数学・ブログの時間の質を上げるために、朝型へのシフト中(数検1級合格まで(3)11/10-11/16)

日曜恒例のエントリにしようと思ってたのに、忘れてて今回は月曜更新に。
今後は日曜日に忘れずに。このエントリのテンプレートも作りたいところ。

数検の勉強

11/10-11/16

  • 1週間の勉強時間:3時間6分 26.5min/day

引き続き、問題集の試験問題第1回目を、時間を定めずにじっくり解いているところ。
ここまでの8問で、

  • 線型代数学の復習が必要
  • 微分方程式を勉強しないと
  • 演習を重ねて、解くスピードアップがいる

あたりが課題としてわかってきた。高校の数学の範囲でも、忘れている内容があるので、全体的にカバーしていかないとな、といったところ。
問題をじっくり考え、手を動かし、解いていくのが楽しい。

ブログ書き書き

引き続き、毎日更新中。

おわりに

時間を定めず数学の問題にとりくむのが、楽しい。ブログもなんとか書けているので、引き続きぼちぼちいきたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

使っている問題集

「意図的な練習」=「目的のある練習」≒「考え抜いた練習」

MM読了『やり抜く力 GRIT(グリット)』(アンジェラ・ダックワース)」という本をオーディオブックで聞きました。

本書は、その題名のとおり「やり抜く力」について突っ込んだ、成果を上げるためにはやり抜く力が大きく影響することを説いた本です。
その中で、「意図的な練習」というものが紹介され、力を伸ばすためにはこの練習が必要である、そして、この意図的な練習を継続するためにも、やり抜く力が大切であることが述べられています。
意図的な練習、、、その内容と、それを提唱しているアンダース・エリクソンという名前も聞き覚えがあり、すぐに以前読んだ「MM読了『超一流になるのは才能か努力か? (文春e-book)』(アンダース・エリクソン、ロバート・プール)」という本に思い当たりました。

「GRIT」で「意図的な練習」と呼ばれているものは、「PEAK」では、「目的のある練習」と呼ばれています。以下のようなもの。

一 、目的のある練習には 、はっきりと定義された具体的目標がある

二 、目的のある練習は集中して行う

三 、目的のある練習にはフィ ードバックが不可欠

四 、目的のある練習には 、居心地の良い領域から飛び出すことが必要

この四つを満たすものが「目的のある練習」であり、目的のある練習が、上達には不可欠であることが書かれているわけです。

『究極の鍛錬』(ジョフ・コルヴァン)」という本も、PEAKを読むよりも前に読みました。
この本でも、自分の能力を伸ばすことについて、

達人と素人の違いは特定の専門分野で一生上達するために、考え抜いた努力をどれだけ行ったかの違いなのである。

練習は、ちゃんと考えられたものが必要であることや、

結果に関し役に立つフィードバックのない訓練は価値がない。

フィードバックが必要不可欠であること、

訓練は好きなだけやってもかまわないが、訓練の成果がわからなければ、次の二つのことが起こるとカーは言っている。一つはけっして上達しないこと、もう一つは注意深く練習をしなくなってしまうことだ。

自動的にやってしまうことを避ける能力

自動的にやってしまうのではなく、集中して、自分にとってはキツいと感じる練習をしなければいけないこと、集中して取り組む必要があることが述べられていて、その内容は、PEAKに書かれていることととても似ています。

結論は出ているわけです。
何か上達したいことがあれば、目的のある練習を行うことが必要であるということが。
じゃあ、やることは決まっています。
数学の力を伸ばしたかったり、授業がうまくなりたいのだから、目的のある練習にとりくんでいけばいい。上達するには、それが必要だから。
やれば上達するし、やらなければおそらく上達しない。
まずは目的のある練習はどういったものになるか考え、その努力を続けていこうと思います。

ここで、忘れてはいけないことが、どの本にも言われているのが、そういった練習は「キツい」ということ。楽しくないこともあるし、なぜこんなことをしなければいけないのか、と感じることもあるとのこと。
続けるためにできることを考えることも、かなり重要になってきそうです。

では、お読みいただきありがとうございました。

一手間をかけて、ブログとScrapboxをつなげる

このブログ、「iPhoneと本と数学となんやかんやと – あなたになんやかんやな、なんやかんやを」の記事内には、たいていはいくつかのリンクが貼られています。
単語がリンクになっているもののほぼ全ては、Scrapboxと紐づいているからです(試しにScrapboxのリンクを踏んでみてください)。ぼくのScrapboxでの公開ページ、「book scrapbook」に。

book scrapbook」には、

  • 読んだ本の短い感想
  • 着想メモを読める形にしたもの

たちが書き残されており、それらとブログ中の言葉とを紐づけるという一手間を入れてから、更新ボタンをポチッと押しているからです。
一手間と言っても、ポチポチとiPhoneまたはiPadの画面をタップしていくことで簡単に紐づいていくので、そこまでの手間ではありません。

流れとしては、

  • Bearにてブログの文章を書く
  • Scrapboxの自分の非公開ページに転記する
    • ここで、きになる言葉たちをブラケット「[]」で囲んで、リンク化
  • 内容をまるまる「book scrapbook」にコピーする
  • マークダウンに変換して、プレビュー
    • Textwellを利用
  • HTML記法に変換して、更新
    • ショートカットを利用

工程として書き出すと面倒くさそうに感じますが、マークダウンやHTMLへの変換や、他にコピーする作業は、iOSの「ショートカット」アプリやTextwellのアクションの機能を用いているので、まったく面倒ではありません。文章が完成していれば、20秒もあれば更新までもっていけます。

この手間をかけることで、ブログとメモの集まりであるScrapboxをつなげています。
Scrapbox何のメモを見返す中でできたエントリがあったり、関連書籍が見つかったりするので、ブログからScrapboxに飛んでみるのは、ちょっとした探索になるんじゃないかなぁと思ってのことです。
ブログも「book scrapbook」も、どっちもどんどん充実していけば、よりおもしろくなってくるとおもうので、ぼちぼちと書き進めていこうと思います。

では、お読みいただきありがとうございました。

Evernoteに放り込む上での、基本的方針

Evernoteに放り込む情報は、基本的に他の媒体に書いたことのコピーでいい、と思っている。
Scrapboxに書いてあるものも、Evernoteにコピー。
たすくまのログも、Evernoteにコピー。
重複なんて気にしない。
とにかくEvernoteにストックしておく。Evernoteにも保存しておく。

Evernote上にあるものは、基本的には編集しない。なにを書いたか、どこへいったか、どんな写真を撮ったか、などのログを残すので、あとから編集はしない。

書きかけのものとか、まだ手を加えていくものは、Evernoteには入れない。
もう完成したなーと書きかえなくなった時点で、Evernoteに放り込む。
1日が終われば、その日のログは編集しなくなるので、Evernoteへ。
ブログ記事が完成すれば、Evernoteにも保存。

重複なんて気にしない。他のところにある情報も、Evernoteにコピーしておく。同じことが別の場所に書かれていたって気にせず、Evernoteに保存。
重複バンザイ、が、いろんなものをEvernoteに放り込む上での方針。

最悪、Evernoteを検索すれば出てくるやろう。Evernoteには、そんな存在になってもらうのがいいかな、と思ってる。
で、最終的に最後まで使っているのは、Evernoteな気がする。

では、お読みいただきありがとうございました。

レビューでは、振り返ったものをどう書き残していくのが良さそうか?

レビューでなにを振り返るのか?問題は、ずっとあって、未だに解決していない。
今は、

  • 一週間分のたすくまログのサマリー
  • 数学の勉強、ブログ書き書き、読書の時間の合計

をメインに、自分の成長や、価値を置いていることを主体に、それに費やした時間を確認する。そのあと、

  • 実行中のプロジェクト
  • 直近1ヶ月のスケジュール

とかを見返している。
こう考えると、見返す項目としてはこんなものでいいのではないか、と思えてきた。
問題は、なにを見返すのか?よりも、見返したものをどう残していくか?一週間のログから、なにをどう記録していくか?ってところではないか、と思えてきた。

たすくまによって、1日のログは記録をとっていってる。
それを一週間分振り返ることもできる。
そこにあるのは、些細な日々のルーティンがほとんどなものの、なんとか時間をつくって取り組んでいることや、今現在進行形のプロジェクトのログもある。
ぜーんぶのログが一緒くたにある。
でも、今力を入れていること、例えば、数検の勉強のログや、ブログを書いている時間の実績は、切り分けて確認して書き残しておきたい。
で、できればそれをトラッキングしていきたい。

となると、自分がトラッキングしたいと思うことのそれぞれのノートを作って、どんどん追記していこうかな、という気になってきた。
今後はその方針で書き残していこうかな。Bearを使って。ノートブックとしてBearを使って

では、お読みいただきあろがとうございました。

“ノートブック”としてBearが第一候補に

“ノートブック”としての役割を、どのアプリに担ってもらうか?ってのを考えてて、そのときはOutlinelyを使っていこう、という結論になった。けれども、今また別のアプリを検討中。以前も使っていた、Bearを。

Bearは、アウトライナーじゃない。
けど、その方がいいのかも、と思ったり。

文章を折りたためたほうがいい。
けど、そこまで、折りたたみたいと感じるくらい長い文章を書くのかは、疑問。

Bearは、キーボードショートカットが充実してる。
Cmdの長押しで、ショートカットキーを一覧できるのもいい。
行の移動もできるのもいい。

アウトライナーでは、トピックを折りたたんだりフォーカスしたりして、他の文章を見えなくして、今書いている文章に集中することになる。
Bearは、タグによって各文章を管理するので、一つ一つの区切りがはっきりしてる。
で、そのほうが、ぼくは扱いやすい。感覚的に。

Bearはデザインが好みで、書いてて気持ちいい。
Outlinelyもデザイン好み。

総じて、Bearは細かい部分の操作のしやすい。
キーボードだけで、保存されている文章を扱っていけるのも、なかなかポイント高い。
iOSでここまでキーボードをサポートしているのはめずらしい。

そんなこんなで、Bearを「ノートブック」として使って、追記したり修正したり、いくらかの期間にわたって扱っていく文章やメモを管理していこうかな、と考え中。

では、お読みいただきありがとうございました。

アドラー心理学は、「変化を促す、変化を後押しする心理学」〜アドラー心理学について③〜

アドラー心理学は、「変化を促す、変化を後押しする心理学」であるのではないか、と思う。

アドラー心理学の大きな特徴の一つが、原因論を唱えていること。
怒鳴るために怒りを持ち出すと考える。人は、突発的な怒りに駆られて怒鳴るのではなく、怒鳴るって目的が先にあり、そのために怒りを持ち出す、というとらえかた。
目的が先にあるなら、その目的を選択し直せば、これまでとは違うように歩める。
そう、そこがミソ。目的は、選択しなおせばいい。選択し直すことができる。
選択しなおせば、今までの自分とは違う存在になれる。

今までどういう選択をしてきたのか、は関係ない。過去を気にせず、「これから」に目を向ける。アドラー心理学は、そのための哲学であると理解している。
アドラー心理学は、変化をその人自身の手で起こせるように後押しする心理学。自分の力で歩む力添えをする考え方。
変化を促し、後押しすることができれば、教師冥利に尽きる。というか、ぼくは、そういう風に他者に、社会に、この世界に貢献したいなぁと漠然と思っている。
みんなの人生の中で、ぼくが関わることのできる時間は、ほんの一瞬。でも、その一瞬で、その後の人生に大きな”良い影響”を与えたい。変化や成長を後押ししたい。

アドラー心理学は、変化を望まない人にとっては手厳しく、変化を望む人にとっても手厳しい考えを提示する。
それは、人はその手厳しさを乗り越えることができる、その力があるという信頼に基く。
変わることは簡単ではない。けど、人は、変化する。変化する力を持っている。
ぼくも、それを信念に、なにができるか、どうできるか考えたい。

では、お読みいただきありがとうございました。

“ノートブック”としての役割を、どのアプリに担ってもらうか?

「書く」環境として、一番期待したいのが、「Outlinely」というアプリ。
一言で言うと、アウトライナーテキストエディタを合体させたもの、となるか。
基本的には、テキストエディタ。でも、アウトライナーの機能を持っており、行のインデントやフォーカスの機能、畳み込みもできて、マークダウン記法にも対応している。行の移動もお手のもの。かなりいい感じ。
ただ、こちらもけっこう致命的なバグがあって、コピペの挙動がおかしい。具体的には、選択していない部分までカットされたり、ペーストしてもコピーした部分がちゃんと貼り付けられなかったり、というのがある。
また、1年以上開発が止まっているところも不安。

そこを除けば、かなり理想に近いアウトライナー。


短いメモやブログのような単発的な文章であれば、Textwellで十分。でも、中には手を加えていきたい文章や、プロジェクトに関する進捗の状況など、継続的に手を加えていきたいメモ・文章もあるわけで。
それを受け止めてくれるもので、iPadとiPhoneの両方で使えるものがなかなかない。
そんななか、課金すればiPhoneとiPadで、同じ環境で同じメモを扱えるようになるOutlinely。
これを、ノートとして使おうと思う。ノートブックとして。

Textwellの役割は、メモパッド・レポートパッド的。
書いて、他に受け渡して、おしまい。役目としては、すぐに書けること。書いたものを適切な場所に受け渡すことができれば、役目はおしまい。
いっぽうで、単発的には終わらず、書きとめて、追記して書き足していきたいものを扱うものは、ノートブック的。それを担ってもらう存在として、Outlinelyを使っていってみようと思う。
実際は、ノートとは全然違うけれども、イメージ・感覚としては、そんな感じ。

では、お読みいただきありがとうございました。

毎日継続はできているものの、やり方は少し考えた方がいいかも(数検1級合格まで(2)11/03-11/09)

一週間の振り返りは、日曜日に固定することに。
数検の勉強もブログも毎日継続できてて、ナイス。ただ、睡眠時間の確保がやはり課題になってくるので、無理のないようにしたい。

数検の勉強

11/03-11/09

  • 1週間の勉強時間:2時間29分 21.28min/day

まだ問題集の1回目のテストを解いているところ。線形代数で忘れてること多かったのと、固有値を求める問題での計算ミスが頻発してしまって、正答までたどりつくのに時間がかかってしまった。
勉強するのが、夜寝る前になりがちで、眠気とお酒も入ってるのとで効率が悪い。時間帯を変更するのを考えねば。朝にできればベストやけど、時間の確保がなかなか。
何かを変えていかないと。

ブログ書き書き

毎日更新中。
アドラー心理学についてや、理解や教育、数学について考えていることを書いていけたらいいなぁと思う。

おわりに

この振り返りエントリがあるおかげで、勉強の仕方やブログを書くための課題について改めて目を向けることができる。
活動自体にも修正を加えつつ、今後もぼちぼちいきたい。

では、お読みいただきありがとうございます。

メモに関する悩みは、iPadで“書く”ためのツールに困ること

メモをする。
タスクなら、明日の日付でカレンダーに登録。
スケジュールでは、日時を指定してカレンダーに登録。
それ以外であれば、とりあえずScrapboxの今日の日付のページに追記する。

これで、だいたいはいけてる。
ただ、満足しているわけではない。
タスクやスケジュール以外のメモについては。

基本的に、iPhoneとiPadでテキストメモをとる。
メモしたことについて、さらに何かしら考えたいことがある。メモしたことを起点に、書き進めたいことがある。キーボードを使って、iPadであれこれと。
そういうとき、ちょっと困る。
iPadでは、ScrapboxWorkflowyDynalistも、ちょっと使いづらいから。

ScrapboxをSafariでひらくと、コピーやペーストがキーボードの操作ではできない。
WorkflowyやDynalistでは、トピック間の移動が、キーボード操作ではできない。
どちらも、致命的、といえる。
ということは、iPadで書きたいときの選択肢として、この3つは候補には挙げられないということ。主要な3つであるにもかかわらず。
困る。

なので、iPadでなにか書くときは、Textwellを使うことになる。テキスト自体は、なに不自由なく打てる。
でも、行ごと移動ができない。
PCで使ったときには、ScrapboxやアウトライナーであるWorkflowy・Dynalistでは、カーソル行を上下に移動する操作はお手の物。で、この操作が、いろいろ考えつつ書くときには、ひじょーに便利。
でも、Textwellではそれができない。

という悩みに直面中。
Scrapbox、Workflowy、Dynalist。どれもとても優れたものであるがゆえに、iPadで使えないのがすごく悩ましい。贅沢な悩みやけれども。

解決策としては、「Porter」というiPhone専用のアプリをiPadにインストールして使うこと。
このアプリであれば、キーボード操作もお手の物。
他にもScrapboxを便利に使える機能があったりで、iPhoneではすんごくお世話になっている。
けど、iPhone専用のアプリをiPadにて拡大表示して使うのは、やっぱりちょっとうーんとなる。
あるいは、iPadではキーボードを使わず、iPhoneで使うことにする、とか。
そっちの方が現実的かも。

おわりに

あくまでも、iPadでのお話で、基本的にScrapboxもWorkflowyもDynalistも、どれもとっても便利で、便利というか、メモや書くことの幅を素晴らしく広げてくれるもの。
引き続きお世話になりつつ、iPadでの環境については工夫してなんとかしていきたいな、と思う。

では、お読みいただきありがとうございました。

Porter for Scrapbox
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ