ボトルネックは「別のページを開く」

ぼくは、手帳が好きだ。
毎年手帳の季節になると、店頭に並ぶ手帳を見てまわる。今は手帳として世に売られているものに関しては使っていないので、買うつもりはあまりないのに、どんな手帳があるのかな、と見てまわる。
以前は色々と手帳を試したりしていた。でも使ううちに、自分独自の手帳が欲しくなり、分厚いノートを購入して手帳として使うことが多くなった。で、今はほぼデジタルで管理している。Obsidianにて連用手帳を実践して。


手帳がすごい好きな割に、ちゃんと使えてない感がいっつもあった。
ノートを使うにしろ手帳を買うにしろ、基本はデイリーのものを利用していた。1日1ページ手帳。
1日1ページのようなデイリーの手帳であれ、必ずマンスリーページは存在する。ノートを手帳がわりに使う時も、必ずマンスリーページを作成していた。
でも、それをろくに使えない。
デイリーページはそれなりに書くことがあり、日々使う。けど、マンスリーがうまく使えない。

Obsidianに手帳の役割を持たせるようになり、なぜマンスリーページをうまく使えていなかったのかに、ようやく気づいた。

自由に好きなページを画面に並べることができるのは、Obsidianの大きな利点で、画面構成を自分の望むようなものにできる。
そこでぼくは、基本的に中央には今日の日付のデイリーページを表示し、サイドにマンスリーページを配置することにした。
それからというもの、タスクもスケジュールもいい感じにこなすことができている。デイリーページに加え、マンスリーページもうまく使うことができている。

マンスリーをうまく使えてなかった時と何が一番違うかというと、「常に表示されているか否か」という点。
紙の手帳では、基本的にデイリーページを使っているのであれば、マンスリーページはわざわざ自分から開きにいかなければならない。
別に難しいことでもなんでもない、マンスリーページを開くという動作。それがぼくにとっては大きなボトルネックとなっていた模様。
自分から見にいかないといけない、となると、見にいかない。なぜか見にいかない。どうしても見にいかない。
常に表示されていて、勝手に目に入るような、見にいく動作すら必要としない状態であると、マンスリーページを活用することができる。
何か書き込むのも気軽にできるし、今後の予定も視線を移すだけでさっと確認できる。見にいかなくても確認できる。わざわざ開かなくても書き込める。
このことが、自分にとってはかなり大きいことであるというのが、ようやくわかった。

デイリーとマンスリーを使っていると、転記が必要になる。
基本的にはデイリーを開いているので、何かあればデイリーページに書き込む。それがスケジュールであれば、マンスリーページの該当の日付の欄に転記する。
デイリーには書かず、直接マンスリーに書けばいい、と思うけれども、それもなかなかできなかった。
マンスリーを開いて、書き込むという動作が。
なので、自分でも不思議に思うくらい、マンスリーページをちゃんと使えた試しがない。
マンスリーページがデイリーページの横に表示されていると、スケジュールや日付の決まっているタスクは、直接マンスリーに書くことができる。
今までなかなかできていなかった、マンスリーに書き込むという動作が、いとも簡単にできる。
直接書き込めるので、転記も必要ない。

総じて、デイリーページとマンスリーページが常に開かれている、目に入る、書き込める状態は、ぼくにとって驚くほど快適で、自由に画面を並べることができるObsidianは、ぼくにとても合っているツールだと感じる。

では、お読みいただきありがとうございました。

Obsidianにて連用手帳

職場のデスクでは、Obsidianを常に開いています。
Obsidian上でタスク管理をおこなっており、毎朝その日の日付をタイトルとした新たな1ページ作成することから1日が始まります。
そこに色々と、その日やることや、思いついたことや、新たに発生したタスクや、実行したことに関するログを書きつけていっています。
デイリーページと呼ぶことにしますが、このデイリーページの作成にはテンプレートを用いています。

去年あたりから「連用形式」で手帳やノートを使うことがいいと感じ、どのノートを使う際にも、連用形式で使うにはどうしようか?と自然と考えています。
「連用形式」とは、「連用日記の形式」のことで、同じ日付のページを数年にわたって使用する、というもの。
例えば、1月17日というページを作成し、今年はその日はそのページを使う。で、来年の1月17日にも、同じページを使う。
こうすることによって、去年書いたことが勝手に目に入る使い方です。

紙のノートを手帳のかわりに使い、それをやり始めました。それからというもの、手帳的な役割を担ってくれているものに関しては、すべて「連用形式」でいくのがいいのでは?と思っておりまして。
Obsidianを手帳的に使っているので、じゃあObsidianも連用形式にしよう、となるのは自然な流れです。
どうしようかあれこれ考え、試した結果、「埋め込み」の機能を使うことにしました。

Obsidianでは、ダブルブラケット「[[]]」でリンクの記述をしている部分の前に「!」をつけると、プレビューした時にリンク先のページをそのまま表示してくれる「埋め込み」機能があります。

これを利用すれば、各デイリーページに去年と一昨年の同じ日付のデイリーページへのリンクを貼り、「!」をつけておけば、プレビューした時のみ、過去の同じ日付のページが表示される、という形にすることができます。
基本的に、デイリーページにあれこれ書き込んでいる時は表示されず、プレビューすれば見える。いい感じです。
という様に、Obsidianにて連用形式でのデイリーページの運用が可能になりました。
しばらくはこれにて、Obsidianを「連用手帳」として使っていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

「ほぼ日方眼ノート」には「ミドリ MDノートカバー」がぴったり

連用バレットジャーナル、2冊目に入りました。1冊目はスタバのハードカバーノートで、2冊目として使い始めたのが「ほぼ日の方眼ノート」。

「ほぼ日手帳と同じ気分で使える、
トモエリバーでできた薄いノートがほしい」
みなさんからいただいてきた、
そんなリクエストに応える新アイテム

トモエリバーでできた、がっつりページのあるノートってのが前々から欲しかったので、要望にドンピシャなノートだったわけで、連用バレットジャーナルに適任です。
そのままの状態で使おうとは思っておらず、長く使うためにもノートカバーは必須やなと考えていました。
「ほぼ日の方眼ノート」は、A6サイズとA5サイズがあるのですが、ぼくが使うのはA5のほう。けっこういろいろなカバーを物色してみた末、「ミドリ MDノートカバー」に決めました。透明のカバーです。

デザインフィル
売り上げランキング: 795

ほぼ日方眼ノートの分厚さが、ちょうどミドリのMDノートと同じくらいやなーと思っていたので、試しに買ってつけてみるとジャストフィット!すばらしい。
ただ、ミドリMDノートカバーはシンプルすぎて、しおり紐やゴムバンドがついていないので、自分でつけることにしました。
ゴムバンドは、クリップでノートにとめて使うタイプのものを購入。

ミドリ クリップバンド A5用 えんじ 62320006
デザインフィル(Designphil)
売り上げランキング: 14,830

しおり紐は自作することに。
ミドリMDノートカバーに画用紙を一枚差し込み、その画用紙にしおり紐をつけることに。マスキングテープなどを駆使して、完成したのがこちら。
Image
我ながらいいものができたなーと自画自賛。これで、ほぼ日方眼ノートをじっくりがっつりと使っていけそうです。

ちなみに、ほぼ日方眼ノートは、ぼくが店頭でみて買おうか悩んだまま帰ってきたのを知った妻がプレゼントしてくれたものであり、今回のしおり紐の自作にも妻は色々とアドバイスをくれました。そのおかげでいいものができました。感謝感謝です。
さらにちなみに、妻もほぼ日方眼ノートのA6サイズを購入したのですが、ほぼ日手帳のノートカバーを購入し、それをつけて使う予定です。

では、お読みいただきありがとうございました。

iPadにキーボードで、Dynalistを扱ってみて

アウトライナーでのタスク管理プロジェクト管理をやってみるにあたって、iPadにキーボードを接続したら、アウトライナーをどんな風に扱えそうか試してみた。

以前は、アウトライナーをiPadで扱うのはすごく不自由だった。カーソルをトピックを跨いで移動させるこちとすらできなかったように思う。
今は、iPadにキーボードげば、基本的なショートカット操作はできるようになったため、不自由はかなりなくなった。
以下、Dynalistについての話。Workflowyはまだ不自由な点が多い。

不自由さで言えば、トピックを跨いでのコピペができないこととか、あとは、英字入力でないと、トピックの折り畳みやフォーカスができないところ。
エクスポートは、アプリにて一応できる。ファイルごとのエクスポートが。

エクスポートがファイルごとにごっそり行うものなので、ブログの下書きなどには少し使いづらいかも。
1記事ごとにファイルをわけておけばできないことはないけど、ブログを書くごとにファイルが増えていったり、増えないまでも新規作成して、、、ってのはうーむという感じ。

タスク管理については、特に問題なく使っていけそう。
タスクを書き出して、1トピックごとにカレンダーに流し込みたいのであれば、DynalistをPro契約をすれば日付を設定するだけで大丈夫。
Pro契約してないとしても、トピックに書かれている内容を選択すれば、「共有」から「ショートカット」を実行できるので、トピックごとにカレンダーに入力するのは比較的容易い。

というわけで、ブログを書くのは今まで通りScrapboxにて。タスク管理には本格的にDynalistを使っていこうかな、と思う。
入り口の連用バレットジャーナル
細かなメモやちょっとした文章の集約場所がScrapbox。
全体的なタスクの管理にDynalist。
デイリータスクリストにたすくま。
あれこれ考えるのに、iPad+Apple pencil。
今後しばらくは、こういう体制でいこうかな、と思う。

では、お読みいただきありがとうございました

なぜか憧れる、アウトライナーでのタスク管理

アウトライナーでのタスク管理に憧れる。だから、

  • Dynalistマスタータスクリストにするのん、良いかもなぁ。
    • タスク管理は、Dynalist
    • スケジュールは、Googleカレンダー
    • メモは、連用バレットジャーナル
    • プロジェクトは?
      • バレットジャーナルがえぇんちゃうかなぁ、と考えているんやけど、どうかなぁ。
      • Dynalistやと、プロジェクトのタスクのリンクを別のところにも載せれるね。
    • ミッション・ステートメントは?
      • これは、Dynalistかな、と。
      • タスクを考える場所に置いておきたい。

なんてことをしょっちゅう考えてる。
どう考えても、アウトライナーでタスクやプロジェクトを扱うのが良さそうな感じがする。
気になっていること、考えたことを書き出して、
分類したり組み替えたりして、
完了までの全体像を把握して、
うんじゃかんじゃ日々手を入れながら、進めていく。
デイリータスクリストがたすくまであるのは不動なので、アウトライナーからそこにタスクを流し込んで、実行していく。
どう考えても、よさそう。
やから何回か試してみたけど、いまいちうまくいかない。
だから、憧れる。

基本的にぼくは、何かしら考えるときは、手書きのほうが断然捗る。いろいろ自由に考えることができる。
アウトライナーを用いて考えると、たくさんのことを書き出すことができる。それはいい。けど、収集がつかなくなる。
なんでや。
手書きほど自由自在に書けなくて、ズラーっと文章が一列に書き並べられているのに扱いにくさを感じるのか。

手書きは小さい頃から慣れ親しんでる。ずっと手書きやったから。
自由自在に使えてる感じがするのは、慣れ親しんできたからじゃないか。
やとしたら、アウトライナーも、慣れ親しみまくったらもっと自由に扱えるようになるんじゃないか。

と、いうわけで、今一度アウトライナーを使おうかな、使い続けてみようかな、と考え中。アウトライナーでのタスク・プロジェクト管理に挑戦してみようかな、と。
慣れ親しみ、自由に項目を扱うことができるようになるまで。

では、お読みいただきありがとうございました。

コレクションページを別冊化して、iPadにその役割を

連用バレットジャーナルを使い始めてはや2ヶ月、もうすぐ1冊目のノートを使い終わる。使い終われば2冊目に移行して、引き続き見開き1ページを1日分のスペースとして使っていく予定。

今後、コレクションページをどうしようか、と考えているところ。
1冊目、最後のページまで使ってしまうと、2周目に入ったとき、新たなコレクションページを作成することができない。かといって、最後の方のページを残しておくにしても、来年・再来年にどれくらいコレクションページを書くかわからず、何ページくらい確保しておけばいいのかわからない。

ということで、コレクションページは、別冊の方がいいかもしれないと思い始めた。
コレクションページには、書いて終わりのページもあれば、長期間にわたって書来していくページもある。2
3ヶ月で次のノートに移行すると、書き足していくタイプのコレクションページの引き継ぎが、その都度発生してしまう。それはちょっと面倒くさい。
引き継がなくていいように、かつ、ページ数を気にしなくていいようにするには、別冊という手が一番かな、と。

で、はたと考えた。コレクションページ、iPadのノートアプリにするのがいいのではないか、と。そうすれば引継ぎ必要なくなるし、考えるという行為にはiPadはとても有用やし。別冊は別冊でも、iPadのノートアプリを使う、という。

コレクションページは、そんなポンポン増えていくものでもないし、一度メモして、コレクションページにしたくなったらiPadにてページを作成して、、、という流れで考え中。
連用バレットジャーナルとiPadの2冊体制で今後はいこうかな。

では、お読みいただきありがとうございました。

スケジュールやタスクがデジタルで管理できる今、紙のノートの連用バレットジャーナルに何をしてもらうか その④

バレットジャーナルでは、フューチャーログやデイリーログなどのメモを捉えたり予定を把握するためのページに加え、「コレクションページ」なるものを使うことになります。
コレクションページは、なんでもありなページ。
読んだ本のリストを書いていくも良し。睡眠時間を記録していくも良し。
ぼくの場合、バレットジャーナルを使い始めてすぐに今年の目標の一つである、「丁寧に生きるためには?」ページを作成し、「丁寧に生きるためには、こういうことをしていけばいいのでは?」と思うことを書き加えていっています。
そんな感じでコレクションページは、ちょくちょく追記しながら、何日もかけて書き込んでいく用途がいい気がします。
で、完了までいくつかのタスクがある「プロジェクト」も、このコレクションページのひとつとして、1プロジェクトにつき見開き1ページをあてがって、完了までのタスクを書き出し、メモを残したりしています。

この、コレクションページを積極的に使っていくこと。それが、バレットジャーナルを豊かに、楽しく使っていくことにつながるのでは、と思ったりします。
どんどんコレクションページを作っていこう、と思えるのは、「連用」で使っていくと決めているからやなーと思ったりします。

コレクションページは、一度書いたら終了ではなくて、書き足していくことも多いページとなります。ということは、見返すことが必要なページ、と言えます。
また、コレクションページの内容は、基本的にどれも見返すと楽しいもの。だって、自分の興味についてのページなわけですから。
ぼくはバレットジャーナルを連用で使っていく、3年間同じノートを使おうと決めているので、書いたことはまず間違いなく見返すことになります。この「連用で使う」ってのが、コレクションページともとても相性がいい。
来年のはじめ、今年まず書いた「丁寧に生きるためには?」ページが目に入ることになります。
「あぁ、去年の目標は丁寧に生きる、やったなぁ。」と思い出すことができ、「じゃあ今年はどうしよう?」であったり、「どれくらい達成できたかなぁ」と振り返ることができたりします。
また、プロジェクトのページも見返すことになり、1年間を区切りに仕事はまわっていっているので、プロジェクトのログが役立つことはきっとあるはず。
何年にもわたって同じノートを使う利点は、至るところにあるなーと思います。

というわけで、あとはノートを使っていくのみ。今挙げた利点は、何年も続けて同じノートを使っていければこそのこと。使い続けるのみ、です。

では、お読みいただきありがとうございました。

スケジュールやタスクがデジタルで管理できる今、紙のノートの連用バレットジャーナルに何をしてもらうか その②

その②の今回は、プロジェクトをどう扱うか、について考える。
プロジェクトとは、GTDの定義にならい、「完了するまでにいくつかのタスクを完了させる必要があるもの」としておく。

ぼくの中に、プロジェクト内のタスクは、

  • プロジェクトごとにはリスト表示したい・・・①
  • それらがおのおのカレンダー上に表示されて欲しい・・・②

という欲求がある。
一般には、①がタスク管理アプリの役割。②がカレンダーアプリの役割になってる感じ。

今までは、プロジェクトページをScrapbox上に作成してた。けれども、①・②を満たすようにしようと考えると、プロジェクトを扱うアプリがあってもいいな、という気になった。Googleカレンダーと同期してくれる、①を扱うアプリ。すぐにtodoistが候補に上がる。プロジェクトごとに、タスクをリスト表示できる。Googleカレンダーとも同期できる。えぇやん、と。
けど、todoist上で、プロジェクトについて「考える」ことはしにくい。そのプロジェクトを完了するにあたって、何をしたらいいかとか、どう進めたらいいかとか。Scrapboxでは、それが出来るので、プロジェクトページをScrapbox上に作っていた。

タスク管理アプリでは、プロジェクトのタスクリストを作成することはできるけど、そのプロジェクトについて考えることはできない。ほかのツールが必要になる。
で、ほかのツールを使って考えることで、タスクリストはそのツール上にできあがる。ということは、わざわざtodoistに登録せんでも、プロジェクトのタスクはリスト表示されるということ。
todoistにプロジェクト作成してタスク登録しようと思ったのは、Googleカレンダーと連携できるから。他の方法でGoogleカレンダーに登録できるなら、別にtodoistを介さなくてもいい。

ということで、プロジェクトについても、連用バレットジャーナルを使っていこう、ということになった。
少しずつ、紙とデジタルや、iPadとノートの役割を整理できつつある。

入り口はバレットジャーナル。
考えるときのiPad。
タスクはGoogleカレンダー、細かなメモはScrapbox。

役割がはっきりしていれば、何を使うかで迷う必要がなくなる。いい感じ。

では、お読みいただきありがとうございました。

スケジュールやタスクがデジタルで管理できる今、紙のノートの連用バレットジャーナルに何をしてもらうか その①

Googleカレンダーに代表される、カレンダーアプリがあれば、スケジュールは紙の手帳で管理するよりも快適に把握することができるようになります。
巷にあふれるタスク管理ツールを使えば、紙の手帳でやることを管理するよりも数段便利に扱うことができます。
そんな中、あえて紙のノートにて連用バレットジャーナルなるものをはじめているわけですが、じゃあバレットジャーナルには一体何を、どこまで任せるのか?という問いが、解決できないまま絶えず頭の中にあります。

バレットジャーナルの基本構成は、

  • インデックス
  • フューチャーログ
  • マンスリーログ
  • デイリーログ
  • コレクション

の5つの種類のページからなります。
インデックスページとフューチャーログページはあらかじめ作成しておき、その他のページは都度追加していきます。
で、Googleカレンダーやタスク管理アプリを使う場合、この5つページのうち、未来を管理する「フューチャーログ」と「マンスリーログ」のページの役割とかぶってくることになります。
ここで、どうしていくかの選択を迫られます。

  • Googleカレンダーと同期するのか。
  • 同期せず、バレットジャーナルではフューチャーログとマンスリーログのページを使わないのか。
  • バレットジャーナルには、Googleカレンダーとは別の予定を書くのか。
  • はたまた、予定の管理ではない別の役割を担ってもらうのか。

今のところ、その答えは出ていません。なので、とりあえずGoogleカレンダーの予定をバレットジャーナルにも転記し、両者を同期して使っています。
とは言え、基本的にはGoogleカレンダーのほうを参照するので、バレットジャーナルのフューチャーログ・マンスリーログのページは、いまいち使えてない感があります。なので、別の役割を与えようかなーと考え中。
というのも、現状とりあえずタスクは回っているのですが、ただこなしてるだけって感じを覚えたりしていて。
全然それでいいんですが、でもやはりバレットジャーナルをもっと戦略的に、日々の舵をとっていくような存在にしたいなーと思ってきていて。そのためには、どう使うか。それについて考えていくと、もしかしたらフューチャーログやマンスリーログの使い方にも変化が起こってくるのかな、と思ったりしています。

では、お読みいただきありがとうございました。

連用バレットジャーナルのメリットと課題

今年の1月1日からはじめているバレットジャーナル。使い方を少しアレンジして、バレットジャーナルに連用日記の要素を足したような感じで使っています。それを「連用バレットジャーナル」と名付けてみたわけですが、なぜそう使うことにしたのかは、はっきりとした理由があるわけで。

連用バレットジャーナルでは、3年間同じノートを使う予定です。原則1日見開き1ページとし、1年目はふつーに使っていきます。空白部分があっても気にせず、次の日が来たら次の見開き1ページに進んでいきます。
2
3年目は、1年目に使いきらなかったスペースを使います。ノートに日付が割り振られているので、そこを使っていきます。それこそ、連用バレットジャーナルのミソとなるところです。

連用バレットジャーナルのメリット

過去のメモが”自動的”に目に入る

メリットとして一番期待していることが、「過去のメモが”自動的”に目に入る」こと。
1年目に使っていたページに、2年目に追記していくことになるので、1年目に書いていたメモがまず確実に、自然と目に入ることになります。
職業柄、1年単位で仕事が動いていきます。年間のルーチンタスクがけっこうある、ということ。
となると、今年やっていたことは、きっと来年の似た時期にもやるはず。なので、今年メモを残しておけば、それは来年きっと役立つはずなんです。
で、残したメモが”自動的”に目に入ってくれるところがすごいいいよな、と思うんです。わざわざ去年使っていた手帳を出してきて毎日確認するなんてことはしないわけで。でも、バレットジャーナルを連用で使うと、今年のメモは確実に来年に引き継がれます。

メモしたくなる

きっと来年役立つ、という期待感があると、積極的にメモしたくなるんですよね。
これまでは、メモしても「あとあとこれは役立つのか?」なんて考えてしまったりして、「それやったらメモせんでもえぇか」なんてこともあったわけです。でも、来年確実に見返す、とわかっていると、いろんなこと、改善点や気づきなんかをメモしておこう、と思います。書いておけば、来年見返して、そのとき思いついていた改善を実行できるわけですから。

空白が気にならなくなる

ページを3年かけて使っていくので、空白でもいいか、と楽に構えることができます。だって、今年何も書かなくても、来年は書くかもしれないから。
まったく何も書いていないページがあっても、気になりません。来年もしくは再来年何か書く可能性は残ってますもの。

というわけで、確実にメリットはあるものの、アレンジしたがゆえの課題も同時に出てくるわけで。

連用であるがゆえの課題

固定化されてしまう

まずは、ページが固定化されてしまうところ。
実際にやってみて思う、バレットジャーナルのいいとことして、柔軟性を挙げました。それが、損なわれてしまいます。
バレットジャーナルでは、ページをあらかじめあてがうことはせず、メモした続きに次の日もメモしていくことになります。なので、1日にメモをどれだけしようが関係なく使い続けることができます。
でも、連用バレットジャーナルにすると、1年目は柔軟性を損なうことなく使えるものの、2年目以降は、1年目に作られたページに追記していく形になるので、柔軟性という大きな強みが損なわれてしまうのはけっこう痛い。

2年目以降のコレクションページの扱い

また、2年目以降はページが固定されてるがゆえ、1年目のように気軽にコレクションページをその都度作成していく、ってことがしにくかったりします。
1年目であれば、何かあればページをめくり、そこをコレクションページにする、ということができますが、2年目以降はそれができない。
2
3年目用に何ページかノートを残しておくか、別冊を用意するかしないといけません。気軽さはだいぶと違ってきそうだな、とおもうわけです。

おわりに

とまぁ課題はあるとはいえ、それ以上に過去のメモが”自動的”に目に入ってくれることのメリットの方が大きいのではないか、と思っているので、とりあえずは連用形式で書き続けていこうかな、と思っています。

では、お読みいただきありがとうございました。