メモ同士を組み合わせながら育て、一つの文章に仕上げていける、アウトライナー~メモに対して今いろいろと考えていることその5~


アウトライナーで、「ブログ書き書き」がだいぶと変わりました。最近、ブログを書くのがすごく楽しいです。今までとはまた違った楽しさ。着想メモたちを、確かに形にしていけてるって感覚がすごいあって、それが楽しい。
今までは、ブログを書くときは、「何書こうかなぁ?」とひねり出していました。ブログのネタになりそうなことはメモして捉え、Evernoteや情報カード上にあったものの、それぞれのメモが十分に育っておらず、ブログのエントリに仕上げるまでのハードルが高かったように感じます。ブログのネタはあるものの、「書けそうなネタ」は少なかった。だから毎回、「書けることないなぁ、どうしよ?」ってひねり出す必要があったわけです。
その状況がガラリと変わります。アウトライナー、「WorkFlowy」によって。
最近WorkFlowyの話題ばっかですね。

「メモ同士を組み合わせながら育て、一つの文章に仕上げていく」感覚を、強く感じるように

WorkFlowy上には、着想メモが日々書きたまっていってます。その時々に思いついたこと、考えたことをメモし、WorkFlowyに放り込んでいってるからです。
メモの内容は、多種多様です。ブログについてのメモもあれば、数学についてのメモも、Kindleについて感じたことなんかもメモっています。ただただ書きためていってる。で、折を見てその着想メモたちを見返すわけです。特に、新しいブログエントリを書こうと思ったときは、入念に見返していきます。で、「これについてなら書けそう」と思ったメモを主役に据え、もう一度他のメモを見返していきます。すると、主役に据えたメモに関連しそうなメモがいくつもあることに気づきます。「これについて書けそう」ということは、それだけ自分の中ではその内容が定まっているということ。似た内容のメモを、自然といくつもとってる。メモがたまってるからこそ、「これについてなら書けそう」という感覚が湧いてくるんだと思います。
ここからはアウトライナーの本領発揮です。関連しそうなメモたちを集め、近くに配置し、順番を考えていく。別々のタイミングで書いたメモたちが、このとき、集結し、一つの文章を形作る材料となってくれるわけです。その感覚、今までのメモを、確かに形にしていけてる感覚。これが、今までにない楽しさを、僕に与えてくれています。

「書き加える」→「書いては消し」へと

また、アウトライナーを使うようになって、ブログの文章を「書いては消し」ながら完成まで書き進めていくようになりました。
以前は、着想メモからブログに仕上げるために、一度マインドマップを描いて骨格を定め、それをもとに文章を書き進めていました。マインドマップは、自己流の、手描きのもの。手描きなので、一度描けば、マインドマップ自身に変更を加えることはできません。その、固定されたマインドマップを元にブログを書いていくので、文章を書いていくときも、「書いては消し」ってことはなく、はじめから最後まで書き加えていくばかりでした。
じゃあ、アウトライナーならどうなのか。まずいくつものメモたちを元に文章の骨格を定めるところまでは一緒です。でも、そこからが違う。アウトライナーでは、骨格が定まった後も、いつでも順番を入れ替えたり、新たな要素を加えたり、逆に不必要な部分を削ったり、ということができます。骨格が定まったとしても、それは変更可能であるがために、文章自体も変更を加味しながら書き進めていくことになります。アウトライナーを使うようになって、「骨格を定める→文章を書き進める」が、「骨格を定める→文章書き進める→何かしら新たに思いつく→アウトラインに戻って修正→文章を書き進める」になったわけです。書いては消し、また書く。自然と、そういう書き進め方に変化しました。
一つのエントリを仕上げるのには時間がかかってしまうようにはなりました。が、これまで以上に、十分な思考の末、文章が完成している分、満足感というか、書ききった感っていうのが強く、それもまた楽しさの一要因である等に感じます。

おわりに

最近、WorkFlowy、というかアウトライナーのことばかりブログで書いていますが、話題がそればっかりになってしまうくらい、ぼくの中では大きな変化だったわけです。まちがいなく、メモを自分の生活のいろんな部分に、有効に組み込めるようになりました。メモという記録によって、その瞬間に思いついた着想や、やるべきことなど、「覚えておきたいこと」や「忘れたくないこと」、「忘れるとまずいこと」を着実に捉え、実際に後で活用することができている。そんな感覚があります。で、これってなかなかの満足感を与えてくれるものなんですね。
ぜひぜひ、アウトライナーを一度試していただければ、と思います。
おすすめはもちろん、WorkFlowyです。こちらから登録していただければ、とてもうれしく思います。→WorkFlowy – Organize your brain.
では、お読みいただきありがとうございました。

「メモ同士を組み合わせながら育て、一つの文章に仕上げていける、アウトライナー~メモに対して今いろいろと考えていることその5~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です