに

この週はかっこう睡眠時間を削りつつブログや数学をしてたので、なんとかリズムを取り戻して、無理なくやっていきたいところ。

では、お読みいただきありがとうございました。

4月の数検を受験するのは、どう考えても厳しすぎそう(数検1級合格まで(13)01/19-01/25)

数検の勉強

01/19-01/25

  • 1週間の勉強時間:3時間00分 25.7min/day

引き続き、微分方程式。
一度問題を解くくらいではやっぱ身につかないなーと改めて感じた。何度かやって、解けるように身につくまで反復が必要。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

iPadと手帳とアドラー心理学と。
iPadとApple Pencilは、ほんまにいい。書いて考えるのが楽しいので、ほんまに裏紙使わんくなってる。

読書

今、読んでるの

「生きる意味」のほうが、もうすぐ読み終わりそう。読んでない本がわんさかあるので、次は何を読もうか。

おわりに

数件の勉強の進み具合からして、4月の数検には到底間に合いそうにないけどそんなことは気にせず、のんびり楽しみながら学んでいきましょう。

では、お読みいただきありがとうございました。

「解ける楽しみ」を味わいつつ進める(数検1級合格まで(12)01/12-01/18)

数検の勉強

01/12-01/18

  • 1週間の勉強時間:2時間27分 21min/day

引き続き、微分方程式について。
解ける楽しみを味わいつつ、マイペースで進めてる。毎日勉強してるけど、毎日楽しめてるので続いてる。
微分方程式、1月中には終えたいなぁ。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

手帳のことと、ブログ書くことについてと。
バレットジャーナルに連用日記の要素を足した「連用バレットジャーナル」は、きっといい感じに使っていける、はず。アナログとデジタルの使い分けが、けっこうはっきり線引きできたように思う。

読書

今、読んでるの

どっちの本も毎日少しずつ読み進めてる。その分なかなか読了まで時間かかりそう。
「超一流になるのは才能か努力か?」の方は、やっと限界的練習の内容に入っていきそうなところまで来た。

おわりに

今週はちょっと寝る時間が遅くなりがちゃった。朝にブログが書けておらず、夜に書くことになり、その分遅くなり。
数学はしっかり時間を決めて取り組めてるので、この調子。

では、お読みいただきありがとうございました。

継続することを大切に。もちろん、楽しむことも忘れずに。(数検1級合格まで(11)01/05-01/11)

数検の勉強

01/05-01/11

  • 1週間の勉強時間:2時間25分 20.7min/day

微分方程式、問題を解く楽しさを感じる。ただ、「なぜそうなるか?」をいまいち理解はしてない。がっつり学びたい気持ちも出てきたけど、今はこらえて解く力をつけていく。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

日記の話題や、ノート・手帳、でiPad+Apple Pencil。この辺のこと、「手で書く」ということについては、いろいろとまだ書けそうなことも多い。書いてて楽しくもある。
書きていこう。

読書

今、読んでるの

「超一流になるのは才能か努力か?」は、だいーぶ久しぶりの読み返しなので、ほとんど内容忘れてて、でもやっぱりおもしろいし、自分の取り組み方をみつめるいい機会になるね。

おわりに

実は年末に新しい家族が増えて、バタバタしてる中やったけど、なんとか数学・ブログ・読書それぞれ継続できてよかった。無理のない範囲で、でも出来る限り続けていきたいところ。

では、お読みいただきありがとうございました。

微分方程式の復習はいい感じやけど、4月までに仕上げるのはやはり厳しそう(数検1級合格まで(10)12/28-01/04)

数検の勉強

12/28-01/04

  • 1週間の勉強時間:2時間37分 22.4min/day

1階微分方程式の部分を復習中。けっこう頭に残ってて、自力で解ける問題が多め。
公式は覚えきれてないし、積分の公式も覚えれてないので、そのへんの演習も必要かも。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

年末年始も変わらず更新できたのがナイス。ちょっとした時間に、iPhoneでぽちぽちと書いて更新までもっていったエントリが多かった。
今年も毎日更新がんばる。ぼちぼちがんばる。

読書

今、読んでるの

年末年始とはいえ、毎日欠かさず。じっくり読んで、読書に時間もかけて、しっかり理解しつつ。
「超一流になるのは才能か努力か?」は再読。再読でもとてもおもしろい。

おわりに

年末年始、キーボードを使って文章を書く、という時間がなかなかとれへんかったけど、iPhoneだけでも文章書けたのはナイスやったなー。
iPadで図や絵を描くのは日常的にやってるので、それを積極的にブログにも載せていきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

ペースをあげないと、4月の数検には間に合わなそう(数検1級合格まで(9)12/22-12/28)

数検の勉強

12/22-12/28

  • 1週間の勉強時間:2時間31分 21.6min/day

微分方程式をガツガツ勉強中。
なぜ?の部分はいったん置いておいて、解き方を習得するべく、参考書を解き進めているところ。
ただ、このペースでいくと、4月の数検には間に合わないっぽい気がするので、日々の勉強時間をもっととっていきたい。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

毎日なんとか更新している、といった感じ。
書きたいなーと思うことはあるけど書けるかなーと考えてる間に時間が経って、書くのに時間がかかって、、、ってのを、繰り返してる。
サクッと更新できればな、と思ってるけど、別にサクッと更新にこだわらんくても、1日かけて1つのエントリを仕上げていけばいいかな。

読書

今、読んでるの

どれも、おもしろいし、勇気づけられる。
本に勇気づけられることって、すごく良くあると思う。
ぼくはこれまで何度も、本に勇気づけてもらってきたな、と気づくことができた。

おわりに

数学とブログと読書が、毎日の充実感に繋がってる気がする。
数学できたらうれしいし、ブログ書けたらよしっ!と思うし、読書できたらやったね!っと感じるし。いいね。

では、お読みいただきありがとうございました。

的を絞っての勉強に切り替え。まずは、微分方程式(数検1級合格まで(8)12/15-12/21)

数検の勉強

12/15-12/21

  • 1週間の勉強時間:2時間32分 21.7min/day

微分方程式を勉強中。マセマの少し古い参考書を説き進めてる。
微分方程式については、はじめて勉強するので、新鮮で、微分積分の復讐にもなって楽しい。

使っている問題集

ブログ書き書き

今週書いたの

アドラー心理学と「人を伸ばす力」の親和性は、なかなか。動機づけという視点で研究して得たものが、アドラーが語っていたことと似てるという点から言っても、アドラー心理学を学んで実践することは、教育にとってはかなり重要なことちゃうかな、と思えてくる。
メモやScrapboxについては、書いてて、考えてて楽しいね。

読書

今、読んでるの

「生きる意味」は寝る前に、「アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門」は日中時間をつくって、「超一流になるのは才能か努力か?」は再読で、朝に読んでる。
けっこうしっかり本が読めてて、いい感じ。

おわりに

数学とブログと読書。どれもが充実してる感がある。
で、このエントリ書くために振り返って、ちゃんとできてるなーと確認することで、「よしよし、いいぞいいぞ」と感じれる。
書くのが、自分にとってプラスに働いてくれてる。

では、お読みいただきありがとうございました。